Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • 123 Legacy.

    123 レガシー

  • Let's go, Let's go.

    Let's go, Let's go.

  • Let's go, Let's go.

    Let's go, Let's go.

  • You guys see it?

    みんな見てくれた?

  • Good morning boat.

    おはようございます、ボートです。

  • This is a race to welcome to my home in Accra Ghana.

    これは、アクラガーナの私の家に迎え入れるためのレースです。

  • So on a typical day, usually wake up around 6:00 before the sun gets too hot.

    通常の日は、太陽が暑くなる前の6時頃に起床します。

  • I like to meditate out here.

    私はここで瞑想するのが好きです。

  • I saw my date by prepared by just clearing my palate, clearing my body.

    口の中、体の中をスッキリさせるだけで、デートの準備ができているのがわかりました。

  • So basically we just become like a Jedi, you know, like it doesn't matter how much chaos is around you, your focus your laser vision.

    つまり、私たちはジェダイのようになるのです。周りがどんなに混沌としていても、レーザービジョンで集中するのです。

  • I took a break from modeling.

    私はモデル活動を休止しました。

  • I had decided that enough was enough when you're the model, you're working 10 times more than your predecessor is because there's that much more demand for things to buy.

    モデルになると、前任者の10倍の仕事をしていることになり、それだけ買うものの需要が増えているのだから、もういいだろうと思っていました。

  • It came a point when I needed to take a break and somehow I ended up in Ghana and then just every time I get a chance to escape I run back here, it's a place, come on, so I'm gonna make some breakfast, some scrambled eggs and some coffee.

    ある時、休息が必要になり、どうにかガーナにたどり着きました。そして、逃げ出す機会があるたびに、ここに戻ってくるのです。

  • My dad taught me how to cook actually, but I can only cook like thai and Nigerian food if you want me to make spaghetti, I'll probably burn your house.

    父に料理を教わったのですが、私はタイ料理とナイジェリア料理しか作れません。

  • Okay.

    なるほど。

  • Actually did burn these ones were about to have breakfast and after this get ready and then go out into the city many forks.

    実際に燃やしてみたところ、これらの人たちはこれから朝食をとり、そのあと準備をして街に出ていくということだった。

  • So I've been gone up, it's quite hot.

    だから、私は上に行ったのですが、かなり暑いですね。

  • So I haven't really got a lot of clothes drop this free use daily paper collaboration to streetwear brands.

    だから、私はあまり服を持っていないのですが、今回のフリーユーズデイリーペーパーのコラボレーションは、ストリートウェアのブランドとのコラボレーションです。

  • One from Amsterdam and was from Ghana.

    一人はアムステルダムから、もう一人はガーナから。

  • This one is a bootleg.

    これはブートレグです。

  • Always really titled eyeballs Don't gurus.

    いつも本当にタイトル通りの目玉がドンピシャのグルグル。

  • It's really fun to wear these.

    これを着るのは本当に楽しいです。

  • I'm probably gonna go with this one because it looks pretty hot today.

    今日はかなり暑そうなので、私はこれにしようかな。

  • So now get out of my room.

    だから今、私の部屋から出て行ってください。

  • Let me get ready.

    準備をさせてください。

  • Go go, Good girl.

    Go Go, Good girl.

  • Okay.

    なるほど。

  • Oh yeah, let's go, let's go.

    Oh yeah, let's go, let's go.

  • Let's go to the art market.

    アートマーケットに行ってみよう

  • Okay guys, Independence Square stands for Freedom and Justice.

    よしみんな、独立広場は「自由と正義」の象徴だ。

  • Okay, so we're on our way to the first location of the day, which is art center.

    さて、今日の最初の場所であるアートセンターに向かっています。

  • This place is one of my favorites.

    この店は私のお気に入りの一つです。

  • Get to get to find like a lot of old antiques from all over africa.

    アフリカ中から集められたたくさんの古い骨董品を見つけることができます。

  • You can find anything and they can make you anything you want.

    何でも見つかるし、何でも作ってもらえる。

  • Yeah, actually is the word legacy to be the name of a brand because it's about the very statement of forward ever backwards.

