Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There's a common misconception

    よくある誤解

  • that if you like to meticulously organize your things,

    几帳面に整理整頓するのが好きな人は

  • keep your hands clean,

    手を汚さないように

  • or plan out your weekend to the last detail,

    または、週末の計画を最後の詳細まで立ててみてください。

  • you might have OCD.

    あなたは強迫性障害かもしれません。

  • In fact, OCD, which stands for obsessive compulsive disorder,

    実は強迫性障害の略であるOCD。

  • is a serious psychiatric condition

    は重篤な精神疾患

  • that is frequently misunderstood by society

    誤解されがち

  • and mental health professionals alike.

    や精神保健の専門家にも

  • So let's start by debunking some myths.

    では、いくつかの神話を論破することから始めましょう。

  • Myth one: repetitive or ritualistic behaviors are synonymous with OCD.

    神話1:反復的な行動や儀式的な行動は強迫性障害と同義である。

  • As its name suggests,

    その名の通り

  • obsessive compulsive disorder has two aspects:

    強迫性障害には2つの側面があります。

  • the intrusive thoughts, images, or impulses, known as obsessions,

    強迫観念として知られる、押し付けがましい考え、イメージ、または衝動。

  • and the behavioral compulsions people engage in

    と人が行う行動の強迫観念

  • to relieve the anxiety the obsessions cause.

    強迫観念が引き起こす不安を解消するために

  • The kinds of actions that people often associate with OCD,

    人々が強迫性障害から連想する行動の種類。

  • like excessive hand washing, or checking things repeatedly,

    過度の手洗いや、何度もチェックするような

  • may be examples of obsessive or compulsive tendencies

    強迫観念や強迫観念の例かもしれません。

  • that many of us exhibit from time to time.

    私たちの多くが時々見せる

  • But the actual disorder is far more rare and can be quite debilitating.

    しかし、実際の障害ははるかに稀で、かなり衰弱することがあります。

  • People affected have little or no control over their obsessive thoughts

    影響を受けた人は、強迫観念をほとんど、または全くコントロールできません。

  • and compulsive behaviors,

    と強迫的な行動をとるようになりました。

  • which tend to be time consuming

    時間のかかる

  • and interfere with work, school or social life

    勤めや学校、社会生活に支障をきたす

  • to the point of causing significant distress.

    大きな苦痛を引き起こすところまで。

  • This set of diagnostic criteria is what separates people suffering from OCD

    この一連の診断基準がOCDに悩む人を分けるものです。

  • from those who may just be a bit more meticulous

    几帳面なだけかもしれない人から

  • or hygiene obsessed than usual.

    とか、いつもより衛生面にこだわっているとか。

  • Myth two: the main symptom of OCD is excessive hand washing.

    神話2:強迫性障害の主な症状は手洗いのし過ぎ。

  • Although hand washing is the most common image of OCD in popular culture,

    手洗いは一般的な文化では強迫性障害のイメージが強いのですが、実際には手洗いではなく、手洗いをすることで強迫性障害の症状が改善されることもあります。

  • obsessions and compulsions can take many different forms.

    強迫観念と強迫観念は様々な形をとります。

  • Obsessions can manifest as fears of contamination and illness,

    強迫観念は、汚染や病気への恐怖として現れることがあります。

  • worries about harming others,

    人を傷つける心配

  • or preoccupations with numbers, patterns, morality, or sexual identity.

    または数字、パターン、道徳、または性的アイデンティティへの先入観。

  • And compulsions can range from excessive cleaning or double checking,

    そして、強迫観念は、過度の掃除や二重チェックなど、様々なものがあります。

  • to the fastidious arrangement of objects,

    凝ったオブジェクトの配置に。

  • or walking in predetermined patterns.

    またはあらかじめ決められたパターンで歩いている。

  • Myth three:

    神話3

  • individuals with OCD don't understand that they are acting irrationally.

    強迫性障害の人は、自分が非合理的に行動していることを理解していません。

  • Many individuals with OCD actually understand the relationship

    強迫性障害の人の多くは、実際に関係性を理解しています。

  • between their obsessions and compulsions quite well.

