Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • 60 second adventures in Economics.

    60秒の経済学の冒険

  • Number one: The Invisible Hand.

    ナンバーワンインビジブルハンド

  • An economy is a tricky thing to control and governments are always trying to figure out how to do it.

    経済というのは厄介なものであり、政府は常にその方法を考えようとしています。

  • Back in 1776 economist Adam Smith shocked everyone by saying that what government should actually do is just leave people alone to buy and sell freely among themselves.

    1776年に戻って、経済学者アダム・スミスは、政府が実際にすべきことは、人々の間で自由に売買するために人々を放っておくことだと言って、皆に衝撃を与えました。

  • He suggested that if they just leave self-interested traders to compete with one another, markets are guided to positive outcomes as if by an invisible hand.

    彼は、利己的なトレーダー同士の競争を放置しておけば、市場はまるで見えない手があるかのように、ポジティブな結果に導かれると提案した。

  • If someone charges less than you, customers will buy from them instead.

    誰かがあなたよりも安い料金を請求する場合、顧客は代わりにそれらから購入するでしょう。

  • So you have to lower the price or offer something better.

    だから値段を下げるか、もっと良いものを提供しないといけない。

  • Whenever enough people demand something, they will be supplied by the market, like spoiled children.

    十分な人が何かを要求すると、甘やかされた子供のように市場から供給される。

  • Only in this case everyone's happy.

    この場合に限っては、みんなが幸せなんです。

  • Later free marketers like Austrian economist Friedrich Hayek argued that this hands-off approach actually works better than any kind of central plan.

    オーストリアの経済学者フリードリッヒ・ハイエクのような後の自由市場家は、このハンズオフのアプローチは、実際にはどのような種類の中央計画よりもうまく機能すると主張した。

  • But the problem is economies can take a long time to reach their equilibrium and may even stall along the way.

    しかし、問題は、経済が均衡に達するまでに長い時間がかかることであり、<a href = "#post_comment_1'>stall along the way<i class="icon-star"></i>もあり得ることです</a>。

  • And in the meantime people can get a little frustrated.

    そうこうしているうちに、人々は少しイライラしてしまうことがあります。

  • Which is why governments usually end up taking things into their own more visible hands instead.

    だからこそ、政府は通常、より目に見える形で自分たちの手に物事を持っていくことになるのです。

  • Number two: The Paradox of Thrift.

    その2倹約のパラドックス

  • Much like a child getting his pocket money, one of the biggest economic questions is still whether it's better to save or spend.

    子供がお小遣いをもらうのと同じように、経済的な最大の問題の一つは、貯蓄と支出のどちらが良いのかということです。

  • Free marketeers like Hayek and Milton Friedman say that even in difficult times it's best to be thrifty and save.

    ハイエックやミルトン・フリードマンのような自由市場家は、困難な時代であっても、倹約して節約するのが一番だと言います。

  • Banks then channel the savings into investment in new plants, skills and techniques that let us produce more.

    銀行は、貯めたお金を新しい工場や技術、技術への投資に回し、より多くの生産を可能にしています。

  • And even if this new technology destroys jobs, wages will drop and businesses hire more people, so unemployment falls again.

    そして、この新技術が雇用を破壊したとしても、賃金は下がり、企業はより多くの人を雇うので、失業率はまた下がる。

  • Simple, at least in the long run.

    単純に、少なくとも長い目で見れば

  • But then a live-fast, die-young kind of chap called John Maynard Keynes cheerfully pointed out that in the long run we're all dead.

    しかし、ジョン・メイナード・ケインズという生身の若者が、長い目で見れば人間は皆死んでいると明るく指摘してきた。

  • So to avoid the misery of unemployment, the government should instead spend money to create jobs.

    だから、失業者の悲惨さを避けるためにも、政府は代わりに金を使って雇用を作るべきだ。

  • Whereas if the government tightens its belt when people and businesses are doing the same, less is spent, so unemployment gets even worse.

    一方、政府は<a href = "#post_comment_2'>tighten its belt<i class="icon-star"></i>のように、人々や企業が同じことをしているときにベルトを締めると、支出が減るので、失業率はさらに悪化します。

  • That is the paradox of thrift.

    それが倹約のパラドックスです。

  • So instead they should spend now and tax later when everyone's happy to pay.

    その代わりに、今は消費して、みんなが満足している時に税金を払うべきだ。

  • Though making people happy to pay tax was something even Keynes didn't solve.

    人々が喜んで税金を払うことは、ケインズでさえ解決しなかったことですが。

  • Number three: The Phillips Curve.

