Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • - I love you so much, and I thought I could get you.

    あなたのことは好きよ。それに、なんかしかけてやりたかったわ。

  • I didn't get you. - You did get me.

    結局、なにもしてない。 仕掛けたでしょう。

  • - No, I didn't get you. - You scared me--you did.

    なにもしてないわよ。 僕にドッキリをかけたじゃないか。

  • You scared me, and I'm a fan of yours,

    ビックリさせて。 僕は君のファンだし。

  • and you know I love you, and you still scared me.

    僕が君を敬愛しているのを知っているはずなのに、ドッキリをしかけた。

  • - Yeah.

    そうね。

  • - And you just did it, and you just--

    とにかく、ドッキリされたんだよ、君は...

  • You're not mean-spirited. - No.

    君は、人でなしだよ。 違うわ。

  • - You're just cr-- a little cruel.

    その、冷酷だよ。

  • - Yeah. - And, yeah.

    そうね -そう

  • I came in--

    部屋に...

  • - It's not cruel. It's just sneaky.

    冷酷じゃないわ、それは。卑劣なだけよ。

  • - [laughing] It's sneaky.

    卑劣か。

  • But I kind of felt something was gonna happen,

    何か、来るとは感じていたんだ。

  • and I came in, and the producer said to me,

    部屋に入って、プロデューサーが

  • "Go on into the-- this is your dressing room.

    「その、入ってくれと…ここがドレッシングルーム。

  • "Go into the bathroom.

    ちょっと、バスルームに入って。

  • Ellen has an old picture of you and her from years ago."

    エレンがそこに昔の彼女の写真を掛けているから」と

  • And I go, "Ugh, it's probably an awful picture."

    それで、「うぇっ、ひどい写真だろうな」と僕が言ったら、

  • He goes, "It's pretty funny. You'll laugh at it.

    彼は続けて、「面白いと思う。きっと笑うはずだ。

  • She hung it in the bathroom."

    彼女がバスルームにつるされてるよ」ってね。

  • And I go, "Okay," and I go to the bathroom.

    それで、僕は「わかった」と言って、バスルームに入ったんだ。

  • The door is creaked a little bit closed.

    ドアが軋んでいて、少し開いていたんだ。

  • - Well, all right, let's show--

    そうそう、それではご覧ください。

  • this is me trying to scare him.

    私が彼をビックリさせようとした様子を。

  • - This was minutes ago.

    今さっきの出来事だよ。

  • I'm walking in, and I go. What the heck?

    入るよ。行くよ。もうどうにでもなれ。

  • That's the bathroom. I'm about to go in there.

    これがバスルームね。いまから入ろうと思う。

  • [men speaking indistinctly]

    (話し声)

  • You sure? - Yep.

    正気か? -ええ

  • - I knew it.

    -わかってたよ。

  • Oh, God, something's gonna jump out and scare me.

    まったく、何かが飛び出して、ビックリさせるつもりだろ。

  • Yeah, I knew it. [laughter]

    分かってたんだって(笑)

  • I'll just do it.

    入るよ。

  • I don't like getting scared.

    驚かされるのは嫌いなんだけど

  • [shouts] - [screams]

    (シャウト)(叫び)

  • - [screams]

    (叫び)

  • [laughter]

    (笑)

  • [speaking indistinctly]

    (話し声)

  • I knew it! - You knew it.

    やっぱり! ばれてたか。

  • How did you know it?

    なんで、わかったの?

  • - I did get scared too, 'cause you go, "Whoo-ha-ha."

    僕も怖かったんだよ、君が「ワォ」ってきたから。

  • - Yeah, but then-- [both laugh]

    そうで、でも、(笑)

  • But then I was thinking, "Oh, I wish I wasn't there,

    でも、私は、「ここにいるのは間違ったな」と思ったのよ。

  • 'cause then you would've just done that all by yourself.

    だって、あなたが全部、一人でやっちゃうもんだと思っていたから。

  • [laughter] That would've been--

    (笑)ホントに…

  • - That would've been really embarrassing.

    それは、ホントに恥ずかしいね。

  • - That would've been better. - Yeah.

    一人でやってもらった方が良かった -そうだね。

  • I'm always getting embarrassed. Yeah.

    僕はいつもこうなんだよ。 そうね。

  • But I'm so happy to be here.

    でも、ここに来られてうれしいよ。

  • I never get a chance to see you because...

    君に会える機会がないからね。

  • - I know. - I'm in New York, but now--

    そうね -僕はニューヨークだし、でも今は…

  • - I watch you all the time. [cheers and applause]

    私は毎日、見ているわ。(拍手喝采)

  • Such a great job.

    素晴らしいわ。

  • - I got to come out. You do the best show.

    今回、出演させてもらったけど、君の番組は素晴らしいよ。

  • And I got to thank you for always supporting me.

