Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hey it's Marie Forleo and you are watching MarieTV, the place to be to create a business and life you love.

    どうも、マリー・フォーリオです。今日も皆さんの仕事と人生を充実させるお手伝いをするマリーTVの時間がやってきました。

  • So curious, have you ever had someone not believe in you or they said something really horrible about your work or felt like a punch in the gut and just left you thinking, “Oh my God, how could someone be that mean?” I have.

    ちょっと気になるんですけど、今まで誰かに自分の可能性を信じてもらえなかったり仕事についてひどい事を言われたり、思いっきり傷つくような振る舞いをされて、「なんであんなひどいこと言うんだろう」って唖然としたことってありますか?私はあります。

  • So let me tell you what it did for me and, more importantly, what it could do for you.

    ですから、その時に私にどんな影響を与えたかをお話しして、皆さんにはどのような影響を与えることになるかというもっと大事な事に触れたいと思います。

  • So back in 2009 my program B-School was getting ready to be brought into the world and I was trying to do everything I could to make it a success.

    2009年のことでしたけど、私の創り出したB-Schoolというプログラムが完成を迎えていて、何としてもこのプログラムを成功に導こうと私は全力を注いでいたんです。

  • I was trying to network, find promotional partners, basically get the word out all over.

    ネットワークを作っていって、宣伝パートナーを見つけつつ、基本的にはあらゆる方面にお知らせして回っていたんです。

  • So I went to this business conference in Washington DC and I was so excited to be there.

    そして、ワシントンで開かれたとあるビジネスカンファレンスに参加して、その時は本当にワクワクしていたんですね。

  • I had my little conference badge around my neck, I had my big conference binder under my arm, everything was going good.

    首から参加者証をぶら下げて、資料の入ったバインダーを小脇に抱えたりして、まあ良い感じで進んでいたんです。

  • So I'm on the escalator heading to go up to one of the main sessions and there was this guy in front of me and he was part of the conference too.

    さて、メインセッションの1つに参加するために乗ったエスカレーターで、私の前に男の人が立っていて、彼もカンファレンスの参加者だったんですね。

  • So, of course, as you do at conferences, he turned around and he asked me. It's like, “Oh, so what do you do?”

    そしてもちろんこういう場ですから、その人は私の方を振り返って、「どんなお仕事されているんですか?」と尋ねてきたんです。

  • This was the perfect opportunity. I was so excited. I started telling him about B-School.

    こんなのまたとないチャンスじゃないですか。ワクワクしながら私はB-Schoolの事について話し始めたんです。

  • I said, “Oh, I'm launching this incredible online business program for women entrepreneurs.”

    「実は、女性実業家のためのすごいビジネスプログラムを開発したところで」という感じで。

  • And so he says, “Oh, that's cute. Is that a hobby? Do you actually make money doing that? Or do you have a rich husband who is bankrolling you?”

    それを聞いてその人は、「ふーん、そうなんだ。趣味かなんかで?それやって収入得られるの?あっ、もしかして旦那さんがお金持ちでバックアップしてくれてるのかな?」なんてことまで言うんです。

  • For one of the very few times in my life, I was absolutely speechless.

    この時ほど言葉を失った瞬間っていうのは、私の人生でそうそうたくさんはないですよ。

  • I felt like I just got gone by the ultimate business debate.

    まるで完全にやり込められたかのような感じになって。

  • I was thinking to myself,“I cannot believe a-hole like this still exists.”And thank God it was a short little escalator ride because I wanted to throw him over that freaking escalator.

    心の中で、「こんなアホがいまだに存在してるんだ」と思いました。短いエスカレーターで良かったですよ、じゃなかったらその人を投げ落としてたかもしれないんで。

  • I got myself together, I mustered out something about that I had been successfully supporting myself in business for the last 9 years, and then I did whatever I could to get away from that turd muncher as fast as humanly possible.

    何とか正気を取り戻して、私は9年間もの間しっかりとビジネスの世界で生き延びてきている事を思い起こして、出来るだけ素早くそのクソ野郎のそばから離れようとしました。

  • Now, here's my point, well that guy was a total ignorato for what he said to me, I actually thank him for not believing in me. I thank him for underestimating me.

