Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • OSHO

    OSHO

  • OSHO International Foundation presents

    OSHO インターナショナルファウンデーションが贈る

  • Osho: Books I Have Loved

    Osho: 私が愛した本たち

  • I have loved reading from my very childhood.

    私は幼少期から読書を愛してきた

  • My own personal library

    私の個人書庫には

  • consisted of one hundred fifty thousand rare books

    15万冊の貴重な本が収まる

  • of all the religions, philosophies, poetry, literature.

    あらゆる宗教 哲学 詩 文学

  • And I have read all of them,

    そして私はそれらすべてを読んだ

  • but with no purpose; I enjoyed it.

    何の目標もなく ただ楽しんだのだ

  • My father used to go

    私の父は少なくとも

  • at least three, four times to Bombay,

    3~4回はボンベイに行ったものだ

  • and he would ask all the children,

    そして彼は子供たち全員に聞いたものだ

  • "What would you like?"

    「何が欲しい?」

  • And he would ask me also,

    そして彼は私にも尋ねたものだ

  • "If you want anything

    「何か欲しいかね?

  • I can note it down and bring it from Bombay."

    書きとめておいて ボンベイで買ってきてあげるよ」

  • I never asked him.

    私は一度も頼まなかった

  • Once I said, "I only want you

    私は一度こう言った

  • to come back

    「僕の望みはあなたが

  • more human,

    もっと人間味をもって

  • less fatherly, more friendly,

    父親ぶらず もっと親しみやすく

  • less dictatorial, more democratic.

    独裁的でなく もっと民主的になって帰ってきてくれることだ

  • Bring a little more freedom for me when you come back."

    僕にもう少しの自由を お土産に持って帰ってきて欲しいんだ」

  • He said, "But these things are not available in the market."

    彼は言った「しかしそれはマーケットでは手に入らないよ」

  • I said, "I know they are not available in the market,

    私は言った「わかっているよ それはマーケットでは手に入らない

  • but these are the things I would like: a little more freedom,

    でもそれが僕の望みなんだ もう少しの自由

  • a little bigger rope,

    もう少し紐を緩めて

  • fewer orders, fewer commandments,

    指令や命令を減らして

  • and a little respect."

    もう少し尊重してくれること」

  • No child

    どの子供も

  • has asked for respect.

    尊重してくれとは頼まない

  • You ask for toys,

    あなたはおもちゃや

  • sweets,

    甘いものや

  • clothes,

    服や

  • a bicycle,

    自転車や

  • and things like that. You get them,

    そういったものを求める あなたはそれを手に入れる

  • but these are not the real things which are going to make your life

    しかしそうしたものは本当のものではない 本当のものはあなたの生を

  • blissful.

    至福で満たす

  • I asked him for money only when

    私は彼にお金を頼むことがあった

  • I wanted to purchase more books;

    もっと本を買いたいときだけだ

  • I never asked money for anything else.

    他のものにはお金を求めなかった

  • And I told him,

    そして私は彼に言った

  • "When I ask for money for books

    「僕が本のためのお金を頼んだときは

  • you had better give it to me."

    くれた方がいいよ」

  • He said, "What do you mean?"

    彼は言った「どういう意味だね?」

  • I said, "I simply mean that

    私は言った「言ったそのままだよ

  • if you don't give it to me then I will have to steal it.

    もしお金をくれなければ 僕は本を盗まなくてはならないだろうから

  • I don't want to be

    僕は泥棒には

  • a thief

    なりたくない

  • but if you force me

    でもあなたが強いるなら

  • then there is no way.

    仕方がない

  • You know I don't have money.

    僕にお金がないのは知っているでしょう

  • I need these books

    僕にはこれらの本が必要なんだ

  • and I am going to have them, that you know.

    そしてお分かりの通り 僕はそれを手に入れるだろう

  • So if money is not given to me

    だからもしお金が貰えないなら

  • then I will take it;

    それを盗るまでだ

  • and remember in your mind that it was you who forced me to steal."

    そして覚えておいてほしいのは 僕に盗むように強いたのはあなただってことだよ」

  • He said, "No need to steal.

    彼は言った「盗む必要はない

  • Whenever you need money you simply come and take it."

    お金が必要なときはいつでも来て受け取りなさい」

  • And I said, "You be assured it is only for the books,"

    私は言った「本のためだけだと保証するよ」

  • but there was no need for the assurance because

    しかし保証する必要などなかった というのも

  • he went on seeing my library growing in the house.

    彼は家の中で私の蔵書が膨れ上がっていくのを見ていたからだ

  • Slowly there was no place in the house

    やがて家の中は 私の本を除いては

  • for anything other than my books.

    他に何の場所も見つからなくなった

  • And my father said, "Now,

    そして私の父は言った「さあ

  • first

    はじめは

  • in our house, we had a library;

    家の中に書庫があったが

  • now in the library, we have a house!

