Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Cigarettes and Marijuana and have been used for centuries, but only recently has the process of vaporizing these substances become popular.

    タバコとマリファナは何世紀にもわたり吸われてきましたが、最近になって、これらを気化させて吸う方法(電子吸引器、電子タバコ)が人気となっています。

  • So, what does science have to say about this technology?

    では、このテクノロジーを科学的な視点から見てみるとどうでしょう?

  • Is it actually better for you?

    実際に健康被害は少ないのでしょうか?

  • When smoking normally, the heat from fire causes substances to change from a solid state to a vapor.

    通常の喫煙では、タバコやマリファナの成分が炎の熱で個体から気体に変化します。

  • In cigarettes, this releases nicotine which is absorbed into your bloodstream through the lungs, causing increased heart rate, constricted blood vessels, release of dopamine in the brain and feelings of alertness.

    タバコの場合、この過程でニコチンが放出されます。そしてニコチンは、血流に乗って肺を通過し、心拍の上昇、血管の収縮、脳内でのドーパミンの分泌、覚醒感を引き起こします。

  • But because nicotine is a stimulant, once it’s no longer present, you crash and crave more, which ultimately leads to addiction in many people.

    ただ、ニコチンは興奮誘発物質なので、体内からなくなると、虚脱症状を引き起こし、むしょうにニコチンを欲するようになり、多くの人が最終的に中毒になってしまいます。

  • In the case of marijuana, the active component THC is aerosolized and follows the same pathway into your body, but with different effects which we explain in our videoYour Brain on Marijuanahere.

    マリファナの場合、THCと呼ばれる活性成分がエアゾール化され、タバコと同様の経路で体内に入っていきますが、その作用は異なります(これに関しては動画「Your Brain on Marijuana」で説明しています。)

  • Smoking only takes 6 seconds for the active compounds to reach your nervous system, unlike chewing tobacco or eating edible marijuana which takes much more time.

    喫煙の場合、活性成分の神経系への到達速度はわずか6秒。活性成分が神経系に到達するまでに時間のかかる噛みタバコや食用マリファナとは異なります、

  • But you have to inhale smoke in the process.

    けれども、喫煙では煙を吸い込まざるをえません。

  • This smoke consists of partially burned particles which creates tar in your body, has cancer causing effects, blackens teeth and destroys taste buds.

    煙にはタールを生成する一部焦げた粒子が含まれていて、がんを引き起こしたり、歯の黒ずみや、味蕾を破壊する原因になったりします。

  • This is where vaping comes in.

    そこで、ベイピング(気化:電子吸引器)の登場です。

  • If you can heat the active components enough to become aerosolized without starting a combustion reaction with the other compounds, then you theoretically get fast effects without the damage of smoke inhalation.

    もし、他の成分の燃焼反応を起こすことなく活性成分を十分に加熱しエアゾール化することができたら、理論的には、煙を吸い込むことでのダメージを被ることなく、活性成分の効果を速やかに得ることができます。

  • Vaping typically involves a glass or metal chamber which has an electrical current passing through it - this way it can heat to a controlled temperature creating a vapor with minimal combustion, meaning you inhale much less smoke.

    気化するには(電子吸引器は)通常、ガラス製か金属製の細い筒に電流を通し、活性成分が気化する温度まで加熱します。この時、燃焼は最小限に抑えられているので、吸い込む煙の量も圧倒的に少なく済むのです。

  • For marijuana users, vaporizers have become popular as the plant material can be heated to a specific temperature - usually between 185-210 degrees celsius - allowing just the THC containing vapor to be extracted.

    マリファナの場合は、THCを含む蒸気だけを発生させる温度(185~210℃)までマリファナの葉を加熱することができることから、気化器(電子吸引器)の人気が高まっています。

  • For e-cigarettes, using a liquid solution instead of dried tobacco has become popular; this e-liquid contains water, nicotine, a base and occasionally flavorings, and vaporizes at a much lower temperature.

    電子タバコの場合は、乾燥タバコの代わりにニコチン溶液の使用が増えています。このニコチン溶液には、水、ニコチン、溶剤、ものによっては香料が含まれていて、通常よりずっと低い温度で気化します。

  • But this is where things get tricky.

    ただし、ここが油断のできないところです。

  • The “e-liquidcontains a base similar to that used in cosmetics and food which helps maintain moisture without creating sogginess.

    この「電子リキッド」には、化粧品や食品に用いられるような、保水なしで水分を維持する働きをする溶剤が含まれています。

  • One common base called propylene glycol, which is also used in theatrical smoke, is known to cause irritation to the eyes and respiratory infections.

    一般的な溶剤の一つにプロピレングリコールというものがあります。舞台などの煙幕にも使われますが、眼の炎症や呼吸器の感染を引き起こすことで知られています。

  • So what’s going to happen after prolonged inhalation in e-cigarettes?

    さて、電子タバコで長い期間吸引したらどうなるでしょうか?

