Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • In the early days of Twitter, it was like a place of radical de-shaming.

    初期のTwitterは ラジカルに 恥を拭い去れるような場でした

  • People would admit shameful secrets about themselves,

    誰かが自らの 恥ずべき秘密を認めると

  • and other people would say, "Oh my God, I'm exactly the same."

    別の人が 「あぁ! 自分と全く同じだ」と 言ったりしたものです

  • Voiceless people realized that they had a voice,

    声なき弱者は 自分たちにも発言が可能だと知り

  • and it was powerful and eloquent.

    彼らの声は パワフルで雄弁でした

  • If a newspaper ran some racist or homophobic column,

    新聞が 人種や性的指向を 差別するようなコラムを載せても

  • we realized we could do something about it.

    自分たちには何か できることがあるんだと知りました

  • We could get them.

    そいつらを とっちめられるんです

  • We could hit them with a weapon that we understood but they didn't --

    彼らが気づいていなかった ある武器を使って―

  • a social media shaming.

    ソーシャルメディアで 恥をかかせるんです

  • Advertisers would withdraw their advertising.

    広告主は広告を取り下げます

  • When powerful people misused their privilege,

    有力者が権力を濫用すると

  • we were going to get them.

    私たちは反撃しました

  • This was like the democratization of justice.

    これは正義の民主化のようでした

  • Hierarchies were being leveled out.

    ヒエラルキーは平等になっていきました

  • We were going to do things better.

    私たちは世の中を良くしていったんです

  • Soon after that, a disgraced pop science writer called Jonah Lehrer --

    ほどなくしてジョナ・レーラーという 面汚しの 大衆的科学ライターが

  • he'd been caught plagiarizing and faking quotes,

    盗作と 偽の引用の発覚により

  • and he was drenched in shame and regret, he told me.

    恥と後悔まみれになりました 彼にそう聞きました

  • And he had the opportunity

    そして彼は

  • to publicly apologize at a foundation lunch.

    ある財団のランチの際に 公に謝罪する機会を得ました

  • This was going to be the most important speech of his life.

    これは彼の人生で 最も重要なスピーチになるはずでした

  • Maybe it would win him some salvation.

    救済を勝ち取れるかもしれませんからね

  • He knew before he arrived

    彼は到着前から

  • that the foundation was going to be live-streaming his event,

    財団がこの会見を 生中継する予定とは知っていましたが

  • but what he didn't know until he turned up,

    その場に立つまで 知らなかったことがありました

  • was that they'd erected a giant screen Twitter feed right next to his head.

    彼の頭の横にそびえる巨大スクリーンに Twitterフィードが映し出されていたんです

  • (Laughter)

    (笑)

  • Another one in a monitor screen in his eye line.

    彼の目に入るモニターにも 映し出されていました

  • I don't think the foundation did this because they were monstrous.

    財団が極悪非道だった訳では ないと思います

  • I think they were clueless: I think this was a unique moment

    何も考えてなかったんでしょう これは特筆すべき瞬間だったと思います

  • when the beautiful naivety of Twitter

    なぜなら素晴らしく純粋なTwitterが

  • was hitting the increasingly horrific reality.

    悪化する一方の現実を さらに攻撃するんですから

  • And here were some of the Tweets that were cascading into his eye line,

    そしてここにあるのは 彼が謝罪しようとした時

  • as he was trying to apologize:

    彼の目に入ったツイートの一部です

  • "Jonah Lehrer, boring us into forgiving him."

    「ジョナ・レーラーを許すなんて つまんねえよ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • And, "Jonah Lehrer has not proven that he is capable of feeling shame."

    「恥を感じる能力があるか 彼はまだ証明してないぞ」

  • That one must have been written by the best psychiatrist ever,

    これは史上最高の精神科医が 書いたに違いありません

  • to know that about such a tiny figure behind a lectern.

    演台の陰で縮こまっている この人物のことをよく知っていますからね

  • And, "Jonah Lehrer is just a frigging sociopath."

    それから 「ジョナ・レーラーは単なる社会病質野郎だ」

  • That last word is a very human thing to do, to dehumanize the people we hurt.

