Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is our latest look of the McLaren P1. It's one of the most anticipated hypercars

    これはマクラーレンP1の最新の外観です。最も期待されているハイパーカーのひとつです。

  • in recent memory, and faces stiff competition from the likes of the Porsche 918 Spyder and

    最近の記憶の中では、ポルシェ 918 スパイダーや

  • LaFerrari. First, the headlines. The P1 is a technical

    ラフェラーリまずはヘッドライン。P1はテクニカルな

  • tour de force and is powered by a 3.8-litre twin turbo charged V8 engine in conjunction

    ツールドフォースは、3.8リッターのツインターボV8エンジンを搭載しています。

  • with an electric motor, producing a combined output of 903bhp.

    電気モーターとの組み合わせで903bhpの出力を実現しています。

  • That means the P1 is able to accelerate to 62mph in under three seconds and

    つまり、P1は時速62マイルまで3秒以下で加速できるということと

  • onto a top speed of 217mph. It can also be a very green car, managing an

    最高速度は217mphです。また、非常に環境に優しい車でもあります。

  • official 34mpg on a combined cycle and emitting 194g/km of CO2. The P1 is built around a carbonfibre

    コンバインドサイクルで公称34mpg、CO2排出量194g/km。P1は、カーボンファイバー製の

  • tub known as the Mono Cage. This tub weighs 90 kilos and includes space

    モノケージとして知られている浴槽。この浴槽は90キロの重さがあり、スペースが含まれています。

  • for all of the P1's electrical systems, as well as its battery.

    P1のすべての電気システムとバッテリーのためのものです。

  • McLaren has been obsessed with saving weight in the P1, so much so that the windscreen

    マクラーレンはP1の軽量化に執着しており、フロントガラスの軽量化にも力を入れています。

  • has been planed down to become just 3.2mm thick, 1mm thinner than that

    それよりも1mm薄い3.2mmの厚さになるように計画されています。

  • used on the 12C and 3.5 kilos lighter. The diet continues inside, where each seat weighs

    12Cに使用し、3.5キロの軽量化を実現。ダイエットは車内でも続き、各シートの重さは

  • just 10.5 kilos. It's joined by a carbonfibre trim, which does without its top layer of

    わずか10.5キロ。カーボンファイバー製のトリムで構成されています。

  • resin. McLaren says this gives a more natural look

    樹脂を使用しています。マクラーレンは、この方がより自然な表情になるという。

  • and crucially saves another 1.5 kilos.

    また、1.5キロの節約にもなります。

  • Don't think of the P1 as only being for the track, however.

    しかし、P1はサーキットだけのためにあるとは思わないでください。

  • McLaren tells us it's engineered the hypercar to ride as

    マクラーレンは、ハイパーカーの走行性能を向上させるためにエンジンをかけていることを語っています。

  • well around town as it does on the circuit. Its

    街中でもサーキットと同じようによく走っています。その

  • suspension system is again based on the 12C, but uses special hydraulic adjustment to control

    サスペンションシステムは再び12Cをベースにしていますが、制御するために特別な油圧調整を使用しています。

  • ride height and vertical stiffness. In some cases, the space-age technology showcased

    車高と垂直方向の剛性を向上させました。場合によっては、宇宙時代の技術が披露されています。

  • on the P1 really is from space. A silicone carbide coating, used to get the carbon ceramic

    P1のコーティングは本当に宇宙から来たものです。カーボンセラミックを取得するために使用されるシリコンカーバイドコーティングは

  • brakes their stopping power generating up to 2g in places

    場所で2Gまで生成し、その停止力にブレーキをかけます。

  • was first used on the Ariane space rocket.

    は、最初にアリアン宇宙ロケットで使用されました。

  • At £866,000 each, the P1 is likely to be a rare and exclusive machine. Just 375 models

    各£866,000で、P1は希少な高級機になりそうです。わずか375台のモデル

  • will be produced in total, all of which have already sold out.

    は全数生産され、すでに完売となっています。

This is our latest look of the McLaren P1. It's one of the most anticipated hypercars

これはマクラーレンP1の最新の外観です。最も期待されているハイパーカーのひとつです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC カーボン キロ 浴槽 サーキット 使用

マクラーレンP1ハイパーカーの詳細が明らかに - 独占公開

  • 3397 65
    hohoyao に公開 2015 年 04 月 13 日
動画の中の単語