Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In the early 1900s the St. Nicholas Croatian Roman Catholic Church was opened in western

    1900年代初頭には、西部に聖ニコラス・クロアチア・ローマ・カトリック教会が開設された。

  • Pennsylvania to meet the needs of an influx of Croatian immigrants.

    ペンシルバニア州では、クロアチア系移民の流入に対応するために

  • Just a few decades later, many of those immigrants wouldn't go near the church.

    ほんの数十年後、その移民の多くは教会に近寄らなくなった。

  • It was said ghosts lurked among the disturbing murals that had been painted by the world-renowned

    世界的に有名な画家が描いた不穏な壁画の中には、幽霊が潜んでいると言われていました。

  • Croatian artist, Maxo Vanka.

    クロアチアのアーティスト、マクソ・ヴァンカ。

  • This man had experienced first-hand the horrors of war.

    この男は、戦争の悲惨さを身をもって体験していた。

  • He'd seen bloodshed in all its vivid horror.

    流血の恐ろしさを目の当たりにした。

  • He'd watched men die before his own eyes.

    自分の目の前で人が死ぬのを見てきた。

  • When he worked at night he demanded to be left completely alone with his dark thoughts.

    夜、仕事をしているときは、一人で考え事をすることを要求した。

  • It was then while painting the walls and ceiling of the church, he became aware he was being

    教会の壁や天井を塗っているときに、「自分がやっていること」に気づいた。

  • watched.

    を見ました。

  • A strange, hooded figure glided past his scaffold; the artist heard mumbling as his body was

    フードをかぶった奇妙な人物が彼の足場を通り過ぎ、アーティストは彼の体が運ばれてくるときにつぶやきを聞きました。

  • eclipsed by what felt like a rush of freezing cold air.

    凍てつくような冷たい空気が押し寄せてきて、それにかき消された。

  • This is just one of many ghost stories that have throughout time have both entertained

    これは、時代を超えて人々を楽しませてきた数多くの怪談の一つに過ぎません。

  • and frightened various groups of Catholics.

    と言って、様々なカトリック教徒のグループを怖がらせました。

  • It's no campfire tale, either.

    キャンプファイヤーの話でもありません。

  • It's a very real story of a very real man who was certain specters came into his life.

    妖怪が自分の人生に現れたことを確信した、とてもリアルな男性の物語です。

  • Let's stick with his story for now.

    とりあえず、彼の話を聞いてみよう。

  • As this tale goes, he was hired to beautify the church after it had fallen into a state

    彼は、荒廃した教会を美しくするために雇われたという話です。

  • of disrepair following a fire in 1921.

    1921年の火事の後、荒廃していました。

  • The pastor there, Father Albert Zagar, was a big fan of Vanka's work.

    そこの牧師であるアルバート・ザガー神父は、ヴァンカの作品の大ファンだった。

  • Vanka himself had accumulated a lot of support for his painting in Europe, so he was the

    ヴァンカ自身は、ヨーロッパで絵の支持を積み重ねていたので、彼が

  • ideal man to paint what would become one of the most celebrated murals in the world.

    世界で最も有名な壁画を描くのに理想的な人物であった。

  • Vanka was not a crazy man, but he was certainly affected by the horrors he'd seen while

    ヴァンカは狂人ではなかったが、自分が見た恐怖に影響されていたのは確かだ。

  • serving in the Belgian Red Cross during the First World War.

    第一次世界大戦中、ベルギー赤十字社に所属していました。

  • He was a devoted pacifist, but that didn't prevent him from seeing fields stained with

    彼は熱心な平和主義者であったが、それは彼がフィールドを汚すことを妨げるものではなかった。

  • blood and hearing the primal moans of dying soldiers.

    血を流し、瀕死の兵士の原始的な呻き声を聞く。

  • This is reflected in his artwork.

    それは彼の作品にも反映されています。

  • He painted scenes in the church that depicted what he had seen during the war, that and

    彼は、戦争中に見たもの、あれやこれやを描いたシーンを教会に描いた。

  • how faith in God was the remedy for such horror.

    神への信仰は、そのような恐怖に対する救済策であったのです。

  • Vanka only ever painted at night when there was complete silence in the church.

    ヴァンカが絵を描くのは、教会が完全な静寂に包まれた夜に限られていた。

  • He demanded that no one could enter the place, not even Father Zagar.

    ザガー神父も含めて、誰もその場に入れないように要求した。

  • It was during his first few days of work that he began to hear strange noises, sounds he

    働き始めて数日後、奇妙な音が聞こえるようになったのです。

  • had never heard before.

