Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi. Welcome back to www.engvid.com. I'm Adam. Today's lesson is going to be for those of

    こんにちは ようこそ www.engvid.com に戻ってきました。アダムです。今日のレッスンは、そんな方のために

  • you who are going to take the TOEFL or IELTS test. So just so you understand, I will be

    これからTOEFLやIELTSのテストを受けようとしているあなた。だから、あなたが理解しているように、私は

  • speaking at a more natural speed. It will be a little bit faster than some of you are

    より自然なスピードで話します一部の人よりも少し早くなるでしょう

  • used to. But listen anyway, and watch. It's very good for listening practice, and it will

    使っていました。でも、とにかく聴いて見てください。リスニングの練習にはとても良いですし、それが

  • be helpful regardless. So today's lesson is specifically about note taking skills. I'm

    に関わらず、参考になると思います。そこで今日のレッスンでは 具体的にメモを取るスキルを学びます私は

  • going to concentrate on the TOEFL, but it is also very useful for the people taking

    TOEFLに集中しようと思っていますが、受験する人にとっても非常に便利です。

  • an IELTS test. Now, if you've seen my time management class for IELTS, you will realize

    IELTSのテスト。さて、私のIELTSのタイムマネジメントクラスをご覧になった方は

  • that in the listening section, it's very important to know how to take notes. You don't want

    リスニングセクションではノートの取り方を知ることがとても重要だということですあなたが望んでいるのは

  • to waste time concentrating on spelling and writing full words while the recording is playing

    録音している間は、スペルや単語を書くことに集中して時間を無駄にする

  • because you have time at the end to transfer your answers. That's when you want to write

    なぜなら、最後に答えを転送する時間があるからです。その時に書きたいのが

  • correctly spelled answers and everything. You want to just make sure during the listening

    正しくつづられた答えや、すべてのことを確認してください。リスニングで確認したいのは

  • section that you write enough to know what the word is. We're going to get into that

    のセクションでは、単語が何であるかを知るために十分に書いています。その中に入っていくのが

  • a little bit later. What I want to concentrate on mostly, though, is the TOEFL test, okay?

    もう少し後にして集中したいのはTOEFLテストだけどね

  • Because in the TOEFL test, it is crucial that you know how to take notes. Why? You have

    なぜなら、TOEFLテストでは、ノートの取り方を知っていることが非常に重要だからです。なぜでしょうか?それは

  • a listening section; you have a speaking section; you have a writing section, all of which have

    リスニングセクション、スピーキングセクション、ライティングセクションがあります。

  • a listening component. Remember; this is an integrated test. You're going to have to listen

    リスニングの要素です。覚えておいてください これは総合的なテストですこれは統合されたテストであることを覚えておいてください。

  • in each one of these sections. Okay?

    それぞれのセクションでいいですか?

  • In the listening section, what many people don't realize who haven't taken a test yet:

    リスニング編では、まだテストを受けていない多くの人が気づいていないこと。

  • You don't see anything. Okay? You don't see the questions as you're listening to the lectures

    何も見えないいいですか?講義を聞いていても質問が出てこない

  • or whatever you're listening to. So it's very, very important that you take notes as you're

    何を聞いているのか、あるいは何を聞いているのか。だから、メモを取ることはとても重要です。

  • listening so that when the questions do come, you have the information in front of you,

    質問が来たときに、あなたの前に情報を持っているようにリスニング。

  • you know how to answer it, okay?

    答え方を知ってるんだろ?

  • In the speaking section, you may be given a short conversation to listen to and then

    スピーキングセクションでは、短い会話を聞かせてもらったり

  • be given a question, and you have to speak your answer. But if you don't remember what

    質問されて答えを話さなければなりませんしかし、覚えていない場合は

  • they spoke about, then, you can't answer the question properly.

    彼らが話していた、それならば、あなたは質問にきちんと答えることはできません。

  • In the writing section, you have -- in Task 1, you have to compare a reading section with

    ライティングセクションでは、タスク1では、リーディングセクションを以下のように比較しなければなりません。

  • a listening section. And then, you have to write an answer comparing the two. So if you

    のリスニングセクション。そして両者を比較した答案を書かなければなりませんですから、もしあなたが

  • don't take notes during the listening component of Task 1, it's very difficult to write your

    タスク1のリスニングパートでメモを取らないと、あなたの

  • answer. Okay? So note taking skills -- very important throughout the TOEFL test.

