Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • People say things about religion all the time.

    翻訳: Yuto Yagi 校正: Yoshinari Fukuzawa

  • (Laughter)

    人々は絶えず宗教について語ります

  • The late, great Christopher Hitchens

    (笑)

  • wrote a book called "God Is Not Great"

    今は亡き 偉大なるC・ヒッチンスの著書

  • whose subtitle was, "Religion Poisons Everything."

    『神は偉大ではない』の副題は

  • (Laughter)

    「宗教がすべてを毒す」です

  • But last month, in Time magazine,

    (笑)

  • Rabbi David Wolpe, who I gather is referred to as America's rabbi,

    しかし 先月のタイム誌で 「アメリカのラビ」と呼ばれているという

  • said, to balance that against that negative characterization,

    デビッド・ウォルピ師が その否定的なイメージと

  • that no important form of social change

    バランスをとるために こう述べています

  • can be brought about except through organized religion.

    「組織化された宗教以外に

  • Now, remarks of this sort on the negative

    社会的に大きな変革は成し得ない」

  • and the positive side are very old.

    こういった善し悪しに関する説明は

  • I have one in my pocket here

    かなり昔からあります

  • from the first century BCE by Lucretius,

    ここに1つ持ってきました

  • the author of "On the Nature of Things," who said,

    紀元前1世紀 『物の本質について』の著者

  • "Tantum religio potuit suadere malorum" --

    ルクレティウスは こう言いました

  • I should have been able to learn that by heart

    "Tantum religio potuit suadere malorum ..." (ラテン語)

  • which is, that's how much religion

    暗記できていないのですが

  • is able to persuade people to do evil,

    要は 宗教が人々を促して

  • and he was talking about the fact

    どれほど邪悪なことをさせるかを説明し

  • of Agamemnon's decision to place his daughter

    その例として

  • Iphigenia on an altar of sacrifice

    アガメムノンが 自軍の進軍を続けられるように

  • in order to preserve the prospects of his army.

    娘のイーピゲネイアを

  • So there have been these long debates

    生贄の祭壇に捧げようと 決意したことをあげました

  • over the centuries, in that case, actually,

    つまり 宗教に対する議論は

  • we can say over the millennia, about religion.

    数世紀 あるいは

  • People have talked about it a lot,

    千年紀をまたいで続いています

  • and they've said good and bad

    人々は たびたび宗教について―

  • and indifferent things about it.

    「良い」「悪い」 あるいは

  • What I want to persuade you of today

    「どうでもよい」といった事を話します

  • is of a very simple claim,

    私が今日 主張したいことは

  • which is that these debates are

    とても単純な事で

  • in a certain sense preposterous,

    この様な議論は ある意味で

  • because there is no such thing as religion

    不合理なものです

  • about which to make these claims.

    なぜなら そもそも そんな主張の対象である

  • There isn't a thing called religion,

    宗教など存在しないのです

  • and so it can't be good or bad.

    宗教がなければ

  • It can't even be indifferent.

    良いも悪いもありません

  • And if you think about claims

    「無関心」になる事すらできません

  • about the nonexistence of things,

    「物事が存在しない」ということを

  • one obvious way to try and establish

    主張しようとする場合

  • the nonexistence of a purported thing

    存在するとされる物事が 存在しないことを

  • would be to offer a definition of that thing

    立証する明確な方法とは

  • and then to see whether anything satisfied it.

    そのものの定義を示し

  • I'm going to start out on that little route

    その定義を満たすものがあるか 調べることです

  • to begin with.

    まず この方法から

  • So if you look in the dictionaries

    始めようと思います

  • and if you think about it,

    辞書を引いたり

  • one very natural definition of religion

    自分で考えたりした場合

  • is that it involves belief in gods or in spiritual beings.

    宗教の自然な定義とは

  • As I say, this is in many dictionaries,

    神や神聖なものへの信仰に関するものです

  • but you'll also find it actually

    この定義は多くの辞書に載っていますが

  • in the work of Sir Edward Tylor,

    オックスフォード初の人類学教授で

  • who was the first professor of anthropology at Oxford,

    現代の人類学者の草分けである

  • one of the first modern anthropologists.

    エドワード・タイラー卿の

  • In his book on primitive culture,

    著書にも書いてあります

  • he says the heart of religion is what he called animism,

    原始文化に関する本の中で

  • that is, the belief in spiritual agency,

    彼は宗教の核心とは 「アニミズム」 すなわち

  • belief in spirits.

    霊的な力や

  • The first problem for that definition

    霊的存在に対する信仰だと言うのです

  • is from a recent novel by Paul Beatty called "Tuff."

    この定義の1つ目の問題は

  • There's a guy talking to a rabbi.

    ポール・ビーティの 最近の小説『タフ』に見られます

  • The rabbi says he doesn't believe in God.

