Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You probably know the drill: You're handed an exam, and you're told you need to fill out

    <a href='#post_comment_1'>ドリル<i class="icon-star"></i>を知っていますか?

  • the bubbles completely, and then reminded that -- for reasons that no one ever explains

    と気づかせてくれました。

  • -- you can only use a number 2 pencil!

    -- <a href='#post_comment_2'>数字2の鉛筆<i class="icon-star"></i></a>しか使えません!

  • Now, unless you're an artist, you've probably never even seen a pencil that's not number 2,

    さて、アーティストでもない限り、2番じゃない鉛筆を見たこともないでしょう。

  • also known as an HB pencil outside the U.S.

    ばんごうえんぴつ

  • The thing is, if you used any other kind of pencil when you took an automatically-scored test,

    問題なのは、自動採点テストを受けた時に、他の種類の鉛筆を使っていたら

  • you'd probably be fine.

    君なら大丈夫だろう

  • However there are reasons that test instructors still tell you to stick to number 2.

    しかし、テストの講師がまだ<a href='#post_comment_3'>stick to<i class="icon-star"></i>ナンバー2に指示する理由があります。

  • And they have a lot to do with how machines score your tests -- or at least, how they used to.

    そして、彼らはマシンがどのようにテストをスコア化するか、あるいは少なくとも、どのように使用したかに多くのことをしています。

  • In 1931, a high school physics teacher named Reynold Johnson was grading exams

    1931年、レイノルド・ジョンソンという高校の物理の先生が試験の採点をしていました。

  • when he wondered if there might be a way to score them without actually having to go through

    実際にはスルーせずに得点する方法があるかもしれないと思ったときに

  • every single answer by hand.

    一つ一つの答えを手書きで

  • He knew that graphite, the writing material in pencils, was electrically conductive.

    鉛筆の筆記具である黒鉛が導電性であることを知っていた。

  • It's made of flat sheets of carbon, and its outer electrons are relatively free to move around

    平らな炭素のシートでできていて、外側の電子は比較的自由に動き回ることができます。

  • within the material.

    材料の中で。

  • So Johnson devised a machine with many small electrical circuits that would pass over an answer sheet.

    そこでジョンソンは、<a href='#post_comment_4'>パスオーバー<i class="icon-star"></i>答案用紙になるような小さな電気回路を多数搭載した機械を考案した。

  • If there was a pencil mark on the sheet, it would conduct electricity through

    シートに鉛筆の跡があった場合は、電気を通すために

  • one of the circuits, and the machine could record it as an answer.

    回路の1つで、機械はそれを答えとして記録することができました。

  • Eventually, he sold the idea to IBM, which produced the first mark-sensing machine.

    最終的には、そのアイデアをIBMに売却し、最初のマーク感知機を製造しました。

  • But the number 2 thing didn't become an issue until the next generation of machines were introduced in the 1960s and 70s.

    しかし、2番という数字が問題になったのは、1960~70年代に次世代機が登場するまでのこと。

  • Those machines had light-sensing devices called phototubes, and if they did not detect light

    それらの機械には、<a href='#post_comment_5'>phototubes<i class="icon-star"></i>と呼ばれる光を感知する装置があり、光を感知しなかった場合は、<a href='#post_comment_5'>phototubes<i class="icon-star"></i></a>と呼ばれます。

  • in a certain spot, they recorded it as an answer.

    とある場所で、答えとして記録してくれました。

  • That made graphite especially useful, because it's better at blocking light than many inks.

    そのため、グラファイトは多くのインクよりも遮光性に優れているため、特に重宝されていました。

  • Graphite reflects most light -- that's why pencil marks are so shiny -- and absorbs the rest,

    黒鉛はほとんどの光を反射し、残りの光を吸収します。

  • which is why it's black.

    だから黒なんだよ

  • But for a long time, these optical mark-sensing machines were very picky.

    しかし、長い間、このような光学式のマーク感知機は、非常にうるさいものでした。

  • And that's where the different grades of pencil came in.

    そこで鉛筆のグレードの違いが出てきました。

  • The graphite in pencils is held together by clay, so manufacturers can control how soft

    鉛筆の黒鉛は粘土で固められているので、メーカーはどのくらいの柔らかさにするかをコントロールできます。

  • or hard it is, and also how dark it is. The softer the graphite, the darker the pencil's mark.

    黒鉛の硬さや硬さ、そしてどれくらいの濃さがあるか。黒鉛が柔らかいほど鉛筆の跡が濃くなります。

  • Pencils are labeled accordingly.

    鉛筆には、それに応じてラベルが貼られています。

  • In the United States, those labels are numbers. International manufacturers use a different system,

    アメリカでは、これらのラベルは数字です。国際的なメーカーは異なるシステムを使用しています。

  • with HB corresponding to number 2.

    HBが2番に対応しています。

  • Number 2 pencils make marks that are just dark enough to be sensed by the machine,

    2番の鉛筆は、機械で感知できる程度の暗さで印をつけます。

  • but also light enough to be erased without leaving a readable mark.

    しかし、読み取った跡が残らずに消せるほどの軽さもあります。

  • These days, scoring machines use much more advanced sensors that can detect almost any

    最近では、スコアリングマシンには、ほとんどすべての種類を検出できる、より高度なセンサーが使用されています。

  • sort of marks you make, as long as they're in the bubbles.

    泡の中に入っている限り、あなたが作る印のようなものです。

  • So you could probably take your next exam with any kind of pencil you wanted.

    だから、次の試験はどんな鉛筆でも受けられるんじゃないかな?

  • But your SATs probably aren't the time to test that hypothesis.

    しかし、あなたの<a href='#post_comment_6'>SATs<i class="icon-star"></i>は、おそらくその仮説を検証する時ではないでしょう。

  • Maybe bring a couple of number 2s just to be safe.

    念のために2番を持ってきてくれ

  • Thanks for asking, and thanks especially to all of our supporters on Patreon, where,

    尋ねてくれてありがとう、そして特にPatreonで私たちの支援者の皆さんに感謝しています。

  • if you support us at four dollars per month or more, you can submit your questions to be

    月4ドル以上でサポートしてくださる方は、質問を投稿すると

  • answered right here on SciShow Quick Questions. And if you want to keep getting smarter with us,

    SciShow Quick Questionsでお答えします。私たちと一緒にもっと賢くなりたいなら

  • don't forget to go to youtube.com/scishow, and subscribe.

    youtube.com/scishowに行くことを忘れずに購読してください。

You probably know the drill: You're handed an exam, and you're told you need to fill out

<a href='#post_comment_1'>ドリル<i class="icon-star"></i>を知っていますか?

字幕と単語
自動翻訳

A2 初級 日本語 鉛筆 黒鉛 感知 機械 採点 ジョンソン

なぜ2番の鉛筆を使わなければならないのか?

  • 151591 2698
    王妍心   に公開 2015 年 08 月 06 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す