Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The day of her wedding Heather dressed in a lilac gown with a sweetheart neckline.

    結婚式当日、Heatherはスイートハートネックラインのライラック色のドレスを着ていました。

  • Her blonde hair was styled into curls and held back by a sparkling tiara.

    ブロンドの髪をカールさせ、キラキラ輝くティアラでまとめています。

  • Her groom Aaron wore sneakers, dark slacks and a matching plaid tie.

    新郎のアーロンさんは、スニーカーにダークなスラックス、そしてお揃いのチェック柄のネクタイをしていました。

  • The wedding took place under a wooden veranda in a park.

    挙式は公園の木製ベランダの下で行われました。

  • During the ceremony, Heather and Aaron held hands and recited vows, promising to love,

    挙式では、HeatherとAaronが手をつないで誓いの言葉を述べ、愛を誓いました。

  • cherish, protect and comfort each other.

    互いを大切にし、守り、慰める。

  • Afterwards, Heather's dad made a speech wishing the couple good luck.

    その後、ヘザーさんのお父様がお二人の幸運を祈るスピーチをされました。

  • It was the day after Heather's 15 birthday.

    それは、ヘザーの15歳の誕生日の翌日だった。

  • She was also 9 weeks pregnant.

    また、彼女は妊娠9週目でした。

  • Her new husband was 24 years old.

    新しい夫は24歳だった。

  • Heather had originally met Aaron when he and his parents came to work for the summer at

    ヘザーがアーロンと出会ったのは、彼の両親が夏休みを利用してホテルに働きに来たときだった。

  • her grandparent's fly fishing store in their rural Idaho town.

    アイダホ州の田舎町にある祖父母のフライフィッシング店。

  • She and Aaron spent hours hanging out and talking.

    彼女とAaronは何時間も一緒にいて話をしていた。

  • One night they drank beer and hung out in Aaron's camper van.

    ある夜、彼らはビールを飲みながら、アーロンのキャンピングカー・バンで遊んでいた。

  • The next morning, Heather woke up disoriented without any memory of the night before.

    翌朝、ヘザーは前夜の記憶がなく、混乱した状態で目覚めた。

  • She was upset when Aaron told her they had sex.

    彼女は、アーロンからセックスをしたことを聞かされて動揺した。

  • However, she liked him, so she continued to date him.

    しかし、彼女は彼のことが好きだったので、彼との交際を続けていました。

  • Several weeks later Heather got sick and learned that she was pregnant.

    その数週間後、ヘザーは体調を崩し、妊娠していることがわかった。

  • Per Idaho state law, it's a felony for an adult to have sex with a minor under the age

    アイダホ州の法律では、成人が未成年者と性行為を行うことは重罪とされています。

  • of 16.

    の16です。

  • The maximum punishment for this crime is life in prison.

    この罪の最高刑は終身刑です。

  • When she found out her daughter was pregnant, Heather's mom Lynette, who's divorced

    娘の妊娠を知ったヘザーの母リネットは、離婚していますが

  • from her father and lives in Utah called the local police and filed a report for statutory

    ユタ州に住んでいる彼女の父親から、地元の警察に電話をして、法定調書を提出しました。

  • rape.

    のレイプです。

  • Also per Idaho state law, sex between a married couple is legal, no matter the age of the

    また、アイダホ州の法律では、結婚している夫婦間のセックスは年齢に関係なく合法です。

  • spouses.

    の配偶者となります。

  • In the US, people must be 18 to marry.

    アメリカでは、18歳にならないと結婚できません。

  • However, most states allow minors to marry under certain circumstances.

    しかし、ほとんどの州では、特定の状況下で未成年者の結婚を認めています。

  • The requirements vary from state to state.

    条件は州ごとに異なります。

  • Heather's father Keith, stepmother and paternal grandparents sat down for a discussion with

    ヘザーの父親Keith、継母、父方の祖父母が座って話し合ったのは

  • Aaron's family.

    アーロンの家族。

  • Keith felt that the Bible advised marraige and quickly nixed any talk of his daughter

    キースは、聖書が結婚を勧めていると感じ、娘の話はすぐにやめた。

  • having an abortion.

