Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You're looking at a woman who was publicly silent for a decade.

    10年も黙っていた女性を見ているんですね。

  • Obviously, that's changed,

    明らかに、それは変わった。

  • but only recently.

    が、最近になってから

  • It was several months ago

    数ヶ月前のことです。

  • that I gave my very first major public talk

    私が最初に大々的にスピーチをしたのは

  • at the Forbes 30 Under 30 summit:

    フォーブス30アンダー30サミットで

  • 1,500 brilliant people, all under the age of 30.

    1,500人の優秀な人たち、全員が30歳以下です。

  • That meant that in 1998,

    つまり、1998年にはそうなっていたのです。

  • the oldest among the group were only 14,

    グループの中で最年長はわずか14歳。

  • and the youngest, just four.

    一番下の子はまだ4歳

  • I joked with them that some might only have heard of me

    私のことしか聞いたことがない人もいるかもしれないと冗談を言いました。

  • from rap songs.

    ラップの歌から

  • Yes, I'm in rap songs.

    はい、ラップの曲に出ています。

  • Almost 40 rap songs. (Laughter)

    ラップの曲が40曲近く。(笑)

  • But the night of my speech, a surprising thing happened.

    しかし、私のスピーチの夜、驚くべきことが起こりました。

  • At the age of 41, I was hit on by a 27-year-old guy.

    41歳で27歳の男に殴られた。

  • I know, right?

    そうですよね、そうですよね。

  • He was charming and I was flattered,

    彼は魅力的で、私はお世辞を言われました。

  • and I declined.

    と断った。

  • You know what his unsuccessful pickup line was?

    彼の売れない口説き文句が何だったか知ってるか?

  • He could make me feel 22 again.

    彼は私を22歳に戻すことができました。

  • (Laughter) (Applause)

    笑)(拍手

  • I realized later that night, I'm probably the only person over 40

    その夜気がついたのですが、40歳以上の人は私だけかもしれません。

  • who does not want to be 22 again.

    22に戻りたくない人

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Applause)

    (拍手)

  • At the age of 22, I fell in love with my boss,

    22歳で上司に恋をした。

  • and at the age of 24,

    と24歳の時に

  • I learned the devastating consequences.

    壊滅的な結果になることを知りました。

  • Can I see a show of hands of anyone here

    ここで誰かの手のショーを見ることはできますか?

  • who didn't make a mistake or do something they regretted at 22?

    22歳の時に失敗したり、後悔したりしなかった人はいますか?

  • Yep. That's what I thought.

    そうだな私もそう思ってた

  • So like me, at 22, a few of you may have also taken wrong turns

    22歳の私のように、あなた方の中にも間違った道を歩んだ人がいるかもしれません。

  • and fallen in love with the wrong person,

    と間違った恋をしてしまいました。

  • maybe even your boss.

    あなたの上司かもしれない

  • Unlike me, though, your boss

    私と違って、あなたの上司は

  • probably wasn't the president of the United States of America.

    おそらくアメリカ合衆国の大統領ではなかったのではないでしょうか。

  • Of course, life is full of surprises.

    もちろん、人生は驚きに満ちています。

  • Not a day goes by that I'm not reminded of my mistake,

    自分の過ちを反省しない日はない。

  • and I regret that mistake deeply.

    と深く後悔しています。

  • In 1998, after having been swept up into an improbable romance,

    1998年、ありえないロマンスに振り回された後。

  • I was then swept up into the eye of a political, legal and media maelstrom

    私はその後、政治、法律、メディアの大混乱に巻き込まれました。

  • like we had never seen before.

    見たこともないような

  • Remember, just a few years earlier,

    ほんの数年前のことを思い出してください。

  • news was consumed from just three places:

    ニュースはわずか3箇所から消費された。

  • reading a newspaper or magazine,

    新聞や雑誌を読む

  • listening to the radio,

    ラジオを聞きながら

  • or watching television.

    とか、テレビを見ているとか。

  • That was it.

    それだけだった。

  • But that wasn't my fate.

    しかし、それは私の運命ではありませんでした。

  • Instead, this scandal was brought to you

    代わりに、このスキャンダルはあなたにもたらされました。

  • by the digital revolution.

    デジタル革命によって

  • That meant we could access all the information we wanted,

    つまり、私たちが欲しい情報にすべてアクセスできるということでした。

  • when we wanted it, anytime, anywhere,

    欲しい時にいつでもどこでも

  • and when the story broke in January 1998,

    と、1998年1月に話題になった時に

  • it broke online.