    今は書庫の中に家がある!

  • And we all have to take care of your books

    そして私たちは皆 お前の本の世話をしなくてはならない

  • because if something goes wrong with any book you make so much fuss,

    というのも もしどれか1冊でも本に何かあったなら お前は騒ぎ立てるのだから

  • you create so much trouble

    お前はたいしたトラブルを生み出したよ

  • that everybody is afraid of your books.

    みんながお前の本を恐れている

  • And they are everywhere;

    そして本はそこらじゅうにある

  • you cannot avoid stumbling on them.

    本につまずくのは避けようがない

  • And there are small children...."

    そして小さい子供たちもいる…」

  • I said,

    私は言った

  • "Small children are not a problem to me;

    「小さい子供たちは僕には問題にはならない

  • the problem is the older children.

    問題は 大きな子供たちだ

  • The smaller children -- l respect them so much

    小さい子供たち 僕は彼らをとても尊敬する

  • that they are very protective of my books."

    彼らは僕の本を守ってくれているんだ」

  • It was a strange thing to see in my house.

    私の家で それは不思議な光景だった

  • My younger brothers and sisters were all protective of my books

    私の弟たち妹たちは みな私の本を守ってくれていた

  • when I was not there:

    私が不在のときにだ

  • nobody could touch my books.

    誰も私の本に触ることはできなかった

  • And they would clean them and they would keep them

    そして彼らは本をきれいにして 正しい場所に

  • in the right place, wherever I had put them,

    置いてくれたものだ どこに私が本を置いたとしてもだ

  • so when I needed any book I could find it.

    どの本であれ私が必要としたときに 見つけられるように

  • And it was a simple matter because I was so respectful to them,

    そしてそれはとても単純なことだった なぜなら私は彼らをとても尊重していたから

  • and they could not show their respect in any other way

    だから彼らは他の方法では彼らの敬意を示すことができなかったのだ

  • than to be respectful to my books

    私の本に敬意を示すことでしか表せなかった

  • I said, "The real problems are the older children

    私は言った「本当の問題は 大きな子供たちです」

  • my uncles, my aunts,

    叔父や 叔母

  • my father's sisters,

    父の妹たち

  • these are the people...my father's brothers-in-law --

    こういった人たち… 父の義理の兄弟たち

  • these are the people who are the trouble.

    こうした人びとが問題だ

  • I don't want anybody else

    私は誰にも

  • to mark my books, underline in my books,

    私の本に印をつけたり 線を書き込んで欲しくない

  • I hated the very idea that somebody should underline in my books.

    誰かが私の本に線を書き込むと考えただけで 私は嫌気が差した

  • One of my father's brothers-in-law --

    私の父の義理の弟のひとりが

  • he was a professor

    彼は教授だった

  • so he must have been in the habit --

    だから彼は癖になっていたのに違いない

  • would write notes on my books.

    私の本にメモ書きをしたものだった

  • I had to tell him,

    私は彼に言わなくてはならなかった

  • "This is simply

    「これはただ

  • not only unmannerly, uncivilized,

    マナーが悪いとか 程度が低いとか

  • it shows

    そういうことではなくて

  • what kind of mind you have.

    あなたがどんなマインドの持ち主かを示しているよ

  • To me a book

    僕にとって本というのは

  • is not just a book, it is a love affair.

    ただの本ではなく 恋愛なんだ

  • If you underline any book

    もしあなたが 本に線を書き込めば

  • then you have to pay for it and take the book.

    あなたはお金を払って その本を引き取らなくてはいけないよ

  • Then I don't want that book here,

    僕はその本はもうここに置きたくない

  • because one dirty fish

    というのも 一匹の汚れた魚が

  • can make the whole pond dirty.

    池全体を汚す事だってできるんだから

  • I don't want any book prostituted -- you take it."

    僕はどの本も買春されたくないんだ それを引き取ってくれ」

  • He was very angry

    彼はとても怒った

  • because he could not understand.

    というのも彼には理解できなかったから

  • I said, "You don't understand me because you don't know me much.

    私は言った「あなたが僕を理解できないのは 僕のことをあまり知らないからだ

  • You just talk to my father."

    お父さんと話したらいい」

  • And my father said to him, "lt was your fault.

    そして父は彼に言った「それはあなたの過ちだ

  • Why did you underline his book?

    どうして彼の本に線を書き込んだりしたんだ?

  • Why did you write a note in his book?

    どうして彼の本にメモを書き込んだりしたんだ?

  • What purpose did it serve to you? --

    どんな目的があってのことだ?

  • because the book will remain in his library.

    本は彼の書庫に残るというのに?