    レガシーという言葉がブランド名に使われるのは、まさに「前進あるのみ、後退なし」という意味が込められているからなのです。

  • Never.

    絶対にない。

  • It's actually about me providing a space where everybody comes together and support.

    実は、みんなが集まって応援してくれる空間を提供することが目的なんです。

  • One of our biggest problems is communication.

    私たちの最大の問題の一つは、コミュニケーションです。

  • There's one thing that we have and this is the best, it is art.

    私たちが持っているもので、これが一番だと思うものがあります。それはアートです。

  • It doesn't matter where you're from, doesn't matter what language you are.

    どこから来たのか、何語なのかは関係ありません。

  • You see art, you could speak.

    アートを見れば、話すことができる。

  • So you gotta speaks to the heart.

    だからこそ、心に響く話をしなければならない。

  • Don't you find the most amazing art here.

    ここには素晴らしいアートがありますよね。

  • How are you?

    お元気ですか?

  • They're really, really big to enter the arts in Ghana.

    ガーナで芸術に参入するためには、本当に、とても大きな存在です。

  • They have a festival called charlie wrote.

    charlie wroteというフェスティバルがあります。

  • That's the street festival.

    それがストリートフェスティバルです。

  • Like it's like African like hippie kind of lives.

    アフリカのようなヒッピーのような生活をしています。

  • It's really, really cool.

    本当に、本当にかっこいいですよね。

  • Welcome to art Center.

    アートセンターへようこそ。

  • Meet my guys.

    私の仲間を紹介します。

  • My guys say, what's up?

    私の部下は、「どうした?

  • Yeah.

    うん。

  • Make everything in here.

    ここですべてを作る。

  • Look at all the beadwork.

    見てください、このビーズ細工。

  • There's all different kinds of wood work.

    いろいろな種類の木工品があります。

  • Is mud?

    泥ですか。

  • Was that instrument that I brought with them by?

    私が持ってきたあの楽器は、彼らによってもたらされたものですか?

  • Yeah, that's how we met because we couldn't agree on the price for three days.

    そう、3日間値段が折り合わなかったので、それで出会ったのだ。

  • Thank you.

    ありがとうございました。

  • Bye bye.

    バイバイ。

  • I'm taking you guys to one of my favorite places in Akra.

    アクラの中でも特にお気に入りの場所に皆さんをご案内します。

  • It's called beach.

    それがビーチというものです。

  • We're gonna go check out my art installation.

    私のアートインスタレーションを見に行くのよ。

  • I'm making a nine ft tall woman on a mountain.

    山の上で9フィートの高さの女性を作っています。

  • So I have queen idea, right?

    だから、私には女王の考えがあるんですよね。

  • nine ft tall.

    9フィートの高さ。

  • Right?

    そうですね。

  • And then her body is just this basket and it's made by an artist.

    そして、彼女の体はこのバスケットだけで、アーティストによって作られています。

  • So someone made the basket.

    誰かがバスケットを作ってくれたんですね。

  • Someone got to pull, Someone made the head, someone got the flowers carried up The mountain.

    誰かが引っ張って、誰かが頭を作って、誰かが花を山に運んだ。

  • Media was amazing.

    メディアは素晴らしかった。

  • She was one of the first queens to go to war with her son in a space where women aren't considered equal as men.

    女性が男性と同等に考えられていない空間で、息子と一緒に戦争に行った最初の女王の一人です。

  • It's really, really like a big deal.

    ほんとにほんとに大したことないみたいです。

  • Who she was.

    彼女は誰だ?

  • Check it out.

    チェックしてみてください。

  • Welcome to my crib.

    私のクリブへようこそ。

  • Welcome to my crib guy.

    Welcome to my crib guy.

  • Rock beat.

    ロックビート。

  • Welcome to our chicken beach.

    私たちのチキンビーチへようこそ。

  • My favorite place in Akra.

    アクラで一番好きな場所です。

  • You guys see it.

    皆さんも見てください。

  • Where's my baby?

    私の赤ちゃんはどこ?

  • Just right over there.

    すぐそこにある。

  • So her head is queen idea.

    だから、彼女の頭は女王のアイデア。

  • She's about nine ft tall and we're gonna do this.

