Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Thu-Huong Ha Reviewer: Morton Bast

    こんにちは ジャレット・クロザウスカです

  • Hello. My name is Jarrett Krosoczka,

    子供向けの絵本を書くのが仕事です

  • and I write and illustrate books for children for a living.

    つまり 創造力を使って食べているわけですが

  • So I use my imagination as my full-time job.

    それを仕事として活かす前から

  • But well before my imagination was my vocation,

    創造力にずっと助けられて 生きてきました

  • my imagination saved my life.

    小さい頃から絵を描くのが好きでした

  • When I was a kid, I loved to draw,

    その頃 誰よりも尊敬していた アーティストは 母でした

  • and the most talented artist I knew

    その頃 誰よりも尊敬していた アーティストは 母でした

  • was my mother,

    でも母はヘロイン中毒だったんです

  • but my mother was addicted to heroin.

    親が麻薬中毒だと

  • And when your parent is a drug addict,

    チャーリー・ブラウンが一生懸命 フットボールを蹴ろうとするのと同じで

  • it's kind of like Charlie Brown trying to kick the football,

    いくら がんばって 愛そうとしても

  • because as much as you want to love on that person,

    愛されたいと思っても

  • as much as you want to receive love from that person,

    心を開くたびに失望させられるものです

  • every time you open your heart, you end up on your back.

    子供の頃ずっと 母は刑務所に入っていて

  • So throughout my childhood, my mother was incarcerated

    父親もいませんでした

  • and I didn't have my father because

    僕が6年生になるまで名前すら知らなかったんです

  • I didn't even learn his first name until I was in the sixth grade.

    でも祖父母がいつも 側にいてくれました

  • But I had my grandparents,

    母方の祖父母の ジョセフとシャーリーです

  • my maternal grandparents Joseph and Shirley,

    3歳になる頃に養子として引き取られ

  • who adopted me just before my third birthday

    実の子供のように迎え入れてくれました

  • and took me in as their own,

    実の子供5人も育てた後にです

  • after they had already raised five children.

    この二人は世界大恐慌の時代に育ち

  • So two people who grew up in the Great Depression,

    80代になったところで 新しい子供を引き取ったのです

  • there in the very, very early '80s took on a new kid.

    コメディー番組のテコ入れに

  • I was the Cousin Oliver of the sitcom

    突然 新しい親戚の子が登場するみたいな

  • of the Krosoczka family,

    ひょんなところからきた子供だったんです

  • the new kid who came out of nowhere.

    祖父母はあまり細かい事は気にかけず

  • And I would like to say that life was totally easy with them.

    どちらも毎日 タバコ2箱ずつ吸うんです フィルターもつけずに

  • They each smoked two packs a day, each, nonfiltered,

    僕が6歳になる頃には

  • and by the time I was six,

    カクテルなんか注文させてくれて

  • I could order a Southern Comfort Manhattan,

    ドライにツイスト ロック オンザ サイド

  • dry with a twist, rocks on the side,

    氷は別のコップにするのは もっとお酒が入るようにです

  • the ice on the side so you could fit more liquor in the drink.

    でもとても可愛がってくれました 本当に愛情一杯だったんです

  • But they loved the hell out of me. They loved me so much.

    創作に取り組むのを いつも支援してくれました

  • And they supported my creative efforts,

    祖父も努力家だったからだと思います

  • because my grandfather was a self-made man.

    工場を経営し そこで作業もし

  • He ran and worked in a factory.

    祖母は専業主婦でした

  • My grandmother was a homemaker.

    でもそんな生活に トランスフォーマーやスヌーピー

  • But here was this kid who loved Transformers

    ニンジャ・タートルズに夢中な 子供がやってきたのです

  • and Snoopy and the Ninja Turtles,

    僕は 本に出てくるキャラクターに のめり込み

  • and the characters that I read about, I fell in love with,

    キャラクターを友達と思っていました

  • and they became my friends.

    子供時代の親友は こういったキャラクターで

  • So my best friends in life were the characters

    本の中から出てきたものです

  • I read about in books.

