Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 1861, two scientists got into a very brainy argument.

    1861年、2人の科学者が非常に頭脳明晰な議論をした。

  • Specifically, they had opposing ideas of how speech and memory

    具体的には、発話と記憶がどのようなものであるかについて、彼らは反対の考えを持っていました。

  • operated within the human brain.

    人間の脳内で操作されていました。

  • Earnest Aubertin, with his localistic model,

    局所的なモデルを持つアーネスト・オーベルタン。

  • argued that a particular region or the brain

    とある領域や脳のことを論じている

  • was devoted to each separate process.

    は、それぞれの別々のプロセスに割かれていました。

  • Pierre Gratiolet, on the other hand, argued for the distributed model,

    一方、ピエール・グラショレは分散型モデルを主張した。

  • where different regions work together

    互いの地域が一体となって活動している

  • to accomplish all of these various functions.

    これらの様々な機能のすべてを達成するために

  • The debate they began reverberated throughout the rest of the century,

    彼らが始めた議論は、残りの世紀を通して反響を呼んだ。

  • involving some of the greatest scientific minds of the time.

    この時代の最も偉大な科学的思考のいくつかを含む。

  • Aubertin and his localistic model had some big names on his side.

    オーベルタンと彼の局地的なモデルは、彼の側に何人かの大物がいました。

  • In the 17th century, René Descartes had assigned the quality

    17世紀にルネ・デカルトは、その質を

  • of free will and the human soul to the pineal gland.

    松果体への自由意志と人間の魂の

  • And in the late 18th century, a young student named Frans Joseph Gall

    そして、18世紀後半には、フランツ・ジョセフ・ガルという若い学生が

  • had observed that the best memorizers in his class had the most prominent eyes

    吾輩のクラスで一番の暗記者は、一番目が出ていると言っていました。

  • and decided that this was due to higher development

    と判断し、より高い開発力によるものと判断した。

  • in the adjacent part of the brain.

    脳の隣接する部分で

  • As a physician, Gall went on to establish the study of phrenology,

    ギャルは医師として、骨相学の研究を確立していきました。

  • which held that strong mental faculties corresponded to

    猛者本位

  • highly developed brain regions, observable as bumps in the skull.

    頭蓋骨のこぶのように観察される高度に発達した脳領域。

  • The widespread popularity of phrenology throughout the early 19th century

    19世紀初頭を通じて広まった骨相学の普及

  • tipped the scales towards Aubertin's localism.

    オーベルタンのローカリズムの方にスケールが傾いた。

  • But the problem was that Gall had never bothered to scientifically test

    しかし問題は、ガルが科学的に検証したことがなかったことだ。

  • whether the individual brain maps he had constructed

    彼が構築した個々の脳の地図が

  • applied to all people.

    すべての人に適用されます。

  • And in the 1840's, Pierre Flourens challenged phrenology

    そして1840年代には、ピエール・フローレンスが骨相学に挑戦しました。

  • by selectively destroying parts of animal brains

    脳みそを破壊して

  • and observing which functions were lost.

    と、どの機能が失われたかを観察しています。

  • Flourens found that damaging the cortex

    Flourensは、皮質にダメージを与えることを発見しました。

  • interfered with judgement or movement in general,

    判断や動作全般に支障をきたした。

  • but failed to identify any region associated with one specific function,

    が、1つの特定の機能に関連する領域を特定することができませんでした。

  • concluding that the cortex carried out brain functions as an entire unit.

    大脳皮質が脳の機能を全体のユニットとして実行したと結論づけている。

  • Flourens had scored a victory for Gratiolet, but it was not to last.

    フローレンスはグラティオレットに勝利をもたらしたが、それは続くものではなかった。

  • Gall's former student, Jean-Baptiste Bouillaud,

    ギャルの元教え子、ジャン=バティスト・ブイエロー。

  • challenged Flourens' conclusion,

    フローレンスの結論に異議を唱えた。

  • observing that patients with speech disorders

    言語障害者の観察

  • all had damage to the frontal lobe.

    全員が前頭葉に損傷を受けていました。

  • And after Paul Broca's 1861 autopsy of a patient who had lost the power

    そして、1861年にポール・ブロカが力を失った患者を解剖した後に

  • to produce speech, but not the power to understand it,

    言葉を作り出す力はあっても、それを理解する力はない。

  • revealed highly localized frontal lobe damage,

    前頭葉の損傷が高度に局在していることが明らかになった。

  • the distributed model seemed doomed.

    分散型モデルは絶望的に見えました。

  • Localism took off.

    ローカリズムが飛び立った。

  • In the 1870's, Karl Wernicke associated part of the left temporal lobe

    1870年代、カール・ヴェルニッケは左側頭葉の一部を

  • with speech comprehension.

    言語理解力を持っています。

  • Soon after, Eduard Hitzig and Gustav Fritsch

    その後すぐに、エドゥアルド・ヒッツィヒとグスタフ・フリッチが登場。

  • stimulated a dog's cortex and discovered a frontal lobe region

    犬の大脳皮質を刺激して前頭葉領域を発見

  • responsible for muscular movements.

