Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Anyone who has played a claw machine can relate to the experience of having the claw perfectly positioned only to see it weakly graze the prize before pulling back up.

    クレーンゲームをプレイしたことのある人なら誰でも、クレーンを完璧に配置したのに、賞品を引き上げるときに、ただ弱くかすめるのを見ただけの経験に覚えがあるでしょう。

  • No Man!

    うそだろ!

  • It may seem like the machine isn't even trying.

    それはマシンが賞品を取ろうとしていないようにも見えるかもしれません。

  • - And well... - It is not your imagination, those claw machines are rigged!

    ーそして・・・ ーそれは、あなたの妄想ではありません。クレーンゲームは操作されているのです!

  • There are a couple of beloved stuffed animals that I have that are from a claw machine, a koala and a bear.

    私はコアラやクマなど、クレーンゲームで取った可愛いぬいぐるみをいくつか持っています。

  • That is Vox.com writer, Phil Edwards.

    彼はVox.comのライター、フィル・エドワードです。

  • I looked at the instruction guides for a few of the biggest claw games out there.

    私は巷にある最大級のクレーンゲームのいくつかの説明書を見ました。

  • Take for example, the manual for Black Tie Toys advanced crane machine.

    たとえば、高度なクレーンゲーム機、Black TieToysのマニュアルを見てください。

  • If you look at page 8, section subheading "Claw Strength", you would see a horrifying piece of information.

    8ページの「クレーンの強さ」の小見出しセクションを見ると、恐ろしい情報を見ることになります。

  • "Managing profit is made easy."

    「利益の管理が簡単です。」

  • Simply input the coin value, the average value of the merchandise, and the profit level.

    ただコインの価値、商品の平均価値、そして利益レベルを入力するだけです。

  • The machine will automatically calculate when to send full strength to the claw.

    機械がクレーンに全力を送るタイミングを、自動的に計算します。

  • Alright, so if it cost 50 cents to play the game, and the prize inside cost 7 dollars.

    では、ゲームを遊ぶのに50セントで、中の賞品が7ドルとしましょう。

  • To make a profit of 50%, full power will be sent to the claw only about once every 21 games or so.

    50%の利益を上げるために、21ゲームかそこらに1回だけ、全力がクレーンに送られます。

  • That sucks. They also randomize that winning game within a range so that players can't predict when exactly it will happen.

    それは最悪です。 また、勝ちゲームを範囲内でランダム化し、プレーヤーがいつ全力が発生するかを正確に予測できないようにしています。

  • And you might notice a subheading that says "dropping skill".

    そして、「ドロップスキル」という小見出しに気付くかもしれませんね。

  • They can program the machine to make you think you almost won.

    もう少しで勝てたと思わせるように、彼らはマシンをプログラムすることができるのです。

  • They taunt you with it. You see the stuffed animal flying in the air, and then it drops it. And that just ruins everything.

    それであなたをからかうのです。ぬいぐるみが空中で飛んでいるのが見えたら、それを落とします。そして、そこですべては台無しになります。

  • So, most of the time claw machines are actually more like slot machines, than like skeeball or whac-a-mole.

    つまり、ほとんどの場合、クレーンゲームはスキーボールやもぐらたたきではなく、実はスロットマシーンのようなものなんです。

  • - Who's in charge here! -The claw!

    ーここで仕切ってるのは誰だ? ークレーン!

  • The question of whether claw machines are a game of skill or chance goes back decades.

    クレーンゲームがスキルのゲームなのかチャンスなのかという問題は、数十年前にさかのぼります。

  • The earlier versions back in the 1930s had very little element of skill and were marketed as being highly profitable for their owners.

    1930年代の初期のバージョンは、スキルの要素がほとんどなく、オーナーにとって非常に収益性の高いものとして販売されていました。

  • This was the depression era and people were desperate for ways to get money moving.

    これは大恐慌の時代であり、人々はお金を動かす方法を切望していました。

  • During a crackdown on organized crime in the 1950s federal law classified claw machines as gambling devices and prohibited the transportation of them across state lines.

    1950年代の組織犯罪の取り締まり中に、連邦法はクレーンゲームをギャンブル装置として分類し、州境を越えた輸送を禁止しました。

  • After those laws were relaxed in the 1970s, newer claw machines from Europe and Asia spread throughout the United States.

    1970年代にこれらの法律が緩和された後、ヨーロッパとアジアからの新しいクレーンゲームが全米に広まりました。

  • They actually started calling them "skill cranes" because the joystick gave players more precise control.

    ジョイスティックによってプレイヤーがより正確に制御できるようになったため、これらは「スキルクレーン」と呼ばれるようになりました。

  • But owners had increasing control over profits as well.

    しかし、オーナーたちは利益に対する管理も強化していました。

  • And they've been met with a patchwork of state and local laws and regulations.

    そして、彼らは州および地方の法律や規制の寄せ集めに適合しました。

  • If machine operators want to make that claw really really unfair against the players, there's not a lot stopping them.

    マシンの管理者がそのクレーンをプレイヤーにとって本当に不公平にしたいのなら、彼らを止めるものはあまりありません。

  • Most of the regulations focus on the prize size, not the strength of the claw.

    ほとんどの規制は、クレーンの強さではなく、賞品のサイズに焦点を当てています。

  • That's a reason that you might see fewer of the "win a free iPad" claw machines or "free iPhone" claw machines around.

    これが、「無料のiPadをゲット」クレーンゲームや「無料のiPhone」クレーンゲームが少ない理由です。

  • And more of just old fashioned stuffed animals.

    そして、昔ながらのぬいぐるみをよく見ることの。

  • It's great if players know what they are up against.

    プレイヤーたちが自分が何に直面しているのかを知っていれば、素晴らしいです。

  • Especially since sites like Youtube have enabled claw machine enthusiast to broadcast their victories. Like this guy.

    特にYoutubeのようなサイトがクレーンゲーム愛好家に、彼らの勝利を放送することを可能にしたので。 この男性のようにね。

  • I'm Matt Magnone. Join me as I venture out and win as much crap as I can from claw machines!

    マット・マグノーネです。 僕が冒険に出て、クレーンゲームからできるだけ多くのがらくたを勝ち取るところを見てください!

  • My best outcome of this is not that all the claw machines go away.

    これによる私の望む最良の結果は、すべてのクレーンゲームがなくなるということではありません。

  • Since I first wrote this article, I've spent a dollar I think on claw machines... and I've lost.

    この記事を最初に書いたときから、私はクレーンゲームに1ドルを費やしました・・・。そして私は負けました。

  • All I want for people to know is that they are not the problem. The claw machine is the problem.

    私が人々に知ってもらいたいのは、自分が問題ではないということです。 クレーンゲームが問題なのです。

  • Ah, you piece of crap!

    もう、下手くそね!

Anyone who has played a claw machine can relate to the experience of having the claw perfectly positioned only to see it weakly graze the prize before pulling back up.

クレーンゲームをプレイしたことのある人なら誰でも、クレーンを完璧に配置したのに、賞品を引き上げるときに、ただ弱くかすめるのを見ただけの経験に覚えがあるでしょう。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox ゲーム 賞品 ぬいぐるみ プレイヤー 全力

ユーフォーキャッチャー仕込まれている! (It's not you. Claw machines are rigged. | Observatory #8)

  • 32897 1552
    Halu Hsieh に公開 2019 年 04 月 08 日
動画の中の単語