Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, everyone. I'm Jade. What we're talking about today is some pronunciation tips for

    皆さん、こんにちは。私はジェイドです。今日は何の話をしましょうか?

  • British English. Some of them are tips; some of them are observations that you might be

    イギリス英語。あるものはヒントであり、またあるものは、あなたが

  • interested to know. We've got eight of them, so let's get started.

    知りたいと思っています。8人もいるんだから始めようぜ

  • Pronunciation of-ed word endings. This is not specifically a British English issue.

    発音はedの語尾。これは特にイギリス英語の問題ではありません。

  • Um, if you, if your preference -- I don't know why I can't speak suddenly in an English pronunciation

    えーと、もしあなたの好みであれば--英語の発音で急に話せない理由がわからないのですが

  • video, but that's how it is. If your preference is American English, this also applies to

    のビデオを見てみましたが、そんな感じです。好みがアメリカ英語の場合は、これも

  • American English. So what I hear a lot at, sort of, around intermediate levels -- sometimes

    アメリカ英語です。私がよく耳にするのは、ある意味では、中級レベルくらいのレベルで、時々

  • upper intermediate level if you haven't had someone to correct you -- -ed word endings

    中級以上のレベルで、誰かに添削してもらったことがなければ -- -ed語尾

  • sound like this. I can't even do it because it's so unnatural for me. "Excite-ed shout-ed,

    みたいな音がします。私には不自然すぎてできません。"Excite-ed shout-ed

  • remind-ed." It's so unnatural for me. But in fact, it's not like that. It doesn't sound

    "思い出させる"私にとってはとても不自然なことです。でも実際はそんなことはないんです。響きもなく

  • like an -ed. It might sound like an /id/; it might sound like a /t/; or it might sound

    のように聞こえるかもしれません。id/のように聞こえるかもしれませんし、/t/のように聞こえるかもしれません。

  • like a /d/. So I've got some examples here. This word, even though it's spelled -ed, makes

    のような/d/のようなということで、ここで例を挙げてみました。この単語は、スペルが-edであっても

  • an /id/ sound. It becomes "excited". "I'm really excited." "Shouted." "He shouted at

    という/id/音が出ます。"わくわくする "になります。"本当に興奮している""叫んだ""彼が叫んだのは

  • me." "Reminded." "I reminded you to do your homework, didn't I?" And -- yeah.

    "思い出す""思い出させた""宿題をするように言っただろ?"それで...

  • So now, we can talk about the ones that finish with a t sound. "Finished. Dripped. Laughed."

    では、T音で終わるものの話をしましょう。"Finished滴り落ちた笑った。

  • They don't have the-ed sound. So that's an important thing to know about pronunciation.

    彼らにはthe-edの音はありません。だから、発音について知っておくべき重要なことなんです。

  • Even if it's spelled-ed, it doesn't mean it sounds like that. And what about the ones

    綴じられていても、そのように聞こえるわけではありません。また、そのようなものはどうでしょうか?

  • that end with a d sound, a "duh" sound. "Remembered." "I remembered what you said to me." "Called."

    dの音で終わる "ダッ "という音です"思い出した""私に言ったことを思い出した""電話した"

  • "I called you. Didn't you hear your phone?" "Imagined." "I imagined a better future for

    "電話したのに電話の音が聞こえなかったのか?""想像した""私はより良い未来を想像した

  • everyone." So with those, it's a D sound. How do you know which one? Go with what

    "みんな"それだとDの音だなどうやって見分けるの?何がいいかって?

  • feels most natural when you're saying the word. The main thing is don't force the -ed

    が最も自然に感じられるのは、その言葉を言っている時です。大事なことは、-edを強制しないことです。

  • sound at the end of the word because it's that that gives you an unnatural rhythm when

    が不自然なリズムになってしまうからです。

  • you're speaking English.

