Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • 26% on the nation's report card,

    アメリカの成績表の26%

  • that's the percentage of U.S. 12th graders

    これは数学がよくできる アメリカの12年生の

  • who are proficient in Math.

    割合です

  • In America, we pride ourselves as being an exceptional country.

    国民はアメリカがとりわけ 優秀な国であることを誇りにしています

  • But does 26% sound exceptional to you?

    しかし 26%というのは 抜きんでていると思いますか?

  • Raise your hand if you think as a country we need to do way better than this.

    もっと優秀になれるはずだと思う方は 挙手をしてください

  • I'm with you.

    私もそう思います

  • We all need Math, but why are so many kids confused by it?

    必須の数学に これほど多くの子供たちが 混乱するのはなぜでしょう?

  • Is it because only 26% of people are hardwired for Math,

    26%の人々が数学に 向いている一方

  • while 74% are not?

    74%は向いていないからでしょうか?

  • After working with thousands of kids, I can tell you,

    何千人もの子供たちを教えてきて 私に言えることは

  • this isn't the case at all.

    それは間違っているということです

  • Kids don't understand Math

    子供たちが数学を理解しないのは

  • because we've been teaching it as a dehumanized subject.

    数学を人間味のない科目として 教えているからです

  • But if we make Math human again, it will start to make sense again.

    数学を人間味のあるものにすれば また有意義なものになるのです

  • You're probably wondering:

    こう お思いかもしれませんね

  • "How was Math ever human in the first place?"

    「数学にそもそも 人間味なんてあるの?」と

  • So, think about it.

    そうですね 考えてみましょう

  • (Laughter)

    (笑)

  • Math is a human language, just like English, Spanish or Chinese,

    数学は英語やスペイン語 中国語と同じように人間の言語です

  • because it allows people to communicate with each other.

    なぜなら 数学によって 互いに意思疎通が図れるからです

  • Even in ancient times, people needed the language of Math

    昔から 人々は数学という言語で

  • to conduct trade, to build monuments,

    商売を行い 大きな記念建造物を建て

  • and to measure the land for farming.

    農業を行う土地を測量してきました

  • This idea of Math as a language isn't exactly new.

    数学を言語として捉える考え方は 新しいものではありません

  • A great philosopher once said:

    偉大な哲学者が かつてこう言いました

  • "The laws of nature are written in the language of mathematics."

    「自然の法則は 数学という言語で書かれている」と

  • So you see? Even Galileo agrees with me.

    見て下さい ガリレオ・ガリレイも私に賛成しているのです

  • (Laughter)

    (笑)

  • But somewhere along the line,

    しかし その歴史上のどこかで

  • we've taken this language of math,

    私たちを取り巻く 現実の世界についての

  • which is about the real world around us,

    この数学という言語を

  • and we've abstracted it beyond recognition.

    似ても似つかぬほどに 抽象化してしまったのです

  • And that's why kids are confused.

    子供たちが混乱するのはこのためです

  • Let me show you what I mean.

    どういうことか 例を挙げてみましょう

  • Read this 3rd grade California Math Standard

    カリフォルニアの3年生用の 数学標準指導要領を読んで

  • and see if it would make sense to an eight year-old.

    8歳の子供にわかるか 考えてみましょう

  • "Understand a fraction 1/b as the quantity formed by 1 part

    「分数 1/b を 全体がb等分されたものの

  • when a whole is partitioned into b equal parts."

    ひとつを表すものであると理解し

  • Understand the fraction a/b

    分数 a/b を 1/b に相当するものの

  • as the quantity formed by a parts of size 1/b.

    a 個分であると理解する」

  • (Laughter)

    (笑)

  • And if you gave this description to an 8 year-old,

    この説明を8歳の子供にすると

  • you'd probably get a reaction... like this.

    こういう反応になるでしょう

  • (Laughter)

    (笑)

  • To a Math expert, this standard makes sense,

    数学の専門家にとっては この説明はよくわかりますが

  • But to a kid, it's absolute torture.

    子供にとっては拷問そのものです

  • I chose this example specifically because fractions

    この例を選んだのは 分数は代数や

  • are fundational to algebra, trigonometry and even calculus.

    三角法や微積分の基礎だからです

  • So if kids don't understand fractions in elementary and middle school,

    ですから 小学校や中学校で 分数を理解できない子供は

  • they have a tough road ahead of them in high-school

    その先 高校で 苦労することになります

  • But is there a way to make fractions simple and easy for kids to understand?

    でも 分数を子供たちに わかりやすく説明できるのでしょうか?

  • Yes!

    できます!

  • Just remember that Math is a language and use that to your advantage.