    は、今まで聞いたことがなかった。

  • At first, he just brushed this off as his imagination playing tricks on him.

    最初は、気のせいだと思って流していた。

  • Then on the fourth night, he noticed something about 30 meters away from him, what looked

    そして4日目の夜、彼は30メートルほど離れたところに何かを発見した。

  • like a robed man moving his arms around.

    のように、ローブを着た人が腕を動かしています。

  • Vanka just thought that somehow Father Zagar had gotten into the church.

    ヴァンカは、どうにかしてザガー神父が教会に入り込んだのだとばかり思っていた。

  • The only noise he could hear, however, was the sound of Zagar's dog barking wildly.

    しかし、聞こえてくるのはザガーの犬が荒々しく吠える音だけだった。

  • At around two in the morning when Vanka quit work, he met the Father for tea and snacks.

    ヴァンカが仕事を終えた夜中の2時頃、神父と会ってお茶とお菓子をご馳走になった。

  • “I saw you inside the church,” said Vanka, trying not to sound as if he was censuring

    "教会の中であなたを見かけました "とヴァンカは言ったが、それを咎めているように聞こえないようにした。

  • the Father.

    the Father。

  • “I wasn't in the church,” was the reply he heard.

    "と聞くと、「教会には行っていない」という答えが返ってきた。

  • A few days later Vanka felt a presence again.

    数日後、ヴァンカは再び気配を感じた。

  • He looked down from his scaffold, and what he saw was a figure dressed in robes with

    足場から見下ろした彼が見たのは、ローブを着た人物と

  • his head covered by a hood.

    フードで頭を覆っています。

  • Vanka squinted just to make sure he wasn't seeing things, but the figure remained below

    ヴァンカは目を細めて念のため確認したが、その姿は下に残っていた。

  • the scaffold, mumbling to himself and making gestures with his hands.

    足場の上で、独り言を言ったり、手でジェスチャーをしたりしていました。

  • Again, Vanka wondered if it was the Father.

    ヴァンカは再び、それが父ではないかと考えた。

  • Maybe the old man was playing tricks on him, he thought.

    もしかしたら、この老人は自分を騙しているのかもしれないと思った。

  • Maybe the Father was just walking around the church, but didn't want to disturb him as

    もしかしたら、神父は教会の周りを歩いていただけかもしれませんが、彼の邪魔をしないように

  • he painted.

    彼は絵を描いた。

  • You see, Vanka didn't immediately think he'd seen a ghost.

    あのね、ヴァンカはすぐには幽霊を見たとは思わなかったのよ。

  • He wasn't the kind of person to believe such a thing.

    彼はそんなことを信じられる人間ではなかった。

  • But what had he seen?

    しかし、彼は何を見たのだろうか。

  • Vanka went over to the Father's quarters where he found him soundly asleep.

    ヴァンカが父の部屋を訪ねると、父はぐっすりと眠っていた。

  • After he woke him up he asked him if he had a habit of sleepwalking, because someone was

    彼を起こした後、彼に「夢遊病の癖はないか」と尋ねたところ、誰かが

  • in the church while he was painting.

    描いている間、教会にいました。

  • The father just looked at him sternly and took a big gulp.

    父親は厳しい目で見ていただけで、大きく飲み込んだ。

  • He told Vanka that for some years people had claimed to have seen ghosts in the church.

    彼はVankaに、何年も前から教会で幽霊を見たと言う人がいたと語った。

  • He said the community was scared stiff.

    地域の人たちが怖がっていたそうです。

  • He said that many of them had argued about what the ghost was, or who the ghost was.

    幽霊が何なのか、誰なのか、多くの人が議論していたという。

  • The Father hadn't seen any ghosts himself, but many others had.

    神父自身は幽霊を見たことがないが、多くの人が見たことがある。

  • The only reason he didn't tell Vanka was that he didn't want to scare him.

    ヴァンカに言わなかったのは、彼を怖がらせたくなかったからだそうだ。

  • He said from now on, he'd sit below the scaffold while Vanka worked.

    これからは、ヴァンカが仕事をしている間、自分は足場の下に座っているという。

  • The next night the two weren't exactly in the same state of mind.

    翌日の夜、2人の心境は決して同じではなかった。

  • Vanka was still shaken by what he'd seen, but the Father just made jokes about the mysterious

    ヴァンカは、自分が見たものにまだ心を揺さぶられていたが、神父は、不思議なものだと冗談を言っていた。

  • specter.