    3つ目フィリップス曲線

  • Bill Phillips was a crocodile hunter and economist from New Zealand who spotted that when employment levels are high, wages rise faster, people have more money to spend, so prices go up and so does inflation.

    ビル・フィリップスは、ワニ狩りをしていたニュージーランドの経済学者で、雇用水準が高いと賃金が早く上がり、人々はより多くのお金を使うことができるので、物価が上がり、インフレになることを発見しました。

  • And likewise, when unemployment is high, the lack of money to spend means that inflation goes down.

    また同様に、失業率が高いと、使うお金がないということは、インフレ率が下がるということです。

  • This became known as the Phillips Curve.

    これがフィリップス曲線として知られるようになりました。

  • Governments even set policy by the curve, tolerating the inflation when they spent extra money creating jobs.

    政府は、雇用を創出するために余分なお金を使ったときのインフレを容認して、曲線によって政策を設定することさえある。

  • But they forgot that the workers could also see the effects of the curve.

    しかし、彼らは労働者も曲線の効果を見ることができることを忘れていた。

  • So when unemployment went down, they expected inflation and demanded higher wages,

    だから失業率が下がると、インフレを期待して賃金の上昇を要求した。

  • causing unemployment to go back up, while inflation remained high.

    インフレ率<a href = "#post_comment_3'>remained<i class="icon-star"></i>が高いままである。

  • Which is what happened in the 1970s when both inflation and unemployment rose.

    インフレも失業率も上がった1970年代に起きたことだよ

  • Then in the '90s unemployment dropped while inflation stayed low, which all rather took the bend out of Phillips' curve.

    その後、90年代には、インフレ率が低いまま失業率が低下し、フィリップスのカーブが曲がってしまいました。

  • But at least part of Phillips' troublesome trade-off lives on.

    しかし、少なくともフィリップスの厄介なトレードオフの一部は生きている。

  • When faster growth and full employment return, you can bet inflation will be along to spoil the party.

    より速い成長と完全雇用が戻ってきたら、あなたはインフレがパーティーを台無しにするために一緒にいることに賭けることができます。

  • Number four: The Principle of Comparative Advantage.

    第四に比較優位の原則。

  • Whether you think economies work best if they're left alone or that governments need to do something to get them working the one thing that can't be controlled is the rest of the world.

    経済は放っておけばうまくいくと思っているのか、政府が何かしないとうまくいかないと思っているのか......コントロールできないのは世界の他の国の話です。

  • Fear of foreign competition once led countries to try and produce everything they needed and impose heavy taxes to keep out foreign goods.

    かつて外国との競争を恐れた国々は、必要なものはすべて生産しようとし、重税を課して外国製品を締め出していました。

  • However, economist David Ricardo showed that international trade could actually make everyone better off, bringing in one of the first great economic models.

    しかし、経済学者のデビッド・リカルドは、国際貿易によって、<a href='#post_comment_4'>better off<i class="icon-star"></i>、最初の偉大な経済モデルの1つをもたらして、実際にはすべての人を幸せにすることができることを示しました。

  • He pointed out that even if a country can produce pretty much everything at the lowest possible cost, with what economists call an "Absolute Advantage",

    経済学者が「絶対的優位性」と呼んでいるもので、国が可能な限り低いコストでかなりのものを生産できたとしても、彼は指摘しています。

  • it's still better to focus on the products it can make most efficiently, that sacrifice the least amount of other goods and let the rest of the world do the same.

    それは、それが最も効率的に作ることができる製品に焦点を当てた方がまだ良いです、それは他の製品の最小量を犠牲にして、世界の残りの部分は同じようにさせます。

  • By specializing, they can then export these surpluses to each other and both end up better off.

    特化することで、これらの余剰分をお互いに輸出することができ、どちらもより良い結果に終わる。

  • This is the principle of comparative advantage and it has persuaded many countries to sign up to free-trade agreements.

    これは比較優位の原則であり、多くの国が自由貿易協定に署名するよう説得してきた。

  • But unfortunately it can take a long time for countries to trade their way to prosperity.

    しかし、残念ながら、国が繁栄するための貿易には長い時間がかかることがあります。

  • And because it's now much easier to move to where the money is, it's increasingly not only goods that cross borders, but people, which has somewhat uprooted Ricardo's theory.

    そして、お金のあるところに移動することが格段に容易になったため、国境を越えるのはモノだけではなく、人であることが多くなってきており、リカルドの理論はどこか根底を揺るがしています。

  • Number five: The Impossible Trinity.

    5番目不可能な三位一体

  • Most countries trade with one another, which is usually pretty good for all involved.

    ほとんどの国がお互いに貿易をしていますが、それは通常、関係者にとってはかなり良いことです。

  • But it does mean it's a bit harder for each to keep control of its own finances.

