Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • There's some British food with some really weird names.

    本当におかしな名前の英国の食事があります。

  • And we're gonna eat some of it.

    そのいくつかを試してみようと思います。

  • (Barry and Jamie) Let's talk about that!

    (バリーとジェイミー)それについて話そう!

  • ♪ (theme music) ♪ (Good Mythical Morning)

    ♪(テーマ音楽)♪(Good Mythical Morning )

  • Good Mythical Morning.

    Good Mythical Morning

  • Welcome to a very special episode of the show

    番組の特別なエピソードへようこそ。

  • with special guest, Barry and Jamie from Sorted Food!

    Sorted Foodからスペシャルゲストのバリーとジェイミーです。

  • - So special. - Thank you very much.

    ーすごく特別。-ありがとう。

  • Thanks for coming, guys.

    来てくれてありがとう。

  • If you are human and you like food,

    人間で、食べることが好きなら、

  • you should subscribe to their channel.

    彼らのチャンネルを登録するべきだよ。

  • (Jamie) It's a great thing. Everybody has to eat.

    (ジェイミー)素晴らしいよ。みんな食べないといけない。

  • But you don't have to be British.

    でもイギリス人になる必要はないよ。

  • But you guys have special knowledge.

    でも君たちは特別な知識を持っているよね。

  • - Do we?

    ー僕たち?

  • Well, we think you have special knowledge

    君たちは特別な知識を持っているって思ってるよ。

  • - just because of your accents. - Yeah, it helps.

    ーアクセントだけでも。-そうだね。役に立つ。

  • It does make you sound cleverer if you are British, instantly.

    もしイギリス人ならそれだけですぐに賢く聞こえる。

  • But I don't think you can say that. No, we can say that.

    でもそれ言ったらダメだと思うよ。いや、僕たちは言えるよ。

  • Oh no, we can, 'cause we're British.

    いや、僕たちはイギリス人だから言える。

  • - Oh, right. - (Jamie laughs)

    ーそうだね。-(ジェイミー笑う)

  • You may be complete idiots,

    君は完全にバカかもしれないけど、

  • but we all think that you're geniuses,

    僕たちみんな、君らが天才だって思ってる。

  • and you should roll with that.

    その流れにのってくべきだよ。

  • - Well, I know that you guys are-- - What do you mean by "think"?

    ーそうだと思ってるよ。-「思う」ってどういう意味?

  • You guys are good with food. We do know that.

    食べものも得意だね。僕たちは知ってるよ。

  • - Yes. - You're food geniuses, at least.

    ーそう。-少なくとも食べ物の天才。

  • - Uh-huh. - And I'm good at tasting food.

    ーそうだね。-それから僕は味見も得意。

  • What we've heard is that there's a lot of British foods

    僕たちが聞いたのは、たくさんの英国の食べ物には

  • - with weird names. - There are.

    ーおかしな名前があるって。-あるよ。

  • So what we've asked them to do is to bring some of these foods

    だからそんな食べ物を持ってきてほしいって頼んだ。

  • - and teach us what they actually are. - But the game is,

    ーそしてそれが本当は何なのか教えてほしいって。-でもゲームは

  • you guys are gonna tell us about a food.

    僕たちに食べ物について教えること。

  • You're gonna just say what it is and describe it,

    それがどんな物なのか説明するだけ。

  • and then we have to guess if it's real or fake.

    それから僕たちが本物か偽物か当てないといけない。

  • - Okay. - Easy.

    ーわかった。-簡単だ。

  • My understanding is that you have

    僕の理解では、

  • both the real and the fake versions for us to taste and see.

    本物と偽物の両方があって、僕らが味見したり見たりする。

  • That's we do.

    それが僕たちのすること。

  • I think it's gonna be a little bit tricky. Should we get started?

    ちょっとややこしいと思うよ。始めようか?

  • Well, we should. But first, let's say what's at stake,

    そうしよう。でも始めに、賭けを決めておこう。

  • - because the loser-- - We're going against each other.

    ー負けた人は。-僕たちが競うんだね。

  • It's Rhett versus Link, and the loser has to eat

    レット対リンク、そして負けた人はあれを食べないといけない。

  • - an entire spoonful of Marmite. - (man gags)

    ーマーマイトをスプーン1杯。-(ざわつく)

  • Ladies and gentlemen, it's time to play...

    さぁみなさん、今から・・・・

  • (Rhett) Is That Really a British Food?

    (レット)それ本当に英国の食べ物?

  • Or Did Some British Dudes Just Make It Up? Game!

    それかイギリス人が今でっち上げた?ゲーム!

