Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Oh, youre sarcastic? You must be so smart.

    嫌味っぽい?あなたはとても頭が良いに違いない。

  • Hi smart alecks, Julian here for DNews.

    こんにちは小賢しい奴、DNews の Julianです。

  • My parents always told me when I was a petulant teenager that, “Sarcasm is the lowest form of wit.”

    私が気難しい10代の頃、両親はいつも「嫌味は機知の一番低俗な形だ。」と言い、それに対して私は「ああ、なんでもいいさ。」そして完全に口喧嘩に勝っていました。

  • To which I replied, “Yeah whatever,” and totally won the argument.

    今となっては私は気難しい大人になり、科学は私に賛成してくれたようで嬉しく思います。

  • Now I’m a petulant adult and I’m happy to report science seems to agree with me.

    組織行動と人間の意思決定プロセスで発表された新たな研究は皮肉と創造力に関連性があるかを調べました。

  • A new study published in Organizational Behavior and Human Decision Processes examined if there was a link between sarcasm and creativity.

    参加者は無作為に嫌味っぽくあるいは誠実に、あるいは中立の立場で振る舞うように割り当てられました。

  • Participants were randomly assigned to behave sarcastically, sincerely or neutral.

    その後彼らは他の参加者とペアを組み、模擬会話をしました。

  • They were then paired with another participant and went through a simulated conversation.

    様々な実験において、参加者は人生における皮肉なものや誠実なもの、中立的なやり取りを思い出すように指示されました。

  • In a variation of the experiment, participants were asked to recall an exchange that they had had in their life that was either sarcastic, sincere or neutral.

    シミュレーションし会話を思い出した後、彼らは創造性を測る3つのテストとどれくらい抽象的に考えられるかをはかるテストが与えられました。

  • After they had simulated or recalled a conversation, they were given 3 tests to measure their creativity and another to measure how well they could think abstractly.

    研究者たちによると、皮肉的な会話の後には参加者はより独創的で抽象思考が上手になっていました。

  • The researchers found that after a sarcastic conversation, participants were more creative and better at abstract thinking.

    彼らが皮肉屋であるかどうかは問題ではなく、彼らの認知機能は皮肉と関わる会話によって促進されました。

  • And it didn’t matter if they were the ones being sarcastic, just being on the receiving end bolstered their cognitive functions.

    皮肉を単に耳にすることがあなたをもっと知的にするのです。お安いご用。

  • So just hearing sarcasm, makes you more intelligent. Youre welcome.

    しかしところで、なぜ皮肉屋であることが最高におもしろい人であることとは別に何事においても助けとなるのでしょう?

  • But why would being sarcastic help with anything aside from being the funniest person ever?

    その研究の共著者であるフランチェスカ・ジーノはeメールで Harvard Gazette に「皮肉を創造したり理解するには、皮肉の表現者と受取人が皮肉表現の文字通りの意味と実際の意味の間の矛盾を克服する必要がある。」と説明しています。

  • Coauthor of the study Francesca Gino explained in an email to the Harvard Gazette thatTo create or decode sarcasm, both the expressers and recipients of sarcasm need to overcome the contradiction between the literal and actual meanings of the sarcastic expressions."

    これは抽象化によって活性化され促進されるプロセスで、その後創造的な思考を促します。

  • This is a process that activates and is facilitated by abstraction, which in turn promotes creative thinking.”

    誰かが「今日はきれいだね」と言った時は単にきれいだねと聞き取る以上に考える必要があり、そうして脳を活性化させます。

  • So decoding when someone says, “You look nice today,” needs more thought than just hearingYou look nice today,” and it gets your brain in gear.

    しかしそうすると、また違った問題が出てきます。それはあなたが皮肉を言った人を殴りたくなることです。

  • But then another problem arises: it may also make you want to punch that sarcastic jerk in the face.

    それでは、どうすればあなたは皮肉から利得を得ながらも皮肉屋さんを殴らないようにコントロールできるのでしょうか?

  • So, how do you get the benefits of being sarcastic while remaining un-face-punched?

    研究者たちはそれを調べ、カギは他者との関係であることがわかりました。

  • The researchers looked into that too and discovered that the key is the relationship you have with the other person.

    もしも皮肉の混じったやり取りが二人の友人間で起こると、相手はジョークを言っていると知っていて気にしません。

  • If a sarcastic exchange happens between two friends, they know the other is joking and don’t mind.

    しかしそれを見ず知らずの人がすると受け取る側は馬鹿にされているのかと思うかもしれず、また腹を立てる可能性も出てくるのです。

  • But if a stranger is sarcastic towards another, the recipient isn’t sure if theyre being mocked and so may take offense.

    ですから安全に皮肉をするためには、友達と皮肉をすることを研究者達は勧めています。

  • So to practice safe sarcasm, the researchers recommend doing it with a friend.

    へぇ、で?

  • To which I say, “Duh.”

    皮肉は私の第二言語でもう言い慣れたものですが、実際はあなたが気づいている以上にもっと多くの精神的な訓練が要求されるのです。

  • Sarcasm is my second language and comes easily to some, but it actually requires more mental gymnastics than you may have realized.

    脳の損傷や自閉がある人には気づくのはむずかしいかもしれません。

  • People with some forms of brain damage or autism may have a tough time picking up on it.

    Anthony がここで理由を教えてくれます。

  • Anthony explains why, here.

    皮肉はかなり面白いです。

  • Sarcasm is a pretty interesting thing.

    有名な理論によると私達は皮肉を会話の詮索を手助けする感情的な道具として発達させてきており、何が礼儀の範囲であるかを見ます。

  • A popular theory says that we developed it as an emotional tool that helps poke around a conversation and see what the polite boundaries are.

    あなたは通常皮肉屋ですか?no か no でコメントに書いて教えて下さい。

  • Are you usually sarcastic? Let us know, by writing "no" or "no" in the comments.

    そして何か私達に取り組んでほしい問いがありましたらまたコメントや、 Facebook や Twitter でも教えて下さい。Subreddit, r/DNews でも受け付けています。

  • And if you have any questions you want us to tackle, let us know down there too, or on Facebook, Twitter; we even have a Subreddit, r/DNews that you can reach us at.

    もっと多くのものに触れるために定期購読してくださいね。それでは次の DNews で。

  • Subscribe for more and I'll see you next time on DNews.

Oh, youre sarcastic? You must be so smart.

嫌味っぽい?あなたはとても頭が良いに違いない。

字幕と単語

C1 上級 日本語 皮肉 嫌味 会話 気難しい dnews 抽象

皮肉屋は頭がいい? ( Are Sarcastic People Smarter? )

  • 1138 22
    Jorba   に公開 2015 年 09 月 05 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す