    あなたは英語を話している

  • So moving on to -- this one's an observation, really. British English pronunciation. We

    これは観察してみたんだけどイギリス英語の発音私たちは

  • have so many different accents in England. But one of the biggest divisions in our accents is

    イギリスには様々なアクセントがありますしかし、私たちのアクセントの中で最も大きな区分の一つは

  • um it's between the north of the country and the south, and it's our pronunciation of um these

    北部と南部の間にあるんです 私たちの発音ではこの辺がそうです

  • words: "bath" and "laugh", as I say them. I say them in the southern pronunciation.

    という言葉。"お風呂」と「笑う」、私が言うところの「お風呂」と「笑う」。南部の発音で言います

  • But if I were from the north -- if I were from the north of the country, I'd say "bath"

    でももし私が北の国の人だったら...もし私が北の国の人だったら、"お風呂 "と言うでしょうね。

  • and "laugh" because they have a different accent up there. Well, they've got loads of

    "笑 "と言うのは 上の方のアクセントが違うからですまあ、彼らには

  • different accents, but they don't speak in the same way as me. So um let's break it down

    訛りは違いますが 私と同じようには話しませんだから.........それを分解してみましょう

  • into the actual sounds. So if you're from the North, you say, "a". But we, in the South,

    を実際の音に変換します北部の人は "ア "と言います南部の私たちは

  • say "au". So you say "bath", we say "bath". And you say "laugh"; we say "laugh". And you

    "au "と言います。あなたは "お風呂 "と言いますが、私たちは "お風呂 "と言います。あなたは "笑う "と言うので 私たちは "笑う "と言いますあなたは

  • can also hear it in these two words. It doesn't have to be the first or only a vowel in the

    は、この2つの単語でも聞くことができます。の最初の母音でなくても、母音だけでなくても構いません。

  • word. In the southern pronunciation, this is "command". But in the northern pronunciation,

    という言葉があります。南部の発音では「命令」です。しかし、北の発音では

  • it's "command". And the southern pronunciation of this word is "cast". The northern pronunciation

    それは「命令する」です。そして南の発音は「キャスト」です北部の発音は

  • is "cast". The cast of Brookside came to London." "Brookside" was an old soap that's not on

    は "キャスト "です。ブルックサイドのキャストがロンドンにやってきた""ブルックサイド "は古い石鹸で

  • TV anymore, and it was people from Liverpool. And I was just doing the accent. Probably

    もうテレビではなく、リバプールの人々でした。私はアクセントをつけていましたおそらく

  • that's really irrelevant to you. You will never see that show, but anyway. You know, now.

    それはあなたには関係のない話ですあなたはその番組を見ることはないでしょうが とにかく今のうちに

  • Next tip. I don't hear this that often, but when I do, it sounds really, really, really

    次のヒント。これはあまり聞かないのですが、聞くと、本当に、本当に、本当に、聞こえます。

  • wrong. And I think this tip generally -- generally a good example of how -- just because we write

    間違っています。そして、私は一般的にこのヒントを考える - 一般的にどのように良い例 - 私たちが書くからというだけで

  • something one way doesn't mean we say it that way. So in English -- American English, too

    ある方法で何かを言ったからといって そのような言い方になるわけではありません英語でもアメリカ英語でも

  • -- W sounding words is the same as the "wh" sound in words for spelling. It actually sounds

    -- W音の単語は、スペルのための単語の "wh "音と同じです。実際には

  • the same. So we've got two words here, "wine" and "whine". One is spelled with WH, and one

    同じようにここでは「ワイン」と「whine」という2つの言葉があります片方はWHと綴り、もう片方は

  • is just spelled with I, but they sound the same. Um "whine" is a kind of moan or a kind of cry. Sometimes, young

    はIと綴っているだけですが、同じように聞こえます。 うーん "whine "はうめき声や泣き声のようなものです時々、若い

  • children whine. Sometimes, women who are upset about something are said to be "whiny". So

