Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In this video, we're going to talk about how you can improve your pronunciation quickly

    このビデオでは、発音を早く改善する方法についてお話します。

  • and permanently. And at the end of this video, I'll give you a link to a webpage that links

    と永久に。そして、このビデオの最後に、私はあなたにリンクしているウェブページへのリンクを与えます。

  • to a lot of free pronunciation exercises.

    を使って、たくさんの自由な発音練習をしてみましょう。

  • Let's start by talking about a very frustrating problem.

    まず、非常にイライラする問題について話してみましょう。

  • Suppose I currently mispronounce this word. Suppose I say pogam instead of program. I

    現在、私がこの単語を間違って発音しているとします。私がプログラムの代わりに ポガムと言ったとしますI

  • want to fix this mistake. So I learn the right pronunciation and I repeat it over and over.

    この間違いを直したいということで、正しい発音を覚えて何度も何度も繰り返しています。

  • program program program.

    プログラムプログラムプログラムプログラムプログラム。

  • Now here's the problem. Because I have mispronounced this word for so long, the incorrect pronunciation

    さて、ここで問題です。私はこの単語を長い間、間違った発音をしてきたので、間違った発音は

  • has become a habit. And because of that, I can only say the word correctly if I pay attention

    が習慣になっています。そして、そのせいで、注意を払わないと正しく言葉が言えないので

  • to my pronunciation. If I don't pay attention, I will revert back to the old habit.

    発音に気をつけてください。注意を払わないと、昔の癖に戻ってしまいます。

  • So how can I solve this problem?

    では、この問題を解決するにはどうすればいいのでしょうか?

  • Well, the answer is...I have to increase the number of repetitions.

    そうですね、答えは・・・繰り返しの回数を増やさないといけませんね。

  • Imagine that right now inside my brain there are two memories associated with the word

    今、私の脳内では、この言葉に関連した2つの記憶があると想像してみてください。

  • program. One of them is old. The other is new. The old memory represents the wrong pronunciation

    プログラムのことです。片方は古いもの。もう一つは新しいものです。古い記憶は間違った発音を表しています

  • - the bad habit. The new one represents the right pronunciation that I've just learned.

    - 悪い癖です。新しいものは覚えたばかりの正しい発音を表しています。

  • So these are memories of how to coordinate the muscles in my tongue, lips, and other

    ということで、これらは舌や唇などの筋肉の調整方法の記憶です。

  • parts to say the word "program".

    言葉の"program"を言うための部品。

  • The reason that I mispronounce this word if I don't pay attention is that the old memory

    注意を払わないとこの単語を誤発音してしまうのは、古い記憶が

  • is much stronger.

    の方がはるかに強いです。

  • If I want to break this old habit, I have to repeat the right pronunciation many, many

    この古い習慣を断ち切りたければ、正しい発音を何度も何度も繰り返さなければなりません。

  • times. Every time I do that, the new memory gets stronger, and the old memory gets weaker.

    を何度も繰り返しています。その度に新しい記憶が強くなり、古い記憶が弱くなっていく。

  • I repeat - the old memory doesn't stay the same. It actually gets weaker.

    繰り返す - 古い記憶は同じままではありません。実際には弱くなっていくのです。

  • This phenomenon is called Retrieval-Induced Forgetting. It happens when there are two

    この現象は、検索誘発性忘却と呼ばれています。これは、次の2つがあるときに起こります。

  • or more memories competing with each others. It's a phenomenon where retrieving one memory

    複数の記憶が互いに競合しています。それは、1つの記憶を検索する現象です。

  • makes us forget other memories.

    他の記憶を忘れさせてしまう。

  • This is why you have to be careful when fixing a mistake. If you accidentally repeat the

    そのため、ミスを直すときには注意が必要です。うっかり繰り返してしまうと

  • mistake, it'll strengthen the old habit and weaken the correction that you're trying to

    誤りを犯すと、古い習慣が強化され、あなたがしようとしている修正が弱くなります。

  • make, making the problem worse.

    問題を悪化させる

  • So that's the first thing to keep in mind. You have to repeat, repeat, and repeat.

    だから、それが最初に心に留めておくべきことです。繰り返して、繰り返して、繰り返して、繰り返して。

  • This sounds good in theory. But in practice, there's huge problem with repetition.

    これは理論的には良いように聞こえます。しかし、実際には、繰り返しには大きな問題があります。

  • So what's the problem with repetition?

    では、繰り返しの問題は何なのでしょうか?

  • Well, it takes a tremendous amount of time. Fixing just one mistake requires a lot of

    まあ、とてつもなく時間がかかります。たった一つのミスを修正するだけでも、多くの

  • repetition. Who has time for that? After all, you probably have lot of mistakes to eliminate.