    最後の単語の使い方は非常に人間的です 傷つける対象を脱人間化する訳です

  • It's because we want to destroy people but not feel bad about it.

    対象を滅ぼしたいけれども 後味の悪いのは嫌だからです

  • Imagine if this was an actual court,

    これが実際の法廷だったらと 想像してください

  • and the accused was in the dark, begging for another chance,

    暗がりにいる被告が もう一度チャンスをほしがると

  • and the jury was yelling out,

    陪審員が大声で言うんです―

  • "Bored! Sociopath!"

    「つまんねえよ!社会病質者!」

  • (Laughter)

    (笑)

  • You know, when we watch courtroom dramas, we tend to identify

    そう 法廷ドラマを見る時 私たちは

  • with the kindhearted defense attorney,

    心温かい弁護士に 自分を重ね合わせますが

  • but give us the power, and we become like hanging judges.

    実際に権力を得ると 「首つり判事」みたいに なってしまうのです

  • Power shifts fast.

    権力が移り変わるのは 早いものです

  • We were getting Jonah because he was perceived to have misused his privilege,

    私たちがジョナをとっちめたのは 彼が権力を濫用したと 見做されたからです

  • but Jonah was on the floor then, and we were still kicking,

    でもジョナは謝罪の場に出頭したのに 私たちは依然として足蹴にし

  • and congratulating ourselves for punching up.

    さらに殴って喜んでいました

  • And it began to feel weird and empty when there wasn't a powerful person

    とっちめる対象となる 権力の濫用をした有力者がいないと

  • who had misused their privilege that we could get.

    私たちは奇妙で空虚な感じが し始めました

  • A day without a shaming began to feel like a day

    侮辱する相手のいない日は

  • picking fingernails and treading water.

    無駄に時間を 過ごしているようなものでした

  • Let me tell you a story.

    この話をさせてください

  • It's about a woman called Justine Sacco.

    ジャスティン・サッコという 女性の話です

  • She was a PR woman from New York with 170 Twitter followers,

    Twitterに170人のフォロアーがいる 在ニューヨークの広報担当でした

  • and she'd Tweet little acerbic jokes to them,

    彼女はよく ちょっと辛辣なジョークを ツイートしていました

  • like this one on a plane from New York to London:

    例えばニューヨークから ロンドンに行く飛行機で

  • [Weird German Dude: You're in first class. It's 2014. Get some deodorant."

    [変なドイツ人 あんたファーストクラスでしょ 2014年よ 匂い対策してよね

  • -Inner monologue as inhale BO. Thank god for pharmaceuticals.]

    体臭をかがされての独り言でした 製薬業界に感謝]

  • So Justine chuckled to herself, and pressed send, and got no replies,

    ジャスティンは独り笑いして 送信し リプライはなし

  • and felt that sad feeling that we all feel

    皆さんも経験のある あの悲しさを感じました

  • when the Internet doesn't congratulate us for being funny.

    面白いこと言っても インターネットが褒めてくれない

  • (Laughter)

    (笑)

  • Black silence when the Internet doesn't talk back.

    インターネットが無反応だと 重い沈黙が続きます

  • And then she got to Heathrow, and she had a little time to spare

    その後彼女は ヒースロー空港に着き 最後の飛行機に乗る前 少し時間があって

  • before her final leg, so she thought up another funny little acerbic joke:

    その時 別の少し辛口なジョークを 思いつきました

  • [Going to Africa. Hope I don't get AIDS. Just kidding. I'm white!]

    [アフリカに行くとこ AIDSになりませんように 冗談よ 白人だもん私!]

  • And she chuckled to herself, pressed send, got on the plane, got no replies,

    彼女は独り笑いをして送信し 飛行機に乗りました リプライなし

  • turned off her phone, fell asleep,

    携帯電話の電源を切り 彼女は眠りに落ちました

  • woke up 11 hours later,

    起きたのは11時間後です

  • turned on her phone while the plane was taxiing on the runway,

    飛行機が滑走路を走っている間 携帯電話の電源を入れました

  • and straightaway there was a message from somebody

    すると速攻でメッセージが来ました

  • that she hadn't spoken to since high school,

    高校以来 話したことのない人からでした

  • that said, "I am so sorry to see what's happening to you."

