Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • You know a funny thing about the contemporary

    面白いことに、現代の意識についての神経科学は、

  • neuroscience of consciousness is it's really closet philosophy. It's really it's

    実は、隠れた哲学なんです。そこでは、本当に

  • very often making fundamental philosophical assumptions. That is to say it\\'92s taking

    実に頻繁に根本的な哲学的仮定をしています。つまり

  • certain philosophical ideas for granted and it\\'92s often using empirical information

    特定の哲学的考えを当然のこととした上で、しばしば経験的な情報を使って

  • simply to reanimate old debates. For example, one of the basic sort of guiding pictures

    単に古い議論を生き返らせています。たとえば、人々が意識の神経科学について

  • I think that people thinking about the neuroscience of consciousness have is that the world is

    ​​考える時に見ている基本的な図式の中では、世界は我々の

  • in our head The brain makes the world, that is what we experience is not\\'97I don\\'92t

    頭の中にある。脳が世界を作るのであり、経験しているものがあるのではない。

  • experience you. I don\\'92t see you. I experience something in my brain that is confabulated

    私があなたを経験するのでなく、あなたを見ているのでもない。私は脳の中で受けた

  • on the basis of a pattern of stimulation.\\ Let me come to the nature of color as an example

    刺激のパターンを置き換えた何かを体験しています。例として、色というものについて

  • to try to illustrate what I have in mind. And by the way this is a wonderful area where

    私が思っていることをを説明してみましょう。これは素晴らしいエリアで

  • both science and philosophy have tended to really collaborate, have been in dialogue

    ここでは科学と哲学が本当に協力しあう傾向があり、相互と対話して

  • with each other and in many cases the leading philosophers have also been the leading scientists

    多くの場合、主要な哲学者は、考えてみればまた一流の科学者でした。

  • thinking about this. One view is that color is a property of the surfaces of objects,

    一つの見方は、色は物の表面に属する特質であるという考え方です。

  • not the property we naively think we see, but maybe something like a disposition to

    我々が単純に見ていると思うものがそこにあるのではなく、多分

  • absorb and reflect light of certain wavelengths and to produce a sort of what is known as

    ある波長の光を吸収・反射したりする傾向や、スペクトル反射率特性のような何かが

  • a spectral reflectance profile, but the color is on the surface. Another view is that it\\'92s

    あるんじゃないか。でも、とにかく色は表面上にあると考える。

  • an illusion to think of color as something in the thing, that color is merely an affect

    別の見方では、色を物の中にある何かだと考えるのは幻想で、色は単にそれが

  • that the thing has on us. In that sense the color happens to us. The leaves in the tree

    我々に及ぼした影響にすぎない。だから、色は我々に起こるものなんだ。

  • are not green. Greenness is just something that happens. In me it\\'92s a kind of sensation

    木の葉が緑なのではない。緑という現象が起こったのだ。それは

  • that is produced thanks to the activation of my nervous system by those leaves.\\

    葉によって神経が活性化されたおかげで、起こった感覚なんだと考える。

  • My own view is that both of those views are wrong. I advocate the view that color is what

    私自身の考えでは、これらの見方は両方とも間違っています。私が提唱するのは、

  • you might call an ecological property and by that I mean color is a feature of the way

    色は生態学的な属性と呼べるようなもので、つまり色は

  • light and surfaces interact. It\\'92s not in that sense intrinsic to the surface of the

    光と面の相互作用のしかたの特徴だというわけです。その意味で、緑の色は、葉の

  • leaf that it is green. Its greenness is the way it behaves in relation to lighting. So

    表面に本来備わっているのではない。葉が光との関係で、緑色に振る舞っているんです。

  • we think of the color as stable, but of course the color looks one way under one light and

    我々は色を安定したもののように考えますが、もちろん色はある光の下でこう見えても、

  • if you take it outside it looks different and if you turn it in certain ways there will

    外に出してみるとまた違って見える。ある角度では

  • be highlights and sort of little specular shining points on the surfaces of things that

    表面にハイライトができて、少しキラキラ反射したりする。

  • are all part of the real color of the thing. For me colors are like shapes. Just as a three-dimensional

    そういうことすべてが、色というものに含まれてるんです。私にとって色は、形のようなものです。三次元の形に

  • shape has a hidden backside so colors have hidden ways they would look if the conditions

    隠れて見えない裏側があるように、色は、もし光の状態が変わればそう見えるはずの

  • of lighting were changed.\\ The problem of skepticism about the external

    別の見え方を隠し持っている。外界に懐疑的になる問題では

  • world, how do we know that things are the way they seem to be, how do we know that our

    物がそこに見えるがままに実在するかどうかは、どうしたらわかるか。どうしたら我々が

  • perceptual experiences are reliable is a chestnut. It\\'92s an old philosophical chestnut that

    知覚した経験は信頼できるかがわかるのかという疑問は珍しくもない。哲学ではもうお馴染みの話で

  • I can\\'92t solve for you right now and that neuroscience can\\'92t solve, but what I\\'92d

    今私が解決してお見せすることはできません。神経科学でもそれは解決できませんが

  • like to impress on you is that neuroscience has taken a solution to that or at least an

    皆さんに伝えたいのは、神経科学は、少なくともその解決に向かっている。少なくとも

  • attitude towards that old philosophical chestnut for granted and most neuroscientists working

    哲学でお馴染みのその問題に臨む心構えがあって、意識を研究する神経科学者の多くは

  • on consciousness suppose experience is something that happens inside of me. It\\'92s subjective.

    経験とは自分の内部で起こるものであり、主観的で、隠されたものだと捉えます。

  • It\\'92s hidden. The world is this we know not what which is beyond the surfaces of our

    世界は、我々のテントの表面の向こう側にあるよくわからないもので

  • tent. Beyond the reach of our direct knowledge because all we ever know is the way our nervous

    我々の直接の知識を超えている、何故なら我々が今まで知っている事のすべては、我々の神経システムが

  • system is bombarded by stimulation, that which is causing the stimulation is always beyond

    刺激によって砲撃された結果であって、刺激を起こしているもの自体には常に手が届かないのです。

  • Directed / Produced byJonathan Fowler

    byJonathanファウラーを監督/プロデュース

  • & Elizabeth Rodd

    エリザベスロッド&

  • }

    }

You know a funny thing about the contemporary

面白いことに、現代の意識についての神経科学は、

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 哲学 神経 表面 反射 経験 刺激

私たちはどのように色を知覚するのか? (How Do We Perceive Color?)

  • 194 13
    VoiceTube に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語