    スペクターです。

  • That smile was soon erased from his face when he heard the same strange sounds that Vanka

    その笑顔は、ヴァンカと同じような奇妙な音を聞いてすぐに消えてしまった。

  • was hearing.

    が聞こえてきました。

  • Almost shaking, the father walked towards the noise and said loudly, “If you're a

    震えそうになりながら、父親は騒音のする方へ歩いて行き、大声で「もしもあなたが

  • ghost, if you're a dead man, go with God.

    ghost、死人に口なしなら神に従え。

  • Peace to you.

    Peace to you.

  • I'll pray for you.

    私はあなたのために祈ります。

  • Only, please don't bother us.”

    ただ、私たちに迷惑をかけないでください」。

  • At that very moment, Vanka looked over to the fourth pew.

    その時、ヴァンカは4番目の席に目をやった。

  • There he saw the robed man, only this time he could make the figure out better.

    そこにはローブを着た男の姿があったが、今回はその姿をより鮮明に見ることができた。

  • He was old, very old, and had an angular face.

    彼は年老いていて、とても年老いていて、角ばった顔をしていた。

  • Then just like that, he disappeared.

    そして、忽然と姿を消してしまった。

  • The Father hadn't seen him, but he'd heard something spooky.

    父は彼を見ていなかったが、何か不気味な音を聞いていた。

  • He wasn't quite sure if to believe Vanka about the figure, though.

    しかし、その姿をヴァンカに信じていいのかどうかはわからなかった。

  • It was perhaps this skepticism that caused something to happen that would change the

    このような懐疑的な考えを持っていたからこそ、時代を変えるような出来事が起こったのかもしれません。

  • Father's life forever.

    父の命を永遠に

  • Later that night as he was sleeping he was awakened by strange noises seemingly pervading

    その日の夜、彼が寝ていると、奇妙な音が充満しているように見えて目が覚めました。

  • his bedroom.

    彼の寝室。

  • He felt a cold shudder down his back; he felt a presence.

    背中に冷たい震えを感じ、気配を感じたのだ。

  • Again, the Father told the ghost that he would pray for him, that God was with him, but please

    再度、父は幽霊に「祈ってあげるよ」「神様が一緒にいるよ」と言ったが、どうか

  • could he leave the church.

    彼は教会を去ることができた。

  • A few nights passed and the noises came back.

    数日の夜が過ぎ、音が戻ってきた。

  • The ghost was obviously not agreeable to the Father's entreaties.

    幽霊は、父の懇願には明らかに応じなかった。

  • When he walked over to the church to tell Vanka about what he'd heard, he got another

    この話をヴァンカに伝えようと教会に行くと、また別の話が出てきた。

  • surprise.

    の驚き。

  • This time the ghost walked down the altar and over to the eternal flame.

    今度は亡霊が祭壇を降りて永遠の炎の方へと歩いていった。

  • That flame had been lit for eight years and had not gone out once, but as soon as the

    その炎は8年間、一度も消えることなく燃え続けていましたが、すぐに

  • ghost reached it, it flickered and died.

    幽霊はそれに到達すると、明滅して死んでしまいました。

  • The Father was no longer a skeptic, and so much for eternal.

    父はもはや懐疑論者ではなく、エターナルはここまでだった。

  • Vanka kept up with the work but always with a sense that something evil was in that church

    ヴァンカは仕事を続けながらも、いつも「あの教会には何か邪悪なものがある」と感じていた。

  • with him.

    とのことです。

  • The noises and the apparitions became so regular that he started to stuff bits of cotton in

    音や幻影があまりにも日常的になってきたので、綿の切れ端を中に詰め込むようになった。

  • his ears.

    彼の耳には

  • To prevent him from seeing the ghost out of the corner of his eyes he made blinkers with

    幽霊が目の端に見えないように、目隠しをしていました。

  • old newspapers.

    昔の新聞を見て

  • Word got around about what the artist was seeing.

    アーティストが見ていたものが噂になったのだ。

  • Many people said the pacifist in the war had what they called a “gift of sympathy”.

    戦争中の平和主義者には、「同情の賜物」と呼ばれるものがあると多くの人が言っていた。

  • This was why he was able to see the dead.

    だからこそ、彼は死者を見ることができたのだ。

  • Still today, you can see those quite amazing but also disturbing murals that Vanka painted

    今でも、ヴァンカが描いた非常に素晴らしい、しかし不穏な壁画を見ることができます。

  • in the presence of ghosts.

