Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • For as far back as we can trace our existence, humans have been fascinated with death and resurrection.

    私たちの存在をたどることができる限りを振り返ると、人間は死と復活に魅了されてきました。

  • Nearly every religion in the world has some interpretation of them, and from our earliest myths to the latest cinematic blockbusters, the dead keep coming back.

    世界のほぼすべての宗教にはそれらの解釈があり、私たちの初期の神話から最新の映画の大ヒット作まで、死者は戻ってき続けています。

  • But is resurrection really possible?

    しかし、復活は本当に可能なのでしょうか?

  • And what is the actual difference between a living creature and a dead body, anyway?

    そして、生き物と死体の違いは一体何なのでしょう?

  • To understand what death is, we need to understand what life is.

    死を理解するためには、生を理解する必要があります。

  • One ancient theory was an idea called vitalism, which claimed that living things were unique because they were filled with a special substance, or energy, that was the essence of life.

    古代の理論の1つは、生気論と呼ばれるアイディアでした。生物は生命の本質である特別な物質、つまりエネルギーで満たされているため、独特であると主張するものです。

  • Whether it was called qi, lifeblood, or humors, the belief in such an essence was common throughout the world.

    それが気、活力、または体液と呼ばれるかどうかにかかわらず、そのような本質への信念は世界中で一般的でした。

  • And still persists in the stories of creatures who can somehow drain life from others, or some form of magical sources that can replenish it.

    そして、何らかの方法で他の人から命を奪うことができる生き物、またはそれを補充することができる何らかの形の魔法などの話に、それはまだ残っています。

  • Vitalism began to fade in the Western world following the Scientific Revolution in the 17th century.

    17世紀の科学革命後、西洋では生気論が薄れ始めました。

  • René Descartes advanced the notion that the human body was essentially no different from any other machine, brought to life by a divinely created soul located in the brain's pineal gland.

    ルネ・デカルトは、人体は本質的に他の機械などと何ら変わりはなく、脳の松果体にある神聖に創造された魂によって生を得たという概念を発展させました。

  • And in 1907, Dr. Duncan McDougall even claimed that the soul had mass, weighing patients immediately before and after death in an attempt to prove it.

    そして1907年にダンカン・マクダガル博士は、それを証明するために、死の直前と直後に患者の体重を量り、魂に質量があるとさえ主張しました。

  • Though his experiments were discredited, much like the rest of vitalism, traces of his theory still come up in popular culture.

    彼の実験は他の生気論と同じように信頼性を失ったものの、彼の理論の痕跡は依然として大衆文化に現れています。

  • But where do all these discredited theories leave us?

    しかし、これらすべての信頼性のない理論はどこに私たちを残すのでしょう?

  • What we now know is that life is not contained in some magical substance or spark, but within the ongoing biological processes themselves.

    私たちが今知っていることは、生命は魔法の物質や火花に含まれているのではなく、進行中の生物学的プロセス自体に含まれているということです。

  • And to understand these processes, we need to zoom down to the level of our individual cells.

    そして、これらのプロセスを理解するには、個々の細胞のレベルまでズームする必要があります。

  • Inside each of these cells, chemical reactions are constantly occurring, powered by the glucose and oxygen that our bodies convert into the energy-carrying molecule known as ATP.

    これらの各細胞の内部では、私たちの体がATPとして知られるエネルギーを運ぶ分子に変換する、ブドウ糖と酸素を動力源として、化学反応が絶えず起こっています。

  • Cells use this energy for everything from repair to growth to reproduction.

    細胞はこのエネルギーを、修復から成長、生殖などまで、すべてに使用します。

  • Not only does it take a lot of energy to make the necessary molecules, but it takes even more to get them where they need to be.

    必要な分子を作ることだけに多くのエネルギーが必要なのではなく、必要な場所に分子を配置するのにも、さらに多くのエネルギーが必要です。

  • The universal phenomenon of entropy means that molecules will tend towards diffusing randomly, moving from areas of high concentration to low concentration, or even breaking apart into smaller molecules and atoms.

    エントロピーの普遍的な現象は、分子がランダムに拡散したり、高濃度の領域から低濃度の領域に移動したり、さらには小さな分子や原子に分解したりする傾向があることを意味します。

  • So cells must constantly keep entropy in check by using energy to maintain their molecules in the very complicated formations necessary for biological functions to occur.

