Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - It wasn't until I was finally single at 62

    - 62歳でようやく独身になったときには

  • that I began to feel whole,

    感じられるようになりました。

  • to feel that I was where I was supposed to be.

    自分がいるべき場所にいると感じられるようになりました。

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • I'm Jane Fonda and I'm supposed to explain it all

    私はジェーン・フォンダで、すべてを説明することになっています。

  • in this interview.

    今回のインタビューでは

  • I'll do my best.

    頑張ります。

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • I was never confident.

    私は決して自信があったわけではありません。

  • I'm still not particularly confident.

    まだ特に自信はありません。

  • I never thought I would be a performer.

    私は自分がパフォーマーになるとは思っていませんでした。

  • I was very shy.

    私はとても恥ずかしがり屋でした。

  • In fact, I didn't know what I wanted to do,

    それどころか、自分が何をしたいのかも分からなかった。

  • which is very common today for young people.

    これは今の若い人たちにはとても多いことです。

  • It's really hard to be young, and I found it very hard

    若い頃は本当に大変で、私もとても苦労しましたが

  • and I floundered around for quite a long time.

    と、かなり長い間、フラフラしていました。

  • My dad never came home from his work.

    父は仕事から帰ってこなかった。

  • He was a movie actor, a star.

    彼は映画俳優であり、スターだった。

  • He never came home carrying joy.

    喜びを抱えて帰ってくることはなかった。

  • I never got a sense that he found joy in his work.

    彼が仕事に喜びを感じているようには感じられませんでした。

  • So why did I want to be an actor?

    では、なぜ私は俳優になりたいと思ったのか。

  • So I didn't want to be an actor until I knew I was about 18

    俳優になりたいと思ったのは、18歳くらいになってからです。

  • and then I had to move out of my father's house.

    と言って、父の家を出て行くことになった。

  • I didn't know what to do.

    どうすればいいのかわからなかった。

  • And I met Lee Strasberg's daughter, who said,

    そして、リー・ストラスバーグの娘さんに会って、こう言われました。

  • "Well, you should study with Lee.

    "じゃあ、Leeと一緒に勉強してみたら?

  • "You should study with my dad."

    "パパと一緒に勉強したらいいよ"

  • And he accepted me into his class.

    そして、彼は私をクラスに受け入れてくれました。

  • Nobody had ever told me I was particularly good at anything

    誰にも言われたことのない "得意分野 "があった。

  • so when Lee Strasberg said,

    と、リー・ストラスバーグが言っていた。

  • "I see a lot of people come through here

    "多くの人がここを通るのを見ると

  • "and you have real talent."

    "そしてあなたには本物の才能がある"

  • Oh, I really felt like the top of my head came off

    ああ、本当に頭のてっぺんが外れたような気がした。

  • and birds flew out and the color of the sky changed.

    と鳥が飛び出し、空の色が変わりました。

  • And when I walked down onto Broadway after that class,

    そして、その授業の後にブロードウェイを歩いたとき。

  • I felt like I owned the city.

    自分がこの街を所有しているように感じました。

  • It was amazing.

    驚きの連続でした。

  • I was transformed immediately.

    私はすぐに変身しました。

  • They always put me in roles of kind of the girl next door,

    私はいつも、隣の家の少女のような役を与えられていました。

  • you know, the ingenue.

    純情な少女のように

  • And you know, I was fairly good and I did many of them,

    そして、私はかなり優秀で、多くのことをやっていましたね。

  • but I never enjoyed it.

    しかし、私はそれを楽しむことができませんでした。

  • During my second movie,

    2本目の映画の時。

  • it was called "Walk on the Wild Side,"

    は「Walk on the Wild Side」と呼ばれていました。

  • I played a vagabond during the Depression,

    私は大恐慌時代の放浪者を演じました。

  • a tough street girl and she became a hooker.

    頑固なストリートガールだった彼女が娼婦になった。

  • And I really liked playing a character like that.

