Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Have you ever been waiting in line at the grocery store,

    雑貨屋さんで並んで待っていたことはありませんか?

  • innocently perusing the magazine rack, when a song pops into your head?

    <a href='#post_comment_1'>あなたの頭の中に<a href='#post_comment_1'>の曲が飛び込んできたとき、無邪気にマガジンラックを眺めていると、<a class='icon-star"></i></a>あなたの頭の中にあるのでしょうか?

  • Not the whole song, but a fragment of it that plays and replays

    全曲ではなく、その断片が再生されて再生される

  • until you find yourself unloading the vegetables in time to the beat.

    <a href='#post_comment_2'>ビートに合わせて野菜を降ろしている自分を見つけるまで<i class="icon-star"></i>。

  • You've been struck by an earworm, and you're not alone.

    <a href='#post_comment_3'>ミミズ、<i class="icon-star"></i>に襲われたのはあなただけではありません。

  • Over 90% of people are plagued by earworms at least once a week,

    90%以上の人々は、少なくとも週に一度は耳の虫に悩まされています。

  • and about a quarter of people experience them several times a day.

    と約4分の1の人が1日に数回経験しています。

  • They tend to burrow in during tasks that don't require much attention,

    彼らは、あまり注意を払う必要のないタスクの間に埋没する傾向があります。

  • say, when waiting on water to boil

    お湯が沸くのを待つ

  • or a traffic light to change.

    または信号機を変更することができます。

  • This phenomenon is one of the mind's great mysteries.

    この現象は、心の大きな謎の一つです。

  • Scientists don't know exactly why it's so easy for tunes to get stuck in our heads.

    科学者たちは、なぜ曲が頭の中で引っかかりやすいのか、正確にはわかっていません。

  • From a psychological perspective,

    心理学的な観点から。

  • earworms are an example of mental imagery.

    ミミズはメンタル<a href='#post_comment_4'>imagery.<i class="icon-star"></i></a>の一例です。

  • This imagery can be visual,

    このイメージは視覚的なものであってもよい。

  • like when you close your eyes and imagine a red wagon,

    目を閉じて赤いワゴンを想像した時のように

  • or it can be auditory,

    または聴覚的なものもあります。

  • like when you imagine the sound of a baby screaming,

    赤ちゃんの鳴き声を想像した時のように

  • or oil sizzling in a pan.

    または鍋でジュージューと油が出てきます。

  • Earworms are a special form of auditory imagery

    耳虫は聴覚イメージの特殊な形

  • because they're involuntary.

    彼らは不随意だからだ

  • You don't plug your ears and try to imagine "Who Let the Dogs Out,"

    耳を塞いで「誰が犬を外に出したのか」を想像しようとしない。

  • or, well, you probably don't.

    というか、そうではないでしょう。

  • It just intrudes onto your mental soundscape

    それはあなたの精神的なサウンドスケープに侵入するだけです。

  • and hangs around like an unwanted house guest.

  • Earworms tend to be quite vivid

    耳の虫はかなり鮮やかな傾向があります

  • and they're normally made up of a tune, rather than, say, harmonies.

    と、通常はハーモニーではなく、曲調で構成されています。

  • A remarkable feature of earworms is their tendency to get stuck in a loop,

    ミミズの顕著な特徴は、ループにはまりやすいということです。

  • repeating again and again for minutes or hours.

    何度も何度も何分、何時間も繰り返す。

  • Also remarkable is the role of repetition in sparking earworms.

    また、耳の虫に火をつける反復の役割も注目すべき点です。

  • Songs tend to get stuck when we listen to them recently and repeatedly.

    最近、何度も繰り返し聴いていると曲が詰まってしまいがちです。

  • If repetition is such a trigger,

    繰り返しがそのようなきっかけになるのであれば

  • then perhaps we can blame our earworms on modern technology.

    耳の虫のせいにしてもいいかもしれませんね

  • The last hundred years have seen an incredible proliferation

    この100年で、信じられないほどの拡散が起きています。

  • of devices that help you listen to the same thing again and again.

    同じことを何度も聞くのに役立つデバイスの

  • Records, cassettes, CDs, or streamed audio files.

    レコード、カセット、CD、またはストリーム配信されたオーディオファイル。

  • Have these technologies bred some kind of unique, contemporary experience,

    これらの技術は、ある種のユニークで現代的な体験を育んできたのではないでしょうか。

  • and are earworms just a product of the late 20th century?