    子供が泣き言を言う何かに動揺している女性を「泣き言」と言うことがあります。ということで

  • we don't really say that men whine. That's probably a bit sexist. But, anyway, yeah. The point

    男が泣き言を言うのは本当は言いません。それは少し性差別的かもしれませんでも、とにかく、ええ。要点は

  • is they sound the same but are spelled different, differently. So I've sometimes heard people try to make

    は同じように聞こえますが 綴りが違うのですを作ろうとする人の話を時々聞いたことがあります。

  • the "wh" sound like "hwhine" or something like that or in these words, "which" and "witch"

    whwhineか何かのように聞こえるか、この言葉ではwhowhとwitchのように聞こえる

  • are the same. Some people might say "hwhich". And that used to be a feature of British English.

    は同じです。hwhich」と言う人もいるかもしれません。それが昔はイギリス英語の特徴でもありましたが

  • If you listen to some speakers of British English from a long time ago, like around

    ぐらいの昔のイギリス英語のスピーカーの話を聞いていると

  • the 1920s -- T. S. Eliot, although he wasn't British, he did acquire a really strange British

    1920年代 -- T.S.エリオット、彼はイギリス人ではなかったが、彼は本当に奇妙なイギリス人を獲得した。

  • accent. And when he spoke English, he would make the "hwhich" sound. And that was a standard

    アクセントをつけていましたそして英語を話す時には "hwhich "という音を出していましたそれが標準的な

  • feature of the accent then. But if you say it now, it just sounds a bit weird. So don't

    その時のアクセントの特徴ですでも今言うと ちょっと変な感じに聞こえてしまいますだから

  • be making the "hwh" sound.

    "hwh "という音を出している

  • And here, two commonly spoken words with that "hwh" sound that you shouldn't say -- so you

    そしてここでは、2つの一般的に話されている単語は、あなたが言うべきではないことをその "whwh "の音を持つ - ので、あなた。

  • should say "what" without "hwhat, hwhat, hwhat do you want?" That would be awful. And "hwhere"

    は "hwhat, hwhat, hwhat, hwhat do you want? " を使わずに "what" と言うべきです。それはひどいそして "hwhere"

  • -- don't say that. Just say it without the H sound.

    -- それは言わないでHの音を使わずに言えばいい

  • Let's take a look at the pronunciation of -ing word endings. So in just relaxed, informal

    では、-ingの語尾の発音を見てみましょう。ということで、ちょうどリラックスしたインフォーマルな状態で

  • speech, I feel that a lot of dialects don't pronounce the G. So it would be like this.

    スピーチでは、方言の多くがGを発音しないような気がするので、こんな感じになります。

  • "I was listening to some music." You don't hear the G there. But if we're making an effort

    "音楽を聴いていた""G "は聞こえないしかし、私たちが努力しているのであれば

  • to speak properly and with very good enunciation, you would hear the G slightly. It would sound

    を正しく、非常に良い発音で話すためには、わずかにGが聞こえてしまいます。と聞こえるでしょう。

  • like this, "I was listening to a wonderful lecture yesterday." And you hear my G. It's

    このように "昨日は素晴らしい講義を聞いていました"私のGを聞いたでしょう

  • very soft, but it's there.

    非常に柔らかいですが、そこにあります。

  • Something to say about British English pronunciation is -- again, this is a north-south difference

    イギリス英語の発音について何かと言うと、--またしても、これは南北の違いです。

  • -- is that they, up there, some of the accents ring the G, so it's, like, "listening, speaking.

    -- 上の方ではアクセントのいくつかがGを鳴らすので「聞く、話す」という感じです。

  • I was speaking to him." And if that's a feature of your accent, that's a feature of your accent.