    ある男がラビと話しています

  • The guy says, "You're a rabbi, how can you not believe in God?"

    そのラビは 神を信じないと言います

  • And the reply is, "It's what's so great about being Jewish.

    男は言います 「神を信じないラビなんているのか?」

  • You don't have to believe in a God per se,

    ラビが答えます 「そこが ユダヤ人のすごいところなんだ

  • just in being Jewish." (Laughter)

    神自体を信じる必要はなく

  • So if this guy is a rabbi, and a Jewish rabbi,

    ただユダヤ人であることを信じればいい」 (笑)

  • and if you have to believe in God in order to be religious,

    さて もしこの男がラビ しかもユダヤ人ラビであり

  • then we have the rather counterintuitive conclusion

    もし敬虔であるには 神を信じなければならないとしたら

  • that since it's possible to be a Jewish rabbi

    常識的には理解しにくい結論に達します

  • without believing in God,

    すなわち 神を信じなくても

  • Judaism isn't a religion.

    ユダヤ教のラビになれるのなら

  • That seems like a pretty counterintuitive thought.

    ユダヤ教は宗教でないということです

  • Here's another argument against this view.

    これは直感に反する考え方だと思います

  • A friend of mine, an Indian friend of mine,

    この見方に反対する議論が もう1つあります

  • went to his grandfather when he was very young,

    私のインド人の友達が

  • a child, and said to him,

    まだ幼い子どもの頃

  • "I want to talk to you about religion,"

    祖父に言いました

  • and his grandfather said, "You're too young.

    「宗教のことを話したいんだよ」

  • Come back when you're a teenager."

    すると祖父は「まだ幼すぎる

  • So he came back when he was a teenager,

    10代になったら またおいで」と言いました

  • and he said to his grandfather,

    そこで 10代になると

  • "It may be a bit late now

    祖父のところへ行って言いました

  • because I've discovered that I don't believe in the gods."

    「もう手遅れかもしれないよ

  • And his grandfather, who was a wise man, said,

    ぼくは神を信じていないって わかったんだ」

  • "Oh, so you belong to the atheist branch

    すると賢明な彼の祖父はこう言いました

  • of the Hindu tradition." (Laughter)

    「じゃあ お前はヒンドゥーの中でも

  • And finally, there's this guy,

    無神論派だな」(笑)

  • who famously doesn't believe in God.

    最後にもう一人

  • His name is the Dalai Lama.

    神を信じないことで有名な人がいます

  • He often jokes that he's one of the world's leading atheists.

    彼の名前はダライ・ラマです

  • But it's true, because the Dalai Lama's religion

    彼はよく冗談で 自分は世界で トップクラスの無神論者だと言いますが

  • does not involve belief in God.

    それは本当です 彼の宗教には

  • Now you might think this just shows

    神への信仰を含まないからです

  • that I've given you the wrong definition

    さて皆さんは こう考えるかもしれません

  • and that I should come up with some other definition

    私が単に誤った定義をしているだけなので

  • and test it against these cases

    別の定義を考えて

  • and try and find something that captures

    これらの例に当てはめて検証し

  • atheistic Judaism, atheistic Hinduism,

    無神論的なユダヤ教や ヒンドゥー教や 仏教を

  • and atheistic Buddhism as forms of religiosity,

    宗教の形態として

  • but I actually think that that's a bad idea,

    説明できるようにすべきではないかと

  • and the reason I think it's a bad idea

    ただ これはだめな考え方だと思います

  • is that I don't think that's how

    なぜ だめかというと

  • our concept of religion works.

    宗教の概念は そんな風に

  • I think the way our concept of religion works

    成り立っているとは思えないからです

  • is that we actually have, we have a list

    宗教の概念が成立するということは

  • of paradigm religions

    私たちが典型的な宗教と

  • and their sub-parts, right,

    その分派のリストを

  • and if something new comes along

    持っているということです

  • that purports to be a religion,

    そして 何か宗教のような

  • what we ask is, "Well, is it like one of these?"

    新しいものに遭遇したら

  • Right?

    リストの中で どれかに似ているかを考えます

  • And I think that's not only how we think about religion,

    そうでしょう?

  • and that's, as it were,

    でも私たちの宗教に対する考えは これだけではないと思います

  • so from our point of view,

    それはいわば

  • anything on that list had better be a religion,

    私たちの視点からすれば

  • which is why I don't think an account of religion

    そのリストにあるものは宗教であるべきなんです

  • that excludes Buddhism and Judaism

    だから 仏教やユダヤ教を除いて

  • has a chance of being a good starter,

    宗教を説明したとしても

  • because they're on our list.

    有効な手がかりになるとは思えません

  • But why do we have such a list?

