Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In 1911, a fire in the Triangle Shirtwaist Factory in New York led to almost 150 deaths.

    1911年、ニューヨークのトライアングル・シャツウェスト工場で火災が発生し、150人近くが死亡しました。

  • Because sweatshop owners kept the doors locked, many were trapped, and had to jump out of the high-story windows.

    ブラック企業の所有者はドアを施錠したままにしていたので、多くの人は閉じ込められ、高層階の窓から飛び出さなければなりませんでした。

  • This incident was the catalyst for labor law reform in the United States.

    この事件は、アメリカにおける労働法改革のきっかけとなりました。

  • But outside the US, labor laws are still extremely lax.

    しかし、アメリカ以外の国には、労働法は依然として非常に緩いです。

  • So which countries have the worst labor laws? And what are the most dangerous jobs in the world?

    では、どの国が最悪の労働法があるのか?そして、世界で最も危険な仕事は何なのか?

  • Well, according to an expert at the Institute for Global Labour and Human Rights, today’s most dangerous job is "ship breaking."

    さて、世界労働人権研究所の専門家によると、今、最も危険な仕事は「船舶解体作業」です。

  • This is the practice of cutting apart and dismantling huge tanker ships and recycling the pieces.

    それは巨大なタンカーを切り離して解体し、再生利用する作業です。

  • The work is difficult and deadly because tankers are built to withstand ocean storms, and RESIST breaking apart.

    タンカーは、嵐によって解体することに耐えられるよう作られているため、作業は難しくてかつ極度に危険です。

  • Often they release hazardous materials, like asbestos.

    タンカーはよく石綿のような危険物を放出します。

  • And their decomposition is toxic to laborers and the beaches they are dismantled on.

    そしてタンカーの分解は作業員と解体場所である海岸にとって有毒です。

  • According to a watchdog group, 1 worker dies every week, and 1 is injured every day.

    ある監視グループによると、週に1人の作業員が死亡し、日に1人が負傷しています。

  • Although deaths are so common that many go unreported.

    死亡事故があまりに日常的であるため、その多くは報道されません。

  • The most dangerous ship breaking goes on in Bangladesh, India, and China.

    最も危険な船舶解体作業を行われている国は、バングラデシュ、インドと中国です。

  • Additionally, sweatshop labor, fishing, and mining are also among the most dangerous professions within the developing world.

    それに、ブラック企業の労働者、漁業、鉱業は発展途上国で最も危険な仕事です。

  • In fact, Bangladesh, India, and China are often listed asthe worst countries in the world to work in.

    実際、バングラデシュ、インドと中国は、「働くのに世界最悪の国」としてよく挙げられています。

  • "This is due to unfair labor practices and inaccessible worker rights.

    これは不公平な労働条件と労働者が権利を得られない状況によるものです。

  • Laborers often must work with carcinogenic materials and aren’t compensated for job-related health problems.

    労働者はよく発癌性物質と接触する必要があって、さらに仕事による健康上の問題にも補償されていません。

  • Sweatshop factories that supply global companies manage to keep costs low by ignoring safety standards.

    グローバル企業に供給している工場はコストを抑えるために、安全基準を無視します。

  • And any attempt by workers to organize unions for better treatment can result in fines and even prison time in countries like Saudi Arabia and Qatar.

    そして、より良い待遇を求めるために労働組合を組織することは、サウジアラビアやカタールのような国々では罰金や懲役刑にさえなりかねません。

  • In the US, jobs that deal with heavy machinery have the highest rates of fatality - specifically lumberjacks, fishermen, and pilots.

    アメリカでは、重機を扱う仕事は死亡率が最も高いことを示しています。特に、木こり、漁師、パイロットです。

  • The risk of being murdered while on the job is highest for taxi drivers and chauffeurs, which is more than twice the rate for police officers.

    仕事中に殺害される危険性は、タクシー運転手とバス運転手が最も高くて、警察官の2倍以上になります。

  • And although there are many more labor protections, the US actually ranks pretty low for workers rights.

    そして、たくさんな労働保護政策があるにもかかわらず、アメリカは実際には労働者の権利に関してかなり低いランクにあります。

  • In fact, the US has the same labor rating as countries like Mexico, Argentina, and Thailand.

    実際、アメリカはメキシコ、アルゼンチン、タイなどの国と同じ労働者の格付けをしています。

  • This is partially because many American companies oppose organized labor and worker benefits.

    原因の一つは多くのアメリカの会社は組織化された労働者と労働者の利益に反対しているからです。

  • Wal-Mart, for example, is notoriously anti-union and was recently ordered to pay almost $200 million dollars for failing to compensate workers.

    たとえば、ウォルマートは組合に反対することで知られており、最近、労働者の補償を怠ったために約2億ドルを支払うよう命じられました。

  • However, for a company like Walmart, fines and lawsuits account for only a small percentage of their profits and often have little effect on workers rights reform.

    しかし、ウォルマートのような会社にとっては、罰金と訴訟費用は彼らの利益のほんのわずかな割合を占めるだけで、労働者の権利拡大にはほとんど効果がありません。

  • According to the International Labor Organization, on average, EVERY DAY about 6,000 people die from work-related incidents.

    国際労働機関によると、平均して、毎日約6,000人が仕事関連の事故で死亡しています。

  • This adds up to more than 2 million deaths per year, and countless more injuries.

    これは年間200万人以上の死者が出ているという意味で、さらに無数の負傷者もいます。

  • Though the ILO has long endeavored to bring standardized worker rights to all countries worldwide, so far their efforts have not succeeded.

    国際労働機関は長い間、標準化された労働者の権利を世界中すべての国にもたらすよう努力してきましたが、今までのところ、彼らの目的はまだ達成していません。

  • Today, millions of people continue to labor in work conditions far worse than the average American citizen has ever seen.

    今日、何百万もの人々はアメリカ市民が知っているより悪い労働環境で働き続けています。

  • The world is a dangerous place for many professions.

    多くの職業にとって世界はとても危険な場所です。

  • Check out the video up top from This Happened Here about the perils of war photography.

    戦場撮影における危険については、上のビデオを確認してみてください。

  • Or to see which countries are the most dangerous for journalists, check out our video below.

    また、ジャーナリストにとって最も危険な国については、下のビデオを確認してください。

  • Thanks for watching TestTube, don’t forget to like and subscribe!

    TestTube をご覧いただきありがとうございます。いいねと購読をお忘れなく!

  • We release new videos daily.

    毎日新しい動画を投稿していますよ。

In 1911, a fire in the Triangle Shirtwaist Factory in New York led to almost 150 deaths.

1911年、ニューヨークのトライアングル・シャツウェスト工場で火災が発生し、150人近くが死亡しました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 労働 危険 解体 タンカー 死亡 作業

世界で最も危険な仕事(The Most Dangerous Jobs in the World)

  • 15973 721
    richardwang に公開 2019 年 06 月 27 日
動画の中の単語