    彼女の身長は約9フィート(約1.5m)で、これを実現するんだ。

  • Cover her whole body with flowers that are found around town.

    街中に咲いている花で彼女の全身を覆う。

  • And just to have her as a symbol of regeneration.

    そして、再生の象徴としての彼女を持つこと。

  • So, these guys were born and raised here and it helps me build her and carry up there.

    そのため、彼らはここで生まれ育った人たちであり、私が彼女を作り、そこに運ぶのに役立ちます。

  • We carried everything by hand.

    すべて手で運んだ。

  • Let's go, let's go, let's go, let's go.

    Let's go, let's go, let's go, let's go。

  • Come on.

    来てください。

  • Be careful though.

    でも、気をつけてください。

  • Mhm.

    mhm

  • My lady.

    私の女性

  • Mhm.

    mhm

  • I chose this spot because I felt right to me.

    私がこの場所を選んだのは、自分に合っていると感じたからです。

  • It felt right that the queen would be sitting here.

    女王がここに座っているのは正しいと思った。

  • It's this hidden little like entrance into this beach into this world.

    それは、このビーチからこの世界への入り口のような、隠れた小さなものです。

  • She's really peaceful here.

    彼女はここでは本当に穏やかです。

  • Okay, come with me as we try some new foods.

    さあ、一緒に新しい食べ物を試してみましょう。

  • A lot of restaurants, really mixed art with the food.

    多くのレストランでは、本当に料理にアートが混ざっていました。

  • So the spaces are really really cool here.

    だから、ここの空間は本当に素晴らしいです。

  • You see like a lot of like off your afro futuristic art uh surrounding us.

    私たちの周りには、あなたのアフロの未来的なアートのようなものがたくさんあります。

  • It feels like, I don't know like you're in a museum.

    なんだか、美術館にいるような気がしてならない。

  • Thank you.

    ありがとうございました。

  • Haven't cooked, I haven't cooked in three years until Covid hit then I had the time to start making my own food.

    料理はしていません。コビットが発売されるまでの3年間は料理をしていませんでしたが、その後は自分で料理を作る時間ができました。

  • Uh my own simple eggs.

    自分で作ったシンプルな卵。

  • It's really good.

    本当に良いですよ。

  • So many flavors that your tongue has yet to experience.

    あなたの舌がまだ経験していない多くのフレーバーがあります。

  • You know, a lot of the foods are like traditionally old old, like recipes from way back when you know, just got my certificate of incorporation to that legacy pad Africa, L T D or official.

    多くの食品は、昔からの伝統的なレシピのようなものです。

  • So tight today, you guys got to check out a mini glimpse of life off modeling for me in Ghana.

    というわけで、今日はガーナでのモデル業を離れた生活の様子を少しだけご紹介しましょう。

  • I think that there's so much more to discover and to learn about Ghana Ghanians in africa as a whole.

    ガーナやアフリカのガーナ人については、まだまだ知らないことがたくさんあると思います。

  • I'm just excited all of that.

    私はそのすべてに興奮しています。

  • And yeah, I can't wait for you guys to see all the wonderful work we've been doing here.

    私たちの素晴らしい仕事ぶりを、早く皆さんに見ていただきたいです。

  • Thank you so much for spending the day with me.

    私と一緒に一日を過ごしてくださって、本当にありがとうございました。

  • I hope you guys do come by to, I hope you guys.

    私は、あなたたちが寄ってきてくれることを願っています。

  • Um, yeah, I hope you guys come and check out Ghana.

    うーん、そうですね、皆さんもぜひガーナを見に来てください。

  • It's really sick piece.

    本当に気持ち悪い作品です。

  • Oh hello vogue.

    Oh hello vogue.

  • This is a day swap to watch more videos like this.

    これは、このようなビデオをもっと見るためのデイ・スワップです。

  • Subscribe here.

    購読はこちらから

123 Legacy.

123 レガシー

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ガーナ アート 料理 女王 本当 モデル

モデル、アデスワ・アイゲウィがガーナで過ごす休日。|モデル・ダイアリー|VOGUE JAPAN (モデル、アデスワ・アイゲウィがガーナで過ごす休日。| Model Diaries | VOGUE JAPAN)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 04 月 18 日
動画の中の単語