    幽霊のいるところで

  • For the next terrifying tale, we must leave the USA and head over the pond to the city

    次の恐ろしい物語のために、私たちはアメリカを離れ、池の向こうの都市に行かなければなりません。

  • of London, England.

    of London, England.

  • It was there in the bitterly cold winter of 1847 that a young woman had a violent run-in

    1847年の厳しい寒さの冬、この地で一人の若い女性が激しくぶつかり合いました。

  • with something not of this world.

    この世のものではないもので

  • This woman was just 29-years old and she was incredibly wealthy as well as very attractive.

    この女性は29歳という若さで、非常に裕福で魅力的な女性でした。

  • She lived in a palatial mansion that was decorated with fine and art and furniture made by the

    の家具や美術品で飾られた豪邸に住んでいました。

  • best hands in Europe.

    ヨーロッパでは最高の手だと思います。

  • Also sharing the house was a Lord, a man not in any way in intimate relations with the

    また、同居していたのは主であり、決して親密な関係ではない男性である。

  • woman.

    の女性がいます。

  • One night she was reading a novel in her exquisite bedroom.

    ある夜、彼女は極上の寝室で小説を読んでいた。

  • It was past midnight, and her eyelids were starting to droop.

    夜中の12時を過ぎて、まぶたが垂れてきていた。

  • When she heard the clock strike one she laid the book down on her bed table and blew out

    時計が1時を告げるのを聞くと、彼女は本をベッドのテーブルに置き、息を吹きかけた。

  • the candle.

    キャンドルを使用しています。

  • After a few minutes as her mind was about to drift off into the realms of sleep, she

    数分後、彼女の心が眠りに落ちようとしている時、彼女は

  • witnessed something she couldn't explain.

    が、説明できない何かを目撃してしまったのだ。

  • A bright light filled the room.

    部屋に明るい光が差し込んできた。

  • It was through this light that she noticed the young Lord appear.

    その光の中に、若い主が現れたことに気がついた。

  • He walked over to her as she sat up in bed, her screams held back by the shock.

    ショックで悲鳴を上げるのを抑えながら、ベッドに座っている彼女のもとに歩み寄った。

  • He grabbed her arm so hard it hurt.

    彼は彼女の腕を痛くなるほど強く掴んだ。

  • In a deep and resounding voice, the man said to her, “There is a hell!”

    深くて響く声で、男は彼女に "地獄がある!"と言った。

  • The pain was so much at that point that she passed out.

    その時は痛みが激しく、気絶してしまいました。

  • About an hour later she was awoken by an intense pain emanating from her arm.

    約1時間後、彼女は腕から発せられる激しい痛みで目が覚めた。

  • When she lifted up the sleeve on her nightdress, she almost passed out again when she saw a

    彼女が寝間着の袖を上げたとき、再び気を失いそうになったのは

  • burn that was so bad she could almost see the bone in her arm.

    腕の骨が見えるほどのひどい火傷。

  • The next day she discovered something terrifying.

    翌日、彼女は恐ろしいものを発見した。

  • The previous night at the same time she had been attacked, the Lord had become delirious

    前日の夜、彼女が襲われたのと同じ時間に、主は錯乱状態になっていた。

  • having what looked like a seizure.

    痙攣しているように見えました。

  • The servants did their best to help him, but he died just after the clock struck one.

    召使たちは懸命に助けようとしたが、時計が1時を回った直後に死んでしまった。

  • We don't know the name of this woman's family, but we know they were very religious

    この女性の家族の名前はわかりませんが、とても信心深いことはわかっています。

  • people.

    の人がいます。

  • The woman it's said for years wore a golden band over that burn mark, but the family hardly

    その女性は、その火傷の跡に金色のバンドを何年もつけていたと言われていますが、家族はほとんど

  • ever talked about the incident again.

    その時のことは二度と話しませんでした。

  • Now let's return to stories with names and places.

    さて、話を名前や場所のあるストーリーに戻しましょう。

  • The location of the next tale is La Roche College in Allegheny County, Pennsylvania.

    次の物語の場所は、ペンシルバニア州Allegheny CountyにあるLa Roche Collegeです。

  • This place was built in the 1960s for the Sisters of Divine Providence.

    ここは1960年代に神の摂理の姉妹たちのために建てられたものです。

  • It was there where nuns studied, some of whom would see phantoms in their midst.

    そこでは修道女たちが勉強していて、中には幻影を見る人もいたそうです。

  • One of the nuns at the college was blind, but she knew the layout of the land very well

    大学の修道女の一人は目が見えないが、土地の配置をよく知っていた

  • and so wasn't frightened to wander around.