    筋肉の動きを担当しています。

  • Building on their work, David Ferrier mapped each piece of cortex

    彼らの研究を基に、デビッド・フェリエは大脳皮質の各部分をマッピングしました。

  • associated with moving a part of the body.

    体の一部を動かすことに関連しています。

  • And in 1909, Korbinian Brodmann built his own cortex map with 52 separate areas.

    そして1909年、コルビニアン・ブロドマンは52の領域を持つ独自の大脳皮質マップを作成しました。

  • It appeared that the victory of Aubertin's localistic model was sealed.

    オーベルタンの局地的モデルの勝利は封印されたかに見えた。

  • But neurologist Karl Wernicke had come up with an interesting idea.

    しかし、神経学者のカール・ウェルニッケは面白いアイデアを思いついた。

  • He reasoned that since the regions for speech production and comprehension

    音声の生成と理解のための領域が存在することから、その領域は、音声の生成と理解のための領域であると推論しています。

  • were not adjacent,

    は隣接していませんでした。

  • then injuring the area connecting them might result

    その場合は、それらを接続する領域を傷つけることになります。

  • in a special type of language loss, now known as receptive aphasia.

    今では受容性失語症として知られている 特別なタイプの言語喪失では

  • Wernicke's connectionist model helped explain disorders

    ウェルニッケのコネクショニストモデルは障害の説明に役立った

  • that didn't result from the dysfunction of just one area.

    それは一つの領域の機能不全の結果ではありませんでした。

  • Modern neuroscience tools reveal a brain more complex than

    現代の神経科学のツールは、より複雑な脳を明らかにします。

  • Gratiolet, Aubertin, or even Wernicke imagined.

    グラショレ、オーベルタン、あるいはヴェルニッケも想像していた。

  • Today, the hippocampus is associated with two distinct brain functions:

    今日、海馬は2つの異なる脳機能と関連しています。

  • creating memories and processing location in space.

    空間の中で記憶を作り、場所を処理する。

  • We also now measure two kinds of connectivity:

    また、2種類の接続性を測定します。

  • anatomical connectivity between two adjoining

    隣接解剖学的結合

  • regions of cortex working together,

    大脳皮質の領域が一緒に働いている

  • and functional connectivity between separated regions

    と分離された領域間の機能的連結性

  • working together to accomplish one process.

    連携して一つのプロセスを達成することができます。

  • A seemingly basic function like vision

    視覚のような一見基本的な機能

  • is actually composed of many smaller functions,

    は、実際には多くの小さな関数で構成されています。

  • with different parts of the cortex representing

    大脳皮質のさまざまな部分を表現して

  • shape, color and location in space.

    空間の中の形、色、位置。

  • When certain areas stop functioning, we may recognize an object,

    特定の領域が機能しなくなると、物体を認識することがあります。

  • but not see it, or vice versa.

    見ない、またはその逆の場合もあります。

  • There are even different kinds of memory for facts and for routines.

    事実のための記憶とルーチンのための記憶とでは、さらに異なる種類があります。

  • And remembering something like your first bicycle

    初めての自転車のようなことを思い出して

  • involves a network of different regions each representing the concept

    は、それぞれが概念を表す異なる領域のネットワークを含みます。

  • of vehicles, the bicycle's shape, the sound of the bell,

    乗り物の形、自転車の形、ベルの音。

  • and the emotions associated with that memory.

    と、その記憶に関連する感情。

  • In the end, both Gratiolet and Aubertin turned out to be right.

    結局、グラショレもオーベルタンも正しいことが判明した。

  • And we still use both of their models to understand how cognition happens.

    そして、私たちは今でも両方のモデルを使って、認知がどのように起こるかを理解しています。

  • For example, we can now measure brain activity on such a fine time scale

    例えば、このような細かい時間スケールで脳の活動を測定することができるようになりました。

  • that we can see the individual localized processes that comprise

    を構成する個々の局所的なプロセスを見ることができます。

  • a single act of remembering.

    思い出すという一挙手一投足。

  • But it is the integration of these different processes and regions

    しかし、これらの異なるプロセスや地域を統合するのは

  • that creates the coherent memory we experience.

    私たちが経験するコヒーレントな記憶を作り出す

  • The supposedly competing theories prove to be two aspects

    競合するとされる理論は、2つの側面があることを証明しています。

  • of a more comprehensive model,

    より包括的なモデルの

  • which will in turn be revised and refined

    順次修正・改良されていく

  • as our scientific techologies and methods for understanding the brain improve.

    脳を理解するための科学技術や方法が向上するにつれて

In 1861, two scientists got into a very brainy argument.

1861年、2人の科学者が非常に頭脳明晰な議論をした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 領域 皮質 大脳 モデル 記憶

TED-ED】偉大なる脳内討論会 - テッド・アルトシューラー

  • 2061 116
    稲葉白兎 に公開 2014 年 12 月 29 日
動画の中の単語