    オンラインで壊れた

  • It was the first time the traditional news

    それは、従来のニュースでは

  • was usurped by the Internet for a major news story,

    がネットで大々的に取り上げられたことで簒奪された。

  • a click that reverberated around the world.

    世界中に反響したクリック音。

  • What that meant for me personally

    それが個人的に何を意味していたかというと

  • was that overnight I went from being a completely private figure

    一晩で私は完全にプライベートな存在になってしまった

  • to a publicly humiliated one worldwide.

    世界的に公に恥をかかされたものに

  • I was patient zero of losing a personal reputation

    私は個人的な評判を失うのを我慢していた

  • on a global scale almost instantaneously.

    ほぼ瞬時に地球規模で

  • This rush to judgment, enabled by technology,

    テクノロジーが可能にしたこの判断のラッシュ。

  • led to mobs of virtual stone-throwers.

    仮想石投げの群衆につながった。

  • Granted, it was before social media,

    確かに、それはソーシャルメディアの前のことだ。

  • but people could still comment online,

    しかし、人々はまだオンラインでコメントすることができました。

  • email stories, and, of course, email cruel jokes.

    メールの話、もちろんメールの残酷なジョークも。

  • News sources plastered photos of me all over

    ニュースソースは私の写真をあちこちに貼り付けた

  • to sell newspapers, banner ads online,

    新聞、バナー広告をオンラインで販売しています。

  • and to keep people tuned to the TV.

    とテレビを見ている人を飽きさせないために。

  • Do you recall a particular image of me,

    私の特定のイメージを覚えていますか?

  • say, wearing a beret?

    ベレー帽を被って?

  • Now, I admit I made mistakes,

    今、私は間違いを認めています。

  • especially wearing that beret.

    特にそのベレー帽を被っている

  • But the attention and judgment that I received, not the story,

    しかし、話の内容ではなく、私が受けた注目と判断。

  • but that I personally received, was unprecedented.

    しかし、個人的に受けたのは前代未聞。

  • I was branded as a tramp,

    浮浪者の烙印を押された

  • tart, slut, whore, bimbo,

    タルト、淫乱、売春婦、ビンボー

  • and, of course, that woman.

    そして、もちろんあの女性。

  • I was seen by many

    多くの人に見られた

  • but actually known by few.

    しかし、実際にはほとんど知られていません。

  • And I get it: it was easy to forget

    忘れるのは簡単だった

  • that that woman was dimensional,

    あの女は次元が違う

  • had a soul, and was once unbroken.

    魂を持っていて、かつては壊れていなかった。

  • When this happened to me 17 years ago, there was no name for it.

    17年前にこんなことがあった時は、名前が出てこなかった。

  • Now we call it cyberbullying and online harassment.

    今ではいじめやネットハラスメントと呼ばれています。

  • Today, I want to share some of my experience with you,

    今日は、私の体験談を紹介したいと思います。

  • talk about how that experience has helped shape my cultural observations,

    その経験が私の文化的観察をどのように形作ってきたかを話します。

  • and how I hope my past experience can lead to a change that results

    私の過去の経験が、結果として変化につながることを願っています。

  • in less suffering for others.

    他の人のための苦しみを減らすことができます。

  • In 1998, I lost my reputation and my dignity.

    1998年、私は自分の評価と尊厳を失った。

  • I lost almost everything,

    ほぼ全てを失ってしまった。

  • and I almost lost my life.

    と言って、ほとんど命を落としてしまいました。

  • Let me paint a picture for you.

    あなたのために絵を描かせてください。

  • It is September of 1998.

    1998年の9月です。

  • I'm sitting in a windowless office room

    私は窓のないオフィスに座っています

  • inside the Office of the Independent Counsel

    独立参与室内

  • underneath humming fluorescent lights.

    鼻歌のような蛍光灯の下

  • I'm listening to the sound of my voice,

    私の声を聞いています。

  • my voice on surreptitiously taped phone calls

    忍び電話の私の声

  • that a supposed friend had made the year before.

    友達と思われる人が一年前に作ったものを

  • I'm here because I've been legally required

    私がここにいるのは、法的に必要とされているからです。

  • to personally authenticate all 20 hours of taped conversation.

    20時間の録音された会話のすべてを個人的に認証するために。

  • For the past eight months, the mysterious content of these tapes

    この8ヶ月間、これらのテープの謎の内容は

  • has hung like the Sword of Damocles over my head.