  • - Food one!

    ー1番目の食べ物

  • - Let's start, okay.

    ーさぁ始めよう。オッケー。

  • This one's-- I think this is really obvious.

    これはすぐ分かると思うけど

  • It is quite an obvious one.

    結構すぐ分かると思う。

  • It's bubble and squeak.

    バブル・アンド・スクイーク。

  • - Have you heard of bubble and squeak? - Bubble and squeak.

    ーバブル・アンド・スクイークって聞いたことがある?-バブル・アンド・スクイーク。

  • Bubble and squeak-- that's what they called us in high school.

    バブル・アンド・スクイーク。ー高校の時そう呼ばれていたよ。

  • - (Barry and Jamie laugh) - This is just simply, it's a--

    ー(バリーとジェイミーが笑う)-これはただ

  • I'm trying to figure out which one I would want to be.

    どっちになりたいか考えないとな。

  • - (laughter) - I'm very hard-pressed.

    ー(笑)-追い詰められたな。

  • - Am I bubble or squeak? - I don't know.

    ーバブルかスクイークか?-知らないよ。

  • This is something you usually have on a Monday,

    たいてい月曜日に食べるもので、

  • purely because over the weekend you've had your roast dinner.

    それは単純に、週末にローストディナーを食べるから。

  • - That sounds fake. - (Barry laughs)

    ー嘘っぽい。-(バリー笑う)

  • You've had your roast dinner,

    ローストディナー食べて、

  • and you've had your full English breakfast.

    英国の朝食を食べる。

  • And you basically take all the leftovers from those two,

    そしてそれらの2つの残り物を

  • merge them in one, and you create bubble and squeak.

    1つにまとめて、バブル・アンド・スクイークを作る。

  • So bubble and squeak is basically mashed potato,

    だから基本的にマッシュポテト、

  • cabbage or Brussels sprouts,

    キャベツ、ブリュッセルスプラウト、

  • some bacons, some onions, and some garlic,

    ベーコン、玉ねぎ、そしてニンニクを

  • mashed together into a little kind of patties.

    混ぜてパティ―みたいにする。

  • A leftover loaf.

    残り物ローフ。

  • Where's the bubble and the squeak come at?

    どこがバブル・アンド・スクイークなの?

  • - Well... -Well, we'll tell you that

    ーえっと。-教えるよ、

  • - once you work it out. - Nowhere, if they made it up.

    ーうまくいったらね。-ないな。でっちあげたなら。

  • - So we'll give our answers in unison? - Okay. We're good to go?

    一緒に答えを言うのか?-わかった。いいかい?

  • Okay. Is it real or is it fake? In three, two, one.

    わかった。本物か偽物か?3,2,1。

  • (Rhett and Link) Real.

    (レットとリンク)本物。

  • Oh, we agreed.

    同じ意見だ。

  • So only thing that's up for grabs is learning something.

    まだ勝ち負けはないってことだな。

  • - Okay. - You still think it's real?

    -わかった。-まだ本物だと思う?

  • Well, it definitely looks like what you described.

    君が説明したもののように見えるよ。

  • - (Jamie laughs) Leftovers. - That...

    ー(ジェイミー笑う)残り物。-これは・・・

  • - is real! - Yeah, it's real! Yeah, it's real!

    ー本物!-やった。本物だ!やった、本物!

  • It's basically like a baked potato in the shape of a burger.

    基本的にハンバーガーの形をしたベイクドポテト。

  • I made it this morning, and I'm not gonna lie.

    僕が今朝作ったよ。嘘はつかない。

  • I'm a bit proud of these.

    僕はこれが得意なんだ。

  • - Well, you've said that-- - Boy, that tastes good.

    ーそう言ったね。-おいしいよ。

  • - Bubble and squeak. - They're done really well.

    ーバブル・アンド・スクイーク。-本当によくできてるよ。

  • But it's not bubbling or squeaking.

    でもバブルもスクイークもないよ。

  • No, so the bubble and squeak is basically--

    バブル・アンド・スクイークは基本的にーー

  • it's apparently the noise the cabbage makes

    それはキャベツが出す音らしい。

  • while it's in the pan. It squeaks.

    フライパンで炒める時に。キュってなる。

  • - You wash your cooking there. - I wasn't there for that.

    ー料理したものをそこで洗う。-そのためじゃなくて。

  • And the noise you make a couple hours later?

    その数時間後に出す音?

  • -Mm-hmm. -Okay.

    ーうーん。-わかった。

  • (Rhett) Okay, that's real.