    "私は彼に話しかけていた"それが訛りの特徴だとすると

  • But in standard English, you don't ring it. You don't make an extra "guh" or "juh" sound

    しかし、標準英語では、それを鳴らさない。余分な "guh "や "juh "を鳴らさない

  • at the end. So the standard way is to make the G sound, "reading." But I'm just letting you

    最後にだから標準的な方法は "読む "というGの音を出すことですしかし、私はあなたに

  • know that in relaxed and informal speech, many times, we don't hear the G.

    リラックスしたインフォーマルなスピーチでは、Gが聞こえないことが多いことを知っています。

  • So when we come back we'll look at the other four rules

    戻ってきたら他の4つのルールを見てみましょう

  • or tips -- tips, really. Tips and observations about pronunciation.

    とか、TIPSとか、本当にTIPSです。発音についてのヒントや観察。

  • No. 5, when we're saying a word with two or more syllables, very often, the second

    5位 2音節以上の言葉を言っているとき、非常に多いのが2音節目

  • syllable is not stressed, and it's what we call a "schwa". So even though all these words

    音節が強調されていないのが「シュワ」と呼ばれるものですですから、これらの単語がすべて

  • have a different spelling for the second syllable, they become a "schwa". So what some people do

    が2音節目のスペルが違うと「シュワ」になってしまいます。だから、何人かの人がやっていることは

  • is they'll say the word. And a good example is this word. They will say "En-gland". But

    は彼らが言う言葉ですそして良い例がこの言葉です彼らは「エン・グランド」と言いますしかし

  • actually, it sounds like this "England". So the vowel changes to a "schwa", and then, it's

    実はこの「イギリス」のように聞こえます母音が「シュワ」に変化するわけですが、それが

  • -- another way to look at it is it becomes a softer sound. So let's say some of the words.

    -- 別の見方をすれば 柔らかい音になるということですではいくつかの言葉を言ってみましょう

  • "London", not "Lon-don". "London, England, together", not "togeth-er". "Together". "Button",

    "ロンドン "は "ロンドン "ではなく"ロンドン イギリス 一緒に" "togeth-er "ではなく"一緒に""ボタン"

  • not "butt-on". "Button". "Cousin".

    "バットオン "ではなく"ボタン""いとこ "ではなく

  • So that's the "schwa", and supposedly the most common sound in the English language, and

    それが「シュワ」であり、英語で最も一般的な音であるはずの

  • it's a pretty confusing sound as well because it's always spelled in different ways, and

    綴りが違うので、かなり紛らわしい音でもあります。

  • it doesn't actually sound exactly the same when it moves around into different words.

    は、実際には別の単語に移動しても全く同じようには聞こえません。

  • So not an easy one to get familiar with. So the main thing to take away from it is that

    だから馴染みやすいものではありません。だから、そこから取り上げる主なポイントは

  • don't put that very big stress on all your syllables in the word. It won't sound right.

    その単語のすべてのシラブルに大きなストレスをかけないでください。それは正しく聞こえないでしょう

  • No. 6, tip No. 6, uh British English is a non-rhotic accent. This is the sound /r/. In your language,

    ヒントNo.6 あーイギリス英語は非ロート訛りです。これは /r/ という音です。あなたの言語では

  • maybe you do that thing where you roll your tongue which I can't do. I just -- I so can't

    舌を巻くような事をするんじゃないかな私には出来ないけど私は...私にはできない

  • do it. So like how I can't do that sound, you might find it really hard to make that

    やってみてください。私がその音を出すことができないように あなたはそれを作るのが本当に難しいと思うかもしれません

  • sound without rolling your tongue. Okay. It's hard. Pronunciation is not easy. But you can

    舌を巻かずに音を出すそうか、難しいな発音は簡単ではありませんでも、あなたは

  • always work at something and train yourself. So when we make the R sound, the position

    常に何かに取り組んで自分を鍛えるなので、R音を出すときのポジションは

  • of the tongue is quite far back in the throat. R, R, R. And it doesn't have that rhotic sound.