    そして、そんなキャラクターを演じるのがとても好きでした。

  • I could sink my teeth into it.

    歯を食いしばることができた。

  • I just loved it.

    私はただそれが好きだった。

  • I just loved doing that.

    私はそれをするのが好きだった。

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • When I was living in France, married to a French director,

    フランス人監督と結婚してフランスに住んでいたときのこと。

  • I had just had a baby.

    私は子供を産んだばかりでした。

  • I found it very uncomfortable

    違和感がありました。

  • that the French people were attacking the United States

    フランス人がアメリカを攻撃しているという

  • for the war in Vietnam.

    ベトナムでの戦争のために

  • I didn't yet understand that,

    私はまだそれを理解していませんでした。

  • oh, they've been there already.

    ああ、もう行ってしまったのか。

  • They tried to colonize the Vietnamese

    ベトナムを植民地化しようとした

  • and they were defeated.

    と言われ、負けてしまいました。

  • So they know very well

    だから、彼らはよく知っている。

  • that we're not gonna be able to succeed.

    私たちが成功することはないでしょう。

  • And my attitude was sour grapes

    そして、私の態度は酸っぱい葡萄のようでした

  • just cause they didn't win their war.

    戦争に勝てなかったからといって

  • You know, I hadn't looked into it enough.

    私はそのことを十分に理解していませんでした。

  • I didn't really understand.

    よくわからなかった。

  • And then a group of American soldiers were in Paris

    そして、アメリカ兵の一団がパリで

  • who had been in Vietnam, they had fought in Vietnam,

    ベトナムに行ったことのある人、ベトナムで戦ったことのある人。

  • and they had left.

    と言って去っていった。

  • It's called deserting or resisting.

    それを砂漠化、抵抗化という。

  • And I met these guys

    そして、この人たちと出会った。

  • and they started talking to me about the war.

    と言って、戦争の話をしてくれました。

  • And they gave me a book to read by Jonathan Schell

    そして、ジョナサン・シェルの本を読んでもらいました。

  • called "The Village of Ben Suc."

    "The Village of Ben Suc "と呼ばれています。

  • And I read it and my whole life changed.

    そして、それを読んで、私の人生が一変しました。

  • It was like, pew.

    ピューという感じでした。

  • And I thought to myself, I have to go back home

    そして、私は家に帰らなければならないと思いました。

  • and become part of the anti-war movement.

    と、反戦運動の一翼を担うようになりました。

  • And eventually about a year later I did.

    そして結局、1年後くらいに実行しました。

  • Those years of ending the war,

    戦争を終わらせたあの年月。

  • that was the beginning for me.

    それが私の始まりでした。

  • I learned a lot.

    勉強になりました。

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • I became an activist in 1970.

    私がアクティビストになったのは1970年。

  • I was 31.

    私は31歳でした。

  • And when I was with people,

    そして、人と一緒にいるときは

  • Native Americans on indigenous lands

    先住民族の土地に住むネイティブ・アメリカン

  • or soldiers on military bases, you know,

    や、軍事基地の兵士たちのようにね。

  • these are people that I would spend time with

    私が一緒に過ごしたいと思う人たちです。

  • because they were dealing with problems

    問題を抱えていたからです。

  • that I was working through various movements on.

    私が様々な動きをしていた時のことです。

  • And my celebrity created a distance

    そして、私のセレブリティは距離を作り

  • between me and those people, frontline people,

    私とその人たち、つまり現場の人たちとの間に

  • real people on the ground.

    現場のリアルな声をお届けします。

  • And so I felt, well if I'm going to do this,

    それで、もし私がこれをやるなら、と思ったのです。

  • meaning be an organizer,

    の意味は、オーガナイザーであること。

  • I probably shouldn't be a movie star anymore.

