Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • [Intro]

    [イントロ]

  • The claim that alcohol kills brain cells dates back to the temperance movement of the early

    お酒を飲むと脳細胞が死ぬ、という主張の起源は、20世紀初めの禁酒運動の頃まで遡ります。

  • twentieth century when Prohibition advocates wanted to make alcohol illegal in the United States.

    これは、禁酒法の主唱者たちが、アメリカでお酒を違法にしようとした運動です。

  • These people, who warned that a couple of gin rickeys would eat away your brain were the same ones that also circulated claims that say, alcoholics could catch fire and burn alive because of all the alcohol in their blood.

    こういった人々は、ジン・リッキーを2杯飲むと脳がやられてしまう、と警告したのですが、彼らはまた、アルコール中毒者には火が付いて血中のアルコールのせいで、生きたまま焼かれるという説も広めました

  • Neither claim is true, I'm happy to report, although parents and teachers have repeated the first one enough over the last century that it's often passed off as fact.

    安心してください、これらは、どちらも正しくありません。親や先生は、ここ100年ほどの間、1つ目の説を何度も 繰り返し言い聞かせてきたので、これが事実として伝わっていることもあります。

  • Very roughly speaking, your brain has about 100 billion nerve cells called neurons, and the active ingredient in intoxicating beverages is ethyl alcohol.

    脳には、ごく大まかに言って、約1000億個のニューロンと呼ばれる神経細胞があります。

  • When you drink it, it's processed by your liver where it's metabolized into acetate and eventually eliminated.

    酒類の有効成分は、エチルアルコールです。これを飲むと、肝臓で処理され、アセテートへと代謝されて、最終的に除去されます。

  • But if you drink too much alcohol too quickly, your liver can't process it fast enough, so the excess alcohol stays in your blood and reaches the brain.

    しかし、過度のアルコールを一気に摂取してしまうと、肝臓の処理スピードが追いつかず、余剰アルコールが血中にとどまり、脳に達します。

  • Once there, alcohol disrupts your brain function by damaging the connective tissue at the end of those neurons, called dendrites.

    そうなると、アルコールが脳機能を妨害します。ニューロンの両端にある、樹状突起と呼ばれる結合組織にダメージを与えてしまうのです。

  • While the cell itself isn't killed, the damage to the dendrites interrupts communication between your neurons, making it harder to send messages that have to do with things like learning or motor coordination.

    細胞そのものが死んでしまうわけではないのですが、樹状突起にダメージが加わることで、ニューロン間のコミュニケーションが妨げられ、学習や運動神経に関連するメッセージのやりとりが難しくなります。

  • This is what causes the effects we often associate with being drunk, like stumbling, slurred speech and making what in hindsight often proved to be really bad decisions.

    こういった影響は、お酒に酔った状態とよく関連づけられます。例えば、つまずいたり、呂律が回らなくなったり、後で思い返せば すごく悪い決断をしてしまったり、ということです。

  • But we know the brain cells don't actually die thanks to a study done in 1993, in which scientists actually counted the neurons in brain samples from alcoholics and non-alcoholics.

    しかし、1993年の研究により、脳細胞は実際には死なないことが分かっています。この研究では、科学者は、アルコール中毒者とそうでない人の脳のサンプルを使い、ニューロンの数を実際に数えました。

  • They found no difference in the total number of neurons, and these findings have been confirmed by other recent studies.

    ニューロンの数に違いは見られず、これは近年の研究でも確認されています。

  • Luckily, the damage done to our dendrites during an evening of drinking is almost always reversible, and if you stop drinking for long enough, the brain will repair itself.

    幸運にも、飲酒中に樹状突起に与えられたダメージは、ほとんどの場合回復可能であり、お酒をしばらく飲まないようにすれば、脳は自己回復します。

  • But, of course, drinking alcohol in large quantities poses many, many other health risks, and while it may not kill brain cells, it can greatly impair brain function and permanently damage your poor liver.

    しかし、当然、大量にお酒を飲めば、健康上のリスクは他にも数多くあります。 脳細胞が死ぬことはなくても、脳機能に大きな障害が出たり、永久的に肝臓にダメージを与える可能性があります。

  • Thanks for asking, especially to our Subbable subscribers who keep these answers coming.

    ご質問、ありがとうございました。特にサバブルの会員の皆さんのおかげで、このような答えを届け続けられています。

  • If you have a Quick Question, let us know on Facebook or Twitter or in the comments below and don't forget to go to Youtube.com/SciShow and subscribe.

    ちょっとした質問がある人は、フェイスブックかツイッター、または下のコメント欄で教えてください。そして、Youtube.com/SciShowでチャンネル登録をお忘れなく。

[Intro]

[イントロ]

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アルコール ニューロン 細胞 肝臓 ダメージ 飲む

大人は要注意!お酒が脳に与える影響とは?

  • 882 48
    稲葉白兎 に公開 2020 年 11 月 23 日
動画の中の単語