    ダモクレスの剣のように 私の頭上に吊るされている

  • I mean, who can remember what they said a year ago?

    というか、1年前の発言を覚えている人はいないのでは?

  • Scared and mortified, I listen,

    怯えながらも、私は耳を傾ける。

  • listen as I prattle on about the flotsam and jetsam of the day;

    私がその日の残り物とジェットスラムの話をしている間、聞いてください。

  • listen as I confess my love for the president,

    大統領への愛を告白しながら聞いてください

  • and, of course, my heartbreak;

    そして、もちろん私の心の傷も。

  • listen to my sometimes catty, sometimes churlish, sometimes silly self

    戯言を聞く

  • being cruel, unforgiving, uncouth;

    残酷で冷酷で無慈悲で無愛想

  • listen, deeply, deeply ashamed,

    聞いて、深く、深く、恥じ入る。

  • to the worst version of myself,

    最悪のバージョンの自分に

  • a self I don't even recognize.

    認識していない自分を

  • A few days later, the Starr Report is released to Congress,

    数日後、スター報告書が議会に発表される。

  • and all of those tapes and transcripts, those stolen words, form a part of it.

    テープや記録、 盗まれた言葉もその一部なんです

  • That people can read the transcripts is horrific enough,

    謄本が読めるなんて、十分に恐ろしいですね。

  • but a few weeks later,

    が、数週間後には

  • the audio tapes are aired on TV,

    の音声テープがテレビで放映されています。

  • and significant portions made available online.

    およびその大部分がオンラインで利用できるようになっています。

  • The public humiliation was excruciating.

    国民の屈辱は耐え難いものだった。

  • Life was almost unbearable.

    人生はほとんど耐えられなかった。

  • This was not something that happened with regularity back then in 1998,

    これは1998年当時、規則正しく起きたことではありませんでした。

  • and by this, I mean the stealing of people's private words, actions,

    これは、人の私語や行動を盗むことを意味しています。

  • conversations or photos,

    会話や写真。

  • and then making them public --

    そしてそれを公開して...

  • public without consent,

    同意なしに公開。

  • public without context,

    コンテキストなしのパブリック。

  • and public without compassion.

    と思いやりのない公

  • Fast forward 12 years to 2010,

    12年後の2010年に早送り。

  • and now social media has been born.

    そして今、ソーシャルメディアが誕生しました。

  • The landscape has sadly become much more populated with instances like mine,

    景色は悲しいかな、私のようなインスタンスが多くなってしまった。

  • whether or not someone actually make a mistake,

    実際にミスをしているかどうか

  • and now it's for both public and private people.

    と、今では公私ともに。

  • The consequences for some have become dire, very dire.

    ある者にとっての結果は、非常に悲惨なものになっています。

  • I was on the phone with my mom

    母と電話で話していた

  • in September of 2010,

    2010年9月に

  • and we were talking about the news

    とニュースで話題になっていましたが

  • of a young college freshman from Rutgers University

    ラトガース大学の若い大学一年生の

  • named Tyler Clementi.

    タイラー・クレメンティ

  • Sweet, sensitive, creative Tyler

    甘くて、敏感で、創造的なタイラー

  • was secretly webcammed by his roommate

    同居人に盗撮されていた

  • while being intimate with another man.

    他の男と親密になっている間に

  • When the online world learned of this incident,

    この事件を知ったネット界は

  • the ridicule and cyberbullying ignited.

    嘲笑といじめに火がついた。

  • A few days later,

    数日後。

  • Tyler jumped from the George Washington Bridge

    タイラーはジョージ・ワシントン橋から飛び降りた

  • to his death.

    彼の死に至るまで

  • He was 18.

    彼は18歳だった。

  • My mom was beside herself about what happened to Tyler and his family,

    母はタイラーとその家族に何があったのかを考えていました。

  • and she was gutted with pain

    痛い目にあった

  • in a way that I just couldn't quite understand,

    私には理解できない方法で

  • and then eventually I realized

    そのうちに気がついたのですが

  • she was reliving 1998,

    彼女は1998年のことを思い出していた

  • reliving a time when she sat by my bed every night,

    彼女が毎晩私のベッドに座っていた頃を思い出す。

  • reliving a time when she made me shower with the bathroom door open,

    浴室のドアを開けたままシャワーを浴びさせられた時のことを思い出す。

  • and reliving a time when both of my parents feared

    両親に恐れられていた時代を思い出して

  • that I would be humiliated to death,

    屈辱的な死を迎えることになるだろうと。

  • literally.