    答えてくれいいですか?メモを取るスキルは、TOEFLテストを通して非常に重要です。

  • So first of all, before we look at how to do it, let's look at what you need to concentrate

    そこでまず、やり方を見る前に、何を集中してやるかというと

  • on as you're listening. Okay? Now, another thing to remember before I even start: This

    をつけて聞いてください。いいですか?さて、始める前にもう一つ覚えておいてほしいことがあります。これは

  • takes practice. This is a skill that you have to sharpen, that you have to practice with

    は練習が必要です。これは研ぎ澄まさなければならない技術であり 練習が必要なのです

  • every day before you go out to take your test.

    試験を受ける前には毎日のように

  • Okay. Now, the first mistake people make is they think -- they try to write down every

    わかったわ人が最初に犯す間違いは 書き留めようとすることです

  • word they hear. Impossible. Okay? Unless you're a stenographer -- that's a person who works

    彼らが聞いた言葉だ不可能だいいですか?あなたが速記者でなければ...それは仕事をする人のことだ

  • in court and writes down every word that the people in the courtroom are saying, lawyers,

    法廷に出て、法廷にいる人たちが言っている言葉を一字一句書き出す、弁護士。

  • judges, defendants, etc., witnesses -- you cannot write every word. Don't try. You don't

    裁判官、被告人等、証人...全ての言葉を書くことはできません。書こうとしないであなたには

  • need to write every word. You need to concentrate on the details that are important, on the

    一字一句書く必要があります。重要な細部に集中する必要があります。

  • information that is important.

    重要な情報です。

  • Now, what you need to focus on are the big, general ideas. You need to understand generally

    今、あなたが注目しなければならないのは、大きな、一般的な考えです。一般的なことを理解する必要があります。

  • what is being spoken about, what is the topic, what is the subject. For example, is it science?

    何について話されているのか、何が話題なのか、何が主題なのか。例えば 科学なのか?

  • Is it history? Is it arts? You need to understand the general ideas because they're not going

    歴史なのか?芸術なのか?一般的な考え方を理解する必要があります。

  • to ask you very, very specific questions, right? And if they do, they're going to give

    具体的な質問をするんだろ?もし彼らが質問したら、

  • you some information. They're going to give you something to listen to again. Or they're

    あなたに情報をまた聞きたいことを教えてくれるのですあるいは、彼らは

  • going to give you a very specific word.

    具体的な言葉を言うと

  • So, details. Do you need to concentrate on every little detail? No. You'll be writing

    だから、細かいこと。細かいところまで集中して書く必要があるのか?いいえ、あなたが書くのは

  • all the time, not listening. Stick to the big ideas. But -- okay, sorry. Having said

    聞く耳を持たずに大きなアイデアにこだわる。でも...それはさておき

  • that, technical words -- if they give you some scientific word or some technological

    その、技術的な言葉...科学的な言葉や技術的な言葉が出てきたら

  • word, do you need to know it? No. They will give it to you in the question. You will see

    言葉の意味を知っている必要があるか?いいえ 質問の中で教えてくれますあなたは見るでしょう

  • it in the question, and you'll remember, "Oh, yeah. This is the technical word." There will

    質問の中でそれを覚えれば "ああ、そうなんだ。これは専門用語です"があるでしょう。

  • be technical words that even native speakers have no idea how to write or what they mean

    書き方が分からない専門用語

  • or what they are. You don't need to either. What you need to listen to is the explanation

    または何であるか。どちらも必要ありません。あなたが聞く必要があるのは、説明

  • of what the technical word refers to or means because the word itself, they will give you

    技術的な言葉が何を指しているのか、何を意味しているのか、その言葉自体が、彼らはあなたに与えてくれます。

  • in the questions.

    の質問に答えてください。

  • Headings, divisions, lists: These are the most important things you're listening for.