  • In the first place you never asked his permission,

    第一 あなたは彼の本を読む許可を

  • that you wanted to read his book.

    彼から得てはいないじゃないか」

  • You will be surprised

    あなたは驚くだろう

  • that by the time I was a matriculate

    大学入学の資格を得るころには

  • I had read

    私はすでに

  • thousands of books

    何千という本を読んでいた

  • I was finished

    私は

  • with Kahlil Gibran,

    カリル・ジブラン

  • Dostoevsky,

    ドストエフスキー

  • Tolstoy, Chekhov, Gorky,

    トルストイ チェーホフ ゴーリキー

  • Turgenev.

    ツルゲーネフを読み終えていた

  • When I was

    教養課程を

  • finishing my intermediate

    終えるころには

  • I was finished with Socrates, Plato, Aristotle,

    ソクラテス プラトー アリストテレス

  • Bertrand Russell --

    バートランド・ラッセル

  • all the philosophers that I could find in any library,

    すべての哲学者を読み終えていた あらゆる図書館

  • in any

    あらゆる

  • bookshop,

    書店

  • or borrow from anybody.

    誰かから借りられる本のすべてだ

  • Why did you stop reading in 1980 and

    なぜあなたは 1980年に本を読むのを止めたのですか?

  • how do you stay informed on world events?

    どうやって世界の出来事に関する情報を得ているのですか?

  • I've heard that you enjoy movies...

    あなたは映画を楽しんでいると聞きました

  • and watch movies at times. Is that true?

    ときどき映画を観ていると… それは本当ですか?

  • Once in a while, because I don't read any more.

    たまにだ というのも私はもう読まないので

  • Otherwise I was

    さもなければ私は

  • perhaps the most

    おそらく世界で

  • educated man in the whole world.

    もっとも教養のある男だっただろう

  • My own personal library was one hundred fifty thousand volumes,

    私の個人書庫には15万冊が収蔵されている

  • of immense value,

    途方もない価値のある書物だ

  • and I was reading continuously.

    そして私は絶えず読んでいた

  • But then I got my own truth

    しかし私が 私自身の真実を得てからというもの

  • and all those books started seeming rubbish.

    そういった書物のすべては 戯言に見え始めた

  • Slowly slowly

    ゆっくり ゆっくりと

  • they became meaningless. Once in a while one book

    それらは意味のないものになっていった ときおり1冊の本に

  • may turn out

    何らかの

  • to have some significance,

    意味があると気づくときがある

  • but five years before I stopped it.

    しかし5年前に 私はそれをやめた

  • It was too much.

    手間がかかりすぎた

  • You read one hundred books

    100冊の本を読んで

  • and one book sometimes turns out to be of any meaning.

    ときにそのうち1冊に 何か意味があると分かる

  • And that too is not going to

    しかし それとても

  • increase my consciousness, my being.

    私の意識 私の実存を増すわけではない

  • So for five years I have not read anything --

    だからこの5年間 私は何も読んでいない

  • no newspaper, no radio, no television.

    新聞も ラジオも テレビも見ない

  • Once in a while if my

    ときに 私のサニヤシンが

  • sannyasins see a film which they feel

    映画を観て 彼らがそれは

  • has something significant,

    何か意味があると感じたとき

  • then I see it.

    私はそれを観る

  • But very rarely.

    しかしごく稀のことだ

  • For example, Dostoevsky's Brothers Karamazov,

    例えば ドストエフスキーの カラマーゾフの兄弟が

  • when it became a film

    映画化されたとき

  • then I saw it because I consider that book

    私はそれを観た というのも私は

  • to be far more valuable than holy Bible.

    その本は聖書よりも よっぽど価値があると思っているからだ

  • It is

    それは

  • so immensely rich with insights.

    途方もなく 洞察に溢れている

  • So it happens once in a while

    だから ときおり

  • that they bring something

    彼らは

  • if they feel that

    私が興味を持つのでは と感じて

  • it may interest me. Then I see it. But rarely.

    何か持ってくるのだ そして私はそれを観る しかし稀なことだ

  • Featuring: "Music From the World of Osho" Source: The Last Testament, Vol 1 #26 ; From Misery to Enlightenment #15; The Last Testament, Vol. 3 #4

    音楽"Music From the World of Osho" 出典:The Last Testament, Vol 1 #26 ; From Misery to Enlightenment #15; The Last Testament, Vol. 3 #4

  • Copyright © Osho International Foundation, Switzerland. OSHO ® is a registered TM. For more information, visit: www.osho.com

    著作権© OSHO International Foundation, Switzerland OSHO®は登録商標です 詳しい情報はwww.OSHO.com

OSHO

OSHO

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 書き osho 子供 読ん 尊重 映画

OSHO:愛読してきた本 (OSHO: Books I have Loved)

  • 137 12
    trailylee に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語