Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The constant thud underneath your feet.

    足元ではドシンドシン。

  • The constrained space.

    閉じ込められた空間。

  • And the monotony of going nowhere fast.

    ひたすらに走る。

  • It feels like hours have gone by, but it's only been eleven minutes.

    何時間も過ぎたように感じるのに、たった11分しか経ってない。

  • And you wonder, "Why am I torturing myself"?

    そしてあなたは考えるのです。「なぜ自分に苦行を課しているのか。」

  • This thing has got to be considered a "cruel and unusual punishment".

    これは残酷で異常な罰だと考えられるべきかもしれません。

  • Actually, that's exactly what it is, or was.

    実際のところ、それは確かに罰なのです。昔は罰の一つでした。

  • You see, in the 1800s, treadmills were created to punish English prisoners.

    19世紀にトレッドミルは英国の囚人を罰するために作られました。

  • At the time, the English prison system was abysmally bad.

    当時、英国の監獄システムはひどく劣悪なものでした。

  • Execution and deportation were often the punishments of choice, and those who were locked away faced hours of solitude in filthy cells.

    処刑や追放はしばしば好まれた罰で、留置された者は何時間にも渡って汚い檻の中で孤独な時間を過ごしました。

  • So social movements led by religious groups, philanthropies, and celebrities, like Charles Dickens, sought to change these dire conditions and help reform the prisoners.

    宗教グループや慈善団体、チャールズ・ディケンズのような著名人によって引き起こされた社会運動はこれらのおそろしい条件を変え、囚人たちを改心させようとしていました。

  • When their movement succeeded, entire prisons were remodeled and new forms of rehabilitation, such as the treadmill, were introduced.

    彼らの行動が成功した時、全ての監獄は一新され、トレッドミルのような新たな更生の形式が導入されました。

  • Here's how the original version, invented in 1818 by English engineer Sir William Cubitt, worked.

    1818年に英国の技術者であるウィリアム・カビットが発明したトレッドミルの最初のバージョンはどのようなものだったのか。

  • Prisoners stepped on 24 spokes of a large paddle wheel.

    囚人たちは大きなパドルホイールの24個のスポークを踏みました。

  • As the wheel turned, the prisoner was forced to keep stepping up or risk falling off, similar to modern stepper machines.

    ホイールが回るにつれて、囚人たちは踏み続けなければ落ちてしまう状況になってしまいます。現在のステッパーのようなものです。

  • Meanwhile, the rotation made gears pump out water, crush grain, or power mills, which is where the name "treadmill" originated.

    一方で、回転することによって水を吸い出し、穀物を砕き、工場に動力を供給しました。これがトレッドミルの由来です。

  • These devices were seen as a fantastic way of whipping prisoners into shape, and that added benefit of powering mills, helped to rebuild a British economy decimated by the Napoleonic Wars.

    これらの装置は囚人を更生させるには素晴らしい方法だと見なされ、かつ動力を生み出すという利点もあり、ナポレオン戦争によってめちゃめちゃにされた英国経済を再建するのに役立ちました。

  • It was a win for all concerned, except the prisoners.

    これは囚人を除いて、皆に利益をもたらしました。

  • It's estimated that, on average, prisoners spent six or so hours a day on treadmills, the equivalent of climbing 5,000 to 14,000 feet.

    平均すると、囚人たちは一日に6、7時間をトレッドミルに費やし、5000~14000フィートを登ることに相当します。

  • 14,000 feet is roughly Mount Everest's halfway point.

    14,000 フィートはエベレストのおよそ半分ほどの地点です。

  • Imagine doing that five days a week with little food.

    僅かな食糧でそれが週5であることを想像してください。

  • Cubitt's idea quickly spread across the British Empire and America.

    Cubitt のアイではすぐに大英帝国とアメリカ中に広まりました。

  • Within a decade of its creation, over 50 English prisons boasted a treadmill, and America, a similar amount.

    できてから10年以内に、50人以上のイギリスの監獄がトレッドミルを持つようになり、アメリカも同様の数です。

  • Unsurprisingly, the exertion combined with poor nutrition saw many prisoners suffer breakdowns and injuries.

    当然、栄養不良のままの運動によって多くの囚人が衰弱し、負傷しました。

  • Not that prison guards seemed to care.

    ですが看守は気にもとめません。

  • In 1824, New York prison guard James Hardie credited the device with taming his more boisterous inmates, writing that the "monotonous steadiness, and not its severity...constitutes its terror," a quote many still agree with.

    1824年にはニューヨークの看守である James Hardie は乱暴な受刑者を飼いならすことにおけるその装置の功績を認め、「過酷さでなく単調さが恐怖を作っている」述べており多くの人が賛同しています。

  • And treadmills lasted in England until the late 19th century.

    そしてトレッドミルは19世紀の末まで英国で続きました。

  • When they were banned for being excessively cruel under the Prison's Act of 1898.

    1898年の監獄法によりトレッドミルは過度に残酷すぎるとして禁止されました。

  • But of course the torture device returned with a vengeance, this time targeting the unsuspecting public.

    しかしもちろん報復とともにその拷問器具は戻ってきており、今回は疑っていない大衆を狙っています。

  • In 1911, a treadmill patent was registered in the U.S.

    1911年には、トレッドミルの特許がアメリカで認められました。

  • And by 1952, the forerunner for today's modern treadmill had been created.

    そして1952年までには今日の現代的なトレッドミルの先駆けが作られました。

  • When the jogging craze hit the U.S. in the 1970s.

    1970年にはジョギングがアメリカを席巻しました。

  • The treadmill was thrust back into the limelight as an easy and convenient way to improve aerobic fitness, and lose unwanted pounds.

    トレッドミルは有酸素運動を進歩させ、体重を減らすのに簡単で良い方法であると最脚光を浴びました。

  • Which, to be fair, it's pretty good at doing.

    公平に言えば、トレッドミルはかなり効きます。

  • And the machine has maintained its popularity since.

    そしてその機会は以来ずっと人気を維持しています。

  • So the next time you voluntarily subject yourself to what was once a cruel and unusual punishment, just be glad you can control when you'll hop off.

    ですから次回望んでかつて残酷で異常な罰だったものに身を晒すのであれば、自分で降りる時を決められるのだと喜んでください。

The constant thud underneath your feet.

足元ではドシンドシン。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 囚人 残酷 ホイール 運動 フィート

TED-ED】トレッドミルの暗くひねくれた過去 - コナー・ヘファーナン (【TED-Ed】The treadmill's dark and twisted past - Conor Heffernan)

  • 21437 1441
    VoiceTube に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語