    マサチューセッツ州ウースターの ゲーツ・レーン小学校に通い

  • I went to Gates Lane Elementary School in Worcester, Massachusetts,

    良い先生に恵まれました

  • and I had wonderful teachers there,

    特に1年生の時の アリッシ先生は特別でした

  • most notably in first grade Mrs. Alisch.

    今でも先生の 僕ら生徒に対する愛情を覚えています

  • And I just, I can just remember the love that she offered

    今でも先生の 僕ら生徒に対する愛情を覚えています

  • us as her students.

    僕が3年生のとき

  • When I was in the third grade,

    人生を変える事がありました

  • a monumental event happened.

    作家が学校に遊びに来たんです ジャック・ガントスという人です

  • An author visited our school, Jack Gantos.

    本が出版されている プロの作家が来て

  • A published author of books came to talk to us

    彼の仕事について話をしてくれました

  • about what he did for a living.

    話を聞いた後 教室に戻って 彼の本の主人公の絵を

  • And afterwards, we all went back to our classrooms

    自由に想像して描きました 「あくたれラルフ」という悪いネコです

  • and we drew our own renditions of his main character,

    自由に想像して描きました 「あくたれラルフ」という悪いネコです

  • Rotten Ralph.

    すると突然 あの作家が教室にあらわれ

  • And suddenly the author appeared in our doorway,

    机の間をゆっくりと

  • and I remember him sort of sauntering down the aisles,

    黙って 一人ひとりの絵を見ながら 歩いて来ました

  • going from kid to kid looking at the desks, not saying a word.

    僕の机の横まで来ると 突然 ぴたっと足を止め

  • But he stopped next to my desk,

    机をトントンと指で叩き こう言ったのです

  • and he tapped on my desk, and he said,

    「こりゃー いい猫だ」(笑)

  • "Nice cat." (Laughter)

    そして また去って行きました

  • And he wandered away.

    この二語が 僕の人生を変えてしまったのです

  • Two words that made a colossal difference in my life.

    3年生を終える前に 初めて本を書きました

  • When I was in the third grade, I wrote a book for the first time,

    『だれよりも飛べると思ったフクロウ』です(笑)

  • "The Owl Who Thought He Was The Best Flyer." (Laughter)

    ギリシャ神話を書くという宿題で

  • We had to write our own Greek myth,

    伝説を作って書けと だから僕はフクロウの話を書きました

  • our own creation story, so I wrote a story about an owl

    飛行レースでヘルメスに挑戦する話です

  • who challenged Hermes to a flying race,

    フクロウは ズルをし

  • and the owl cheated,

    ギリシャの神のヘルメスは怒り カンカンになって

  • and Hermes, being a Greek god, grew angry and bitter,

    フクロウを月に変えてしまいます

  • and turned the owl into a moon,

    フクロウは 残りの人生を月として生き

  • so the owl had to live the rest of his life as a moon

    夜に家族や友達が遊ぶのを見ながら 人生を送ります

  • while he watched his family and friends play at night.

    いいでしょう (笑)

  • Yeah. (Laughter)

    きちんと奥付のページもつくりました

  • My book had a title page.

    著作権は大事だと 8歳ながら思っていましたので

  • I was clearly worried about my intellectual property when I was eight.

    (笑)

  • (Laughter)

    この本は言葉と絵を使って書かれています

  • And it was a story that was told with words and pictures,

    現在の僕の仕事そのものです

  • exactly what I do now for a living,

    時には言葉だけに物語りをゆだね

  • and I sometimes let the words have the stage on their own,

    また 時には絵に物語を伝えさせます

  • and sometimes I allowed the pictures to work on their own

    また 時には絵に物語を伝えさせます

  • to tell the story.

    特に気に入っているのがこの 「著者紹介」のページ (笑)

  • My favorite page is the "About the author" page.

    特に気に入っているのがこの 「著者紹介」のページ (笑)

  • (Laughter)

    きちんと 三人称で 自分の紹介をしているんです

  • So I learned to write about myself in third person

    子供なのに

  • at a young age.

    特に最後のところが気に入っています 「彼はこの本を書くのを楽しんだ」

  • So I love that last sentence: "He liked making this book."

    いろいろ想像して書くのが 本当に楽しかったのを覚えています

  • And I liked making that book because I loved using my imagination,

    「書く」とはそういう ものなんです

  • and that's what writing is.