    「とても気の毒に思っているわ」

  • And then another message from a best friend,

    親友からは 別のメッセージが来ていました

  • "You need to call me right now.

    「今すぐ電話ちょうだい

  • You are the worldwide number one trending topic on Twitter."

    あなた Twitterのトレンド欄で 世界トップになってるわよ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • What had happened is that one of her 170 followers had sent the Tweet

    何があったかというと 170人のフォロワーの1人が そのツイートを

  • to a Gawker journalist, and he retweeted it to his 15,000 followers:

    ゴーカー・メディアの記者に送り 彼が1万5千人のフォロアーにRTしたんです

  • [And now, a funny holiday joke from IAC's PR boss]

    [IACの広告責任者から 面白い休日のジョークだよ]

  • And then it was like a bolt of lightning.

    そこからは電光石火でした

  • A few weeks later, I talked to the Gawker journalist.

    数週間後 私は そのゴーカーの記者と話をしました

  • I emailed him and asked him how it felt, and he said, "It felt delicious."

    メールで感想を聞いたんです 彼は「面白かったよ」と

  • And then he said, "But I'm sure she's fine."

    そして言いました 「でも彼女も大丈夫なはずだ」

  • But she wasn't fine, because while she slept,

    しかしそうではありませんでした なぜなら彼女が眠っている間

  • Twitter took control of her life and dismantled it piece by piece.

    Twitterが彼女の人生を左右し 粉々にしたんですから

  • First there were the philanthropists:

    まず反応したのは 慈善家たちでした

  • [If @JustineSacco's unfortunate words ... bother you,

    [@JustineSaccoの残念な言葉が 気に障ったら―

  • join me in supporting @CARE's work in Africa.]

    アフリカ支援活動 @CAREに加わろう]

  • [In light of ... disgusting, racist tweet, I'm donating to @care today]

    [うーん最低 人種差別的なツイートね @careに今日寄附しようっと]

  • Then came the beyond horrified:

    恐怖以上の何かも訪れました

  • [... no words for that horribly disgusting racist as fuck tweet from Justine Sacco.

    [最低の人種主義者 恐ろしい奴 ジャスティンの馬鹿ツイートには言葉もない

  • I am beyond horrified.]

    恐怖以上だな]

  • Was anybody on Twitter that night? A few of you.

    この晩Twitterをしていた人は? 少数ですね

  • Did Justine's joke overwhelm your Twitter feed the way it did mine?

    ジャスティンのジョークが Twitterフィードを埋め尽くしましたか?

  • It did mine, and I thought what everybody thought that night,

    私のはそうでした それであの晩 皆と同じく こう思いました

  • which was, "Wow, somebody's screwed!

    「うわ こいつ やらかしたな!

  • Somebody's life is about to get terrible!"

    これで人生 滅茶苦茶だぞ」

  • And I sat up in my bed,

    私はベッドから体を起こして

  • and I put the pillow behind my head,

    頭の後ろに枕を置いて

  • and then I thought, I'm not entirely sure that joke was intended to be racist.

    考えました あのジョークが 人種差別の意図か 確証はない

  • Maybe instead of gleefully flaunting her privilege,

    特権をひけらかして 上機嫌だったのではなく

  • she was mocking the gleeful flaunting of privilege.

    特権のひけらかしを 馬鹿にしたのかもしれないなと

  • There's a comedy tradition of this,

    これのコメディー版もあります

  • like South Park or Colbert or Randy Newman.

    『サウスパーク』とかコルベアとか ランディー・ニューマンとかね

  • Maybe Justine Sacco's crime was not being as good at it as Randy Newman.

    ジャスティンの罪はランディ・ニューマンほど 上手でなかったことかもしれません

  • In fact, when I met Justine a couple of weeks later in a bar,

    実際 バーで数週間後に ジャスティンに会った時

  • she was just crushed,

    彼女は意気消沈していました

  • and I asked her to explain the joke,

    例のジョークを説明してと 私が頼むと

  • and she said, "Living in America puts us in a bit of a bubble

    彼女はこう言いました 「アメリカに住んでると井の中の蛙になって

  • when it comes to what is going on in the Third World.