    さて、何が言いたいのかというと、その男性は私の事を全く知らないでそんなセリフを吐いたんだけれど、私としては私の可能性を信じてくれなくてむしろありがとう、という気持ちなんです。見くびってくれてありがとうという感じで。

  • I thank him for being a totally ignorant chauvinistic piece of poop. You know why?

    無知で排他的なゴミ野郎でいてくれてありがとう、というわけです。どうしてでしょうか?

  • Because he actually fueled me to make B-School even more of a success.

    だって、この人のおかげでB-Schoolをもっと成功させたい、という熱い思いがたぎってきたからです。

  • I was already committed to it, but after that interaction, nothing was going to stop me.

    すでに全力を注いでいたけれど、このやりとりがあってからますます何も私を止めることができなくなったんです。

  • Now, I know that not everybody is wired in the exact same way, but for me when I want some really bad and someone basically says, “You can't do that,”it just gets me totally fired up and motivated to prove them wrong.

    とは言っても、皆がみんなこんな形で闘志に火が付くわけではないですけど、私に関しては何かを真剣に取り組んでいる時に、誰かに「絶対無理だよ」みたいなことを言われると、何とかしてそれが間違っていると証明してやろうと燃えてくるんです。

  • And, yes, I know in a certain spiritual framework we don't wanna be reactive to life, but what I'm saying is this, is that every single thing that happens to you, including what I now call escalator moment, are fuel for growth and sometimes even more so than the encouraging moments.

    確かに、人生においていちいち人のすることに反応していくべきでは無いという見方もあるんですけど、こういった私が「エスカレーター事件」と呼ぶようなことが起こると、それは励ましの言葉をかけられるよりも強力に成長への糧となり得ることがあるんだということをお伝えしておきたかったんです。

  • And to help you remember this, here's a Tweetable: “Sometimes a put-down is the best fuel to fire you up.”So let's turn this inspiration into action.

    そしてこれを覚えておいてくださいね、今日の一言。「押さえつけられることが逆に心に火をつけることもある」 是非ともこの言葉を実行に移してみましょう。

  • I would love to hear about your escalator moment.

    皆さんの「エスカレーター事件」も教えてくださいね。

  • Let's have a real honest to goodness thank you fest for those people that have not believed in you or for those times when life has challenged your belief in yourself.

    正直に心から自分の可能性を信じてくれなかった人たちや、自分に対して信じる心を揺さぶるような時期があった事に対して感謝してみましょう。

  • Tell me how you can take one of those moments and really let it fuel you into what you want to create right now.

    皆さんはどうやってこういう時は対処して、今自分が目指している事を実現させるために心に火をつけることができるでしょうか。

  • As always, the best discussions happen after the episode over at, say it with me, the lovely land of MarieForleo.com, so go there and leave a comment now.

    いつものことながら、ここでお話しをした後の方が良いディスカッションができるものですから、是非とも…はいご一緒に、「MarieForleo.com」にアクセスしてコメントを残してください。

  • Did you like this video? If so, consider subscribing to our wonderful channel.

    このビデオを楽しんでいただけましたか?その場合はこの素敵なチャンネルを定期購読してみてくださいね。

  • And if you want even more awesome insights and resources and cool stuff to create a business and life that you love, come on over to MarieForleo.com and make sure you sign up for email updates.

    そして人生や仕事を彩るための考え方やリソースをもっと必要な方は、MarieForleo.comにアクセスしてメール購読に登録ください。

  • Stay on your game and keep going for your dreams because the world really needs that special gift that only you have.

    頑張って努力を続けて、夢に向かって進んでいきましょう。この世界はあなたしか持っていない賜物を必要としていますから。

  • Thank you so much for watching and I'll catch you next time on MarieTV.

    ご覧いただきありがとうございます。では次回のマリーTVでまたお会いしましょう。

Hey it's Marie Forleo and you are watching MarieTV, the place to be to create a business and life you love.

どうも、マリー・フォーリオです。今日も皆さんの仕事と人生を充実させるお手伝いをするマリーTVの時間がやってきました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

A2 初級 日本語 エスカレーター マリー marieforleo comアクセス tv カンファレンス

【マリーの人生相談】私を信じてくれなくてありがとう(Thank You For Not Believing In Me)

  • 250503 4673
    Gisele Sung   に公開 2019 年 05 月 03 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す