    数学は言語であることを覚えておき それを利用すればいいのです

  • For example, when I teach 5th graders how to add and subtract fractions,

    たとえば 5年生に 分数の加減を教える時には

  • I start with the apples + apples lesson.

    りんごの数を足す授業から始めます

  • First I ask, "What's 1 apple plus 1 apple?"

    はじめに聞くのは 「りんご1個足すりんご1個は?」です

  • And kids will often say 2, which is partially correct.

    「2」と答える子も多いですが 半分しか正解ではありません

  • Have them include the words as well since math is a language.

    数学は言語なので 言葉も含めて答えてもらいます

  • So it's not just 2, it's 2 apples.

    ですから「2」ではなく 「りんご2個」なのです

  • Next is 3 pencils plus 2 pencils.

    次は 「鉛筆3本足す鉛筆2本」です

  • You all know that pencils + pencils give you pencils,

    鉛筆と鉛筆を足しても 鉛筆なのはわかりますから

  • so everyone, how many pencils?

    答えは鉛筆何本でしょう?

  • Audience: 5 pencils.

    (観客) 鉛筆5本

  • 5 pencils is right.

    鉛筆5本が正解です

  • And the key is you included the words.

    秘訣は言葉も含めるということです

  • I tried this lesson with my 5-year-old niece once.

    私はかつて5歳の姪に この授業をしたことがあります

  • After she added pencils and pencils, I asked her,

    鉛筆と鉛筆の足し算をした後 姪にこう尋ねました

  • "What's 4 billion plus 1 billion?"

    「40億足す10億は?」

  • And my aunt overheard this and she scolded me and said,

    私の叔母はこれを聞いて 私を叱りました

  • "Are you crazy? She's in kindergarten!

    「頭がおかしいんじゃないの? この子は幼稚園児なのよ!

  • How's she supposed to know 4 billion plus 1 billion?!"

    40億足す10億なんて わかるわけないでしょう?!」

  • (Laughter)

    (笑)

  • Undaunted, my niece finishes counting, looks up and says:

    これにひるまず 姪は 数え終わって こう言いました

  • "5 billion?"

    「50億?」

  • And I said: "That is right, it is 5 billion."

    私は「そうだよ 50億だね」 と答えました

  • My aunt just shook her head and laughed

    5歳の子供が 答えられるとは思いもしなかったので

  • because she did not expect that from a 5-year-old.

    私の叔母は首を振って笑いました

  • But all you have to do is take a language approach

    ただ言語として扱いさえすれば

  • and Math becomes intuitive and easy to understand.

    数学は直観的に わかりやすいものになるのです

  • Then I asked her a question

    それから 姪に

  • that kindergartners are definitely not supposed to know:

    幼稚園児が知る由もないことを 尋ねました

  • "What's one third plus one third?"

    「3分の1足す3分の1は?」

  • And immediately she answered: "2 thirds".

    姪はすぐに「3分の2」と答えました

  • So if you're wondering how could she possibly know that

    分子も分母も知らないのに

  • when she doesn't know about numerators and denominators yet?

    どうして答えられたのだろうと お思いですか?

  • You see, she wasn't thinking about numerators and denominators.

    姪は分子や分母のことなど 考えていなかったのです

  • She thought of the problem this way.

    姪はこのようにして 解を導きました

  • And she used 1 apple + 1 apple as her analogy

    「りんご1個足すりんご1個」 の例を用いて

  • to understand 1 third plus 1 third.

    「3分の1ひとつ足す3分の1ひとつ」 と考えたのです

  • So if even a kidergartner can add fractions,

    幼稚園児でも分数の足し算が できるのですから

  • you better believe that every 5th grader can do it as well.

    5年生にできないはずはありませんね

  • (Applause)

    (拍手)

  • Just for fun, I asked her a high-school algebra question:

    面白半分で 姪に 高校の代数の問いを与えました

  • What's 7 x² plus 2 x²?

    「7x2乗足す2x2乗は?」

  • And this little 5-year-old girl correctly answered,

    5歳の姪っこは正確に

  • 9 x².

    「9x2乗」と答えました

  • And she didn't need any exponent rules to figure that out.

    指数に関する規則など 知る必要もなかったのです

  • So when people say that we are either hardwired for math or not,

    ですから 数学に向いているとか いないとかいう人もいますが

  • it's not true.

    それは間違っています

  • Math is a human language,

    数学は人間の言語であり

  • so we all have the ability to understand it.

    誰にでも理解する能力はあるのです

  • (Laughter)

    (笑)

  • We need to take a language approach to math urgently

    早急に数学を言語として 扱わねばなりません

  • because too many kids are lost and are anxious about math

    途方に暮れて 数学に不安を感じる 子供たちがあまりに多すぎます

  • and it doesn't have to be that way!

    そんな必要はないのです!