    私はもう映画スターになるべきではないかもしれません。

  • And I had a friend, a Black lawyer in Michigan

    そして、私の友人であるミシガン州の黒人弁護士が

  • named Ken Cockrel, and I said to him,

    ケン・コックレルという名前で、私は彼にこう言った。

  • he was like my mentor for a while,

    彼はしばらくの間、私の師匠のような存在でした。

  • and I said, "Ken, I think I'm gonna quit the business.

    そして、「ケン、僕はこのビジネスをやめようと思うんだ」と言った。

  • "I don't want to be in Hollywood anymore.

    "私はもうハリウッドにはいたくない。

  • "I want to be an organizer."

    "私はオーガナイザーになりたい"

  • And he sat me down and he said,

    そして、私を座らせてこう言ったのです。

  • "Fonda, the movement has countless organizers.

    "フォンダ、この運動には無数のオーガナイザーがいる。

  • "We don't have movie stars.

    "映画スターはいない。

  • "You not only have to keep on acting,

    "演技を続けるだけではない。

  • "but you have to take more control of your career.

    "しかし、自分のキャリアをもっとコントロールしなければなりません。

  • "Have agency on the work that you do."

    "自分の仕事に代理店を持つ"

  • And I was stunned and I began to think about that.

    そして、私は唖然として、そのことについて考え始めました。

  • And out of that came "Coming Home," and "9 to 5,"

    そして、その中から「カミング・ホーム」や「9 to 5」が生まれました。

  • and "China Syndrome," and movies that reflected

    や「チャイナ・シンドローム」を反映した映画を上映しました。

  • issues that were interesting to me.

    私が興味を持った問題について

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • My identity was never, ever being a star, being a celebrity.

    私のアイデンティティは、決してスターやセレブではありませんでした。

  • You know, movies, it's what I did.

    映画、それは私がやったことです。

  • I had to support myself.

    自分で自分を支えなければならなかった。

  • You know, people need to be useful.

    人は役に立つことが必要なんだよ

  • People need, they might not even be conscious of it,

    人が必要としているのは、自分では意識していないかもしれません。

  • but people need to have meaning in their lives,

    しかし、人は自分の人生に意味を持たなければならない。

  • a sense that they know why they're here.

    自分がなぜここにいるのかを知っているという感覚です。

  • And in the absence of that,

    そして、それがない中で

  • I think there's a lot of, I feel, anxiety, malaise.

    私は、多くの、私が感じる、不安、倦怠感があると思います。

  • And you know, I think as a young person

    そして、私は若い人たちが

  • you can get in a lot of trouble if you feel that way.

    と思ってしまうと、大変なことになってしまいます。

  • When I was young, I would say like up to 25

    私が若い頃には、25歳までと言っていました。

  • or something like, you know, I just assumed

    と思っていましたが、そうではありませんでした。

  • 'cause I was floating in space

    宙に浮いていたから

  • and I thought that I would probably die.

    と、おそらく死ぬだろうと思いました。

  • I'm sure I'm gonna become an alcoholic or a drug addict,

    アルコール依存症や薬物依存症になってしまうのではないか?

  • and I'm gonna die alone.

    そして、私は一人で死ぬことになる。

  • When I became an activist, the depression lifted.

    活動家になってからは、うつ状態が解消されました。

  • I began to feel I know why I'm here.

    自分がなぜここにいるのかがわかった気がしてきた。

  • I'm here to use my platform as a celebrity

    私はここで、有名人としてのプラットフォームを利用して

  • to make things better.

    を、より良いものにするために。

  • It just took a long time.

    ただ、時間がかかりました。

  • It wasn't...

    そうではありませんでした...。

  • And then I was always married. (laughs)

    そして、ずっと結婚していました。と言っていました(笑)。

  • I mean three times.

    3回ということです。

  • My dad was married five times.

    私の父は5回結婚しました。

  • So, you know, I very much didn't want to catch up to him.

    だから、彼に追いつきたくないという気持ちが強かった。

  • So I stopped at three realizing

    だから、3つの実現で止めた。

  • that I just wasn't dealt a hand

    私には手札がなかったのだと

  • that made me good at relationships.