    文字通り

  • Today, too many parents

    今日は親が多すぎて

  • haven't had the chance to step in and rescue their loved ones.

    踏み込んで愛する人を救出する機会がなかったのです。

  • Too many have learned of their child's suffering and humiliation

    あまりにも多くの人が自分の子供の苦しみと屈辱を学んだ

  • after it was too late.

    手遅れになってから

  • Tyler's tragic, senseless death was a turning point for me.

    タイラーの悲劇的で無意味な死は、私にとって転機となりました。

  • It served to recontextualize my experiences,

    それは私の経験を再構成するのに役立ちました。

  • and I then began to look at the world of humiliation and bullying around me

    と言って、自分の周りにある屈辱やいじめの世界に目を向けるようになりました。

  • and see something different.

    と、違うものを見てみましょう。

  • In 1998, we had no way of knowing where this brave new technology

    1998年、私たちはこの勇敢な新技術がどこにあるのか知る由もありませんでした。

  • called the Internet would take us.

    インターネットと呼ばれるものが私たちを連れて行ってくれるでしょう。

  • Since then, it has connected people in unimaginable ways,

    以来、想像を絶する形で人と人を繋いできました。

  • joining lost siblings,

    迷子になった兄弟との合流

  • saving lives, launching revolutions,

    命を救い、革命を起こす

  • but the darkness, cyberbullying, and slut-shaming that I experienced

    しかし、私が経験した闇、いじめ、尻軽女辱は

  • had mushroomed.

    がマッシュルーム化していました。

  • Every day online, people, especially young people

    毎日オンラインで、人々、特に若者

  • who are not developmentally equipped to handle this,

    発達的に対応できない人は

  • are so abused and humiliated

    虐げられて恥をかく

  • that they can't imagine living to the next day,

    次の日まで生きていることが想像できないという。

  • and some, tragically, don't,

    そして一部の人は、悲劇的に、そうでない人もいます。

  • and there's nothing virtual about that.

    そして、それについては仮想的なものは何もありません。

  • ChildLine, a U.K. nonprofit that's focused on helping young people on various issues,

    チャイルドライン(ChildLine)は、英国の非営利団体で、様々な問題を抱える若者の支援に力を入れています。

  • released a staggering statistic late last year:

    昨年末に驚異的な統計を発表した。

  • From 2012 to 2013,

    2012年から2013年まで。

  • there was an 87 percent increase

    87%増

  • in calls and emails related to cyberbullying.

    いじめに関連した電話やメールで

  • A meta-analysis done out of the Netherlands

    オランダで行われたメタアナリシス

  • showed that for the first time,

    と初めて示した。

  • cyberbullying was leading to suicidal ideations

    いじめは自殺願望につながっていた

  • more significantly than offline bullying.

    オフラインでのいじめよりも有意に

  • And you know what shocked me, although it shouldn't have,

    そして、何がショックだったか知っていますか、それはするべきではありませんでしたが。

  • was other research last year that determined humiliation

    屈辱を決定づける他の研究が昨年ありました。

  • was a more intensely felt emotion

    は、より強烈に感じられた感情だった

  • than either happiness or even anger.

    幸せよりも怒りよりも

  • Cruelty to others is nothing new,

    他人への残虐行為は今に始まったことではありません。

  • but online, technologically enhanced shaming is amplified,

    しかし、オンラインでは、技術的に強化された羞恥心が増幅されます。

  • uncontained, and permanently accessible.

    抑制されておらず、恒久的にアクセス可能な状態になっています。

  • The echo of embarrassment used to extend only as far as your family, village,

    恥ずかしさの反響は、かつてはあなたの家族や村にしか及ばなかった。

  • school or community,

    学校やコミュニティ。

  • but now it's the online community too.

    しかし、今ではオンラインコミュニティでもあります。

  • Millions of people, often anonymously,

    何百万人もの人が、しばしば匿名で

  • can stab you with their words, and that's a lot of pain,

    は彼らの言葉であなたを刺すことができ、それは非常に苦痛です。

  • and there are no perimeters around how many people

    と何人もの人の間に境界線はありません。

  • can publicly observe you

    拝見させていただく

  • and put you in a public stockade.

