Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Every day the world consumes 300 tons of caffeine, enough for one cup of coffee for every man, woman and child.

    毎日、世界中で300トンものカフェインが摂取されており、これは老若男女問わず一人1杯のコーヒーを毎日飲んでいるのと同じ量です。

  • The world's largest buyer of coffee, the US, has to import nearly all of this as the coffee trees from which caffeine is harvested will only grow at commercial levels between the tropic of cancer and the tropic of capricorn in an area called the coffee belt.

    アメリカは世界で最も多くコーヒーを購入する国ですが、カフェインを含む商品としてのコーヒー豆を生産しているのはコーヒーベルトと呼ばれる北回帰線と南回帰線の間の地域に限られるため、ほぼ全てのコーヒーを輸入に頼っています。

  • Only a single state, Hawaii, is within the belt.

    ただ唯一ハワイだけはこのコーヒーベルトの中に位置しています。

  • However, the United States is only the largest buyer because it's so populous.

    しかし、アメリカがコーヒーを購入する量が多いというのは、単に人口が多いからということであって、

  • The most enthusiastic coffee drinkers per capita are, in increasing order, the Netherlands, Denmark, Iceland, Norway and, the world champions, Finland, where they drink three times as much coffee a day as the average American.

    人口1人当たり、という観点で見ると、オランダ、デンマーク、アイスランド、ノルウェーときて、フィンランドが世界で最も多くコーヒーを飲んでいる事になります。フィンランドでは1人当たりの1日のコーヒー消費量はアメリカ人の3倍にものぼるのです。

  • All of these countries are outside of the coffee belt and must import 100% of their caffeine supply.

    ここで挙げられた国は全てコーヒーベルトの外に位置するので、100%コーヒーは輸入に頼らざるを得ません。

  • To get this caffeine, first bees must pollinate the flowers of a coffee tree and these flowers develop into bright red berries.

    コーヒーにカフェインが生み出されるには、まずコーヒーの木で蜂による受粉が行われてその花が明るい赤色の実を結ぶ必要があります。

  • Unlike more cooperative domesticated plants, the coffee tree does not ripen all its berries at the same time so they need to be hand picked and sorted.

    一般に身の回りで見られる植物とは違って、コーヒーの実は一度に全部が熟すわけではないので、熟したものだけを手で摘んで分けていく必要があります。

  • Once picked, the coffee bean is removed from inside the berry.

    仕分けが終わったら、コーヒー豆の果肉の部分が取り除かれます。

  • This young seedling of the tree is then dried, heated, ground and submersed in boiling water to get out the precious, precious caffeine.

    そして豆は乾燥され、焙煎され、挽かれて、熱湯に浸けられて、ついに貴重なカフェインが消費可能になるのです。

  • It takes about 40 coffee beans to make one shot of espresso.

    エスプレッソショット1杯分には40個のコーヒー豆が必要です。

  • But why is caffeine in the coffee beans in the first place?

    でも、そもそもどうしてコーヒー豆の中にカフェインが入っているのでしょう?

  • It's not like the coffee trees want to have humans cutting bits of them off and committing a holocaust of their offspring.

    別にコーヒーの木は人間に自らの子孫である実を収穫させて、その子孫に焙煎などの虐待をさせようとしているわけでは無いですよね。

  • Well, the trees, of course, don't want or feel anything and they originally evolved caffeine for their own benefit.

    まあ、もちろん木ですからそんな感情は無いですし、実はカフェインはコーヒーの木自身のために存在する物なのです。

  • Caffeine is an insecticide that effectively paralyzes or kills bugs chomping on the tree.

    カフェインには殺虫効果があり、木を食べる虫をしびれさせたり殺したりする効果を持ちます。

  • Whether or not the insects go out experiencing the greatest caffeine high ever is not known.

    虫たちがカフェインでハイになるかどうかは知られていませんが。

  • While caffeine is technically lethal, it's adapted for for 1g bugs, not monkeys 100,000 times more massive.

    基本的にカフェインは殺傷能力を持つものですが、あくまでも1gの虫に対しては、ということで、10万倍の大きさを持つ人間に対しては当てはまりません。

  • So you'd really have to try to win this Darwin Award.

    ですから、カフェインで死ぬというのはよっぽどのことがないとあり得ません。

  • But, if you must: to calculate the dose of caffeine you'll need to ingest to have a 50% chance of death, take your mass in kilograms and multiply it by 150 mg.

    それでも、カフェインによる死亡確率を50%まで上げるには、体重(キログラム)を150㎎で掛けるとその答えが出ます。

  • Or in terms of coffee, for every kilogram of mass you have you need to drink one latte to get a visit from the grim reaper.

    もしくは、コーヒーに関しては自分の体重1キロに対してラテ1杯の割合で摂取すれば、あの世からお迎えがやってくるでしょう。

  • That's a lot of coffee so it's not surprising that there are no recorded deaths in healthy adults from this method and it's doubtful that it's even possible.

    これは結構な量のコーヒーですから、これまでに健全な大人がコーヒーの飲みすぎで亡くなったという話は聞いたことが無いのは当たり前のことですし、そんな事はあり得ないと考えるのが普通でしょう。

  • Because, while you're busy getting the coffee in, your body is busy getting it out by one way or another.

