Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • ¿Hablas Español? Parlez-vous Français? 你會說中文嗎?

    Hablas español?Parlez-vous français?中国語はできますか

  • If you answered, "sí," "oui," or "會" and you're watching this in English, chances are you belong to the world's bilingual and multilingual majority.

    もしあなたが英語でこの動画を見て sí,oui,會とかと答えるなら、おそらく世界の多数派である複数言語を話すグループの一員でしょう。

  • And besides having an easier time traveling or watching movies without subtitles, knowing two or more languages means that your brain may actually look and work differently than those of your monolingual friends.

    旅行の時に楽ができたり映画を字幕なしで見たりできる以外にも2つ以上の言語を知っている人の脳は外見も働き方も1つの言語しか知らない人の脳とは違うかもしれません。

  • So what does it really mean to know a language?

    では 言語を知っているとは 実際どういう意味でしょうか?

  • Language ability is typically measured in two active parts, speaking and writing, and two passive parts, listening and reading.

    言語能力はふつう「話す」「書く」の2つの能動的能力と「聴く」「読む」の2つの受動的能力で決まります。

  • While the balanced bilingual has near equal abilities across the board in two languages, most bilinguals around the world know and use their languages in varying proportions.

    バランスのとれたバイリンガルは2つの言語にわたって、全能力をほぼ一律に備えていますが、世界中のバイリンガルのうち大部分の人ではその割合に偏りがあります。

  • And depending on their situation and how they acquired each language, they can be classified into three general types.

    彼らの状況や各言語をどう獲得したかによって、バイリンガルは3タイプに分けられます。

  • For example, let's take Gabriella, whose family immigrates to the US from Peru when she's two years old.

    例えばガブリエラの場合は2歳の時家族でペルーからアメリカに移住しました。

  • As a compound bilingual, Gabriella develops two linguistic codes simultaneously.

    ガブリエラは「複合型バイリンガル」で2つの言語コードを1つの概念体系のもとに同時に発達させています。

  • With a single set of concepts, learning both English and Spanish as she begins to process the world around her.

    彼女は周囲の情報を処理し始めた頃から英語とスペイン語の両方を学習しているからです。

  • Her teenage brother, on the other hand, might be a coordinate bilingual.

    一方で彼女の10代の兄は「等位型バイリンガル」と言えるでしょう。

  • Working with two sets of concepts: learning English in school, while continuing to speak Spanish at home and with friends.

    彼は2つの概念体系を使っており、学校では英語を学んで、家族や友達とは それまでどおりスペイン語で話します。

  • Finally, Gabriella's parents are likely to be subordinate bilinguals, who learn a secondary language by filtering it through their primary language.

    最後にガブリエラの両親は「従属型バイリンガル」でしょう。彼らは第2言語を第1言語を通じて学んでいます。

  • Because all types of bilingual people can become fully proficient in a language regardless of accent or pronunciation, the difference may not be apparent to a casual observer.

    アクセントや発音を別とすればどのタイプのバイリンガルも充分に言語をマスターできるので、ちょっと接しただけでは違いは分からないかもしれません。

  • But recent advances in brain imaging technology have given neurolinguistics a glimpse into how specific aspects of language learning affect the bilingual brain.

    しかし近年の脳イメージング技術の発展によって、神経言語学者は言語学習の特定の側面がバイリンガルの脳に及ぼす影響を垣間見てきました。

  • It's well known that the brain's left hemisphere is more dominant and analytical in logical processes, while the right hemisphere is more active in emotional and social ones.

    脳の左半球が論理的思考の際に優勢かつ分析的に働き右半球が情緒的・社会的な思考の際により活性化されることはよく知られています。

  • Though this is a matter of degree, not an absolute split.

    しかしこれは程度の問題であって完全な分業ではありません。

  • The fact that language involves both types of functions while lateralization develops gradually with age has led to the critical period hypothesis.

    言語がこの両タイプの機能を含むこと、そして、その一方で脳の左右機能分化が 成長と共に徐々に進むことから「臨界期仮説」が生まれました。

  • According to this theory, children learn languages more easily because the plasticity of their developing brains lets them use both hemispheres in language acquisition, while in most adults, language is lateralized to one hemisphere, usually the left.