    書くというのは紙上で 想像力を膨らませることですが

  • Writing is using your imagination on paper,

    最近 学校を訪問して危機感を感じるのは

  • and I do get so scared because I travel to so many schools now

    子供たちが 書くということが 想像力を使う事だとは

  • and that seems like such a foreign concept to kids,

    全く思いもしないということです

  • that writing would be using your imagination on paper,

    学校で文章を書く機会があればの話ですが

  • if they're allowed to even write now within the school hours.

    本を書くのが大好きで 学校から家に帰ると

  • So I loved writing so much that I'd come home from school,

    紙を束ね

  • and I would take out pieces of paper,

    ホッチキスでとめて

  • and I would staple them together,

    真っ白いページを 文と絵で埋めたものです

  • and I would fill those blank pages with words and pictures

    空想を膨らませるのが とにかく大好きだったんです

  • just because I loved using my imagination.

    作ったキャラクターが 友達となり

  • And so these characters would become my friends.

    卵やトマト レタスやかぼちゃ

  • There was an egg, a tomato, a head of lettuce and a pumpkin,

    みんな冷蔵庫の街に住んでいます

  • and they all lived in this refrigerator city,

    冒険してオバケ屋敷に行くと

  • and in one of their adventures they went to a haunted house

    そこには危険が沢山待ち受けています

  • that was filled with so many dangers

    粉々に切り刻もうとしてくる 悪のミキサーとか

  • like an evil blender who tried to chop them up,

    パンの夫婦を誘拐しようとする 悪のトースターとか

  • an evil toaster who tried to kidnap the bread couple,

    友達を熱で溶かそうとする 悪の電子レンジ

  • and an evil microwave who tried to melt their friend

    その友達は 実はバターなんです(笑)

  • who was a stick of butter. (Laughter)

    マンガも書きました

  • And I'd make my own comics too,

    文と絵を使って違った形で 話を伝えるものです

  • and this was another way for me to tell stories,

    文と絵を使って違った形で 話を伝えるものです

  • through words and through pictures.

    6年生になると

  • Now when I was in sixth grade,

    ウースター学区全体の 美術の予算がカットされ

  • the public funding all but eliminated the arts budgets

    ウースター学区全体の 美術の予算がカットされ

  • in the Worcester public school system.

    毎週あった美術の授業が

  • I went from having art once a week

    月2回になり

  • to twice a month

    月1回 そして 遂には無くなってしまいました

  • to once a month to not at all.

    祖父は頭がいい人で

  • And my grandfather, he was a wise man,

    これは問題だと気が付いたのです

  • and he saw that as a problem, because he knew

    これが無くなったら 僕には何もなくなってしまうと

  • that was, like, the one thing I had. I didn't play sports.

    スポーツはしないので 美術が唯一の楽しみでした

  • I had art.

    祖父は ある晩 僕の部屋に入って来ると

  • So he walked into my room one evening,

    ベッドの脇に座って

  • and he sat on the edge of my bed,

    「ジャレット もし行きたかったら

  • and he said, "Jarrett, it's up to you, but if you'd like to,

    ウースター美術館の教室に 通うといい」

  • we'd like to send you to the classes at the Worcester Art Museum."

    ほんとうに嬉しかったのを覚えています

  • And I was so thrilled.

    その後 6年生から高校卒業まで

  • So from sixth through 12th grade,

    週に1回 2回 時には3回

  • once, twice, sometimes three times a week,

    美術館の教室に通いました

  • I would take classes at the art museum,

    絵を描くのが好きな仲間に囲まれ

  • and I was surrounded by other kids who loved to draw,

    情熱を共有できる友人たちと過ごしました

  • other kids who shared a similar passion.

    初めて出版された作品は 中学の卒業アルバムの 表紙のデザインでした

  • Now my publishing career began when I designed the cover

    初めて出版された作品は 中学の卒業アルバムの 表紙のデザインでした

  • for my eighth grade yearbook,

    学校のマスコットが なぜ こんな服を着ているかというと

  • and if you're wondering about the style of dress I put our mascot in,

    当時 ベル・ビヴ・デヴォーやMCハマー

  • I was really into Bell Biv DeVoe and MC Hammer

    バニラ・アイスにはまっていたからなんです

  • and Vanilla Ice at the time. (Laughter)

    今でも カラオケに行って 「アイス、アイス、ベイビー」なら

  • And to this day, I still can do karaoke to "Ice, Ice Baby"

    歌詞を見ないで歌えます

  • without looking at the screen.