    私の場合は、人間関係を築くのが得意だったからです。

  • You know, even after I became an activist,

    アクティビストになってからもね。

  • I always turned to men to help me find the next step.

    私はいつも、次のステップを見つけるために男性に頼っていました。

  • I'd be going in a particular direction

    決まった方向に進んでしまう

  • and then I would meet a man

    そして、一人の男と出会うのです。

  • who could take me further down that road.

    その道の先に連れて行ってくれる人がいる。

  • And then I would move on.

    そして、次に進みます。

  • Isn't that a terrible thing to say?

    それはひどい話ではありませんか?

  • It wasn't until I was finally single at 62

    62歳でようやく独身になったときには

  • that I began to feel whole,

    感じられるようになりました。

  • to feel that I was where I was supposed to be.

    自分がいるべき場所にいると感じられるようになりました。

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • When it comes to relationships with men,

    男性との関係については

  • you know, the problem is falling in love.

    問題は恋をすることなんだ。

  • What's wrong with that sentence?

    この文章のどこがいけないのか?

  • Not love. Falling.

    愛ではない。落ちること。

  • And what happens to a lot of women

    そして、多くの女性に起こること

  • is two people come together and the woman falls,

    は、2人の人間が一緒になって、女性が倒れる。

  • or at least a lot of women, me, I'll just talk about myself.

    少なくとも多くの女性にとっては、私は自分自身のことを話すだけです。

  • I would tend to mold myself

    自分を型にはめてしまう傾向がある

  • according to what my then-husband wanted me to be.

    当時の夫が私に求めていたものに合わせて

  • But there was always a center to myself

    しかし、自分には常にセンターがあった

  • that they never touched.

    触れることのなかった

  • My friend Eve Ensler, the author of "Vagina Monologues,"

    "Vagina Monologues "の著者である私の友人イヴ・エンスラーは

  • you know, she said,

    と言っていました。

  • "The three things that you have to look for

    "3つの探し物 "とは

  • "when you go into a relationship: you want to feel safe,

    "付き合うとなると、安心したいですよね。

  • "you want to feel seen, and you want to feel cherished."

    "あなたは見られていると感じたいし、大切にされていると感じたいのです"

  • What I realized now is two people that love each other,

    今気づいたのは、お互いに愛し合っている2人の姿です。

  • whether it's two women, two men,

    女性2人でも男性2人でも。

  • or a man or woman, or whatever,

    とか、男だの女だの、そんなことはどうでもいい。

  • coming together and they stay on their own two feet,

    が集まってきて、自分の足で歩いている。

  • two whole people coming together

    二人の人間が一緒になって

  • and maintaining their agency, their strength,

    と、その機関、力を維持しています。

  • while at the same time caring for the other,

    と同時に、相手を気遣う。

  • nurturing the other, cherishing the other,

    相手を育てること、相手を大切にすること。

  • but never losing themselves.

    しかし、自分を見失うことはありません。

  • I think that in there lies the secret

    そこに秘密があるのではないでしょうか。

  • to a successful relationship.

    とのことです。

  • What I found very often is if the woman shows up fully

    私が非常によく見つけたのは、女性が完全に現れた場合です。

  • and she's present and she says to her partner, "Come on.

    そして、彼女はその場にいて、パートナーに「さあ、行こう」と言うのです。

  • "Meet me here where I am."

    "私のいるここで会ってください"

  • The man will flee.

    その人は逃げます。

  • At least those are the men that I chose. (chuckles)

    少なくとも、私が選んだのはこの人たちです。(笑)

  • What I've realized in my dotage, my old age,

    老いてから気づいたこと、老いてから気づいたこと。

  • is probably that men showed up for me and said,

    は、男性が私の前に現れて言ったのでしょう。

  • "Come on, Jane, I'm here. Show up."

    "さあ、ジェーン、私はここにいる。姿を見せて"

  • And I fled.