    それといつも、サポートしてくれて有難くおもってる。

  • And you sent me and my staff a bunch of fun things

    綿あめのようなものや、ポップコーン、

  • like cotton candy one day and popcorn and snow cones

    かき氷などを差し入れしてくれたりと。

  • and just made everyone's day.

    みんな、有難く思っている。

  • You're just so cool.

    君は、とても素敵だよ。

  • - Yeah, well, you're doing a great job.

    まぁね。あなたはいい仕事をしている。

  • I'm loving the show, and it's so much fun.

    あなたの番組は好きだし、とても楽しいわ。

  • -Thanks. - And you're doing

    ありがとう。 -それにあなたは、

  • - I mean, were you nervous about actually even going--

    やっぱり、緊張したりしたものなの?

  • I mean, you're doing-- you've been doing a show anyway,

    その、結局、ずっと番組はやっているわけだけど、

  • it's just now "The Tonight Show."

    現在の「トゥナイト・ショー」になるときとかは。

  • - Right, it's just a change of title.

    そうだね。ただ、番組のタイトルが変わっただけ、

  • But they're big shoes to fill with Jay Leno,

    だけど、ジェイ・レノの後釜なわけだから、

  • and so the first night especially, I was nervous,

    特に初日は、緊張したもんだよ。

  • because I go, "Do I just come out

    「これから、カメラに写って、

  • and just do jokes like I've been on

    ただ、ジョークを言えばいいのかなと、何年間か

  • 'The Tonight Show' for years",

    トゥナイト・ショー(レイトナイトショー)でやってきたように」と思ったり、

  • or "do I come out and go, 'Hey, guys.

    「カメラに写っては『やぁ、みんな、

  • This is what a talk show is.'"

    この番組こそがトークショーだよ』ってやればいいのか」と思ったりしたからね。

  • Because there might be some kids watching

    だって、初めて、トークショーを見る子どもも

  • that've never seen a talk show but, since I'm new,

    いるかもしれないわけだから。新しく司会をやるからには、

  • they'll give it a shot and-- 'cause when I was a kid,

    とりあえずやってみようということで。 なぜなら、子供の頃は

  • I would ask my parents for permission.

    トゥナイト・ショーを見るのに両親に許可を取ってた。

  • "Can I stay up, watch Johnny Carson?"

    「夜、ジョニー・カーソン見ても良い?」ってね

  • It was a big deal, you know,

    それが影響していると思うよ。

  • just to stay up to watch the monologue.

    見ていられたのはモノローグまでだったからね。

  • So I thought, "I'll come out,

    だから、「出たらまずは、

  • I'll explain what a talk show is,

    トークショーとは何かを説明をして、

  • then I'll go, you know, 'This is my sidekick,'

    それから、『これが他の出演者です』と言い、

  • and then I'll leave and come back out and tell jokes."

    戻って、ジョークを言えばいい」と思ったんだ。

  • So I called Jay Leno.

    そこで、ジェイ・レノに電話して、

  • I go, "What do you think of that idea?"

    「そのアイデア、どうおもいます?」って聞いたんだ。

  • He goes...

    彼は

  • [as Jay Leno] "I'd just come out and tell jokes."

    (ジェイ・レノの真似)「私は出てはジョークを言っていただけだよ」て言ってた。

  • And I go, "That's what I was thinking, but"--

    それで、「それは考えていたのですが、...」

  • I go, "Now I'm confused."

    続けて、「今は迷っています」と言ったんだ。

  • And so I talked to my head writer,

    それから、ライターと話して

  • and he goes-- he goes--

    彼は...

  • I go "Jay says 'just to come out

    僕は「ジェイが『出ては

  • and tell jokes like I've been doing it.'."

    私がしてきたようにジョークをかませばいい』と言っていた」と彼に言ったら。

  • And he goes, "Yeah, but he's Jay Leno,

    彼は、「そうかもね、でも、彼はジェイ・レノで、

  • and you're--you're your thing.

    君は君だよ。

  • It's a different flavor. It's a different thing.

    違う味を持っている。違うものを持っている。

  • Go out and do what you feel like you should do."

    カメラの前に出たら、君がすべきだと思ったことをすればいい」と言っていくれたんだ。

  • And so I did that, and I--

    それで、そうしたんだ。

  • I did that, and that went great,

    そうしたら、上手くいったんだよ。

  • and I explained what a talk show was

    僕はトークショーというのは

  • and that a human comes out and tells jokes about the news.

    人が出てきて、時事問題についてジョークをかます番組だと説明したんだ。

  • I mean, so kids who have never seen it,

    その、トークショーが初めての子供たちのためにね、

  • now they know what it is.

    それで、子供たちもトークショーがなんだかわかっている。

  • And then I came out, and I'm start--

    それで、出て、始めるというか・・・

  • I came out, did some jokes,

    出たら、ジョークをかましたんだよ。

  • and I made a joke about high school or something.

    高校時代の事についてね。

  • And of course my mom and dad are in the audience

    それと、もちろん僕の両親も観客席にいた。

  • 'cause it was my first "Tonight Show."