    この説によると、子供が言語をより簡単に学べるのは、発達途上の脳には言語獲得にあって両半球を使えるほどの可塑性があるからなのです。成人の場合は通常言語機能は片方の半球が優位です。普通は左半球です。

  • If this is true, learning a language in childhood may give you a more holistic grasp of its social and emotional contexts.

    これが本当なら子供の頃に言語を学習すると、社会や情緒の文脈まで含め、より全体的に把握できる可能性があります。

  • Conversely, recent research showed that people who learned a second language in adulthood exhibit less emotional bias and a more rational approach when confronting problems in the second language than in their native one.

    逆に最近の研究によると、成人になってから第2言語を学んだ人たちは第2言語を使っている時に、何か問題に直面した場合、母語を使っている時に比べて感情によるバイアスにとらわれず、理性的に対処できるそうです。

  • But regardless of when you acquire additional languages, being multilingual gives your brain some remarkable advantages.

    でも新たな言語をいつ獲得するかに拘らず、マルチリンガルの脳にはいくつか顕著な利点があります。

  • Some of these are even visible, such as higher density of the grey matter that contains most of your brain's neurons and synapses, and more activity in certain regions when engaging a second language.

    目で見て分かるものもあります。ニューロンやシナプスの大部分が集まっている灰白質の密度の高さがその例です。

  • The heightened workout a bilingual brain receives throughout its life can also help delay the onset of diseases, like Alzheimer's and dementia by as much as five years.

    また第2言語に取り組む時には特定の領域がより活性化します。バイリンガルの脳は生涯にわたって高度に鍛えられるので、アルツハイマー病や認知症などの発症を5年程度遅らせることもあります。

  • The idea of major cognitive benefits to bilingualism may seem intuitive now, but it would have surprised earlier experts.

    バイリンガルが認知的に大きな利点であるという考えは今や直観的に理解できそうですが、昔の専門家が聞いたら 驚いたことでしょう。

  • Before the 1960s, bilingualism was considered a handicap that slowed a child's development by forcing them to spend too much energy distinguishing between languages, a view based largely on flawed studies.

    1960年代より前はバイリンガルはハンディキャップと考えられていました。言語の区別に過剰な労力が必要なので、子供の発達を遅らせると考えられていたのです。

  • And while a more recent study did show that reaction times and errors increase for some bilingual students in cross-language tests.

    これは主に欠陥のある研究成果に基づく見解でした。確かにより最近のある研究でも、両言語を必要とするテストでバイリンガルの中には反応が遅く誤答の多い生徒がいることが示されましたが、

  • It also showed that the effort and attention needed to switch between languages triggered more activity in, and potentially strengthened the dorsolateral prefrontal cortex.

    同時に言語の切り替えに必要な努力と注意が活性化を高めるきっかけとなり背外側前頭前皮質を強化する可能性があることも示されました。

  • This is the part of the brain that plays a large role in executive function, problem solving, switching between tasks, and focusing while filtering out irrelevant information.

    脳のこの領域は実行機能、問題解決、タスクの切り替え、そして不要な情報を取り除き、集中するのに大きな役割を担います。

  • So, while bilingualism may not necessarily make you smarter, it does make your brain more healthy, complex and actively engaged.

    バイリンガルだからといって、必ずしも頭が良くなる訳ではありませんが、脳はより健康的に、そして複雑になり、活発に物事に取り組むようになります。

  • And even if you didn't have the good fortune of learning a second language as a child, it's never too late to do yourself a favor and make the linguistic leap from, "Hello," to, "Hola," "Bonjour" or "您好"。

    たとえ子供の頃に第2言語を学ぶという幸運に恵まれなかったとしても、遅すぎるということはありません。だまされたと思って「ハロー」から「オラ」「ボンジュール」「ニーハオ」へと言語を跳び越えてみてください。

  • Because when it comes to our brains, a little exercise can go a long way.

    ちょっとした運動でも脳にはとっても大事ですからね。

¿Hablas Español? Parlez-vous Français? 你會說中文嗎?

Hablas español?Parlez-vous français?中国語はできますか

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 言語 バイリンガル 半球 活性 発達

【TED-Ed】バイリンガルのメリット The benefits of a bilingual brain - Mia Nacamulli

  • 172478 9107
    稲葉白兎 に公開 2019 年 01 月 12 日
動画の中の単語