    仏教もユダヤ教も リストに載っているのですから

  • What's going on? How did it come about

    でもなぜ こんなリストがあるのでしょう?

  • that we have this list?

    いったいどうなっているのでしょう?

  • I think the answer is a pretty simple one

    なぜ このリストを 持つことになったのでしょう?

  • and therefore crude and contentious.

    その答えはとても単純で

  • I'm sure a lot of people will disagree with it,

    だからこそ大雑把で異議を呼ぶと思います

  • but here's my story,

    賛成しない人も多いでしょうが

  • and true or not, it's a story that I think

    私の考えは こうです

  • gives you a good sense of how

    正しいかどうかは別として

  • the list might have come about,

    リストが現れるまでの

  • and therefore helps you to think about

    雰囲気がわかるので

  • what use the list might be.

    リストが どう役に立つのか

  • I think the answer is, European travelers,

    考える手がかりになるでしょう

  • starting roughly about the time of Columbus,

    その答えは ヨーロッパの探検家たちが

  • started going around the world.

    コロンブスの時代あたりから

  • They came from a Christian culture,

    世界中を航海し始めたことにあります

  • and when they arrived in a new place,

    彼らはキリスト教文化出身なので

  • they noticed that some people didn't have Christianity,

    新たな土地に着いた時

  • and so they asked themselves the following question:

    キリスト教の信仰を持たない人々が いることに気づいて

  • what have they got instead of Christianity?

    こんな疑問を持ちました

  • And that list was essentially constructed.

    彼らはキリスト教の代わりに 何を持っているのだろう?

  • It consists of the things that other people had

    それで あのリストを作り出したのです

  • instead of Christianity.

    リストには非西欧人がキリスト教の代わりに

  • Now there's a difficulty with proceeding in that way,

    持っていたものが載っているのです

  • which is that Christianity is extremely,

    ただ この方法に従い続けるのは 問題があります

  • even on that list, it's an extremely specific tradition.

    リストの中でも キリスト教は

  • It has all kinds of things in it

    極端に独特な伝統だからです

  • that are very, very particular

    キリスト教の特殊性は

  • that are the results of the specifics

    ありとあらゆる面に渡っていて

  • of Christian history,

    それは キリスト教の歴史に

  • and one thing that's at the heart of it,

    特有なものの結果です

  • one thing that's at the heart of most understandings of Christianity,

    そして その中心にあるもの

  • which is the result of the specific history of Christianity,

    キリスト教を理解する時 中心にあって

  • is that it's an extremely creedal religion.

    キリスト教 特有の歴史の 結果であるものとは

  • It's a religion in which people are really concerned

    この宗教が極めて 信条主義的だということです

  • about whether you believe the right things.

    つまり 人が正しいことを信じているかを

  • The history of Christianity, the internal history of Christianity,

    とても気にする宗教なのです

  • is largely the history of people killing each other

    キリスト教内部の歴史とは

  • because they believed the wrong thing,

    主に殺し合いの歴史ですが その理由は

  • and it's also involved in

    彼らが間違ったことを信じたからです

  • struggles with other religions,

    それは他宗教との争いにも

  • obviously starting in the Middle Ages,

    関係します

  • a struggle with Islam,

    争いが始まったのは 言うまでもなく中世からですが

  • in which, again, it was the infidelity,

    イスラムとの争いでも

  • the fact that they didn't believe the right things,

    不信心 つまりイスラム教徒が

  • that seemed so offensive to the Christian world.

    正しいことを信じていないという点が

  • Now that's a very specific and particular history

    キリスト教世界にとって 不快だったようです

  • that Christianity has,

    これはキリスト教の

  • and not everywhere is everything

    独特で特殊な歴史です

  • that has ever been put on this sort of list like it.

    それに これまで このようなリストに載ったものが全部

  • Here's another problem, I think.

    どこにでも あるわけではありません

  • A very specific thing happened.

    さらに 別の問題があると思います

  • It was actually adverted to earlier,

    非常に特殊なことが起こったのです

  • but a very specific thing happened

    以前には回避されていましたが

  • in the history of the kind of Christianity

    主に現在 アメリカの

  • that we see around us

    私たちの身近にある

  • mostly in the United States today,

    キリスト教の歴史の中で

  • and it happened in the late 19th century,

    とても特別なことが起こったのです

  • and that specific thing that happened

    19世紀後半のことです

  • in the late 19th century

    そして この時に起こった

  • was a kind of deal that was cut

    特別なこととは

  • between science,

    知的権威を組織する 科学という新たな方法と

  • this new way of organizing intellectual authority,

    宗教との間の

  • and religion.