    だって、初めて「トゥナイト・ショー」なわけだからね。

  • And my dad heckles me.

    それで、親父にはやられたね。

  • - I saw that. [laughter]

    みてたわ(笑)

  • - Do you believe-- can you believe that?

    信じられるかい?

  • - No. No, did he-- - Can you believe my life?

    いや、そのね - 意味がわからなかったよ。

  • - Why? - That was--

    -なんでよ? -それはーー

  • I couldn't believe it was happening.

    とにかく、何が起きたか信じられなかった。

  • I go, "What is going on?"

    僕は「どういうことだよ!」って感じだったよ。

  • Like, your son--

    その…

  • this is probably the most nerve-racking

    たぶん、かなり、ハラハラさせられたからね。

  • he's ever going to be, and you heckle?

    父さんがそうしたんだ。 君にはそうするかい?

  • I go-- here's what happened.

    いまから、その出来事を説明するよ。

  • I said--made some joke about, "Hey, Dad."

    僕は「やあ父さん」

  • Or, you know, "I didn't"--

    というか「母さん、

  • Or, "Mom and Dad, I didn't graduate high school"--

    父さん、僕は高校は卒業してないんだ」とジョークをかましたんだよ。

  • which I did, but it was a joke.

    ホントはしてるけど、ジョークとしてね。

  • I go, "I didn't graduate high school, but here I am.

    「高校は卒業してないけど、ここにいる。

  • I'm host of 'The Tonight Show.'"

    トゥナイト・ショーのMCをしている」といったんだ。

  • And everyone was laughing.

    みんな、笑ってたよ。

  • They clapped. It was a funny joke.

    拍手も起きた。それは面白かったんだよ。

  • And my dad goes, "We paid a lot of money for that school."

    そしたら、父さんが「学費、結構な額を払ったんだぞ」って言ったんだ。

  • [laughter]

    (笑)

  • Got a giant laugh. Bigger laugh than my laugh.

    爆笑が起きてた。僕の時以上に。

  • - Yeah. - People were clapping.

    そうね -みんな拍手してたよ。

  • I'm like, "Did that just happen?

    僕は「夢か?」と思った。

  • "Did I just-- I just heard my dad's voice

    「今のは父さんが

  • yelling at me."

    僕に向かってのなにか叫んでたのか」って感じだったよ。

  • And the other thing is, I went to public school.

    それに、僕は公立校に行ったから、

  • He didn't pay a lot of money.

    そんなに、お金はかかってないけどね。

  • I'm like, "Are you talking about taxes?"

    「税金のことか?」って感じだったよ。

  • I don't really get into math with my dad.

    父をお金のことで困らせたことはないしね。

  • What are you talking about?

    何言ってるんだよ!ってね。

  • - He was just making up stuff for a joke.

    ーお父さんは、ジョークを準備してたのよ。

  • - Butt out! Yes. Get your own show.

    ーお節介だわ!自分の番組持てばいいだろ。

  • Yeah. - Oh, my God.

    だろ。 -まぁ。

  • - [chuckles] I love 'em.

    (笑) 二人とも愛してる。

  • I love 'em. They're great people.

    愛してるよ。素晴らしい二人だ。

  • - Well, they've got to be so proud of you.

    そうね、彼らも、あなたの事を誇りに思っているはずね。

  • - They really are.

    実際、そうだよ。

  • My mom calls me all the time--

    母さんから電話来ると、いつも…

  • and most of the time she calls, it's to say

    というか、ほとんど、電話が来るときは、

  • who was great on your show.

    番組で、誰が良かった?って聞くんだ。

  • She always goes, "Oh, Ellen was great the other day.

    すると、母さんは「この前のエレンの部屋が良かったわね

  • She had Bradley Cooper on."

    ブラッドリー・クーパーが出てたわ」

  • I'm like, "Oh, yeah, well,

    僕は「あぁ、そうだね、

  • "we've had Bradley Cooper on too.

    僕の番組にも彼は出たよ

  • We've had some fun things."

    面白かったよ」

  • She goes, "I know, but--

    そしたら、母さんが「知ってるわ。でも・・・

  • so here's what Ellen did with Bradley."

    エレンの部屋ではね...」って

  • I go, "I don't want to hear about Ellen's show!

    僕は「別にエレンの部屋の事が聞きたいんじゃない!

  • I know that show's a great show."

    エレンの部屋が素晴らしい番組ってことはわかってるよ」

  • - That's hilarious. - She loves you.

    面白いわね -彼女は君のファンなんだよ。

- I love you so much, and I thought I could get you.

あなたのことは好きよ。それに、なんかしかけてやりたかったわ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TheEllenShow ショー ジョーク 番組 トーク ジェイ

【エレンの部屋】エレンがジミー・ファロンにドッキリ!Ellen Scares Jimmy Fallon

  • 22194 1217
    iris に公開 2017 年 09 月 30 日
動画の中の単語