    中絶をする。

  • Both families hoped that marriage would keep Aaron out of jail.

    両家とも、結婚すればアーロンが刑務所に入らずに済むと期待していた。

  • In Idaho, at age 15 Heather would need permission from a parent to marry; also she'd have

    アイダホ州では、15歳になったヘザーが結婚するには親の許可が必要で、さらには

  • to go before a judge.

    審判を受けるために

  • Worried that a judge might not allow the match, Heather's family did some research.

    裁判官が試合を認めないかもしれないと心配したヘザーの家族は、いろいろと調べてみました。

  • While some states ask for both parents' permission, Missouri only required one signature

    州によっては両親の許可を求めるところもありますが、ミズーリ州では片方のサインだけで済みました。

  • from a custodial guardian or parent.

    親権を持つ保護者や親からの

  • Also a court clerk, rather than a judge could approve a marriage.

    また、裁判官ではなく、裁判所の書記官が結婚を承認することもあります。

  • The families piled into a van and drove 17 hours to Kansas City, Missouri.

    家族はバンに乗り込み、17時間かけてミズーリ州のカンザスシティに向かった。

  • First thing, Monday morning Heather, Aaron and Keith went to the Jackson County Courthouse.

    月曜日の朝一番に、ヘザー、アーロン、キースの3人はジャクソン郡裁判所に行った。

  • The court clerk took a copy of Aaron's and Heather's ids.

    裁判所の書記官は、アーロンとヘザーのIDのコピーを取りました。

  • Keith signed his consent for them to marry.

    キースは二人の結婚に同意のサインをした。

  • By 10 am the couple was on their way back to the hotel to get dressed up.

    午前10時には、お二人はホテルに戻っておめかしをしているところでした。

  • Within a few hours, they were married.

    数時間後には結婚していました。

  • A few times Heather had been asked if this was what she wanted-by family, by the clerk

    ヘザーは何度か、家族や店員から「これでいいのか」と聞かれたことがあった。

  • and by the officiant who married her.

    そして、彼女を結婚させた司会者によって。

  • Although she said yes, the truth was she was scared.

    彼女は「はい」と答えたものの、本当は怖かったのだ。

  • She cared for Aaron and she didn't want him to get in trouble.

    彼女はアーロンを大切に思っていて、彼にトラブルを起こしてほしくないと思っていました。

  • Even during the ceremony, Heather felt incredibly unsure, but as her family had gone through

    式の最中にも、ヘザーは信じられないような不安を感じていましたが、彼女の家族が経験したように

  • a lot of trouble to arrange the marriage, she didn't feel as though she could back

    苦労して結婚にこぎつけたのに、その気持ちを取り戻せる気がしなかった。

  • out.

    を出しました。

  • Furthermore, Heather was excited about becoming a mom and felt like she should try to make

    さらに、ヘザーは母親になることを楽しみにしていて、自分も努力すべきだと思っていました。

  • things work.

    ものが動く。

  • After their wedding, Heather and Aaron began living in a camper van on her grandparent's

    結婚後、ヘザーとアーロンは、祖父母の家のキャンピングカーで暮らし始めました。

  • property.

    プロパティを使用しています。

  • Heather started her sophomore year of high school.

    ヘザーは高校2年生になった。

  • Aaron, a high school dropout, struggled to find work.

    高校を中退したアーロンは、仕事を探すのに苦労した。

  • Within a few weeks Heather learned she had miscarried; in fact it happened right around

    数週間後、ヘザーは流産したことを知りましたが、実際に流産したのはちょうどその頃でした。

  • the time she got married.

    彼女が結婚した時のことです。

  • Soon Aaron was arrested.

    すぐにアーロンは逮捕された。

  • Lynette, angry over her ex-husband marrying off Heather behind her back, had pushed for

    元夫が自分に隠れてヘザーと結婚したことに腹を立てたリネットは、自分のために

  • authorities to take action.