    そして、あなたを公共の貯蔵庫に入れます。

  • There is a very personal price

    個人的な価格設定があります

  • to public humiliation,

    恥をかかせるために

  • and the growth of the Internet has jacked up that price.

    とインターネットの成長は、その価格をジャックしました。

  • For nearly two decades now,

    もう20年近くになります。

  • we have slowly been sowing the seeds of shame and public humiliation

    ゆるやかに恥辱の種を蒔いてきた

  • in our cultural soil, both on- and offline.

    私たちの文化的土壌の中で、オンとオフの両方で。

  • Gossip websites, paparazzi, reality programming, politics,

    ゴシップサイト、パパラッチ、リアリティ番組、政治

  • news outlets and sometimes hackers all traffic in shame.

    ニュースレ ターと時々 ハッカーのすべてのトラフィックを恥じています。

  • It's led to desensitization and a permissive environment online

    それは脱感作とオンラインでの寛容な環境につながっている

  • which lends itself to trolling, invasion of privacy, and cyberbullying.

    それ自体が荒らし、プライバシーの侵害、いじめに適しています。

  • This shift has created what Professor Nicolaus Mills calls

    このシフトは、ニコラウス・ミルズ教授が言うところの

  • a culture of humiliation.

    屈辱の文化。

  • Consider a few prominent examples just from the past six months alone.

    この半年間だけでも、いくつかの突出した例を考えてみましょう。

  • Snapchat, the service which is used mainly by younger generations

    若年層を中心に利用されているサービス「Snapchat

  • and claims that its messages only have the lifespan

    と主張し、そのメッセージには寿命があると主張しています。

  • of a few seconds.

    数秒の

  • You can imagine the range of content that that gets.

    得するコンテンツの幅が想像できるな

  • A third-party app which Snapchatters use to preserve the lifespan

    Snapchattersが寿命を延ばすために使っているサードパーティ製アプリ

  • of the messages was hacked,

    メッセージがハッキングされていました。

  • and 100,000 personal conversations, photos, and videos were leaked online

    と10万件の個人的な会話や写真、動画がネット上に流出した。

  • to now have a lifespan of forever.

    を使って、今では永遠の寿命を持つようになりました。

  • Jennifer Lawrence and several other actors had their iCloud accounts hacked,

    ジェニファー・ローレンスをはじめとする数人の俳優がiCloudのアカウントをハッキングされた。

  • and private, intimate, nude photos were plastered across the Internet

    とプライベートで親密なヌード写真がネット上に流されました。

  • without their permission.

    彼らの許可なく

  • One gossip website had over five million hits

    あるゴシップサイトのヒット数は500万件を超えていた

  • for this one story.

    この1話のために

  • And what about the Sony Pictures cyberhacking?

    で、ソニーピクチャーズのサイバーハッキングは?

  • The documents which received the most attention

    最も注目を集めた文書

  • were private emails that had maximum public embarrassment value.

    は、公共の恥ずかしい価値を最大限に持ったプライベートなメールでした。

  • But in this culture of humiliation,

    しかし、この屈辱の文化の中では

  • there is another kind of price tag attached to public shaming.

    公共の場で恥をかくことには、別の種類の値札が付いています。

  • The price does not measure the cost to the victim,

    価格は被害者への費用を測るものではありません。

  • which Tyler and too many others,

    タイラーや他の多くの人が

  • notably women, minorities,

    特に女性、マイノリティ

  • and members of the LGBTQ community have paid,

    とLGBTQコミュニティのメンバーが支払っています。

  • but the price measures the profit of those who prey on them.

    しかし、価格は彼らを捕食する者の利益を測定します。

  • This invasion of others is a raw material,

    この他人への侵攻が原料になっている。

  • efficiently and ruthlessly mined, packaged and sold at a profit.

    効率的かつ無慈悲に採掘し、包装し、利益を得て販売する。

  • A marketplace has emerged where public humiliation is a commodity

    公衆の屈辱を商品とする市場が出現した

  • and shame is an industry.

    と恥をかくのが業界です。

  • How is the money made?

    お金はどのようにして稼いでいるのでしょうか?

  • Clicks.

    クリックします。

  • The more shame, the more clicks.

    恥を知れば知るほど、クリック数が増える。

  • The more clicks, the more advertising dollars.

    クリック数が多ければ多いほど、広告費も増えます。

  • We're in a dangerous cycle.

    危険なサイクルに入っています。

  • The more we click on this kind of gossip,

    この手のゴシップをクリックすればするほど