    (レット)オッケー。これは本物。

  • Second up. Now, I'm pretty sure

    次は2番目。たぶんこの料理は

  • you've actually heard of this one, because it is so popular.

    聞いたことがあると思う。とっても人気があるから。

  • - Toad in the hole. - (Rhett chuckles) That's tricky.

    ―トード・イン・ザ・ホール(穴のヒキガエル)。-(レットがニヤり)ややこしいな。

  • - (Rhett laughs) - I see what's happening.

    ー(レット笑う)-何が起こるのか分かるよ

  • Okay. Toad in the hole.

    トード・イン・ザ・ホール。

  • So this is a dish which we have in England

    イングランドからの料理で、

  • where we take sausages and we put them in a pudding.

    ソーセージをプディングに入れる。

  • But that pudding has to come from Yorkshire, okay?

    でもそのプディングはヨークシャーのものでないといけない。いいかい?

  • Like chocolate pudding?

    チョコレートプディングみたいな?

  • It's a pudding, and it has to come from Yorkshire.

    プディングで、ヨークシャーのものでないといけない。

  • - So it has to be a Yorkshire pudding. - That's a place.

    ーヨークシャーのプディングじゃないといけない。-それは場所だよ。

  • And we put the sausages within the pudding.

    そしてプディングの中にソーセージを入れる。

  • And then we usually serve that with maybe some mashed potatoes,

    マッシュドポテトとよく一緒に食べる。

  • some gravy, and some veg.

    グレービーと野菜も。

  • I see the theme here-- mashed potatoes.

    今日のテーマが見えてきたよ。--マッシュドポテト

  • So the toad is the sausage, and it makes a hole in the pudding?

    トードがソーセージで、プディングに穴を開けるってこと?

  • - It's a toad in the hole. - Okay.

    ートード・イン・ザ・ホールだよ。-わかった。

  • Is it real? In three, two, one...

    本物か?3,2,1。

  • - (Rhett) Real. - (Link) Yes.

    ー(レット)本物。-(リンク)イエス。

  • - Okay. - Okay.

    ーオッケー。-オッケー。

  • So we've made some here for you. This is what they look like.

    君たちのために作ったよ。こんな感じだよ

  • - These are little miniature ones. - Oh, so it's like a...

    ーミニチュアバージョンもあるよ。-これって・・・

  • It's basically a pancake batter.

    基本的にはパンケーキ生地なんだけど。

  • - You made this. - This is real?

    ー君が作ったの。-本物?

  • - We made this. - That is real.

    ー僕たちが作ったよ。-本物。

  • This is real, yeah!

    本物だ、やった!

  • (Rhett) You know why we're so good at this?

    (レット)僕たちがどうしてこのゲーム得意か知ってる?

  • Because we share a lineage. My people are from where you're from.

    血統が同じだから。僕のまわりは君たちと同じ出身の人がいるから。

  • I also got it right.

    僕も正解だったよ。

  • - I said we're so good at it. - Oh yeah.

    ー僕たちは得意だって言ったんだ。-そうだね。

  • Who are your people? Do we know them?

    君のまわりって誰?僕たち知ってる?

  • - It's a small country. - The Scottish?

    ー小さな国だから。-スコティッシュ?

  • - (Barry laughs) - Dude, that's my water.

    (バリー笑う)-それ僕の水。

  • - They are still our people. -Just.

    ー地元は一緒ってことだな。-なんとか。

  • - Just. (laughs) - Only just.

    ーなんとかね(笑)-本当に、なんとか。

  • - They don't want to be, really. - So we're two for two.

    ー本当は彼らは嫌だけど。-じゃあ、2対2だね。

  • - Two for two. - We're blindly guessing,

    ー2対2。ーやみくもに当ててるだけだけど。

  • but we're doing a good job at it and we're tied.

    でもうまく行ってるし、引き分けだし。

  • - Okay. - That, too, tasted very good.

    ーオッケー。これもおいしかった。

  • - Yeah. - Oh, good.

    ーそうだね。-良かった。

  • - I like how you guys think- - I made that one.

    ーこのアイデアは好きだよ。-僕が作ったよ。

  • - Thinking about moving. - Mm-hmm.

    ー引っ越そうかと思う。-なるほど。

  • Okay, so this one is a bat on a sticky wicket.

    オッケー。次はバット・オン・スティッキ―・ウィケット。

  • (Rhett and crew laughing)

    (レットと仲間が笑っている)

  • - Yeah, right. - (laughter)

    ーんなもんあるか。-(笑)

  • Oh, come on. This one, we a nice--

    これは、

  • It's kind of a street food in the UK.

    英国でのストリートフードって感じで。

  • - Mm-hmm. - We're not very well known...