    見出し、分割、リスト。これらは、あなたが聞いている中で最も重要なものです。

  • For example, you're listening to a lecture in a university classroom, and the professor

    例えば、大学の教室で講義を聞いていて、教授が

  • says, "So today, we're going to look at three reasons why fracking is bad." "Fracking" -- you

    "今日は水圧破砕が悪い3つの理由を 見ていきましょう "と言っています"破砕 "って

  • don't need to know. From a general idea -- you will have an idea what "fracking" means. But

    知る必要はありません一般的な考えから -- 「破砕」が何を意味するのかを知ることができるでしょうしかし

  • "fracking" spelling? You don't need to know. Specifically, the details of how fracking

    "フラッキング "のスペル?知る必要はありません具体的には、どのようにして

  • works, you don't need to know. What you do need to listen to are the three reasons. So

    の効果を知る必要はありません。聞く必要があるのは3つの理由ですそのためには

  • he's dividing the lecture into three topics. Make sure that you create a heading for each reason.

    彼は講義を3つのトピックに分けています。理由ごとに見出しを作るようにしましょう

  • So the first reason is pollution. Write down "pollution". And then you can take notes under

    ということで、第一の理由は「公害」です。公害」と書きましょう。の下にメモを取って

  • it if you need to. The second reason is expense. Write down "expense" and whatever information

    必要であればそれを使用します。2つ目の理由は「経費」です。経費」と書いて、どんな情報でも

  • comes after that. The third reason -- whatever. You get the gist, I think. By the way, I hope

    そのあとに来る三つ目の理由は...大体のことはわかったと思う。ところで

  • you know this word, "gist". "Gist" is the general idea. That's what you're listening for.

    "Gist "という言葉をご存知でしょうか?"要点 "とは一般的な考えですそれを聞いていると

  • If they're about to present a list, try to write down the list because this is

    相手がリストを提示しようとしている場合は、これは

  • probably important, okay?

    大事なことなんだろう

  • So in the listening section, don't sit there with your eyes closed and try to remember

    だからリスニングセクションでは、目を閉じて座って覚えようとしないで

  • everything you hear. You cannot do it. There will be quite a few questions for each listening section.

    聞いたことはすべてすることはできません。リスニングセクションごとにかなりの数の問題が出題されます。

  • You need to make sure that you have the information on a piece of paper in front of you.

    目の前の紙に書いてある情報をしっかりと確認する必要があります。

  • When you go to the TOEFL center, they will give you paper. They will give you a

    TOEFLセンターに行くと、紙をくれます。を渡されます。

  • pencil. That's what it is for: to take notes. Use it.

    鉛筆を使っています。それはメモを取るためのものです使ってください。

  • Next. In the speaking section, much shorter listening sections, but very important. What

    次です。スピーキングセクションでは、はるかに短いリスニングセクションですが、非常に重要です。何を

  • are you listening for? You're listening for dates and times. For example, "Oh, yeah. Let's

    何を聞いているの?あなたは日付や時間を聞いています例えば、「あ、そうだ。にしましょう。

  • meet next Tuesday." The "next Tuesday", you have to be careful; it's not "this Tuesday",

    "次の火曜日に会う""次の火曜日 "は注意が必要です。"今週の火曜日 "ではありません。

  • for example. Times, a.m., p.m. -- you don't need specifically 5:14; you need to understand

    を理解する必要があります。時間帯、午前、午後 -- 具体的には5:14ではなく、理解する必要があります。

  • afternoon, morning, evening, etc.

    午後、朝夕

  • If people are making plans, make sure you understand what the plans are. Meet here,

    人が計画を立てている場合は、計画の内容をしっかりと把握しておきましょう。ここに集合。

  • do this with these people. That's the information you want to write down. If somebody agrees

    この人たちと一緒にこれをするそれはあなたが書きたい情報です誰かが同意してくれたら

  • or disagrees with something, write that down. If somebody makes an excuse -- "Do you want

    または何かに同意しない場合は、それを書き留めておきましょう。誰かが言い訳をする場合 - "あなたがしたいですか?

  • to come to my party next week?" "No, I can't. I have to take my mother shopping." Write

    来週のパーティーに来てくれる?""いいえ、私はできません。"母と買い物に行かないといけないから"書いて

  • that down, "mother, shopping". You don't have to write, "He has to take his mother shopping."