    対策を講じなければならない。

  • While Idaho law allowed Heather and Aaron to have sex as husband and wife, Aaron could

    アイダホ州の法律では、ヘザーとアーロンは夫婦としてセックスすることが認められていますが、アーロンは

  • still be prosecuted for having sex with a minor prior to marriage.

    結婚前の未成年者との性交渉でも起訴されます。

  • Keith was also arrested on two counts, injury to a child and accessory to rape.

    また、キースは子供への傷害と強姦の共犯という2つの罪で逮捕されました。

  • Just 6 weeks after their wedding, Heather reluctantly testified against Aaron at a pre-trial

    結婚式からわずか6週間後、ヘザーは裁判前にアーロンに不利な証言を渋々していました。

  • hearing.

    のヒアリングを行います。

  • Although she claimed everything was ok, her life was falling apart.

    彼女は自分では何も問題ないと言っていましたが、彼女の生活は崩壊していました。

  • With no baby, the main reason she had married was gone.

    子供がいないことで、彼女が結婚した最大の理由がなくなってしまった。

  • She and Aaron fought a lot; he had a dangerous temper.

    彼女とアーロンはよく喧嘩をした。彼は危険な気性を持っていた。

  • Also, Heather had dropped out of school when Aaron was arrested.

    また、ヘザーはアーロンが逮捕されたときに学校を退学していました。

  • While Aaron was out on bail, Heather continued to live with him.

    アーロンが保釈されている間、ヘザーは彼と一緒に暮らし続けていた。

  • She found a minimum wage waitress job at a local burger joint.

    彼女は、地元のハンバーガーショップで最低賃金のウェイトレスの仕事を見つけました。

  • At home Aaron expected her to do everything, cleaning, laundry, cooking.

    家では、アーロンは掃除、洗濯、料理などすべてを彼女に期待していました。

  • Heather felt like she was his personal slave.

    ヘザーは彼の個人的な奴隷のように感じていた。

  • As Aaron's case proceeded through the court, Heather was determined to stick it out, she

    アーロンの裁判が進む中、ヘザーは頑張ろうと決意していました。

  • had made a commitment.

    が約束されていました。

  • However Lynette hired a lawyer to annul the marriage.

    しかし、リネットは弁護士を雇って結婚を無効にした。

  • Just four months after they had gotten married, Heather's marriage was annulled and Lynette

    結婚してからわずか4ヶ月後、ヘザーの結婚は取り消され、リネットは

  • filed a restraining order on Heather's behalf against Aaron.

    は、ヘザーに代わってアーロンに対する接近禁止命令を申し立てました。

  • Ultimately, Aaron was sentenced to 15 years with an option for parole after three years.

    最終的にアーロンは、3年後に仮釈放が可能な15年の刑に処せられました。

  • He is required to undergo sex offender and substance abuse treatment.

    性犯罪者と薬物乱用者の治療を受けることが求められています。

  • Whenever he gets out, he'll be on the sex offender registry for at least 10 years, if

    釈放されても、少なくとも10年間は性犯罪者として登録されます。

  • not more.

    ではなく、それ以上のものです。

  • Keith was sentenced to four years for felony injury of a child, but because Heather had

    キースは子供を傷つけた重罪で4年の判決を受けましたが、ヘザーが

  • somewhat agreed to the marriage his sentence was suspended.

    と言って、結婚に同意してくれたので、彼の刑は執行猶予がついた。

  • Keith was instead ordered to spend 4 months in jail.

    その代わりに、キースは4ヶ月の懲役刑を命じられました。

  • As the judge handed down the sentence he said to Keith 'Perhaps as you spend each of those

    裁判官は判決を下す際に、キースに「おそらく、あなたはそれぞれの時間を過ごす中で

  • 120 days in jail, you will think about the 120 days your daughter was married to a rapist

    刑務所での120日は、娘がレイプ犯と結婚していた120日のことを考えるでしょう。

  • because of you'.

    because of you』です。

  • Heather moved to a suburb of Salt Lake City to live with her mom.

    ヘザーはソルトレイクシティの郊外に移り、母親と一緒に暮らしていました。

  • She got a job and hopes to get her GED someday.