    第三世界で起こっていること に気づかないものよ

  • I was making of fun of that bubble."

    私はその態度を からかったの」

  • You know, another woman on Twitter that night, a New Statesman writer Helen Lewis,

    『ニュー・ステーツマン』誌ライターの ヘレン・ルイスという女性が―

  • she reviewed my book on public shaming and wrote that she Tweeted that night,

    公での侮辱に関する私の本を書評した人ですが― あの晩こうツイートしたそうです

  • "I'm not sure that her joke was intended to be racist,"

    「彼女のジョークが 人種差別の意図かは分からないわよ」

  • and she said straightaway she got a fury of Tweets saying,

    するとすぐに こんな怒りのツイートを 受け取ったそうです

  • "Well, you're just a privileged bitch, too."

    「お前も特権階級の尻軽女だ」

  • And so to her shame, she wrote,

    彼女も侮辱された訳です 彼女はそれから

  • she shut up and watched as Justine's life got torn apart.

    ツイートをやめ ジャスティンの人生が 台無しになるのを見ていたそうです

  • It started to get darker:

    形勢は悪化していきました

  • [Everyone go report this cunt @JustineSacco]

    [このアバズレ@JustineSaccoを 皆でチクろうぜ]

  • Then came the calls for her to be fired.

    そして彼女をクビにしろとの 要求が上がりました

  • [Good luck with the job hunt in the new year. #GettingFired]

    [年明けは仕事探し頑張れよ!  #クビだぞ]

  • Thousands of people around the world

    世界中の何千もの人が

  • decided it was their duty to get her fired.

    彼女をクビにするのを 自分たちの任務だと決めたんです

  • [@JustineSacco last tweet of your career. #SorryNotSorry

    [@JustineSacco お前のキャリアで 最後のツイートだな #気の毒なんてウソ]

  • Corporations got involved, hoping to sell their products

    企業が参入してきました 自分たちの製品を

  • on the back of Justine's annihilation:

    ジャスティンの破滅の影で 売ろうとしたんです

  • [Next time you plan to tweet something stupid before you take off,

    [次に離陸前 馬鹿ツイートをする時は

  • make sure you are getting on a @Gogo flight!]

    くれぐれも@Gogoの便を ご利用下さい!]

  • (Laughter)

    (笑)

  • A lot of companies were making good money that night.

    多くの企業があの晩 たんまり稼いだんです

  • You know, Justine's name was normally Googled 40 times a month.

    ジャスティンの名前は普段 月に40回しか検索されません

  • That month, between December the 20th and the end of December,

    その当日12月20日から 月末にかけては

  • her name was Googled 1,220,000 times.

    122万回検索されました

  • And one Internet economist told me that that meant that Google made

    12万ドルから46万8千ドルほど 稼いだ計算になるそうです

  • somewhere between 120,000 dollars and 468,000 dollars

    12万ドルから46万8千ドルほど 稼いだ計算になるそうです

  • from Justine's annihilation, whereas those of us doing the actual shaming --

    ジャスティンの破滅からですよ 侮辱した私たちの方は―

  • we got nothing.

    稼ぎゼロなのに

  • (Laughter)

    (笑)

  • We were like unpaid shaming interns for Google.

    私たちはGoogleの 侮辱担当 無給インターンみたいなものです

  • (Laughter)

    (笑)

  • And then came the trolls:

    そこに「釣り」ツイートが流れました

  • [I'm actually kind of hoping Justine Sacco gets aids? lol]

    [ジャスティン・サッコは ホントにエイズになっちゃえ(笑)]

  • Somebody else on that wrote,

    他の誰かが書きました

  • "Somebody HIV-positive should rape this bitch and then we'll find out

    [HIV陽性の奴があのアマを レイプしたらいいんだ

  • if her skin color protects her from AIDS."

    肌の色でエイズが防げるか それで分かるよ]

  • And that person got a free pass.

    この人物はフリーパスを得たんです

  • Nobody went after that person.