    "母親、買い物 "と書いて"彼は母親を買い物に連れて行かなければならない" と書く必要はありません

  • No. Don't do that. "Mother, shopping" -- done.

    ダメよ やめて"お母さん 買い物" -- 終わった

  • Okay. Which goes with this? Accept, reject. Somebody makes an invitation. Does the person

    いいわよどっちがいい?受け入れるか、拒否するか。誰かが招待したとします。その人は

  • accept or reject? He accepts and goes. If he rejects, make sure you know what the excuse

    受け入れるか拒否するか?彼は受け入れて行く。彼が拒否する場合は、その言い訳が何なのかを確認してください。

  • is. Okay? Because they'll ask you for that.

    (美咲)そうなんだいいですか?それを聞かれるから

  • Purpose. There's going to be a meeting. Okay. Meeting -- not important. What is the meeting

    目的があります。会議があるわかった。会議...重要ではない。会議とは何だ?

  • about? Write that down. That is important. Or the reason -- reason and excuses: similar,

    何のことですか?それを書き留めてそれは重要なことです。あるいは理由--理由と言い訳:似たようなもの。

  • but a bit different. Reason for doing something, excuse for not doing something. Okay? So this

    が、ちょっと違う。何かをする理由、何かをしないための言い訳。いいですか?だからこれは

  • is only the listening and speaking. Let's look at the writing and section, what you

    はリスニングとスピーキングのみです。ライティングとセクションを見てみましょう。

  • need to do there.

    そこに必要なのは

  • Okay. So now, let's look at the writing section. What are you doing in the writing section?

    では、ライティングセクションを見てみましょう。ライティングセクションでは何をしていますか?

  • Remember that you have a short reading passage. You're given a little bit of time. You could

    短い朗読文があることを覚えておいてください。少し時間が与えられていますあなたは

  • already start taking your notes as you're reading. But for some people, the reading

    読んでいるうちにすでにメモを取り始めています。しかし、一部の人にとっては、読書の

  • takes some time. Concentrate on the reading. Get the idea. What are the supporting, what

    時間がかかります。集中して読むこと。アイデアを掴む。何が裏付けになっているのか、何が

  • are the attacking, what is their argument. What examples are they using? Then, when you're

    が攻撃しているのは、彼らの主張は何ですか?彼らはどんな例を使っているのでしょうか?それから、あなたが

  • doing your listening, you're listening for -- first thing you're listening for: Are they

    リスニングをしている時には まず最初に何を聞くかを聞きます彼らは

  • supporting or attacking the reading? Okay? Because the question is going to ask you how

    朗読を支持するのか攻撃するのか?いいですか?質問はどのように

  • are they supporting or attacking the reading? So this is what you have to pay attention

    は読みを支持しているのか攻撃しているのか?だからこれはあなたが注意を払わなければならないことです

  • for. If they are supporting, what point are they making? If they are attacking, what are

    のために。彼らが支持しているならば、彼らはどのような点を主張しているのでしょうか?彼らが攻撃している場合は、何が

  • the points they're making? Again, big points, major points as compared to the reading.

    彼らが主張しているポイントは何ですか?繰り返しになりますが、リーディングと比較して大きなポイントです。

  • Also, if the listening uses any names, like a company name or a person's name as an example

    また、リスニングで会社名や人名などの名前が使われている場合は、その例として

  • of supporting or attacking, try to write down that name. This will get you a lot of points

    その名前を書いてみてください。これは多くのポイントを得ることができます。

  • with the graders if they can see that you wrote down the name and used it in your short essay.

    小論文の中で名前を書いて、それを使ったことがわかるならば、学年の人たちと一緒に考えましょう。

  • Examples. Any examples that they use to support or attack? Again, don't give me all the details,

    例を挙げよう彼らが支持や攻撃に使っている例は?繰り返しになりますが、すべての詳細を私に与えることはありません。

  • but give me the general idea of the example, especially if the example was also used in

    でも使用されている場合は特に、例の一般的なアイデアを教えてください。

  • the reading. Okay? And then, use all of these in your little essay to show the differences.