    彼女は仕事を得て、いつかはGEDを取得したいと考えています。

  • Reflecting on the past, she can hardly believe that she was ever married at age 15.

    過去を振り返ると、15歳で結婚していたことが信じられない。

  • When Americans think of child brides, they generally think of some poor girl far away

    アメリカ人が子供の花嫁を考えるとき、一般的には遠く離れた貧しい少女を思い浮かべます。

  • in a developing country.

    途上国での

  • That's true.

    そうですね。

  • According to the UN, in the developing world, about 1 in 9 girls are married by age 15 and

    国連によると、開発途上国では、約9人に1人の少女が15歳までに結婚しており

  • 1 in 3 girls are married by age 18.

    3人に1人の少女が18歳までに結婚しています。

  • However, child marriages happen in the US more often than you would think.

    しかし、アメリカでは児童婚は思ったよりも頻繁に起こっています。

  • America is incredibly hypocritical when it comes to minors marrying.

    アメリカは未成年者の結婚に関しては信じられないほど偽善的です。

  • The US department of State encourages and funds policies overseas to educate young women

    米国国務省は、海外で若い女性を教育する政策を奨励し、資金を提供しています。

  • and prevent them from marrying so young.

    と言って、若くして結婚しないようにしていました。

  • However, the laws to protect minors from child marriage in the US are patchy and vary widely

    しかし、米国では、未成年者を児童結婚から守るための法律が整備されておらず、その内容も多岐にわたっています。

  • from state to state.

    は州によって異なります。

  • Currently only 4 states: Delaware, New Jersey, Minnesota, Pennsylvania and one territory,

    現在は4つの州のみ。デラウェア州、ニュージャージー州、ミネソタ州、ペンシルバニア州、そして1つの地域。

  • the U.S. Virgin Islands have set the legal minimum age to wed at 18 with no exceptions

    米領ヴァージン諸島では、結婚できる最低年齢を18歳に設定しており、例外はありません。

  • allowed.

    を許可しました。

  • Out of the 46 states that allow minors to marry, 20 states have no minimum age to marry

    未成年者の結婚を認めている46州のうち、20州では結婚できる最低年齢がありません。

  • with a parental or judicial waiver.

    親権者や司法の放棄があれば

  • Child marriage is most common in conservative religious communities and poor, rural areas.

    児童婚は、保守的な宗教団体や貧しい農村部で最も多く見られます。

  • But it can be found across all races, socio-economic strata and in secular, as well as religious

    しかし、それはすべての人種、社会経済的な層、そして宗教的なものだけでなく、世俗的なものにも見られます。

  • families of different faiths.

    異なった信仰を持つ家族。

  • A National Marriage Survey in 2011 found minors involved in child marriages from Hindu, Buddhist,

    2011年に行われた全国結婚調査では、ヒンドゥー教、仏教の未成年者が児童婚に関与していることがわかりました。

  • Catholic, Baptist, Muslim, and other faiths.

    カトリック、バプティスト、イスラム、その他の信仰。

  • Often teenage girls marry due to pressure from parents or their religious community,

    10代の女の子は、親や宗教団体からの圧力で結婚することが多いです。

  • especially if they have gotten pregnant.

    特に妊娠している場合は。

  • One survey found that American girls in immigrant families are sometimes pressured to marry

    ある調査では、移民家庭のアメリカ人女性が結婚を迫られることがあるという。

  • a distant relative abroad as a way of bringing him to the United States.

    遠く離れた親戚をアメリカに連れてくるための手段として

  • The news program Frontline analyzed data collected by states and discovered that between 2000

    ニュース番組「Frontline」では、各州が収集したデータを分析し、2000年の間に

  • and 2015, at least 207,459 minors in the US were wed.

    と2015年の間に、米国では少なくとも207,459人の未成年者が結婚しました。

  • It's likely the number of minors who were married during this period is far higher as

    この時期に結婚した未成年者の数は、はるかに多いと思われます。

  • the data was incomplete.

    は、データが不完全でした。

  • Several states provided incomplete records or didn't provide records at all.

    いくつかの州では、記録が不完全であったり、記録がまったく提供されていませんでした。

  • Of the minors marrying 87% were female.

