Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Racism means... basically like.....

    人種差別っていうのは…何かその…

  • A large part of a race feels that they're superior to another race.

    ある人種の大半が自分たちは他の人種より優れていると感じることで

  • And so... and so not only do they believe that, but they act on it.

    だから…そう思うだけじゃなくて、行動にも移すんです。

  • Examples will be... in class, sometimes I'll be the only black kid.

    例えるなら…教室の中に黒人は僕だけの時があって、

  • And we read a book like... you know Huck Finn.

    本を読む授業があって…ハック・フィンの冒険の話とか。

  • And there's that uncomfortable moment.

    その時に嫌なことが起きたりするんだけど。

  • The... "magic word" come up.

    つまりその…「例の言葉」が出てきて、

  • And people will look at you and like, "What's his reaction?" Things like that.

    そうすると、皆が僕の方を見て「どんな反応するんだろう?」みたいな空気になるんです。

  • I was walking home from school with this one white girl and....

    白人の女の子と学校から家まで一緒に歩いて帰った時のことなんだけど…

  • We just gone off the bus and we were about to... we were almost home.

    バスから降りてもうほとんど…家の近くまで来たんだけど

  • And there's this group of black kids like, had just gone out of school.

    黒人の子のグループが、ちょうど学校から出てきて

  • And she was like, "Oh let's cross the street. It's a group of black kids. I don't want to run into them."

    その女の子が「道の反対側に渡ろう。黒人の子たちがいるもん、私関わりたくないから」って言ったんだけど

  • And, so she told me!

    でもじゃあ、僕はどうなのって感じで!

  • Which I don't even know why she would do that.

    何で僕に向かってそんな事言ったのかよく分からないんだけど。

  • I used to a sweat band just to reinforce my wrist.

    手首を強化する汗止めのバンドをしてたことがあって、

  • I had a teacher come up to me and said,

    その時に先生が僕のところにきて、

  • "You should take it off because it looks gang affiliated"

    「それ外しなさい。ギャングのシンボルみたいに見えるから」って言われて。

  • I have been in situations where, you know, I had to cross the street.

    今までに、その、道の反対側に自分から渡っていって

  • Because I didn't want to scare the white lady that was walking.

    こっちに向かって歩いてくる白人の女の人を怖がらせないように気を使った、っていうことはあります。

  • I would actually... it would get to a point where I would start to count.

    正直言って…女の人が僕にバッグを取られないように抱え込むのを

  • How many times a woman would clutch her bag.

    何回も目にしたことはありますね。

  • When I was 16, I was leaving my mom's house.

    僕が16歳の時に、雪だるまの柄のついたパジャマを着て

  • In my pajamas which had snowmen on them um...with my brother, and...

    弟と一緒にお母さんの家から出てきたことがあったんだけど…

  • We were actually stopped by the police, rather aggressively.

    その時に警察官に結構厳しい調子で呼び止められたことがありました。

  • I've been stopped by the cops on my way between classes.

    授業の合間に警察の人に呼び止められたことがあります。

  • Because we have two separate buildings walking from one building to the other building

    教室がある別々の建物の間を移動していただけなのに

  • As my white students in the same class walk by me.

    しかも、同じクラスの白人の学生たちと並んで歩いているのにも関わらず。

  • It's kind of upsetting, because...

    これって何か悲しい事で…

  • We live in a world where my mom has to be afraid when I walk outside

    だって僕のお母さんは、僕が外を歩いている時に

  • From the people that are like... meant to protect me.

    本当は僕の事を守ってくれるはずの人たちに対して、逆に心配しなきゃいけなくなっていて。

  • And I just... I don't like when my mother feels like that.

    それって、僕は…お母さんがそんな風に心配しなきゃいけないのが嫌で。

  • You know, I love my mother.

    お母さんのことは大好きだから。

  • She should always... I want her to always be happy.

    だから、お母さんには…いつも幸せな気持ちでいて欲しいんです。

  • You know I... walk tall. I keep my head up.

    意識してその…背筋を伸ばして歩いて、頭を上げて

  • Very... you know, try to be very articulate and...and polite.

    結構…あの、ハキハキとした態度で礼儀正しく振舞うようにしているし。

  • And so of course, I was like, OK I'm...I'm gonna be fine because I act a certain way, and...

    もちろん、だって、そういう風に振舞っていれば自分は大丈夫だと思っていたし、

  • Of course that has absolutely nothing to do with it.

    人種差別問題とは全然関係の無い事だけど。

  • People... the way people perceive you... you know, it's not up to you.

    周りの人が自分に対する見方っていうのは…自分ではどうしようもないもので。

  • My parents taught me, oh you know...

    僕の両親は、「あのね

  • "Cops are your friends. You're supposed to know they're here to protect you."

    警察官は私たちの味方だから、私たちを守ってくれるためにいるんだよ」って教えてくれたけど、

  • But all I'm seeing is the opposite.

    実際に感じるのはそれとは正反対なんですよ。

  • So how can I not be afraid when I feel like I'm being hunted?