    読んだよいいですか?そして、これらを全部使って、違いを示すための小論文にしてください。

  • So now you know what you're listening for. Now, the hard part is actually doing the note

    これで何を聴けばいいのかわかりましたね。さて、難しいのは、実際に音符を

  • taking, the writing things down. You're going to be learning how to use codes. Now, before

    物事を書き留めることコードの使い方を学ぶことになりますさて、その前に

  • I go over some of these, it's very, very important that you understand that these are some examples

    私はこれらのいくつかに行きます、それは非常に非常に重要です、あなたが理解することが重要です、これらはいくつかの例であることを理解してください。

  • I'm giving you. You need to create your own codes that work for you. If I'm taking notes

    私はあなたに自分に合ったコードを自分で作って私がメモを取っているのであれば

  • on an essay -- on the listening section, for example -- I know what all these mean. These

    作文の上で -- 例えばリスニングのセクションで -- これらが何を意味しているのかがわかりますこれらの

  • are my codes. You might not know what this means, "w/". You may have to practice a little

    は私のコードです。これが何を意味しているのかわからないかもしれません。少し練習が必要かもしれません。

  • while until you remember it. But make your own codes, something that you will remember

    覚えるまでの間しかし、あなた自身のコードを作る あなたが覚えているだろう何かを

  • when it's time to use it for the listening section, the speaking section, the writing

    リスニングセクション、スピーキングセクション、ライティングに使用する場合

  • section.

    セクションを参照してください。

  • So here's a little sample of codes. Some of these, you know from your texting on your

    ここにコードのサンプルがあるこれらのうちのいくつかは、あなたは、あなたのテキストで知っています。

  • phone. You will never have to use LOL, OMG, BBF on the TOEFL, but good to know that they work.

    電話を使っています。あなたは、TOEFLでLOL、OMG、BBFを使用する必要はありませんが、彼らが動作することを知って良かったです。

  • I have a b; I have a 4 -- b4. I have an L; I have an 8 -- L8. Add an R -- L8R. Okay?

    I have a b; I have a 4 -- b4.I have an L; I have an 8 -- L8.Rを加えて L8Rいいかな?

  • Up -- go up, increase, raise, grow. Down -- go down, decrease, decelerate, slow down, whatever

    上に行く、上げる、上げる、成長する。Down -- 下がる、減る、減速する、遅くなる、何でもいい。

  • you need. Anything that shows going down, anything that shows going up.

    あなたに必要なもの下に行くことを示すものは何でも上に行くことを示すものは何でも

  • 4 -- why did he go to the store? For milk -- 4 milk. Etc.

    4 -- なぜ彼は店に行ったのか?ミルクのために -- 4のミルク。などなど。

  • 2 -- could be "to", "too", or "two". Although very rarely will you have to actually worry

    2 -- "to"、"too"、"too"、"two "のいずれかになります。実際に心配しなければならないことはほとんどありませんが

  • about numbers because that's details.

    数字については、それが詳細だからです。

  • Times -- five X as many. So there are five times as many people in that class as this

    5倍...5 X倍の数だそのクラスにはこのクラスの5倍の人数がいるんですね

  • class. So five X people. That's it. Class A, B, 5X -- that's it.

    クラス。ということで、5人×5人。それだけだ。Aクラス、Bクラス、5X......それだけ。

  • Minus, less. Plus, in addition. Up 2-- means maximum. Down 2 -- minimum. Approximately

    マイナス、マイナス。プラス、プラス、プラス上2は...最大を意味する。下2 -- 最小値を意味する。大体

  • -- this is my sign. It means not equal, but close to. So approximately. Greater than -- A

    -- これは私のサインだ等しくはないが、近いという意味だ。つまり、おおよそ。より大きい...

  • is more than B. Less than. Equal. With something. Without something.

    はBよりも多い。同等であること。何かを持つ。何かがなければ

  • H2O. What is "H2O"? You dink it every day. Water. Any little code that you can use to

    H2O(エイチ・ツー・オー)とはH2O」とは?毎日のように流していますね。水のこと。どんな小さなコードでも

  • help you write things quickly and remember things quickly, especially things like this

    物事を早く書いたり、早く覚えたりするのに役立ちます。

  • -- TOEFL for some reason loves science things. They love science lectures. They love science

    -- TOEFLはなぜか理系のものが好きです。彼らは科学の講義が大好きです彼らは科学が大好きです。

  • articles. Be very comfortable with those because you're going to see a lot of them.