  • Scientists are still studying these effects, and even though in America the FDA has given the seal of approval, much is still unknown.

    アメリカではFDA(食品医薬品局)が認可してはいるものの、科学者たちの研究段階にあり、実際はその影響についてはまだよく分かっていません。

  • E-liquid can also differ greatly between manufacturers with barely any regulation for additives.

    電子リキッドについても、添加物に関する規制がほとんどないため、製造者によって大きく違う可能性があります。

  • Some have been found to contain diacetyl, a chemical that is known to give butter itsbutterytaste.

    中にはジアセチルを含むものがあることが分かっています。ジアセチルはバターの香料として知られています。

  • Inhalation of this chemical can lead to scarring in the lungs known asPopcorn Lung”, named after hundreds of workers inhaled the chemical in a microwaveable popcorn factory and suffered irreversible lung damage.

    この化学物質を吸引すると「ポップコーン肺」言われる、肺の瘢痕につながる可能性があります。レンジ調理用ポップコーンの製造工場で、その物質を吸引した数百人の労働者が肺に治療不能な障害を負ってしまったことから、この名前が付きました。

  • This is an example of how the lack of quality control in e-cigarettes should be a significant concern.

    これは、電子タバコの品質管理が欠如していることを重要な問題として取り扱うべきだ、ということを表しているでしょう。

  • But, current evidence does indicate that vaporizers administer nicotine with far less adverse effects due to decreased carcinogenic products and smoke inhalation.

    ただし、現在の研究結果では、電子吸引機は発がん性の副産物と煙の吸引が減ることから、副作用がかなり少ない状態で、ニコチンを抑えているということが示されてはいます。

  • But less harmful does not mean safe.

    それでも、害が少ないから安全であるとは言えません。

  • E-cigarettes with added flavouring (such as blueberry or grape) have been found to contain other harmful chemicals.

    (ブルーベリーやグレープなどの)香料が添加された電子タバコには、有害な化学物質が他にも含まれているということが分かっています。

  • And second hand smoke is still an issue; exhaled particles from vaporizers known asultrafine particlesare known to affect pulmonary health.

    また、受動喫煙もいまだに問題になっていて、電子吸引器から排出される「超微粒子」と呼ばれる粒子は、肺の健康に影響を及ぼすことで知られています。

  • Others are worried that because these “e-cigsare deemed healthier that they are becoming more appealing for young people.

    「電子タバコ」の健康被害が少ないと考えられていることから、若い世代での人気が高まっていることを懸念する声もあります。

  • A study reported that continued use of e-cigarettes for teens in grade 6 - 12 had increased from 6% - 20% over 3 years.

    ある調査では、この3年で12~18歳の電子タバコの継続使用が、6%から20%に増えているのです。

  • On the other hand, much of the information we have on the adverse effects of smoking comes from long term studies, with cancers appearing much later life.

    一方で、喫煙の弊害についての情報は長い研究の結果から数多くあり、ガンの発症はずっと大人になってからだということが分かっています。

  • Since vaporizer use is relatively new we simply don’t have the same access to longitudinal studies.

    けれども、電子吸引器は比較的新しく、喫煙データのように長期にわたる研究データがありません。

  • So well wait to see what the future brings.

    ですから、将来どうなるか待つしかないでしょう。

  • Special thanks to audible for supporting this episode and giving you a free audiobook at audible.com/asap.

    このエピソードをサポートしてくださったaudibleに心より感謝申し上げます。無料オーディオブックはaudible.com/asapをご覧ください。

  • This week we wanted to recommend the bookElon Musk: Tesla, SpaceX and the Quest for a Fantastic Futureby Ashlee Vance, which explores the full spectacle and arc of the geniuslife, work and vision.

    今週のおすすめの本は、アシュリー・ヴァンス著の「イーロン・マスク:テスラ、スペースX、そして素晴らしい未来への探訪」。天才の人生、ビジネス、ビジョンの全てが一つにつながる見事な作品です。

  • You can get a free copy at audible.com/asap or any others of your choice from a massive selection!

    audible.com/asapで無料で閲覧できます。また、豊富な作品からお好きな作品の閲覧も可能です。

  • We love them as they are great when youre on the go.

    外出先でも閲覧できるから、すごくいいんです。

  • Don’t forget to ask your burning questions, and subscribe for more weekly science videos!

    知りたいことは遠慮なくお聞きください。週刊サイエンス動画をもっとご覧になりたい方はチャンネル登録を!

Cigarettes and Marijuana and have been used for centuries, but only recently has the process of vaporizing these substances become popular.

タバコとマリファナは何世紀にもわたり吸われてきましたが、最近になって、これらを気化させて吸う方法(電子吸引器、電子タバコ)が人気となっています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 吸引 電子 タバコ ニコチン 成分 マリファナ

喫煙 VS 電子タバコ (Smoking vs Vaping)

  • 8706 431
    nanco97 に公開 2019 年 09 月 11 日
動画の中の単語