  • I worked with an angry, frustrated high-school student once

    一度 苛立ちを抱えた高校生を 教えたことがあります

  • who couldn't pass algebra

    九九の44%しかわからないために

  • because she only knew 44% of her multiplication facts.

    代数がわからなかったのです

  • I told her,

    彼女にこう言いました

  • "That's like trying to read and only knowing 44% of the alphabet.

    「アルファベットの44%しか知らないで ものを読もうとするようなものだよ

  • It's holding you back."

    それが足を引っ張っているんだよ」

  • She couldn't factor or solve equations and she had no confidence in Math.

    因数分解も解を導くこともできず 数学に自信がなかったのです

  • As a result, this teenager had no confidence in herself.

    結果的に この10代の少女は 自分に自信を持てずにいました

  • I told her, "We have to start with multiplication

    そこで こう言いました 「かけ算から始めよう

  • because once you know all your facts by heart, everything gets easier,

    九九さえ覚えてしまえば すっかり簡単になるよ

  • and it'll be like having a fast pass to every ride of Disneyland."

    ディズニーランドの全部の乗り物で 使えるファストパスを持ってるようなものさ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • What do you think?"

    「どう思う?」

  • And she said "Ok."

    彼女は「わかった」と言いました

  • So she systematically learned her times tables in 4 weeks

    そこで4週間かけて 彼女は 九九を計画的に覚えました

  • and yes, even multiplication has language embedded in it.

    そう 九九さえも言葉を含んでいるのです

  • You'd be surprised how many kids don't realize 7 times 3

    いかに多くの子供たちが 「7 かける 3」というのが

  • can be spelled out as "seven times" 3,

    「7回分の」3というように 書けることを知らないことか

  • which just means 3 seven times, just like this.

    このように 単に3を7個分 という意味なのです

  • So when kids see it this way,

    子供たちはこのように 考えることができると

  • they quickly realize that repeated addition

    何度も足し算をするのは 時間がかかって

  • is slow and inconvenient,

    面倒だとわかり

  • so they gladly memorize that 3 seven times always gives you 21.

    7 × 3 が必ず21になると 覚えようとします

  • So for this teenager who was at risk of dropping out,

    この退学寸前であった 10代の少女が

  • becoming fluent and confident in multiplication

    かけ算がすらすらと うまくできるようになると

  • was a game changer.

    一変しました

  • Because for the first time she could focus on problem solving

    指折り数を数えることではなく

  • instead of counting on her fingers.

    問題を解決することに 初めて集中できたのですから

  • I knew she had turned the corner

    彼女が月に445ドルで2年間

  • when she figured out that a 2-year car lease

    車を借りた場合に 10,680ドルかかるのだと

  • at $445 a month would cost you $10,680

    計算できたときは ここまできたかと思いました

  • and she looked at me disapprovingly and said:

    彼女は不満そうに私を見て こう言いました

  • "Mr Polisoc, that's expensive!"

    「ポリソック先生 これは高すぎるわね!」と

  • (Laughter)

    (笑)

  • At that moment, math was no longer causing problems for her,

    この時 数学はもはや 彼女の問題ではありませんでした

  • but she was using math to solve problems as a responsible adult would.

    責任ある大人と同様に 数学を問題の解決に用いていたのです

  • As an educator, it's my duty to challenge kids to reach higher,

    教育者として 子供たちを さらなる高みへと導くのが私の仕事です

  • so I leave you with this challenge.

    ですから この問題で 終わりにしようと思います

  • Our country is stuck at 26% proficiency,

    私たちの国の数学が得意な生徒の 割合は26%のままです

  • and I challenge you to push that number higher.

    この数値をより高くするよう 是非挑戦していただきたい

  • This is important because mathematical thinking not only builds young minds,

    数学的思考は若い思考力を 鍛えるばかりでなく

  • but our kids need it to imagine and build a future that doesn't yet exist.

    子供たちはまだ見ぬ未来を想像し 作らねばならないので これは重要なのです

  • Meeting this challenge can be as simple as apples + apples.

    この挑戦に応えるのは 「りんご足すりんご」ほど単純なことです

  • Insist that we teach Math as a human language

    数学は人間の言語なのだと 考えることで

  • and we will get there sooner, rather than later.

    その目標により早く 到達できるでしょう

  • Thank you!

    ありがとうございました

  • (Applause)

    (拍手)

26% on the nation's report card,

アメリカの成績表の26%

字幕と単語

A2 初級 日本語 数学 足す 鉛筆 分数 りんご 言語

【TEDx】Math isn't hard, it's a language | Randy Palisoc | TEDxManhattanBeach

  • 3205 63
    SylviaQQ   に公開 2015 年 09 月 20 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す