    の記事を紹介します。たくさん見ることになるので、それらを快適に過ごしましょう。

  • Now, the next thing we're going to look at is abbreviations, which are just as important

    さて、次に見ていくのは略語ですが、これも同じくらい重要です。

  • as the codes. And again, something that you're going to have to practice and work on, but

    コードとして。繰り返しになりますが、何かを練習して取り組む必要がありますが

  • I'll give you a little bit of a sample to get you started.

    ちょっとだけサンプルをあげてみますね。

  • Okay. So now we get into the area where it's really more up to you to create your own master

    さて、ここからは自分のマスターを作るための領域に入ります。

  • list and practice it and study it so on test day, you can use it and not have any problems.

    リストを作成して練習し、試験日には問題なく使えるように勉強しておきましょう。

  • We're looking at abbreviations. An "abbreviation" means taking a word and squeezing it, making

    略語を見ています。略語」とは、言葉を取って、それを絞り、作ることを意味しています。

  • it shorter. So the abbreviation for abbreviation is "abbr." Okay? Abbreviation. The most important

    を短くしたものです。略語の略語は "abbr "ですねいいですか?略語だ最も重要なのは

  • thing to remember is that you must remember what "abbr." means. If I see "abbr." In any

    覚えておくべきことは "abbr. "の意味を覚えておくことです"abbr.どのような

  • document, I will automatically understand this means "abbreviation". Some of these are

    文書を見ていると自動的に「略」という意味だと理解してしまいます。これらのうちのいくつかは

  • very common. Everybody used them. Some of them, you will have to make your own, and

    非常に一般的なみんな使っていましたそのうちのいくつかは、自分で作らなければなりませんし

  • I'll show you how to do that as well.

    その方法も紹介しますね。

  • So for example, you have to be careful sometimes. You have to make yourself little changes,

    だから例えば、たまには気をつけないといけない。自分で少しずつ変えていかないといけません。

  • like with a dot. So "inc." if I have only "inc" without a dot, I understand "increase".

    のように、ドットがあるように。だから "inc. "はドットがなくても "inc "だけあれば "増加 "は理解できます。

  • Okay? If I see "inc." with a dot, I understand "incorporate". Okay? Same with "co" without

    いいですか?"inc "に点がついていれば "incorporate "と理解できますいいですか?点なしの "co "も同じ

  • a dot is "company"; "co." with a dot -- "corporation". Or "cor." -- depends how you want to do it.

    ドットが付いた "co. "は "company"、ドットが付いた "co. "は "corporation "です。または "cor.-- とか、"cor. "とか。

  • Now, sometimes, you have some of them that look very similar, only one letter difference,

    さて、時々、あなたは1文字の違いだけで、非常に似ているように見えるそれらのいくつかを持っています。

  • right? "App" for me means "application". "Appt" means "appointment". "Acct" means "account".

    っていうのは、「アプリ」のことですよね?"App "は "申請 "を意味します"Appt" は "アポイントメント""Acct" は "アカウント" を意味します

  • "Accm" means "accommodation". "Accp" means "accompany". "Act" -- "active" or "action".

    "Accm "は「宿泊」を意味する。"Accp "は「同行する」を意味する。"Act" -- "活動的な "または "行動 "を意味します。

  • You also have the shortened version of Mr., Mrs., Miss or Ms., and Dr. Okay?

    短縮版のMr.Mrs.Mrs.Ms.Ms.Ms.Dr.Ok.もありますよね?

  • Sometimes, you can use the slash. Everything, nothing. Something, somewhere, anywhere, etc.

    たまにはスラッシュを使ってみてはいかがでしょうか。何もかも、何もない。何か、どこかで、どこかで、など

  • Whatever. "Etc." means "and so on like that". "Ie." means "in other words", so you

    何でもいいんですけどね。 "Etc. "は「そのように」という意味です。"Ie. "は「言い換えれば」という意味なので、あなたは

  • can use another way of saying the same thing. "Eg." means "example". So if you hear, for

    は同じことを別の言い方で使うことができます。"Eg. "は "例 "という意味ですですから、もしあなたが聞いたら、例えば

  • example, in the listening, you do "eg.", and then write the example. "n.b.", nota bene,

    例)リスニングでは、"eg. "をして、例文を書く。"n.b."、nota bene.