    この後に続いた人はいませんでした

  • We were all so excited about destroying Justine,

    ジャスティンを破滅させることに 私たちは皆 大興奮でした

  • and our shaming brains are so simple-minded,

    私たちの侮辱する脳は すごく愚かなので

  • that we couldn't also handle destroying somebody

    ジャスティンを誰かが不適切な形で 破滅させようとするのを

  • who was inappropriately destroying Justine.

    抑えることもできませんでした

  • Justine was really uniting a lot of disparate groups that night,

    ジャスティンはあの晩 実に多くの 異種グループを結び付けました

  • from philanthropists to "rape the bitch."

    慈善家から 「ヤっちまえ」という輩までね

  • [@JustineSacco I hope you get fired! You demented bitch...

    [@JustineSacco クビになれよ! 頭の悪いオンナだ...

  • Just let the world know you're planning to ride bare back while in Africa.]

    アフリカにいる間にナマでヤる気だって 世界に告知してやがる]

  • Women always have it worse than men.

    女性はいつも男性より タチが悪いんです

  • When a man gets shamed, it's, "I'm going to get you fired."

    男性が侮辱する時は 「お前をクビにしてやる!」位です

  • When a woman gets shamed, it's,

    女性がする場合には

  • "I'm going to get you fired and raped and cut out your uterus."

    「あんたなんかクビにして レイプして 子宮を切り取ってやる」ってね

  • And then Justine's employers got involved:

    そこにジャスティンの雇用主が 参入しました

  • [IAC on @JustineSacco tweet: This is an outrageous, offensive comment.

    [ @JustineSaccoのツイートにつきIACより: 非道で失礼な発言です

  • Employee in question currently unreachable on an intl flight.]

    該当社員は現在 国際便の機中のため 連絡がとれません]

  • And that's when the anger turned to excitement:

    この時点で怒りは興奮に変わりました

  • [All I want for Christmas is to see @JustineSacco's face when her plane lands

    [クリスマスには @JustineSaccoの 着陸して受信箱か留守電を

  • and she checks her inbox/voicemail. #fired]

    確認した時の顔が見れたら本望 #クビ]

  • [Oh man, @justinesacco is going to have the most painful

    [@JustineSaccoは着陸した時 これまでで最悪の

  • phone-turning-on moment ever when her plane lands.]

    携帯電話の電源を入れる瞬間を 味わうでしょうね]

  • [We are about to watch this @JustineSacco bitch get fired. In REAL time.

    [このバカ女@JustineSaccoが クビになるのを見てるとこ リアルタイムだ

  • Before she even KNOWS she's getting fired.]

    クビだなんて 本人も知らないんだけどさ]

  • What we had was a delightful narrative arc.

    喜ばしい展開だった訳です

  • We knew something that Justine didn't.

    本人が知らないことを 私たちが知ってるなんて

  • Can you think of anything less judicial than this?

    これほどひどい裁き方って 他にないでしょう?

  • Justine was asleep on a plane and unable to explain herself,

    ジャスティンは飛行機で眠っていて 弁明できなかったんですよ

  • and her inability was a huge part of the hilarity.

    それこそが この馬鹿騒ぎの 大きな原因でした

  • On Twitter that night, we were like toddlers crawling towards a gun.

    あの晩のTwitter上で 私たちは 銃に向かってハイハイする幼児のようでした

  • Somebody worked out exactly which plane she was on, so they linked

    誰かが彼女の乗った飛行機を 正確に探し当てて

  • to a flight tracker website.

    航空便追跡サイトへの リンクが貼られました

  • [British Airways Flight 43 On-time - arrives in 1 hour 34 minutes]

    [ブリティッシュ・エアウェイズ 43便  定刻 1時間34分後到着]

  • A hashtag began trending worldwide:

    あるハッシュタグが 世界中のトレンド欄にあがりました

  • # hasJustineLandedYet?

    #ジャスティンはもう着いた?

  • [It is kinda wild to see someone self-destruct

    [気づかないうちに自滅する人を観るのは

  • without them even being aware of it. #hasJustineLandedYet]

    面白いな #ジャスティンはもう着いた?]

