Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Sadness is part of the human experience,

    悲しみは 人なら誰もが経験することです

  • but for centuries there has been vast disagreement

    けれども それはつまるところ 何であるのか そして

  • over what exactly it is and what, if anything, to do about it.

    どう対処すべきかは何世紀にもわたり 激しい論争となってきました

  • In its simplest terms,

    簡単に言うと

  • sadness is often thought of

    悲しみは逆境に対する

  • as the natural reaction to a difficult situation.

    自然な反応だと一般に考えられています

  • You feel sad when a friend moves away or when a pet dies.

    友人が離れていったり ペットが 死んでしまったりすると悲しくなるでしょう

  • When a friend says, "I'm sad,"

    友人が「悲しい」といえば

  • you often respond by asking, "What happened?"

    あなたは「どうしたの?」と尋ねるでしょう

  • But your assumption that sadness has an external cause outside the self

    けれど 悲しみの原因は外にあるという あなたの推測は

  • is a relatively new idea.

    比較的新しい考え方なのです

  • Ancient Greek doctors didn't view sadness that way.

    古代ギリシャの医者達は まったく違う見方をしていました

  • They believed it was a dark fluid inside the body.

    彼らは体の中を流れる黒い液体が 悲しみの原因であると考えていました

  • According to their humoral system,

    彼らの四体液説によると

  • the human body and soul were controlled by four fluids, known as humors,

    人間の体と魂は いわゆる「四体液」として 知られる4つの体液でコントロールされ

  • and their balance directly influenced a person's health and temperament.

    それらのバランスは人間の健康と気質に 直接影響を与えるとされていました

  • Melancholia comes from melaina kole,

    メランコリア(鬱病)は「黒い胆液」を意味する

  • the word for black bile, the humor believed to cause sadness.

    「メライナ コレ」という言葉からきており 悲しみの原因となる体液と信じられていました

  • By changing your diet and through medical practices,

    食習慣を変え 医療行為を施せば

  • you could bring your humors into balance.

    体液のバランスがとれるとされていたのです

  • Even though we now know much more about the systems

    今日では人間の体を支配するシステムについて もっとよく

  • that govern the human body,

    わかっているにもかかわらず

  • these Greek ideas about sadness

    悲しみに関する ギリシャの考え方は

  • resonate with current views,

    現在の見方と通じるものがあります

  • not on the sadness we all occasionally feel,

    通常 私たちが感じる悲しみではなく

  • but on clinical depression.

    病的な鬱に関してです

  • Doctors believe that certain kinds of long-term,

    ある種の長期にわたる

  • unexplained emotional states are at least partially related to brain chemistry,

    原因不明の精神状態には脳内の化学成分- 脳に存在する様々な化学物質のバランスが

  • the balance of various chemicals present inside the brain.

    少なくとも部分的には関連していると 医師たちは信じています

  • Like the Greek system,

    ギリシャの理論のように

  • changing the balance of these chemicals can deeply alter

    これらの化学物質のバランスを変化させると

  • how we respond to even extremely difficult circumstances.

    非常に困難な状況に対する私たちの 反応ですら劇的に変えてしまえるのです

  • There's also a long tradition of attempting to discern

    また 悲しみに価値を見出そうと

  • the value of sadness,

    試みる長い伝統もあり

  • and in that discussion,

    その議論の中で

  • you'll find a strong argument that sadness is not only

    悲しみは人生にとって不可避なだけではなく

  • an inevitable part of life but an essential one.

    不可欠でもあるという 強い意見があることに気がつくでしょう

  • If you've never felt melancholy,

    憂鬱を感じたことがない人がいたら

  • you've missed out on part of what it means to be human.

    その人は人間であることの意味を 学びそこなっているのです

  • Many thinkers contend that melancholy is necessary in gaining wisdom.

    多くの思想家が知恵を得るためには 鬱が必要だと主張しています

  • Robert Burton, born in 1577,

    1577年生まれのロバート・バートンは

  • spent his life studying the causes and experience of sadness.

    悲しみの原因と体験についての研究に 生涯を費やしました

  • In his masterpiece "The Anatomy of Melancholy,"

    バートンの名著『憂鬱の解剖』の中で彼は

  • Burton wrote, "He that increaseth wisdom increaseth sorrow."

    「知を増すものは憂いを増す」と述べました

  • The Romantic poets of the early 19th century

    19世紀初頭のロマン派の詩人たちは

  • believed melancholy allows us to more deeply understand other profound emotions,

    憂鬱があるから私たちは美しさや喜びなどの 深い感情を より理解できるのだと

  • like beauty and joy.

    信じていました

  • To understand the sadness of the trees losing their leaves in the fall

    秋に木々が葉を落とす悲しみを知ることで

  • is to more fully understand the cycle of life that brings flowers in the spring.

    春には花が咲くという生命のサイクルに 対する理解が深まるのです

  • But wisdom and emotional intelligence seem pretty high on the hierarchy of needs.