  • means "note well", means very important point. Keep that in mind. If somebody in the lecture

    は「よく注意する」という意味で、非常に重要なポイントを意味します。その点をしっかりと覚えておきましょう。講義の中で誰かが

  • says "n.b." or "nota bene", make sure you write down what he or she says. President,

    は「n.b.」「nota bene」と言っていますが、その人が何を言っているのかをしっかりと書いておきましょう。社長さん。

  • chairman, etc.

    会長など

  • Make your own list. If you're not sure how to do it, the easiest way is take any word;

    自分のリストを作りましょう。どうすればいいのかわからない場合、一番簡単な方法は、どんな言葉でも取ることです。

  • take out all the vowels. So you have the word "responsible". How are you going to write

    すべての母音を取り除いてそうすると「責任ある」という言葉が出てきますね。どうやって書くんですか?

  • it as an abbreviation? I'll just write "rsp", responsible. But I would remember that "rsp"

    略語として?責任を持って "rsp "と書こうしかし、私は "rsp "を覚えているだろう

  • means "responsible". Or if you want to just put one -- sorry. "Resp" -- "resp" sounds

    責任がある」という意味です。あるいは、1つだけにしたい場合は--ごめんなさい。"Resp" -- "resp" は

  • like " responsible". Okay? So remember it that way.

    "責任 "のようなものだいいですか?そのように覚えておいて

  • Another thing you can use -- another way to remember these things and take notes is using

    あなたが使用できるもう一つのこと - これらのことを覚えてメモを取るための別の方法を使用しています。

  • acronyms. Acronyms are basically the initials of something. Each letter stands for something.

    頭字語です。頭字語は基本的に何かの頭文字をとったものです。それぞれの文字は何かを表しています。

  • B.A., Bachelor of Arts. B.Sc, I forgot to write down. "Bachelor of Science". B.Ed, Bachelor

    B.A. 学士号B.Sc、書き忘れました。"Bachelor of Science"B.Ed、学士

  • of Education, and so on. Master of Arts. PhD. -- doctorate or post-graduate.

    教育学の芸術学修士。PhD.-- 博士号または大学院。

  • IBM -- International Business Machine, big company name. CIA -- Central Intelligent Agency,

    IBM -- インターナショナル・ビジネス・マシン、大企業名。CIA -- 中央知能機関。

  • in the States. IRS -- Internal Revenue Services, part of the tax company of the government.

    が米国で開催されました。IRS -- Internal Revenue Services(内国歳入庁)、政府の税金会社の一部。

  • a.m. -- morning. p.m. -- afternoon or evening. But notice here, "p.m." with dots and "PM"

    a.m.は午前中、p.m.は午後か夕方です。しかし、ここで注目してください。"p.m. "はドットで、"PM "は

  • without the dots or the dot is after. "p.m." -- afternoon, evening. "PM." -- "prime minister".

    ドットがない場合やドットが後になっている場合は"午後"-- 午後、夕方"PM""首相" -- "首相

  • Okay? So all these little things have a huge impact. But once you master how to do this

    いいですか?これらの小さなことが大きな影響を与えるんだしかし、あなたがこれをする方法をマスターしたら

  • -- and believe me; it takes a lot of practice. Once you know how to do this, then you can

    -- そして私を信じてください、それは多くの練習が必要です。この方法を知ってしまえば、次にできるのは

  • go into the TOEFL test; your listening section becomes much easier, speaking section, writing

    TOEFLのテストに入って、リスニングセクションは非常に簡単になり、スピーキングセクションは、ライティング

  • section. Everything is much easier because you have the information in front of you when

    のセクションを参照してください。目の前に情報があるので、すべてが簡単になります。

  • it's time to answer the questions. Okay?

    質問に答える時間だいいですか?