    自分が目を付けられているみたいに感じているのに、怖がるなっていうのは無理があるでしょ。

  • When I feel like I'm there to fill a quota?

    警察の検挙ノルマを達成するために、僕が取り調べを受けることになるみたいな。

  • We are in a so called "free society".

    誰もが「自由社会」の中で生きてるはずなんだけど、

  • And as a black man, we literally don't feel free.

    黒人である僕たちは、その自由っていうのを文字通りには感じていないです。

  • We don't know what "freedom" is.

    「自由」とは何か良く分からない感じで。

  • Every time when we're killed, the first thing you see on the news is...

    黒人が殺されると、まずニュースで取り上げられるのは

  • Oh, criminal record or something like that. So...

    犯罪歴がどうのとかいう話で。

  • From the second... the bullet hits us.

    何かコトが起きたその瞬間から

  • Already we're starting to be dehumanized.

    僕たち黒人は非人間的な扱いを受けることになっているんです。

  • With black people like myself, we don't get as many chances as...as...as they do.

    僕みたいな黒人は、他の人たちと同じだけのチャンスは与えられていないので、

  • So you have to be aware. You have to watch out.

    常に気を張って、周りに気を配って

  • You can't mess up.

    失敗したらおしまいだから。

  • This is an extremely emotionally-taxing process for me in terms of coming in terms with...

    これって僕にとっては本当に感情面で辛いことで、特にその…

  • Maybe the nature of...of racism in my own life, entered in this country, in this world.

    何ていうか、自分の人生やこの国、この世界における人種差別の事実を受け入れるという点においては。

  • If you wait until somebody's 12, 13, 14 to put that on them...

    もし12、13、14歳になるまでこの事実を考えることをしなかったら

  • It's...it's really... it can be really difficult.

    かなり…難しい事になりかねないです。

  • My dad... he's just like the honest one, he's like, "Listen, son," like...

    僕の父は…まあ物事を隠さないタイプだから、ある日「いいか、

  • "There are things... and this world... like you have to...you kind of have to watch out."

    この世の中には…いろんな…気を付けなきゃいけないことがあるんだ」って話して聞かせてくれて。

  • He doesn't want me to live in fear.

    それは僕に恐怖心を持ちながら生きて欲しくないからで、

  • But he wants me to be aware.

    しっかりと意識をしながら暮らすように、と思ってのことでしょうから。

  • I want people to know that I'm perfectly fine.

    皆には、僕は全然普通の人間で

  • I'm not gonna hurt anybody or do anything bad.

    誰も傷つけたりしないし、悪い事もしないって知ってほしいです。

  • I should be judged about...like...who I...who I am.

    僕は、どんな人間かというところを…見て欲しいです。

  • And like, what kind of person I am.

    どんな性格の人間かとかそういうところを。

  • My parents would tell me, mostly my mom, she would tell me...

    僕の両親、大体はお母さんだったけど、よく言われたのは

  • "You have to endure. You have to muscle through it."

    「耐え忍んで、強い心で乗り越えていきなさい」ってことで、

  • And like... this is no different.

    それって…この事にも当てはまるわけで。

  • It's part of being a person of color in America.

    アメリカで黒人として生きていく上で付いて回るものだから。

  • And there is a certain comfortability associated with that.

    それでもある意味、気楽に感じる部分もあって、

  • Because if I know, if something is inevitable, then I know how to deal with it.

    というのも、もしこういう事が避けることができないものだと知っているなら、それに対して何とか対処はできますから。

  • Fortunately, I've had parents who have said, "This is what you do."

    幸運な事に、両親からどういう風に対処すればいいか教わって来れましたし。

  • Mom and dad, I'll be fine because you did a good job raising me.

    お父さん、お母さん。2人がしっかりと育ててくれたおかげで僕はこれからも大丈夫です。

  • You gave me all the resources, the time, the blood, sweat and tears.

    必要な物や時間、努力や様々な想いを惜しみなく注いでくれて、

  • To make me a good man, an honorable man, and...

    僕がしっかりとした人間として、尊厳を持った男として成長するように尽力してくれて…

  • The foundation to survive in this country.

    この国で生きていくための基礎を教えてくれたから。

  • I want you to know that, I will act in an appropriate manner.

    お父さんとお母さん、僕は適切な態度で振舞って

  • And do everything that you told me to do.

    言われたことを全て実行します。

  • Because I do love you.

    だって2人のことが大好きだから。

  • And I know that everything you say is not "for a reason", and not just to talk the talk.

    そして、僕に何か言う時には、ただ口うるさく命令しているんじゃなくて「ちゃんと理由がある」ってことも分かっているし。

  • And I love you.

    大好きだよ。

Racism means... basically like.....

人種差別っていうのは…何かその…

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TheNewYorkTimes 黒人 母さん 人種 歩い 警察

【ニューヨーク・タイムズ】黒色人種として育つとは? (A Conversation About Growing Up Black | Op-Docs | The New York Times)

  • 44621 2735
    VoiceTube に公開 2019 年 04 月 06 日
動画の中の単語