    と耳虫は20世紀後半の産物なのか?

  • The answer comes from an unlikely source:

    答えはありそうでないところから出てきます。

  • Mark Twain.

    マーク・トウェイン

  • In 1876, just one year before the phonograph was invented,

    蓄音機が発明されるわずか1年前の1876年。

  • he wrote a short story imagining a sinister takeover

    乗っ取りを想像して短編を書いた

  • of an entire town by a rhyming jingle.

    韻を踏んだジングルで町中を盛り上げる。

  • This reference, and others,

    この参考文献、他にも

  • show us that earworms seem to be a basic psychological phenomenon,

    耳の虫が基本的な心理現象であるように見えることを示しています。

  • perhaps exacerbated by recording technology

    録音技術のせいか

  • but not new to this century.

    しかし、今世紀に入ってからは新しいものではありません。

  • So yes, every great historical figure, from Shakespeare to Sacajawea,

    そうそう、シェイクスピアからサカジャワまで、すべての偉大な歴史上の人物。

  • may well have wandered around with a song stuck in their head.

    歌が頭に刺さったまま彷徨っていたのかもしれません。

  • Besides music, it's hard to think of another case of intrusive imagery

    音楽以外にも、イメージの押し付けがましいケースは考えられません。

  • that's so widespread.

    っていうのが蔓延してますね。

  • Why music?

    なぜ音楽なのか?

  • Why don't watercolors get stuck in our heads?

    水彩絵の具が頭から離れないのはなぜ?

  • Or the taste of cheesy taquitos?

    それとも安っぽいタキートスの味?

  • One theory has to do with the way music is represented in memory.

    一説には、音楽が記憶の中でどのように表現されるかということに関係しています。

  • When we listen to a song we know,

    私たちが知っている曲を聴くと

  • we're constantly hearing forward in time, anticipating the next note.

    私たちは常に次の音を期待して、時間を前に聞いています。

  • It's hard for us to think about one particular musical moment in isolation.

    ある特定の音楽的瞬間を切り離して考えるのは難しい。

  • If we want to think about the pitch of the word "you" in "Happy Birthday,"

    ハッピーバースデー」の「あなた」という言葉のピッチを考えるならば

  • we have to start back at "Happy,"

    "ハッピー "から始めないと

  • and sing through until we get to "you."

    "君 "にたどり着くまで歌い続けるんだ

  • In this way, a tune is sort of like a habit.

    このように、曲調というのは一種の癖のようなものです。

  • Just like once you start tying your shoe,

    一旦靴を結び始めるのと同じように。

  • you're on automatic until you tighten the bow,

    弓を締めるまでは自動運転だ

  • once a tune is suggested

    曲が決まれば

  • because, for example, someone says, "my umbrella,"

    俺の傘って言うから

  • we have to play through until it reaches a natural stopping point,

    自然に止まるまでプレイスルーするしかない。

  • "ella, ella, ella."

    "彼女、彼女、彼女、彼女"

  • But this is a largely speculation.

    しかし、これは大体憶測です。

  • The basic fact remains we don't know exactly why we're susceptible to earworms.

    基本的な事実は、なぜ私たちが耳虫にかかりやすいのか、正確にはわかっていないことに変わりはありません。

  • But understanding them better could give us important clues

    しかし、それらをよりよく理解することで、重要な手がかりが得られるかもしれません。

  • to the workings of the human brain.

    人間の脳の働きに

  • Maybe the next time we're plagued

    多分、次は私たちが悩まされている時に

  • by a Taylor Swift tune that just won't go away,

    テイラー・スウィフトの曲で

  • we'll use it as the starting point for a scientific odyssey

    科学的オデッセイの出発点にしよう

  • that will unlock important mysteries about basic cognition.

    基礎認知に関する重要な謎を解き明かします。

  • And if not, well, we can just shake it off.

    そうでなければ、振り払えばいいんだよ。

Have you ever been waiting in line at the grocery store,

雑貨屋さんで並んで待っていたことはありませんか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed ミミズ イメージ 音楽 想像 聴覚

テッド・エド】耳の虫。頭の中でひっかかる曲たち - エリザベス・ヘルマス・マルグリス

  • 26882 1576
    稲葉白兎 に公開 2015 年 08 月 05 日
動画の中の単語