    彼らの強迫観念と強迫観念の間には、かなりのものがあります。

  • Being unable to avoid these thoughts and actions

    これらの思考や行動を避けることができないこと

  • despite being aware of their irrationality

    非合理性を自覚しながらも

  • is part of the reason why OCD is so distressing.

    は、強迫性障害が苦しい理由の一部です。

  • OCD sufferers report feeling crazy

    強迫性障害の患者は、狂気を感じていると報告しています。

  • for experiencing anxiety based on irrational thoughts

    妄念のために

  • and finding it difficult to control their responses.

    と反応をコントロールするのが難しいことを発見しました。

  • So what exactly causes OCD?

    では、具体的に何が強迫性障害を引き起こすのでしょうか?

  • The frustrating answer is we don't really know.

    悔しい答えは、本当にわからないということです。

  • However, we have some important clues.

    しかし、重要な手がかりがあります。

  • OCD is considered a neurobiological disorder.

    強迫性障害は神経生物学的な障害と考えられています。

  • In other words, research suggests that OCD sufferers brains

    言い換えれば、研究によると、強迫性障害の人の脳は、以下のようになっています。

  • are actually hardwired to behave in a certain fashion.

    は、実際には特定のファッションで行動するように仕組まれています。

  • Research has implicated three regions of the brain

    研究では、脳の3つの領域が示唆されています。

  • variously involved in social behavior and complex cognitive planning,

    社会行動や複雑な認知計画に様々に関与している。

  • voluntary movement,

    随意運動。

  • and emotional and motivational responses.

    と感情や動機付けの反応があります。

  • The other piece of the puzzle

    パズルのもう一つのピース

  • is that OCD is associated with low levels of serotonin,

    強迫性障害は低レベルのセロトニンと関連しているということです。

  • a neurotransmitter that communicates between brain structures

    脳内伝達物質

  • and helps regulate vital processes,

    と重要なプロセスを調整するのに役立ちます。

  • such as mood, aggression, impulse control,

    気分、攻撃性、衝動制御など。

  • sleep, appetite, body temperature and pain.

    睡眠、食欲、体温、痛み。

  • But are serotonin and activity in these brain regions the sources of OCD

    しかし、セロトニンとこれらの脳領域の活動がOCDの原因となるのでしょうか?

  • or symptoms of an unknown underlying cause of the disorder.

    または障害の根本的な原因が不明な症状。

  • We probably won't know until

    それはおそらく

  • we have a much more intimate understanding of the brain.

    私たちは、脳をより深く理解しています。

  • The good news is there are effective treatments for OCD,

    良いニュースは、OCDには効果的な治療法があるということです。

  • including medications, which increase serotonin in the brain

    脳内セロトニンを増加させる薬を含む

  • by limiting its reabsorption by brain cells,

    脳細胞による再吸収を制限することで

  • behavioral therapy that gradually desensitizes patients to their anxieties,

    患者さんの不安感を徐々に鈍感化させていく行動療法

  • and in some cases, electroconvulsive therapy,

    と、場合によっては電気けいれん療法を行います。

  • or surgery, when OCD doesn't respond to other forms of treatment.

    または手術で、OCDが他の治療法に反応しない場合。

  • Knowing that your own brain is lying to you

    自分の脳が嘘をついていることを知る

  • while not being able to resist its commands can be agonizing.

    その命令に抵抗することができない間、苦悩することができます。

  • But with knowledge and understanding comes the power to seek help,

    しかし、知識と理解があれば、助けを求める力が生まれます。

  • and future research into the brain

    と今後の脳の研究

  • may finally provide the answers we're looking for.

    最終的には我々が探している答えが得られるかもしれません。

There's a common misconception

よくある誤解

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 強迫 障害 手洗い 行動 セロトニン

TED-ED】強迫性障害の神話を打ち破る - ナターシャ・M・サントス

  • 13585 1123
    稲葉白兎 に公開 2015 年 09 月 27 日
動画の中の単語