    そして、私は逃げた。

  • I wonder how many men who were really perfect for me

    私にぴったりの男性が何人いただろう。

  • I fled because they would have made me show up.

    私が逃げたのは、彼らが私に顔を出させるためだった。

  • And instead, I chose men

    その代わり、私は男性を選びました。

  • who wouldn't know what that even meant

    その意味がわからない人は

  • so they never asked me to.

    と言われたことはありません。

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • I mean I can give all kinds of parenting advice.

    つまり、私はあらゆる種類の子育てのアドバイスをすることができます。

  • None of it is what I practiced.

    どれも私が実践したものではありません。

  • I have studied parenting to find out, can it be taught?

    私はそれを知るために子育てを勉強したのですが、それは教えられるものなのでしょうか?

  • Can it be learned?

    それは学べるのか?

  • Because I didn't know what it meant,

    その意味がわからなかったからです。

  • and I didn't know how to be one.

    どうしたらいいのかわからなかった。

  • I married men who were good fathers, okay?

    私は良い父親である男性と結婚しましたよ。

  • I was lucky.

    私は幸運でした。

  • Two of my three husbands I had children with.

    私の3人の夫のうち2人は子供を産みました。

  • A parent is supposed to show up with open eyes,

    親というのは、目を見開いて現れるものです。

  • eyes of love, and reflect the child back to themselves

    愛の目で、子供を自分に映し出す。

  • with eyes of love, and know how to listen.

    愛の目で、聞き方を知っています。

  • If because of depression or addiction or whatever

    うつ病や依存症などの理由であれば

  • you have duct tape over your eyes,

    目にはガムテープを貼っていますね。

  • it's not gonna work very well.

    と言っても、なかなかうまくいきません。

  • I didn't know how to show up.

    どうやって顔を出せばいいのかわからなかった。

  • I was a food addict.

    私は食中毒になった。

  • I was an addict and it screws around with you.

    私は依存症だったので、それがあなたを苦しめるのです。

  • And I apologized to them, but you know,

    私は彼らに謝罪しましたが、あなたは知っていますか?

  • it's hard to make up for what you didn't do.

    自分ができなかったことを補うのは難しい。

  • However, you know, I do believe that it's never too late.

    しかし、私は「遅すぎるということはない」と信じています。

  • So, you know, I try as best I can to do a better job now.

    だから、今はより良い仕事をするために、できる限りの努力をしています。

  • And I love having grandkids.

    そして、私は孫を持つことが大好きです。

  • They're like second chances.

    セカンドチャンスのようなものです。

  • You can also give them back

    お返しすることもできます。

  • at the end of the day. (chuckles)

    になってしまいました。(笑)

  • (upbeat instrumental music)

    (アップビートなインストルメンタルミュージック)

  • My women friends are a big priority for me.

    女性の友人は、私にとって大きな優先事項です。

  • I just have never been able

    ただ、私は一度も

  • to have the kind of relationships with men

    男性との関係を築くために

  • that I have with my women friends.

    女性の友人との間では

  • Most of my women friends are younger than me,

    私の女友達はほとんどが私より年下です。

  • and braver than me, and they challenge me,

    私よりも勇敢な人たちが、私に挑戦してきます。

  • and make better and put starch in my spine.

    そして、より良いものを作り、私の背骨にデンプンを入れます。

  • And do you know that there was a study done

    そして、ある研究が行われたことを知っていますか?

  • at Harvard Medical School that showed

    ハーバード・メディカル・スクールの研究者が

  • that not having women friends is more dangerous

    女性の友人がいない方がより危険であると

  • to your health or as dangerous to your health as smoking?

    喫煙と同じように健康を害するのか、健康を害するのか。

  • It's our superpower, and men don't have that superpower.

    それが私たちのスーパーパワーであり、男性にはそのスーパーパワーがありません。

  • Very few men do.

    そんな男性はほとんどいません。

  • I don't know, I think it's evolutionary.

    わからないけど、進化していると思う。

  • They went out hunting with their spears to get meat,