    ーなるほど。-あまり知られていないけど・・・

  • - Sure it is. - ...for our street food.

    ーそうだね、-ストリートフードとしては。

  • But we're big fans of cricket, hence the "sticky wicket."

    でもクリケットの大ファンだから。「スティッキ―・ウィケット」。

  • - Oh yeah. - Yep. You know cricket?

    ーそうか。-そう。クリケット知ってる?

  • No. Well, I know that it's a sport,

    いや、スポーツってことは知ってるけど、

  • but I don't know what a wicket is.

    ウィケットが何かは知らないな。

  • It's basically as boring as baseball.

    基本的には野球と同じぐらいつまらないもの。

  • - Right. - Got it.

    ーそうか。-わかった。

  • They don't have gloves, though. That makes it more interesting.

    グローブはないけど。だからもっと面白い。

  • Their bat is called a wicket?

    そのバットがウィケットって呼ばれてるの?

  • No, the wicket is what you have to hit with the ball.

    ウィケットはボールで打たないといけないもの。

  • - That's behind the bat. - Behind the bat.

    ーバットの裏だ。-バットの裏。

  • - Huh? - Basically, a bat on a sticky wicket--

    ーへ?-基本的、バットにスティッキ―ウィケットーー

  • Okay, so you made this one up. Even the word "wicket" is made up.

    わかった。これはでっちあげだな。「ウィケット」って言葉さえでっち上げた。

  • - (Barry and Jamie laugh) - No, I've heard that before.

    ー(バリーとジェイミーが笑う)-いいや。それは聞いたことあるよ。

  • So it's basically a chicken on a stick

    この料理は、棒にのったチキンで。

  • with this really kind of coat curry glaze on it.

    カレーを上からかけたやつで。

  • Obviously, the UK is well-known for its curries as well.

    英国はカレーでも有名だからね。

  • - Yep. - So it's a combination of those two.

    ーそう。-だからその2つを組み合わせた。

  • But it's not a bat.

    でもコウモリではない。(バットと発音が同じ)

  • It's not a bat, as you all know.

    ご存知のように、コウモリ肉ではない

  • - But... - It's on a stick.

    ーでも・・・-棒にのってる。

  • It looks like a bat from wicket.

    ウィケットからのバットのように見える。

  • - Oh. - All right, let's guess.

    ーおぉ。-わかった。当てよう。

  • I thought the meat was supposed to be like a bat meat.

    肉はコウモリの肉に似せるのかと思った。

  • - No. - Let's guess.

    ーいいや。-当てよう。

  • - Okay. - That'd be silly.

    ーオッケー。ーバカげてるね。

  • In three, two, one...

    3,2,1...

  • Fake!

    偽物 !

  • I was gonna say "fake," but then I heard you say it, so...

    「偽物」って言おうと思ったけど、君が言うのを聞いたから・・・

  • - Oh, okay. - I'm going with real.

    ーそうか。-僕は本物でいこうと。

  • -Oh. Split. -So we've made some for you here.

    ー意見が別れた。-君たちのために作ったよ。

  • - What do you think? - There we go.

    ーどう?-さぁ。

  • Oh, is this real?

    これ本物?

  • This is something you got from Target or something.

    ターゲットとかで売ってるようなものだけど。

  • - This is fake. - No, it's fake. It's definitely fake.

    ーこれは偽物。-偽物だ。完全に。

  • - (laughter) - It's really definitely fake.

    ー(笑)-完全に偽物だ。

  • It does look like a bat on a stick, though.

    棒の上のコウモリみたいだけど。

  • - It's barbecue on some chicken tenders. - Yeah.

    ーただのチキンの照り焼きだな。-そうだ。

  • - (crew laughing) - Don't...

    ー(クルーが笑う)-やめて・・・

  • - Why are you laughing? - (crew member) You can eat it.

    ーなんで笑ってるの?-(クルーメンバー)食べてもいいよ。

  • - How did you prepare this? - (crew member) It's okay.

    ーどうやって準備したの?-(クルーメンバー)いいよ。

  • - Badly. - Oh.

    ー適当に作っただけ。-おぉ。

  • - We didn't make it at all. - (Jamie laughs)

    ー僕たちは作ってないよ。-(ジェイミー笑う)

  • You got them to throw together this nastiness.

    よくこんな料理を作らせたな。

  • I put that in my mouth, and the look of the crew was like, "No!"

    口の中に入れたときのクルーの顔は「ダメ!」だった。

  • But I do feel like I need to clear something up,

    でも説明しないといけない様な気がする。

  • because cricket is real and wickets are real.