    というのも、コーヒーを飲み続けると同時に、私たちの体はそれをいろんな方法で体外に排出しようとするからです。

  • The rare recorded deaths from caffeine are from diet pills, pep pills and crazy people who eat the drug in its pure form.

    カフェインによる死亡例自体が少ないですが、これまでにダイエットの薬や覚せい剤、また頭のおかしい人たちが純カフェインをそのまま体内に取り込んだために死亡したケースは知られています。

  • Poison though caffeine is, you do still develop addiction to the stuff.

    カフェインにはこのように毒性があるのですが、それでも中毒症状には陥ります。

  • And it's is a real physiological addiction not a wimpy psychological addition like people claim for videos games and the internet.

    そしてそれは生理学上の本物の中毒症状で、ビデオゲームやインターネット中毒のようなヤワな心理的中毒とは訳が違います。

  • But caffeine isn't heroine.

    しかしカフェインはヘロインとは違いますから

  • Rapid withdrawal won't kill you.

    急激な禁断症状で死ぬことはありません。

  • It might make you cranky and give you a wicked headache.

    不機嫌になったりひどい頭痛が襲ってくることはあるかも知れませんが、

  • But since caffeine releases dopamine to make you happy and it gets rid of headaches there's really no reason to ever stop using the stuff.

    カフェインは幸せな気持ちになるドーパミンを発生させ頭痛を取り除いてくれるものですから、やめる理由は見当たらないです。

  • And who would want to give it up anyway?

    大体、やめようなんて普通は思わないですよね?

  • I mean, aside from converts to Mormonism and Rastafarianism.

    だって、モルモン教徒やラスタ信者を除けば

  • Caffeine is the world's most used psychoactive drug and with good reason, it's pure awesome.

    カフェインは世界で最も広く使われている向精神薬で、その理由はズバリ素晴らしいの一言に尽きるからです。

  • It increases concentration, decreases fatigue and gives you better memory.

    集中力を高め、疲労感を減らして記憶力も上げてくれます。

  • This isn't just a placebo.

    単なる偽薬とは違うんです。

  • These are real effects replicable in a laboratory.

    実験室で再生することができる正真正銘の効果を持つものです。

  • And, contrary to popular belief, drinking coffee isn't a faustian bargain where the devil gives you the ability to work faster but in exchange makes your life shorter.

    そして、よく知られている迷信のように、コーヒーを飲むということは悪魔との契約の様なもので仕事をより速くこなせるものの、その代わりに寿命が縮まってしまうということもありません。

  • For normal, healthy humans there are no medical concerns.

    一般的な健康な人間にとっては、医学的な心配はいりません。

  • Coffee and the caffeine within it may even has medical benefits such as protection from cardiovascular disease, diabetes and Parkinson's.

    コーヒーならびにそこに含まれるカフェインは、むしろ循環器系疾患、糖尿病、そしてパーキンソン病などから体を守ってくれる医学的効果もあるのです。

  • Caffeine can even get rid of migraines but the amount required and the and method of ingestion is uncomfortable.

    カフェインは片頭痛も緩和してくれますが、必要摂取量やその方法はあまり快適なものとは言えません。

  • Moving right along...

    次行ってみましょうか…

  • You know what else you can thank caffeine for? A little thing called the enlightenment.

    他にはカフェインにはどんな素晴らしい側面があるか知っていますか?啓蒙思想というものに関わっているのですが

  • In the 1600s people drank more beer and gin than water.

    1600年代には、人々はビールやジンを水よりも多く飲んでいました。

  • But with the introduction of coffee and tea, people switched from a depressant to a stimulant.

    しかし、コーヒーや紅茶の普及に伴い、人々の好みは抑制剤から興奮剤に移行していったのです。

  • It's not surprising then that this time was an intellectual boom compared to earlier centuries.

    したがって、この時期は前世紀に比べて知力の急激な上昇が多く見られたのも納得できます。

  • Ben Franklin and Edward Lloyd loved their coffee for the same reason that modern workers and students do.

    ベン・フランクリンやエドワード・ロイドはコーヒーをこよなく愛しましたが、その理由は近代の労働者や学生と同じです。

  • It's invaluable for staying awake and concentrating when you need to finish a TPS report or to get through that boring physics class.

    TPSレポートを完成させたり、つまらない物理の授業を受ける際に、目を覚ましていたり集中力を持続させる上で欠かすことができません。

  • Coffee is the fuel of the modern world, so go grab a cup, guilt-free and get working smarter and faster.

    コーヒーは現代社会におけるエネルギー源ですから、皆さんも深く気にせずに1杯飲んで、スマートかつ迅速に作業を進めていきましょう。

Every day the world consumes 300 tons of caffeine, enough for one cup of coffee for every man, woman and child.

毎日、世界中で300トンものカフェインが摂取されており、これは老若男女問わず一人1杯のコーヒーを毎日飲んでいるのと同じ量です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B2 中上級 日本語 カフェイン コーヒー 中毒 頭痛 飲ん ベルト

コーヒー:私たちを魅了し虜にする飲み物 (Coffee: The Greatest Addiction Ever)

  • 12580 916
    Furong Lai   に公開 2019 年 06 月 09 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す