    ある種の取決めのようなものでした

  • If you think about the 18th century, say,

    ある種の取決めのようなものでした

  • if you think about intellectual life

    たとえば18世紀について考えてみましょう

  • before the late 19th century,

    19世紀後半より前の

  • anything you did, anything you thought about,

    知的生活について考えてみると

  • whether it was the physical world,

    人の振る舞いも考えることも

  • the human world,

    それが物理的な世界だろうと

  • the natural world apart from the human world,

    人間世界だろうと

  • or morality, anything you did

    人間を除いた自然界のことだろうと

  • would have been framed against the background

    道徳のことだろうと あらゆることが

  • of a set of assumptions that were religious,

    宗教的 あるいは

  • Christian assumptions.

    キリスト教的な一連の前提に

  • You couldn't give an account

    沿ったものであったでしょう

  • of the natural world

    たとえば自然界について

  • that didn't say something about its relationship,

    説明しようとするなら

  • for example, to the creation story

    キリスト教 ユダヤ教 イスラム教の 伝統における創世神話 ―

  • in the Abrahamic tradition,

    すなわち モーセ五書の創世記の

  • the creation story in the first book of the Torah.

    内容との関係を

  • So everything was framed in that way.

    説明する必要がありました

  • But this changes in the late 19th century,

    すべては このように 形作られていました

  • and for the first time, it's possible for people

    ところが19世紀後半の この変化により

  • to develop serious intellectual careers

    人は初めて ダーウィンのように

  • as natural historians like Darwin.

    博物学者という知的職業の道に

  • Darwin worried about the relationship between

    本格的に進めるようになったのです

  • what he said and the truths of religion,

    ダーウィンは自分の主張と

  • but he could proceed, he could write books

    宗教における真理との関係を 気にかけてはいましたが

  • about his subject

    宗教が主張することとの

  • without having to say what the relationship was

    関係について述べることなく

  • to the religious claims,

    自分のテーマについて 研究を続け 本を書くことが

  • and similarly, geologists increasingly could talk about it.

    可能になったのです

  • In the early 19th century, if you were a geologist

    また地質学者も次第に 議論ができるようになりました

  • and made a claim about the age of the Earth,

    19世紀前半の地質学者が

  • you had to explain whether that was consistent

    地球の歴史について説を唱える場合

  • or how it was or wasn't consistent

    創世記の記述に示された歴史と

  • with the age of the Earth implied

    一致しているか あるいは

  • by the account in Genesis.

    一致する点と矛盾する点を

  • By the end of the 19th century,

    説明する必要がありました

  • you can just write a geology textbook

    19世紀末には

  • in which you make arguments about how old the Earth is.

    単に地球の歴史を論じる

  • So there's a big change, and that division,

    地質学の本を書くことができました

  • that intellectual division of labor occurs as I say, I think,

    つまり大きな変化が起こり

  • and it sort of solidifies so that by the end

    私が述べるような 知的な分業が生じたのでしょう

  • of the 19th century in Europe,

    それが ある意味で確立していって

  • there's a real intellectual division of labor,

    ヨーロッパでは19世紀末には

  • and you can do all sorts of serious things,

    本格的な知的分業が存在し

  • including, increasingly, even philosophy,

    さまざまな研究が本格的に

  • without being constrained by the thought,

    哲学さえ巻き込みながら 可能になっていきました

  • "Well, what I have to say has to be consistent

    そして このような研究は

  • with the deep truths that are given to me

    「宗教的伝統が示す深遠な真理と

  • by our religious tradition."

    一致する主張をすべき」という

  • So imagine someone who's coming out

    考えに縛られなくなったのです

  • of that world, that late-19th-century world,

    想像してみてください

  • coming into the country that I grew up in, Ghana,

    19世紀後半の世界の住人が

  • the society that I grew up in, Asante,

    20世紀末 私の故郷ガーナの

  • coming into that world

    アサンテの社会に

  • at the turn of the 20th century

    姿を現したとしましょう

  • with this question that made the list:

    その人は 例のリストを生んだ

  • what have they got instead of Christianity?

    疑問を持っています

  • Well, here's one thing he would have noticed,

    「そこにはキリスト教の代わりに 何があるのか?」という疑問です

  • and by the way, there was a person who actually did this.

    その人は あることに気づくでしょう

  • His name was Captain Rattray,

    実際に 気づいた人がいました

  • he was sent as the British government anthropologist,

    名前はキャプテン・ラトレイ

  • and he wrote a book about Asante religion.

    イギリス政府が派遣した人類学者で

  • This is a soul disc.

    アサンテの宗教について書きました

  • There are many of them in the British Museum.

    これはソウルディスクです

  • I could give you an interesting, different history

    大英博物館には これがたくさんあります

  • of how it comes about that many of the things

    私の社会にあったものが

  • from my society ended up in the British Museum,

    大英博物館に大量にある理由について

  • but we don't have time for that.

    面白い歴史の話も 本当はできたのですが

  • So this object is a soul disc.

    その時間はありませんね