    のせないで下さい 歌っちゃいますから

  • Don't tempt me, because I will do it.

    卒業後は私立の高校に進学しました

  • So I get shipped off to private school,

    中学まではずっと公立でしたが

  • K through eight, public schools, but for some reason

    地元の高校で誰かが刺されて殺されたのを

  • my grandfather was upset that somebody

    なぜか祖父はとても気にして

  • at the local high school had been stabbed and killed,

    その学校には行かせたくなかったようです

  • so he didn't want me to go there.

    私立に行くにあたって 選択肢をくれました

  • He wanted me to go to a private school, and he gave me an option.

    共学のホーリーネームか

  • You can go to Holy Name, which is coed,

    男子校のセント・ジョンのどちらかです

  • or St. John's, which is all boys.

    さすが祖父です いかにも僕が選んだような気にさせて

  • Very wise man, because he knew I would,

    僕がセイント・ジョンを選ばないだろうと

  • I felt like I was making the decision on my own,

    はじめから分かっていたのです

  • and he knew I wouldn't choose St. John's,

    そんなわけでホーリーネームに進学しました

  • so I went to Holy Name High School,

    新しい学校に慣れるのには苦労しました

  • which was a tough transition because, like I said,

    スポーツはやらないと お話ししましたが

  • I didn't play sports,

    この学校はスポーツが盛んだったんです

  • and it was very focused on sports,

    でもシラール先生の 美術室が救いでした

  • but I took solace in Mr. Shilale's art room.

    そこで色々な事を学び 大きく成長しました

  • And I just flourished here.

    毎日 あの教室に行くのが楽しみでした

  • I just couldn't wait to get to that classroom every day.

    どうやって皆と友達になったかというと

  • So how did I make friends?

    先生達の面白い似顔絵を描いて(笑)

  • I drew funny pictures of my teachers -- (Laughter) --

    授業中に回したんです

  • and I passed them around.

    高校1年の英語の授業中

  • Well, in English class, in ninth grade,

    隣に座っていた友達のジョンが

  • my friend John, who was sitting next to me,

    うっかり大きな声で笑ってしまったんです

  • laughed a little bit too hard.

    グリーンウッド先生は むっとしました(笑)

  • Mr. Greenwood was not pleased.

    グリーンウッド先生は むっとしました(笑)

  • (Laughter)

    僕が問題の根源だとすぐにつきとめ

  • He instantly saw that I was the cause of the commotion,

    人生初めて廊下に出されました

  • and for the first time in my life, I was sent to the hall,

    「ああ どうしよう

  • and I thought, "Oh no, I'm doomed.

    おじいちゃんに叱られる」

  • My grandfather's just going to kill me."

    先生は廊下に出てくると

  • And he came out to the hallway and he said,

    「紙を見せろ」と

  • "Let me see the paper."

    「やばい ばれた」と戸惑いながら

  • And I thought, "Oh no. He thinks it's a note."

    仕方なく描いていた絵を渡しました

  • And so I took this picture, and I handed it to him.

    数秒の沈黙の後

  • And we sat in silence for that brief moment,

    先生が口を開きました

  • and he said to me,

    「君 、才能があるぞ」(笑)

  • "You're really talented." (Laughter)

    「実にうまい 学校の新聞が

  • "You're really good. You know, the school newspaper

    漫画家を探しているんだ 君がなったらいい

  • needs a new cartoonist, and you should be the cartoonist.

    でも 僕の授業中に絵を描くのは やめてくれ」

  • Just stop drawing in my class."

    両親にもばれずに済み

  • So my parents never found out about it.