    クリケットは本当にあるし、ウィケットも本当。

  • And sticky wicket is when you're in a difficult circumstance.

    スティッキ―ウィケットは困難な状況にあることを指すし。

  • - You're stuck on a wicket. - Yeah, you're on a sticky wicket.

    ーウィケットで詰まってしまう。-そう。困難な状況。

  • In a sticky wicket.

    困難な状況で。

  • Well, Link's in a sticky wicket, 'cause he's down one.

    リンクは困難な状況にいる。だって1回負けたから。

  • - (others) Ooh. - Ha!

    ー(他の人)おぉ。

  • - Bring it on, boys. - Okay, so number four:

    ー次いこう。-オッケー。4番目は

  • - squidgy fiddlesticks. Okay? - Oh, mmm.

    ーどろどろ フィドルスティックス。いい?-うーん。

  • So this is one of my nan's favorites,

    僕のおばあちゃんの大好物。

  • 'cause it originated in World War II.

    第二次世界大戦中に作られたんだ。

  • You know, there was rationing. It was hard times.

    配給があっただろ。大変な時代だった。

  • So people were trying to club together

    みんなで集まって、

  • and find the kind of foods that they could make for themselves.

    自分たちで作れる料理を考えたんだ。

  • And so it's made up of chips--

    チップスでできていて

  • or, you'd probably call them French fries.

    君たちはフライドポテトって言うかもしれないね。

  • - Yeah, we would. - You would.

    ーそうだね。-でしょ。

  • So it's made up of chips covered in a mincemeat.

    ミンチ肉で覆われたチップスでできている。

  • You can use different meats, I suppose.

    他の肉を使っても良いと思う。

  • - You can choose other meats. - Yep, and then a brown--

    ー他の肉を使っても良い。-そう。それから茶色の

  • -Which was hard to get back then, as well.

    ーそれも手に入れるのは難しかった。

  • Brown sauce. So it's just using very few ingredients

    茶色のソース。あんまり材料は使ってないんだ

  • because of the rationing and because of trying to find--

    配給制度とか、見つけようとしていて、、、

  • Quite a backstory to this one.

    なんか裏話がすごいなこの料理は。

  • Seems like you're compensating for something.

    何かの償いをしているように見えるよ。

  • - Squidgy fiddlesticks. - Squidgy fiddlesticks.

    ーどろどろ フィドルスティック -どろどろ フィドルスティック 

  • - All right. I'm ready. - So is it real or fake?

    ー分かった。準備できたよ。-本物か偽物か?

  • In three, two, one.

    3、2、1。

  • - (Rhett) Fake. - (Link) Real.

    ー(レット)偽物。-(リンク)本物。

  • Ooh, time for me to tie it up.

    僕が君に追いつく時間だ。

  • - Okay. - And here it is.

    ーオッケー。-これだよ。

  • - That looks good, guys. - Squidgy fiddlesticks.

    ーおいしそうだ。-どろどろ フィドルスティック 

  • - Is that dogfood in the middle? - (Barry snickers)

    ー真ん中にあるのはドッグフード?-(クスクス笑う)

  • You didn't make this, did you? You got these hacks to make it.

    これ作ってないよな。スタッフに作らせただろ。

  • - This is not real. - This is fake.

    ーこれは本物じゃない。-これは偽物。

  • - Yeah-ha! - (Barry and Jamie laugh)

    ーやった!

  • The bloodlines, man! This is about the bloodlines.

    血筋だよ!血筋なんだよ!

  • You must not be from the islands.

    君絶対に島出身じゃないだろう。

  • Come here. I don't know if you call them the islands.

    島の人って呼ぶかどうか知らないけど。

  • I think you call them the isles.

    アイルズって呼ぶと思う。

  • Don't be giving him high-fives. You're supposed to be impartial.

    彼にハイファイブするなよ。公平じゃないと。

  • - Oh, we are completely impartial. - Yeah, completely.

    ー僕たちは公平だよ。-うん。完全に。

  • - I hope that you like marmites. - They can't eat that, can they?

    ーマーマイトが好きだといいね。-これ食べられないだろ?

  • (crew member) Oh, sure. Take a big bite.

    (クルーメンバー)大丈夫。一口食べてみて。

  • Take a giant bite of that.

    巨大な一口。

  • - Did you say you put cat food in it? - No.

    ーキャットフードを入れたって言った?-いいや。

  • - (crew member) It might be cat food. - That's cat food.

    ーキャットフードかも。-キャットフードだ。

  • - That's cat food. - (slight laughter)

    ーキャットフードだな。-(ちょっと笑い)