  • [Seriously. I just want to go home to go to bed, but everyone at the bar

    [全くだ 帰って寝たいけど バーの皆が

  • is SO into #HasJustineLandedYet. Can't look away. Can't leave.]

    #ジャスティンはもう着いた?に夢中だ 見逃せない 帰れないよ]

  • [#HasJustineLandedYet may be the best thing to happen to my Friday night.]

    [#ジャスティンはもう着いた?は 金曜の夜の事件としちゃ 最高のことかも]

  • [Is no one in Cape Town going to the airport to tweet her arrival?

    [ケープタウンで彼女の到着を ツイートする奴はいないのか?

  • Come on, twitter! I'd like pictures]

    おいTwitter! 写真が見たいぞ]

  • And guess what? Yes there was.

    どうなったでしょう?  いたんです

  • [@JustineSacco HAS in fact landed at Cape Town international.

    [@JustineSaccoが ケープタウン国際空港に到着]

  • And if you want to know what it looks like to discover

    リベラルなジョークを誤解されて 切り刻まれるのが

  • that you've just been torn to shreds because of a misconstrued liberal joke,

    どんな風なのか見たいのなら― しかもこれは

  • not by trolls, but by nice people like us,

    「釣り」ではなく 私たち善人によってです―

  • this is what it looks like:

    こんなふうですよ

  • [... She's decided to wear sunnies as a disguise.]

    [...彼女はサングラスで 変装することにしたんだ]

  • So why did we do it?

    なぜ私たちは こんなことしたのか?

  • I think some people were genuinely upset,

    純粋に腹を立てたからという人も いたでしょうが

  • but I think for other people,

    そうでない人もいたでしょう

  • it's because Twitter is basically a mutual approval machine.

    なぜならTwitterは基本的に 相互承認マシンだからです

  • We surround ourselves with people who feel the same way we do,

    同じような感じ方をする人々に 私たちは取り囲まれていて

  • and we approve each other,

    互いに承認し合うんです

  • and that's a really good feeling.

    これは実に気分がいいものです

  • And if somebody gets in the way, we screen them out.

    そしてもし 邪魔する奴がいたら はじき出します

  • And do you know what that's the opposite of?

    これは何の逆か 皆さん分かりますか?

  • It's the opposite of democracy.

    民主主義の逆なんです

  • We wanted to show that we cared about people dying of AIDS in Africa.

    私たちはエイズで死ぬアフリカの人々を 心配していると示したかったんです

  • Our desire to be seen to be compassionate is what led us to commit

    思いやりがあると見られたい という私たちの望みが

  • this profoundly un-compassionate act.

    ものすごく思いやりに欠ける この行為に加担させたんです

  • As Meghan O'Gieblyn wrote in the Boston Review,

    メーガン・オーギブリンが Boston Reviewに書いたように

  • "This isn't social justice. It's a cathartic alternative."

    「これは社会的正義なんかじゃない カタルシスの身代わりよ」

  • For the past three years,

    過去3年間

  • I've been going around the world meeting people like Justine Sacco --

    ジャスティン・サッコのような人と 私は世界中で会ってきました

  • and believe me, there's a lot of people like Justine Sacco.

    ジャスティン・サッコのような人は 本当にたくさんいるんですよ

  • There's more every day.

    毎日増えています

  • And we want to think they're fine, but they're not fine.

    彼らは大丈夫だと思いたいでしょうが そうではありません

  • The people I met were mangled.

    その人たちは ズタズタにされていました

  • They talked to me about depression,

    彼らは抑うつ状態で

  • and anxiety and insomnia and suicidal thoughts.

    不安と不眠を抱え 自殺も考えていました

  • One woman I talked to, who also told a joke that landed badly,

    私が話をしたある女性は 同じくジョークが引き金でしたが

  • she stayed home for a year and a half.

    彼女は1年半 家にいました

  • Before that, she worked with adults with learning difficulties,

    その前は学習困難の成人たちと 関わる仕事をしていて

  • and was apparently really good at her job.

    彼女は明らかに その仕事が得意でした

  • Justine was fired, of course, because social media demanded it.

    ジャスティンは当然 解雇されました ソーシャルメディアがそう要求したからです