    そのためには、その場にいても怖くありません。

  • She was well aware that there was a pond not far from the main building, and since she

    本館からほど近い場所に池があることを知っていたので

  • was blind and couldn't swim, she made sure never to stray from the path when in the vicinity

    盲目で泳げない彼女は、近くにいるときは絶対に道を外さないようにしていた。

  • of the pond.

    池の

  • But as you all know, sometimes fate has an ugly way of expressing itself, even when it

    しかし、皆さんご存知のように、運命とは時に醜い方法で表現されるもので、たとえ

  • comes to a disabled person who's devoted her life to serving God Almighty.

    全能の神に仕えるために人生を捧げてきた障害者には

  • One day, as she walked down that familiar path something caused her to slip.

    ある日、彼女が慣れ親しんだ道を歩いていると、何かが原因で滑ってしまった。

  • She fell sideways into the pond.

    彼女は池に横向きに落ちた。

  • While it wasn't that deep, she may have got caught in the vines and mud, because the

    それほど深くはなかったが、彼女はつるや泥に巻き込まれたかもしれない。

  • next time she was seen was a few hours later when her pale body was pulled out to the distress

    次に彼女の姿が見られたのは、その数時間後、青白い体が遭難して引き上げられたときだった。

  • of the other nuns.

    他の修道女たちの

  • For decades after, people who studied at the college claimed to have seen the apparition

    その後、何十年もの間、この大学で学んだ人たちが「幻影を見た」と言っていた。

  • of the sister taking that fateful walk.

    運命の一歩を踏み出した姉妹の

  • In fact, so many people said they had seen the ghost that in 1996 the college newspaper

    実際、幽霊を見たという人があまりにも多く、1996年には大学新聞に

  • decided it was time to look into the matter.

    この問題を解決するために、私たちは検討を始めました。

  • Not only did some people not believe in the sightings but many folks thought the whole

    目撃談を信じない人がいただけでなく、多くの人が、すべての人が

  • blind nun story was fiction.

    盲目の修道女の話はフィクションです。

  • It wasn't.

    そうではありませんでした。

  • It turned out that on March 22, 1949, a blind nun named Sister Mercedes Michel had indeed

    1949年3月22日、シスター・メルセデス・ミシェルという盲目の修道女が、本当に

  • gone out for her daily walk.

    毎日の散歩に出かける。

  • It was just after 10 am when the other nuns realized that she hadn't appeared that morning

    他の修道女たちが、朝、彼女が現れないことに気づいたのは、午前10時を過ぎた頃でした。

  • to start her lunch duties, something she never failed to do.

    と言って、いつものようにランチの仕事を始めたのだった。

  • They soon heard the news.

    彼らはすぐにそのニュースを聞いた。

  • A guy driving past the pond had seen a body.

    池の前を車で走っていた人が、死体を見たというのだ。

  • It was Sister Michel.

    シスター・ミシェルだった。

  • As the story goes, for a few days prior to her fall she had been incredibly anxious about

    話は変わりますが、彼女は倒れる数日前から信じられないほどの不安を抱えていました。

  • something although she wouldn't tell the other nuns what was on her mind.

    他の修道女たちには心の中を明かさなかったが、何かを感じていたのだろう。

  • What was also strange, given her young age, was that the pathologist said the reason she

    また、若い年齢にしては不思議なのは、病理医が「彼女の理由は

  • hadn't been able to get out of the pond was the fact that she had had a heart attack.

    が池から出られなかったのは、彼女が心臓発作を起こしていたからだった。

  • To this day, people still occasionally see her walking along that path, only to fall

    今でも時々、その道を歩いている彼女を見かけますが、転んでしまったのです。

  • into that murky water again.

    あの濁った水の中に再び入ることになる。

  • Now let's go back in time and look at a place that was once called the most haunted

    では、時間を遡って、かつて最も幽霊が出ると言われた場所を見てみましょう。

  • house in England.

    イギリスの家。

  • This wasn't any ordinary house, it was a rectory, the place where the holy person dwelled

    ここは普通の家ではなく、聖職者が住む場所である牧師館であった

  • when he wasn't in the church.

    彼が教会にいないときは

  • In 1862, that person was Reverend Henry Dawson Ellis Bull.

    1862年、その人はヘンリー・ドーソン・エリス・ブル牧師だった。

  • He was the reverend of Borley Church in the south of England, so his house was Borley

    彼はイングランド南部にあるボーリー教会の牧師だったので、家はボーリー

  • rectory.