    舌の音は喉のかなり奥の方にありますR、R、R、R、R、そしてそのロート音はありません。

  • And in some dialects, um for example, in Scottish, you do hear it. So I'm going to say this sentence

    いくつかの方言では例えば スコットランドでは聞こえますだからこの文章を言います

  • in a Scottish accent, "The murderer wore red." Sorry, Scottish people. But they put the R

    スコットランド訛りで "殺人者は赤い服を着ていた"スコットランドの人たち、ごめんね。しかし、彼らはRをつけた

  • sound in. I kind of did it then. Maybe I can do it after all. Uh but in my accent, I would

    音を入れてその時はなんとなくやったんだけどね。今なら出来るかもしれないあー、でも私のアクセントだと

  • say, "the murderer wore red." So we don't roll our tongues. And that's something -- if

    "犯人は赤い服を着ていた "と言う。だから私たちは舌を巻かない。それは何か...

  • you want to speak standard British English, you could work on that R if you do it. So

    あなたが標準的なイギリス英語を話したいのなら そのRをやってしまえば 取り組めるでしょうということで

  • if you're Arabic or if you're Spanish, um Italian as well, you could work on that sound.

    アラビア人やスペイン人、イタリア人であれば、その音を鍛えることができます。

  • No. 7, now. So this is a hard sound. I'm going to have to be honest with you. It's a hard

    今は7番。ということで、これは硬い音ですね。正直に言うとこれは、硬い

  • sound for me because I'm a, I'm a Londoner, and I'm from South London, and we're not very -- we

    私はロンドン人で、南ロンドンから来たんですが、私たちはあまり...

  • don't like this sound very much. We like to replace it with an F, fuh, sound. I'm not too bad

    この音はあまり好きではありませんF,fuh,音に置き換えるのが好きです。私はあまり悪くはありません

  • making this sound at the beginning of a word, "three", "thought", "think". But sometimes,

    さん」「思った」「思った」「思う」というような音を単語の最初に鳴らしています。でもたまには

  • it's quite hard for me, like in this word. I want to say "birfday" with an F, but it

    この言葉のように、私にはかなり難しいです。birfday」をFで言いたいのですが、それは

  • should be "birthday". It's really hard for me. Um but it's not just hard for me; it's hard

    は「誕生日」にすべきです。それは私にとって本当に難しいことです。えーと、でも、私にとっては辛いだけじゃなくて、辛いんです。

  • for people all over the world. Maybe we should just get rid of this sound. We don't need

    世界中の人のためにこの音を消してしまえばいいのかもしれません私たちは必要ありません

  • it anymore. Some people replace it with D. I've got an Italian student who replaces it

    もはやそれはそれでいい。Dに置き換えるイタリア人の学生がいます。

  • with D. So he would say "dirty dree". That's not an Italian restaurant, but -- restaurant?

    彼は "ダーティー・ドリー "と言うだろう。それはイタリアンレストランではないが--レストラン?

  • Italian restaurant? Why am I thinking about food? It's not an Italian accent. Um because

    イタリアンレストラン?なぜ食べ物のことを考えているのか?イタリア語の訛りではありません。それは...

  • he can't say "th", he replaces it with /d/. Um, um but other people might replace it with /v/

    彼は "th "とは言えないので /d/に置き換えます。うーん、うーん、でも他の人は/v/に置き換えるかもしれません。

  • as well. So um a tip for making the "th" sound is you put your tongue uh between your teeth. And

    舌を歯と歯の間に入れて"TH "の音を出すコツは...舌を歯の間に挟むことですそして

  • it's a kind of whistly sound /th/ um without the uh, um /f/. Your lip is more pursed at the top. So you

    それは口笛のような音のようなものです /th/ um は、あー、うん /f/ のない音です。あなたの唇はもっと上の方で 膨らんでいますそれで、あなたは

  • don't want to do that when you're making the "th". So um, just try it. I'll say the words for

    th」を作っている時はやりたくないですねだから.........うーん、やってみてのための言葉を言ってみます。

  • you. "Three", "thumbs" -- thumbs up if you can make that sound -- "birthday", "thought",

    君のことだよ"三つ」「親指」......その音を出せれば親指が上がる--「誕生日」「思い」。

  • "think", "bath". See it's hard for me. I'm trying. I'm trying with you. We're learning together today.