  • Now, we're just going to do one more thing. I'm going to show you an example. We're going

    さて、もう一つだけ例をお見せしましょう私たちは

  • to take a complicated sentence, sort of. I'm going to reduce it to code, and you'll see

    を使って複雑な文章を取ってみましょうコード化してみると

  • more or less how it's done. It's not easy, but let's look at it.

    多かれ少なかれやり方があります簡単ではありませんが、見てみましょう。

  • Okay. So now we're going to look at an example. Now, first of all, keep in mind you're seeing

    では、例を見てみましょう。さて、まず最初に、あなたが見ているのは

  • this; you're not hearing it -- two very different things. But I just wanted to give you an idea

    これと聞いていないのとでは 全く違うことだしかし、私はただ、あなたにアイデアを与えたかっただけです

  • of what I want you to practice doing, and you can of course do that on your own. Lots

    練習してほしいことのうち、もちろん自分でやることもできます。たくさんの

  • of places to do it. I'll give you a couple examples. I'm going to redo the sentence,

    をする場所のいくつか例を挙げてみます文章をやり直してみる

  • and then I'm going to show you how this area means the same thing. Okay? You're not necessarily

    そしてこのエリアの意味をお見せしますいいですか?あなたは必ずしも

  • going to have to write this much detail. You're not going to have to write down a whole sentence,

    ここまで詳しく書く必要があるのか文章を全部書く必要はありません

  • but just to show you how it works.

    でも、その仕組みを知ってもらうために

  • "With the advent of the information age, as well as widespread access to this information

    "情報化時代の到来と、その情報へのアクセスの普及により

  • via technological advances in communication, came a new threat for civil protection agencies to tackle."

    "通信の技術的進歩によって 市民保護機関の新たな脅威に 取り組むことになった"

  • Now, if you're taking the TOEFL, you should know what everything means. It should be not

    さて、TOEFLを受験するのであれば、全ての意味を知っておく必要があります。それは、以下のようなことではありません。

  • -- "advent" means, like, think about "advance", something is progressing. "Tackle" means,

    -- "advent "は、"advance "を考えるように、何かが進んでいる、という意味です。"tackle "は、意味。

  • basically, "fight". "Threat", something that's dangerous to you or could be harmful to you.

    基本的には "戦う""脅威" 自分にとって危険なことや害になる可能性のあることを

  • But anything else, you really should know all these words if you're ready for the TOEFL.

    しかし、それ以外のことであれば、TOEFLの準備ができているならば、これらの単語は本当に知っておいた方がいいでしょう。

  • Okay?

    いいですか?

  • So what did I do here? The advent of information. The increase in -- or the going up, in this

    で、ここで何をしたかというと情報の出現。情報の増加、あるいは上昇、この中では

  • case "advances" -- information technology, communication. New threat for cops -- civil

    事件の "進歩" --情報技術、通信。警官にとっての新たな脅威 -- 民事

  • protection agencies, what are they? They're cops, police. Cops to fight.

    保護機関とは何だ?彼らは警官だ、警察だ戦うための警官だ

  • Everything here in a short little thing like this, this takes you ten seconds to write.

    このような短い小さなことでここにあるすべてのものは、これはあなたが書くのに10秒かかります。

  • Meanwhile, you can continue listening and go on to other things. Okay?

    その間、あなたは聞き続けて他のことに進むことができます。いいですか?

  • Now, again, I will say this a thousand times if I have to. You need to practice this. This

    さて、繰り返しになりますが、必要ならば何度でも言います。これを実践する必要がありますこれは

  • is not easy to do quickly. You need to do this and continue listening at the same time.

    はすぐにはできません。これをやって、同時にリスニングを続ける必要があります。

  • In the speaking and writing sections especially, you're listening for specific things that

    特にスピーキングとライティングのセクションでは、具体的なことを聞いていますね。

  • may play into the question that's coming. Right? You can practice all these. Now, if

    その質問に答えてくれるかもしれないだろう?これらを全部練習すればいいのです。さて、もし

  • you know www.ted.com, it's a good website. There are lots of lectures. CNN also. You

    www.ted.com、いいサイトだと思いますよ。講義がたくさんあります。CNNも。あなたの

  • can go get listening sections -- you can listen to news or you can listen to lectures, but

    ニュースを聞いたり、講義を聞いたりすることができます。