    けれども知恵と心の知能は「要求の階層」の かなり高い位置にありそうです

  • Does sadness have value on a more basic, tangible,

    もっと基本的で具体的な 恐らく進化レベルですらある

  • maybe even evolutionary level?

    価値が悲しみにはあるのでしょうか

  • Scientists think that crying and feeling withdrawn

    科学者たちは 泣いてひきこもることは

  • is what originally helped our ancestors secure social bonds

    もともと私たちの祖先が社会的なつながりを保ち

  • and helped them get the support they needed.

    必要な援助を得るのに役に立ったと考えています

  • Sadness, as opposed to anger or violence, was an expression of suffering

    怒りや暴力とは対照的に 悲しみは苦しむ人と

  • that could immediately bring people closer to the suffering person,

    人々の距離を速やかに縮める 苦悩の表現であり

  • and this helped both the person and the larger community to thrive.

    それで個人とそのコミュニティが 前進するのを助けていたのです

  • Perhaps sadness helped generate the unity we needed to survive,

    おそらく悲しみは 人が生き残るのに 必要な結束を強めるのに

  • but many have wondered whether the suffering felt by others

    一役買いましたが 他人が感じる 苦しみは自分が経験した苦しみと

  • is anything like the suffering we experience ourselves.

    同質なのかどうか知りたいと 多くの人が思ってきました

  • The poet Emily Dickinson wrote,

    詩人エミリー・ディキンソンは

  • "I measure every Grief I meet With narrow, probing Eyes -

    「私は出会った嘆きすべてを秤にかける 目を細めて窺いながら-

  • I wonder if it weighs like MIne - Or has an Easier size."

    私の嘆きと同じくらいの重さだろうか それとももっと軽いのだろうか」と書きました

  • And in the 20th century,

    そして20世紀には

  • medical anthropologists, like Arthur Kleinman,

    アーサー・クラインマンのような医療人類学者が

  • gathered evidence from the way people talk about pain

    人々が苦痛について 話す時の様子から証拠を集め

  • to suggest that emotions aren't universal at all,

    感情は万人に共通なものではなく

  • and that culture, particularly the way we use language,

    文化-特に言葉の使い方が 私たちの感受性に影響を与える

  • can influence how we feel.

    可能性があることを示したのです

  • When we talk about heartbreak,

    私たちが傷心について話す時

  • the feeling of brokenness becomes part of our experience,

    傷ついたという感覚は私たちの体験の一部となり

  • where as in a culture that talks about a bruised heart,

    傷ついた心を話題にする文化では

  • there actually seems to be a different subjective experience.

    実際は異質な主観的体験になるようです

  • Some contemporary thinkers aren't interested

    現代の思想家たちの中には

  • in sadness' subjectivity versus universality,

    悲しみが主観的か普遍的かについては 興味を示さず

  • and would rather use technology to eliminate suffering in all its forms.

    むしろ 技術を駆使して あらゆる形の 苦悩を消去しようとする人もいます

  • David Pearce has suggested that genetic engineering

    デービッド・ピアースは遺伝子工学や

  • and other contemporary processes

    その他の現代的手法を使えば

  • cannot only alter the way humans experience emotional and physical pain,

    感情的 物理的な痛みに対する 人間の受け止め方を変えるだけではなく

  • but that world ecosystems ought to be redesigned

    野生動物たちが苦しまないように 世界の生態系を

  • so that animals don't suffer in the wild.

    作り変えることすらできると提唱しています

  • He calls his project "paradise engineering."

    彼は自分のプロジェクトを 「パラダイス工学」と呼んでいます

  • But is there something sad about a world without sadness?

    けれど悲しみのない世界に なにか悲しいことはないのでしょうか

  • Our cavemen ancestors and favorite poets

    洞窟に住んでいた私たちの祖先や お気に入りの詩人たちは

  • might not want any part of such a paradise.

    このような楽園など欲しくないかもしれません

  • In fact, the only things about sadness that seem universally agreed upon

    実際 悲しみについて 広く受け入れられている唯一のことは

  • are that it has been felt by most people throughout time,

    人間のほとんどは常に悲しみを感じてきたということと

  • and that for thousands of years,

    何千年もの間 この辛い感情と折り合う

  • one of the best ways we have to deal with this difficult emotion

    最良の方法の1つは それを口に出してみて

  • is to articulate it, to try to express what feels inexpressable.

    言葉にできない思いを表現するということです

  • In the words of Emily Dickinson,

    エミリー・ディキンソンの言葉を借りれば

  • "'Hope' is the thing with feathers - That perches in the soul -

    「希望は羽の生えた生き物 止まるところは魂の中

  • "And sings the tune without the words - And never stops - at all -"

    言葉のない調べを歌い 決してやめることがない」

Sadness is part of the human experience,

悲しみは 人なら誰もが経験することです

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 悲し 憂鬱 原因 バランス 詩人

TED-ED】メランコリーの簡単な歴史 - コートニー・スティーブンス (【TED-Ed】A brief history of melancholy - Courtney Stephens)

  • 7385 642
    稲葉白兎 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語