    "考える "とか "お風呂 "とか私には難しい私は努力している。あなたと一緒に今日は一緒に学んでいる

  • And um rule No. 8, "can't". Oh, that's meant to have that there. A lot of people get confused

    ルールその8 "できない"ああ、それはそこにあることを意味しています。多くの人が混乱する

  • because sometimes they think, "Did you say a negative there, or did you say the positive?"

    "そこでネガティブなことを言ったのか?" "ポジティブなことを言ったのか?" って思うことがあるから。

  • They get really confused because in British English, we don't always say the T. We don't always

    イギリス英語ではいつもTとは言わないので、彼らは本当に混乱してしまいます。

  • pronounce the T in this word "can't". So it might sound like this, "I can't understand

    この単語のTを発音します "can't "ですということは、このように聞こえるかもしれません。

  • you." But it might also sound like this, "I can understand you." And when I said it the

    "あなたを理解する""君のことが分かるよ "って 聞こえるかもしれませんがと言ったときに

  • second way, you didn't hear the T. And the reason that happens is speech just become

    2つ目の方法では、あなたはTを聞いていませんでした。

  • a little bit more fluid, a little bit more easy to say without the T. Um but you don't need

    もう少し流動的に、もう少し言いやすいようにTがなくてもいいですね。

  • to be confused because, actually, the opposite of "can't" is "can". And /caen/ is a different

    を混同するのは、実は「できない」の反対語が「できる」だからです。また、/caen/ は別の

  • vowel. It's /ae/, whereas this vowel is /a/. So they would sound completely different.

    母音です。それは/ae/であるのに対し この母音は/a/ですですから全く違う音に聞こえてしまうのです

  • It would be, "I can't understand you." Very different to "I can't understand you" or "I

    "あなたを理解できない "ってことよ"あなたを理解できない "とか "私は

  • can understand you." So when you're listening out for that negative sometimes, know that

    "あなたを理解することができる"だから、時々ネガティブなことに 気を配っている時には、

  • we might say it with or without a T.

    と言ってもいいかもしれない

  • So thank you everybody for watching today. You can do a little bit of extra practice

    というわけで、今日も見てくれた皆さんありがとうございました。少しだけ余計な練習をして

  • on the EngVid site for this lesson. And um if you do like my lesson, please do subscribe

    をクリックしてください。もし私のレッスンを気に入っていただけたら、ぜひ購読してください。

  • because I make lots of different lessons, not just about pronunciation but all other

    発音だけではなく、他のすべてのレッスンをたくさん作っているからです。

  • things about learning English as well that I think will be very educational and very useful

    英語学習についても、非常に勉強になると思いますし、非常に役に立つと思います。

  • for you in your general development as a learner of English or someone who's just trying to

    英語学習者としての一般的な成長のためにも、また、英語を学習しようとしている人のためにも。

  • improve your English. And um I'm finished now, so I'm going to go. I'm going to go now, okay?

    英語を上達させましょうそして.........私はもう終わったので、もう行きます。私は今から行くわ、いい?

  • I'll see you later.

    また後でね

Hi, everyone. I'm Jade. What we're talking about today is some pronunciation tips for

皆さん、こんにちは。私はジェイドです。今日は何の話をしましょうか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 発音 英語 イギリス 聞こえ アクセント 単語

イギリス英語の発音のコツ8選

  • 22117 2242
    徐列頞 に公開 2015 年 07 月 08 日
動画の中の単語