    したがって、細胞はエネルギーを使用して、生物学的機能が発生するために必要な、非常に複雑な形成で分子を維持することにより、常にエントロピーを抑制しなければなりません。

  • The breaking down of these arrangements when the entire cell succumbs to entropy is what eventually results in death.

    細胞全体がエントロピーに屈したときに起こる、これらのシステムの崩壊は、最終的に死に至るものです。

  • This is the reason organisms can't be simply sparked back to life once they've already died.

    これが、生物がすでに死んだ後に、簡単に生き返らせることができない理由です。

  • We can pump air into someone's lungs, but it won't do much good if the many other processes involved in the respiratory cycle are no longer functioning.

    誰かの肺に空気を送り込むことはできますが、呼吸サイクルに関係する他の多くのプロセスが機能しなくなった場合、それはあまり効果がありません。

  • Similarly, the electric shock from a defibrillator doesn't jump-start an inanimate heart, but resynchronizes the muscle cells in an abnormally beating heart so they regain their normal rhythm.

    同様に、除細動器からの電気ショックは無生物の心臓をスタートさせることはありませんが、異常に鼓動している心臓の筋肉細胞を再同期させて、正常なリズムを取り戻します。

  • This can prevent a person from dying, but it won't raise a dead body, or a monster sewn together from dead bodies.

    これは人が死ぬのを防ぐことができますが、死体を起き上がらせたり、死体を縫い合わせたモンスターを作ったりすることはできません。

  • So it would seem that all our various medical miracles can delay or prevent death but not reverse it.

    したがって、私たちのさまざまな医学的奇跡は、死を遅らせたり予防したりすることはできますが、それを元に戻すことはできないようです。

  • But that's not as simple as it sounds because constant advancements in technology and medicine have resulted in diagnoses such as coma, describing potentially reversible conditions, under which people would have previously been considered dead.

    しかし、それは思っているほど簡単ではありません。 技術と医学の絶え間ない進歩により、以前は人々が死んだと見なされていた、昏睡など診断、つまり元どおりになる可能性がある状態を説明するものがもたらされたためです。

  • In the future, the point of no return may be pushed even further.

    将来的には、もう息を吹き返さないとされるポイントが、さらに長くなるかもしれません。

  • Some animals are known to extend their lifespans or survive extreme conditions by slowing down their biological processes to the point where they are virtually paused.

    一部の動物は、生物学的プロセスを実質的に一時停止するまでスローダウンすることにより、寿命を延ばしたり、極端な環境を乗り越えたりすることが知られています。

  • And research into cryonics hopes to achieve the same by freezing dying people and reviving them later when newer technology is able to help them.

    そして、人体冷凍保存の研究は同じことを達成することを目標としています。死にゆく人々を凍らせ、新しい技術が彼らを助けることができるときに彼らを復活させることによって。

  • See, if the cells are frozen, there's very little molecular movement, and diffusion practically stops.

    細胞が凍っているとき、分子の動きはほとんどなく、拡散は事実上停止します。

  • Even if all of a person's cellular processes had already broken down, this could still conceivably be reversed by a swarm of nanobots, moving all the molecules back to their proper positions, and injecting all of the cells with ATP at the same time, presumably causing the body to simply pick up where it left off.

    人の細胞プロセスのすべてがすでに崩壊したとしても、これはおそらくナノボットの群れによって元どおりにされるでしょう。すべての分子を適切な位置に戻し、すべての細胞に同時にATPを注入することで、体は中断したところから回復します。

  • So, if we think of life not as some magical spark, but a state of incredibly complex, self-perpetuating organization, death is just the process of increasing entropy that destroys this fragile balance.

    したがって、生命を魔法の火花ではなく、信じられないほど複雑で永続的な組織の状態と考えると、死はこの脆弱なバランスを破壊するエントロピーを増加させるプロセスにすぎません。

  • And the point at which someone is completely dead turns out not to be a fixed constant, but simply a matter of how much of this entropy we're currently capable of reversing.

    そして、人が完全に死んでいるポイントは、固定定数ではなく、単に現時点でこのエントロピーのどれだけを逆転させることができるかという問題であることがわかります。

For as far back as we can trace our existence, humans have been fascinated with death and resurrection.

私たちの存在をたどることができる限りを振り返ると、人間は死と復活に魅了されてきました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 分子 細胞 エントロピー 生物 プロセス

【TED-ED】「死」とは?「生」と「死」の違いについて聞いてみよう!

  • 4922 323
    稲葉白兎 に公開 2021 年 01 月 08 日
動画の中の単語