    しかし、それはそれぞれが自分の財政を管理するのが少し難しいということを意味しています。

  • There are three things that governments are particularly keen on.

    政府が特に力を入れていることは3つあります。

  • They like to keep the exchange rate stable so that import and export prices don't suddenly jump around.

    輸出入価格が急に跳ね回らないように為替を安定させるのが好きなんだそうです。

  • They also like to control interest rates so they can keep borrowers happy without upsetting savers.

    彼らはまた、貯蓄者を動揺させることなく借り手を幸せに保つことができるように、金利をコントロールするのが好きです。

  • And they like to let money flow in and out of their country without causing too much disruption.

    そして、彼らはあまり混乱を起こさずにお金の出入りをさせるのが好きなのです。

  • But there's a problem when you try to do all of these at once.

    しかし、これらを一度に全部やろうとすると問題があります。

  • Say, for example, the Eurozone tries to lower its interest rate and reduce unemployment.

    例えば、ユーロ圏が金利を下げて失業率を下げようとするとしましょう。

  • Money flows out to earn higher interest rates elsewhere.

    他の場所で高い金利を稼ぐためにお金が流出します。

  • Exchange rates drop, which causes inflation, so the Euro interest rate is forced back up again.

    為替レートが下がるとインフレになるので、ユーロ金利は再び強制的に上昇します。

  • You can either fix your exchange rate and let money flow freely across national borders, but have no control over your interest rates, or control your interest and exchange rates, but then you can't stop the capital flowing in and out.

    為替レートを固定して国境を越えて自由にお金が流れるようにしても、金利をコントロールできないか、金利と為替レートをコントロールしても、資本の出入りを止めることはできません。

  • But, like an overzealous triathlete, you can't do all three at once.

    でも、大袈裟なトライアスロン選手のように、3つを一気にやるのは無理ですよね。

  • Number six: Rational Choice Theory

    その6合理的選択理論

  • Of all the things to factor in when running an economy, the most troublesome is people.

    経済を運営する際に考慮すべきことの中で、最も厄介なのは「人」である。

  • Now, by and large, humans are a rational lot.

    さて、大体の場合、人間は合理的だ。

  • When the price of something rises, people will supply more of it and buy less of it.

    何かの価格が上昇すると、人々はそれをより多く供給し、それをより少なく買うようになります。

  • If they expect inflation to go up, people will usually ask for higher wages, though they might not get them.

    インフレを期待していると、普通は給料が上がることを求めるだろうが、それを期待している人は、給料が上がらないかもしれない。

  • And if they can see interest or exchange rates falling in one country, people with lots of money there will try to move it out faster than you can say double dip.

    そして、ある国で金利や為替レートが下がっているのがわかると、そこにたくさんのお金を持っている人たちは、二番煎じと言われるよりも早く、それを外に持ち出そうとするでしょう。

  • And governments often decide their economic policies assuming such rational actions.

    そして、政府はそのような合理的な行動を前提に経済政策を決定することが多い。

  • Which would be great, if it weren't for the fact that those pesky humans don't always do what's best for them.

    それはそれらの厄介な人間が常に彼らのために最善を尽くすとは限らないという事実のためではなかった場合、どちらが素晴らしいだろう。

  • Sometimes they mistakenly think they know all the facts, or maybe the facts are just too complicated.

    事実を全て知っていると勘違いしていることもあるし、事実が複雑すぎるだけなのかもしれない。

  • And sometimes people just decide to follow the crowd, relying on others to know what they're doing.

    そして、人は自分が何をしているのかを知るために、他の人を頼りにして、群衆についていくことを決めてしまうこともあります。

  • When too many cheap mortgages were being sold in 2007, a lot of people didn't know what was going on and a lot of others just followed the crowd.

    2007年に安すぎる住宅ローンが売りに出された時は、多くの人が何が起こっているのかわからず、他の多くの人がただひたすら追いかけていました。

  • Some lenders may have rationally believed that when the crunch came, the scale of the problem would force governments to rescue them.

    金融機関の中には、金融危機が来れば、問題の規模が大きければ政府は救済を余儀なくされると合理的に考えていた人もいたかもしれません。

  • Which was true for the banks, if not for all their customers.

    それは銀行にとってはそうだったが、すべての顧客にとってではないにしても。

60 second adventures in Economics.

60秒の経済学の冒険

字幕と単語
自動翻訳

A2 初級 日本語 インフレ 経済 金利 失業 政府 為替

60秒の経済学の冒険を組み合わせて - CAPTIONED

  • 79151 2382
    Eating   に公開 2015 年 01 月 25 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す