    繰り返しそんなことをしている暇がある人はいないでしょう。結局のところ、あなたはミスをなくすために多くのミスをしているでしょう。

  • So what can you do?

    で、何ができるの?

  • Fortunately, there's a technique that you can use to speed up the process. And that

    幸いなことに、あなたがプロセスを高速化するために使用することができるテクニックがあります。それは

  • is exaggeration.

    は大げさです。

  • Going back to our previous example, suppose I pronounce this word as pogam. That's incorrect

    先ほどの例に戻って、この単語をpogamと発音したとします。これは正しくありません。

  • because the R sound is missing. If I want to fix this mistake quickly, I will exaggerate

    R音が抜けているからです。この間違いを早く直したい場合は、大げさに言うと

  • the R sound. pRogRam pRogRam pRogRam.

    R音です。 pRogRam pRogRam pRogRam。

  • Here's another example: Let's say I pronounce this word as "banana". This is incorrect because

    ここにもう一つの例があります。この単語を"banana"と発音してみましょう。これは正しくありません。

  • I don't stress the second syllable. So to fix this, I will stress the second syllable

    私は2音節目を強調しません。だから、これを修正するために、私は2番目の音節を強調します。

  • real hard. baNAna baNAna.

    マジで大変だ バナバナバナ

  • This sounds silly but you will not believe how much faster your pronunciation will improve

    これは馬鹿げたことに聞こえるかもしれませんが、あなたの発音がどれだけ早く改善されるか信じられないでしょう。

  • when you exaggerate.

    大げさに言うと

  • But how does this technique help you improve your pronunciation faster?

    しかし、このテクニックを使えば、どうやって発音を早く改善することができるのでしょうか?

  • Well, one of the reasons that we mispronounce words is that we replace certain sounds with

    まあ、私たちが単語の発音を間違える理由の一つは、特定の音を

  • other sounds that are easier to say. So a non-native speaker might pronounce this word

    のように、他の音の方が言いやすいです。そのため、ネイティブではない人はこの単語を

  • as "taught" instead of "thought". We also tend ignore certain sounds. So we might pronounce

    as " taught" instead of " thought"。また、私たちは特定の音を無視する傾向があります。というように発音することがあります。

  • this word as hoss instead of horse.

    この言葉は馬の代わりにホスとして使われています。

  • This is because the brain is lazy. It has the tendency to pronounce words in the easiest

    これは、脳が怠け者だからです。単語を簡単に発音してしまう傾向があります。

  • way possible.

    可能な限り。

  • But when you exaggerate, you're telling your lazy brain that the sounds being exaggerating

    しかし、あなたが誇張するとき、あなたはあなたの怠惰な脳に伝えています。

  • are important. You're basically telling your brain, "Hey, these sounds are important. Do

    が重要であることを示しています。あなたは基本的にあなたの脳に伝えています、"Hey, these sounds are important.行うには

  • not ignore them." So you when speak normally, you will sound much clearer.

    ignore them." だからあなたは普通に話すとき、あなたははるかに明確に聞こえるでしょう。

  • But that's not all. When you exaggerate, you're strengthening the muscles involved in speaking,

    しかし、それだけではありません。大げさに言うと、話すときの筋肉を鍛えていることになります。

  • especially your tongue muscles. This is a huge benefit because if those muscles are

    特に舌の筋肉には注意が必要です。これは非常に大きなメリットです。

  • strong, you will speak much clearer.

    強く、はっきりと話すことができるようになります。

  • So to summarize: There are two things that you can do to quickly and permanently improve

    ということで、まとめるとすぐに永続的に改善するためにできることは2つあります。

  • your pronunciation. Number one: You can use repetition to break bad speaking habits and

    あなたの発音を1番は悪い話し方の癖を断ち切るために、繰り返しを使うことができますし

  • replace them with good ones. Number two: You can speed up the process by exaggerating everything

    良いものに置き換える。その2:すべてを誇張することでスピードアップできる

  • that should be exaggerated.

    それは大げさに言えば

  • Alright, that's all for today. To help you get started, I've created a resource page

    さてさて、今日はこれでおしまいです。あなたが始めるのを助けるために、私はリソースページを作成しました。

  • that links to a lot of free pronunciation exercises. So click here to go to that page.

    このページには、たくさんの無料の発音練習問題へのリンクがあります。ここをクリックしてそのページに行きましょう

In this video, we're going to talk about how you can improve your pronunciation quickly

このビデオでは、発音を早く改善する方法についてお話します。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 発音 記憶 繰り 単語 返し 古い

英語の発音練習。 "絶対に知っておきたい「2つのこと

  • 17476 1939
    Adam Huang に公開 2014 年 11 月 02 日
動画の中の単語