    結婚する未成年者のうち87%が女性でした。

  • 67% of those who married were 17 years old, another 29% were 16 and 5% were 15 and younger.

    結婚した人の67%は17歳、さらに29%は16歳、5%は15歳以下でした。

  • That meant 985 minors wed at age 14.

    つまり、14歳で結婚した未成年者は985人。

  • 6 children wed at age 12.

    6人の子供が12歳で結婚。

  • Some states only keep data with categories such as “14 and younger,” without specifying

    州によっては、「14歳以下」などのカテゴリーを指定せずにデータを保持しているところもあります。

  • exactly how much younger some brides and grooms were, so it's not possible to know the age

    新郎新婦の年齢を正確に知ることはできません。

  • of the youngest children to wed in America between 2000 and 2015.

    2000年から2015年の間にアメリカで挙式した最年少の子供たちの

  • Other states don't track spousal ages at all.

    また、配偶者の年齢をまったく把握していない州もあります。

  • Of the minors who married, 14% married other minors while 86% married adults.

    結婚した未成年者のうち、14%が他の未成年者と結婚し、86%が成人と結婚しました。

  • While most of the minors married adults in their 20s, there were some big age gaps.

    ほとんどの未成年者が20代の大人と結婚していますが、中には大きな年齢差があるものもありました。

  • In one of the more egregious cases in 2010, a 17-year-old girl married a 65-year-old man

    2010年には、17歳の少女が65歳の男性と結婚するという、最もひどいケースがありました。

  • in Idaho.

    アイダホ州

  • Once again the available data isn't able to provide the full picture.

    今回もまた、入手可能なデータでは全体像を把握することができません。

  • It doesn't include minors immigrating to the US that were wed in their home country.

    母国で結婚した未成年者が米国に移住した場合は含まれません。

  • Per a Senate report between 2007 and 2017, U.S. Citizenship and Immigration Services

    2007年から2017年にかけての上院の報告書によると、米国市民権・移民局は

  • approved more than 5,500 petitions by adults to bring minor spouses or fiancées to the

    成人が未成年の配偶者や婚約者を呼び寄せるための5,500件以上の請願を承認しました。

  • U.S. and nearly 3,000 approvals for minors trying to bring in older spouses or fiancés.

    米国では、年上の配偶者や婚約者を連れてこようとする未成年者に約3,000件の承認が下りました。

  • Girls were the minors in 95 of the cases.

    95件の事件では少女が未成年者でした。

  • Several petitions included people in their 40s requesting on behalf of spouses as young

    また、40代の方が、若年層の配偶者に代わって申請するケースもありました。

  • as 14 or 15.

    を14または15とした。

  • Also Frontline's report didn't include data about children wed in religious-only

    また、Frontlineのレポートには、宗教だけで結婚した子供たちのデータは含まれていませんでした。

  • ceremonies or taken overseas to be married, which are two common situations that happen

    挙式をしたり、海外に連れて行かれて結婚したりと、よくある2つの状況です。

  • with child marriage in the US.

    アメリカの児童結婚と

  • 15 year old Sara had big plans for her future.

    15歳のサラは、自分の将来に大きな計画を持っていた。

  • She had just finished her freshman year of high school.

    彼女は高校1年を終えたばかりだった。

  • She wanted to join the Reserve Officers' Training Corps (ROTC) and apply to the US

    彼女は、ROTC(Reserve Officers' Training Corps)に参加して、アメリカに応募したいと考えていました。

  • Air Force Academy, ultimately hoping to go to law school.

    空軍士官学校で、最終的にはロースクールに行きたいと思っています。

  • But those future plans were derailed when her mom found out that a boy from school was

    しかし、そのような将来の計画は、彼女の母親が学校の男の子が

  • interested in her daughter.

    娘に興味を持つ。

  • She called her ex husband, Sara's father, for his input on how to handle the situation.

    彼女は、元夫であるサラの父親に電話をして、この状況にどう対処すべきか意見を求めた。

  • Though conservative, Sara's mother was open to her daughter dating.