    レクトリー

  • What's interesting is the church goes way back.

    興味深いのは、教会の歴史が古いことです。

  • Some people say it was built on the top of a monastery that dated back to 1362.

    1362年に建てられたという修道院の上に建てられたという説もあります。

  • This place had a very dark past indeed, according to Borley lore.

    この場所には、ボーリーの言い伝えによれば、実に暗い過去があった。

  • One of the monks there fell in love and had an intimate relationship with a nun, which

    そこにいた一人の修道士が、ある修道女と恋に落ち、親密な関係になった。

  • was about as big a dereliction of duty as you could get back in those days.

    は、当時としては大きな職務怠慢だったと言える。

  • The punishment was harsh, to say the least.

    控えめに言っても、罰は厳しかった。

  • The monk was executed and the nun was bricked up alive and died within the walls, all the

    僧侶は処刑され、尼僧は生きたままレンガで固められて城壁内で死んだ、すべての

  • time pleading for God to forgive her for her earthly transgression.

    は、自分の地上での罪を許してくれるよう、神に懇願していました。

  • Ok, so the first signs that the place might be haunted go back to 1863 while Reverend

    幽霊が出るかもしれないという最初の兆候は、1863年に牧師が

  • Dawson Ellis Bull was in charge.

    ドーソン・エリス・ブルが担当した。

  • It wasn't such a big haunting, with folks just saying they continually heard footsteps

    それほど大きな祟りではなく、「足音がよく聞こえる」という程度のものだった。

  • in the rectory.

    を牧師館に設置しました。

  • When the father was dead and gone his four daughters took over the house.

    父親が亡くなってからは、4人の娘たちが家を継いだ。

  • In the year 1900, all of them saw the same thing.

    1900年になると、すべての人が同じものを見た。

  • That was the ghost of a nun running down the yard.

    それは、庭を走る修道女の幽霊だった。

  • They tried to talk to this nun, but the apparition just disappeared.

    彼らはこの修道女に話しかけようとしたが、その幻影は消えてしまった。

  • This sounds like a tall tale, but people took their story seriously.

    しかし、人々は彼らの話を真剣に聞いていた。

  • Other incidents occurred around that time, such as people claiming they'd seen headless

    また、その頃、「首のない人を見た」という事件も起きています。

  • horsemen riding a carriage around the grounds of the rectory.

    牧師館の敷地内を馬車に乗った騎手が回っています。

  • Time passed, but the stories didn't stop.

    時間が経っても、話は止まらなかった。

  • In the early 20th century, Reverend Guy Eric Smith took over the rectory.

    20世紀初頭には、ガイ・エリック・スミス牧師が牧師館を引き継いだ。

  • One day his wife was cleaning the house when she came across a puzzling thing: a human

    ある日、妻が家の掃除をしていると、不思議なものが出てきた。

  • skull inside a paper bag in a cupboard.

    戸棚の中の紙袋の中に入った頭蓋骨。

  • This family knew all about the hauntings, but obviously didn't believe in headless

    この家族は、幽霊のことはすべて知っていましたが、明らかに首なし男のことは信じていませんでした。

  • horsemen and spectral nuns.

    騎馬民族と妖怪のような尼僧。

  • They soon did, though, after hearing servants' bells ring by themselves and other strange

    しかし、召使の鐘が勝手に鳴るのを聞いたり、不思議なことがあったりして、すぐに鳴るようになりました。

  • noises.

    のノイズが発生します。

  • They were so taken aback by the strange events that they contacted the Society for Psychical

    奇妙な出来事に驚いた彼らは、米国心霊学会に連絡を取りました。

  • Research.

    研究しています。

  • When a paranormal investigator from that organization went to the house, he too said he saw and

    その団体の超常現象調査員が家に行くと、彼も「見た」「見た」と言っていました。

  • heard strange phenomena, which he put down to ghosts.

    奇妙な現象を耳にしたが、それは幽霊のせいだと考えた。

  • The family wanted to leave the rectory.

    家族は牧師館を出たいと言っていた。

  • The problem was, since everyone knew about the hauntings it wasn't exactly easy to

    問題は、誰もが幽霊の存在を知っているため、簡単には解決できなかった。

  • find a replacement.

    替えを探す。

  • Nonetheless, a replacement came and that was Reverend Lionel Algernon Foyster and his wife

    しかし、その代わりにやってきたのが、ライオネル・アルジャーノン・フォイスター牧師とその妻だった。