    怒られも しませんでした ケイシー先生に紹介されました

  • I didn't get in trouble. I was introduced to Mrs. Casey,

    学校新聞の顧問です

  • who ran the school newspaper,

    そこで卒業するまで

  • and I was for three and a half years

    学校新聞のイラストを担当しました

  • the cartoonist for my school paper,

    テーマはとても複雑なもの

  • handling such heavy issues as,

    例えば 上級生は意地悪だとか

  • seniors are mean,

    新入生はダサイとか

  • freshmen are nerds,

    プロム行くのに なんてお金がかかるのか… 等です

  • the prom bill is so expensive. I can't believe how much it costs to go to the prom.

    校長先生の風刺もしました

  • And I took the headmaster to task

    連載ものも やりました 主人公はウェスリーが

  • and then I also wrote an ongoing story about a boy named Wesley

    どうしようもない恋に落ちる話ですが これは僕ではないと

  • who was unlucky in love, and I just swore up and down

    断言したのを覚えています

  • that this wasn't about me,

    でも 今言ってしまうと 実は僕自身の話だったんです

  • but all these years later it was totally me.

    でも本当に楽しかった いろんな話を書いて

  • But it was so cool because I could write these stories,

    好きな事を思い付いて

  • I could come up with these ideas,

    それが学校の新聞に載り

  • and they'd be published in the school paper,

    会った事もない人たちが 読んでいるんです

  • and people who I didn't know could read them.

    自分の考えを 印刷されたページで

  • And I loved that thought, of being able to share my ideas

    伝えられるなんて 考えただけでも わくわくしました

  • through the printed page.

    14歳の誕生日に祖父と祖母が

  • On my 14th birthday, my grandfather and my grandmother

    最高のプレゼントをくれました

  • gave me the best birthday present ever:

    製図台で 今でも使っています

  • a drafting table that I have worked on ever since.

    20年たった今でも

  • Here I am, 20 years later,

    毎日その机に向かって 仕事をしているのです

  • and I still work on this table every day.

    14歳の誕生日の夜に

  • On the evening of my 14th birthday,

    この机をもらって 皆で中華料理を食べました

  • I was given this table, and we had Chinese food.

    フォーチュンクッキーの中の紙には こんな運勢が書いてありました

  • And this was my fortune:

    「仕事で成功するでしょう」

  • "You will be successful in your work."

    この紙を机の左上に テープで貼りました

  • I taped it to the top left hand of my table,

    ほら 今でもここにあるでしょう

  • and as you can see, it's still there.

    祖父母には何かをねだった事はありません

  • Now I never really asked my grandparents for anything.

    実はふたつだけ… 偉大なるハムスターのラスティー

  • Well, two things: Rusty, who was a great hamster

    小学校4年生の時買ってもらって 長い良い人生を生きました

  • and lived a great long life when I was in fourth grade.

    (笑)

  • (Laughter)

    それから ビデオカメラ

  • And a video camera.

    どうしても欲しかったんです

  • I just wanted a video camera.

    クリスマスプレゼントに欲しいと 何回も頼んだ結果

  • And after begging and pleading for Christmas,

    中古のビデオカメラを買ってもらいました

  • I got a second-hand video camera,

    それでアニメーションを作り始め

  • and I instantly started making my own animations

    自分で演出して

  • on my own,

    高校にいる間ずっと 自作のアニメーションを作ったものです

  • and all throughout high school I made my own animations.

    高校2年の時 英語の先生を説得して

  • I convinced my 10th grade English teacher to allow me

    スティープン・キングの『ミザリー』の 感想文を書く代わりに

  • to do my book report on Stephen King's "Misery"

    短いアニメーションを作りました(笑)

  • as an animated short. (Laughter)

    漫画も沢山描きました

  • And I kept making comics.

    漫画を よく描いていた頃 ウースター美術館で

  • I kept making comics, and at the Worcester Art Museum,

    ある先生から人生で 最も大切な事を習いました

  • I was given the greatest piece of advice by any educator I was ever given.

    マーク・リンチという素晴らしい先生で

  • Mark Lynch, he's an amazing teacher

    今でも親しくしてします

  • and he's still a dear friend of mine,

    僕は14歳か15歳

  • and I was 14 or 15,

    漫画教室の半分ぐらいが経った頃

  • and I walked into his comic book class halfway through the course,

    わくわくしながら授業に行きました

  • and I was so excited, I was beaming.

    マーベル風コミックの描き方 という本を持って行ったんです