    サラの母親は、保守的ではあるが、娘がデートすることには寛容だった。

  • However, Sara's father, a member of a cult like Islamic offshoot religious group, was

    しかし、イスラム教の分派宗教団体のようなカルト宗教のメンバーであるサラの父親は

  • not.

    ではありません。

  • He insisted his daughter come to California and spend the summer with him.

    娘をカリフォルニアに連れて行って、一緒に夏を過ごそうと言った。

  • Once in California Sara's father made it clear that the boy from school was forbidden

    カリフォルニアでは、サラの父親が、学校の生徒に禁止事項を伝えていた。

  • and lectured her about being chaste, even though she hadn't done anything.

    と、何もしていないのに貞操観念を説く。

  • Not long after that Sara's father took her to a religious conference where she was introduced

    程なくして、サラは父親に連れられてある宗教団体の会議に参加し、そこで紹介されたのが

  • to a 28 year old man.

    28歳の男性に

  • They were married that same evening.

    二人はその日の夜に結婚した。

  • Though the marriage was spiritual and not legal, under California law, 15-year-old Sara

    この結婚は精神的なもので、法的なものではありませんでしたが、カリフォルニア州の法律では、15歳のサラは

  • could have been legally married then with parental consent and a court order.

    親の同意と裁判所の命令があれば、その時点で合法的に結婚することができました。

  • After the wedding Sara's husband took her out of the US to his home country (which she

    結婚式の後、サラの夫はサラをアメリカから自分の国に連れて行った。

  • prefers not to identify).

    は名前を伏せています)。)

  • Sara's mom had no idea all of this was happening and Sara wasn't allowed to communicate with

    沙羅の母親はこのようなことが起こっていることを知らず、沙羅は自分と連絡を取ることもできなかった。

  • her mom for months.

    彼女のお母さんは何ヶ月も前から

  • After Sara became pregnant her husband decided that they should return to the US to have

    サラが妊娠した後、夫はアメリカに戻って出産することを決めた。

  • the baby.

    赤ちゃんを

  • The couple settled in the San Francisco Bay area.

    お二人はサンフランシスコのベイエリアに定住されました。

  • One day Sara was taken on a road trip to Reno, Nevada to get legally married.

    ある日、サラは法的な結婚をするために、ネバダ州リノへのドライブ旅行に連れて行かれた。

  • Not completely understanding the legal ramifications of what she was doing, Sara agreed to marry.

    自分がしていることの法的な意味をよく理解していないまま、サラは結婚に同意した。

  • In Nevada minors as young as 16 can be married with the consent of at least one parent, and

    ネバダ州では、16歳の未成年者でも、少なくとも片方の親の同意があれば結婚することができますし

  • Sara's father had consented.

    沙羅の父親もそれを認めていた。

  • Feeling trapped, Sara worked hard to get her GED.

    追い詰められたサラは、GEDを取得するために努力した。

  • She wanted to continue her studies and her husband agreed, but continually threw roadblocks

    彼女は勉強を続けたいと思っていて、夫もそれに同意していましたが、絶えず障害がありました。

  • in her way.

    彼女のやり方で

  • By age 19 Sara was pregnant with her second child.

    19歳の時、サラは第2子を妊娠していた。

  • After several years of careful planning, hard work and secretly saving money, Sara was finally

    数年にわたる綿密な計画と努力、そして密かな節約の末、サラはついに

  • able to file divorce papers while her husband was out of the US on a summer visit to his

    旦那さんが夏休みを利用してアメリカに行っている間に、離婚届を提出することができました。

  • home country with their children.

    子供たちと一緒に母国へ。

  • She was 26 and had been married 10 years.

    彼女は26歳で、結婚して10年目でした。

  • Her husband fought back and kept their kids overseas.

    旦那さんは反撃して子供を海外に残してくれました。

  • Thankfully, Sara's in-laws arranged for her to get her children back.

    ありがたいことに、サラの義理の両親が子供たちを取り戻せるように手配してくれた。

  • But Sara's husband began a long, drawn out legal battle.

    しかし、サラの夫は長期にわたる訴訟を開始した。

  • It was another 3 years before Sara's divorce was finalized.

    沙羅の離婚が成立するまでには、さらに3年の歳月を要した。

  • Today Sara works with nonprofits to change the laws regarding child marriage.

    現在、サラは非営利団体と協力して、児童婚に関する法律の改正に取り組んでいます。

  • So much of this story, for me, is how much of a struggle life was after divorcing him.”

    "私にとってこの物語の多くは、彼と離婚した後の人生がどれほど苦労したかということです。"

  • she says.

    と、彼女は言う。

  • What people don't always think about is the major setbacks and obstacles that child

    "人々が常に考えているわけではないが、子供たちの大きな挫折や障害は

  • marriage victims face in rebuilding their lives.”

    結婚した被害者が生活を立て直すために直面する問題」。

  • Between 70-80% of child marriages end in divorce.

    児童婚の70〜80%は離婚に至ります。

  • Married minors are twice as likely to live in poverty and three times more likely to

    結婚している未成年者は、貧困の中で生活する確率が2倍、3倍にもなります。

  • suffer domestic violence than are married adults.

    家庭内暴力を受けているのは、結婚している大人の方が多いです。

  • Girls who marry before 19 are 50% more likely than their unmarried peers to drop out of

    19歳未満で結婚した少女は、未婚の少女に比べて、学校を中退する確率が50%高くなります。

  • high school and four times less likely to graduate from college.

    高校を卒業する確率は4倍低く、大学を卒業する確率も4倍低い。

  • They are much more likely to suffer from mental-health problems too.

    また、精神的な問題を抱えている可能性も高くなります。

  • If a minor tries to leave their marriage a wide variety of problems await them, including

    未成年者が結婚生活から抜け出そうとすると、以下のような様々な問題が待ち受けています。

  • gray areas with the law.

    法律のグレーゾーン。

  • While they have entered into a legal contract, in most cases, they aren't considered legal

    法的な契約を結んでいるとはいえ、ほとんどの場合、法的なものとはみなされていません

  • adults.

    の大人たちです。

  • This means even if they have the resources, they cannot file for divorce or sign rental

    これでは、たとえ資力があっても、離婚申請やレンタル契約をすることはできません。

  • leases.

    のリースを行っています。

  • If they have been abused, they cannot seek protection in domestic violence shelters which

    虐待を受けていても、ドメスティック・バイオレンス・シェルターに保護を求めることはできません。

  • are generally for adults.

    は一般的に大人向けです。

  • In some states, if minors leave home they are considered to be a runaway and authorities

    一部の州では、未成年者が家を出ると家出人とみなされ、当局が

  • can return them to the care of their spouse or family.

    は、配偶者や家族のもとに返すことができます。

  • Even when married minors become of age and want to leave the marriage, they often have

    結婚した未成年者が成人して結婚を解消したいと思っても、多くの場合は

  • circumstances or children which makes it hard to go.

    子供がいるなどの事情があって、なかなか行くことができません。

  • When Betsy was 17 she was forced to wed a man she had known for 45 minutes in an arranged

    ベッツィーは17歳の時、知り合ってから45分しか経っていない男性とお見合いで結婚させられました。

  • marriage in her Orthodox Jewish community in New York.

    正統派ユダヤ教徒であるニューヨークのコミュニティでの結婚。

  • At age 27, Betsy was finally able to escape with her 3 young children.

    27歳になったベッツィーは、幼い3人の子供を連れてようやく脱出することができた。

  • However, she was ill prepared for the outside world.

    しかし、彼女は外の世界への準備ができていなかった。

  • She was a single mother with a high school equivalency certificate, no work experience

    彼女は、高校卒業資格を持ち、仕事の経験がないシングルマザーでしたが

  • and no money for child care.

    育児のためのお金もありません。

  • The temporary and part-time jobs she managed to find couldn't cover her bills.

    なんとか見つけた派遣やパートの仕事では、生活費を賄うことができなかった。

  • Betsy received section 8, Medicaid and food stamps.

    ベッツィーは、セクション8、メディケイド、フードスタンプを受けていました。