Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Electric vehicles are becoming more and more common with each passing year, and their adoption is only expected to accelerate.

    電気自動車は年々普及してきており、その普及はさらに加速すると考えられます。

  • Some estimates predict a third of new vehicles sold by the year 2030 will be electric, and that poses something of a delayed problem.

    2030年には新車販売台数の3分の1が電気自動車になるという予測もありますが、これは遅れた問題でもあります。

  • What do we do with all the lithium ion batteries that powered those electric vehicles, once they go back?

    その電気自動車を動かしていたリチウムイオン電池はどうするのか。復帰したら?

  • Do we just chuck them in the landfill and make fresh ones?

    このまま埋め立てて、新しいものを作るのか?

  • Or is there a way to squeeze more juice out of a used battery?

    あるいは、使用済みのバッテリーからより多くのジュースを搾り取る方法はありますか?

  • There are a lot of reasons to recycle lithium ion batteries.

    リチウムイオン電池をリサイクルする理由はたくさんあります。

  • For starters, they use a variety of raw materials like lithium, manganese, cobalt and nickel.

    まず、リチウム、マンガン、コバルト、ニッケルなど、さまざまな原材料を使用しています。

  • Every kilogram of raw material recovered from them is a kilogram that doesn't need to be extracted from the earth.

    彼らから回収した原料1キログラムは、地球上から取り出さなくてもよい1キログラムになります。

  • In countries like Argentina, Bolivia and Chile.

    アルゼンチン、ボリビア、チリなどの国では

  • Obtaining the lithium needed for the batteries cathode, uses copious amounts of water in some of the driest places on Earth.

    電池に必要なリチウムを得るために、Cathodeは地球上で最も乾燥した場所で大量の水を使用しています。

  • Other metals typically used in lithium ion batteries come with the usual impacts associated with mining.

    また、リチウムイオン電池に使用されるその他の金属は、通常、採掘に伴う影響があります。

  • But there's a terrible dark side to one medal in particular- cobalt.

    しかし、あるメダル、特にコバルトには恐ろしい暗黒面がある。

  • By some estimates, more than 70% of the world's cobalt comes from one place, the Democratic Republic of the Congo.

    世界のコバルトの70%以上は、コンゴ民主共和国で生産されていると言われています。

  • Anybody there can just dig it up and sell it, which has led to armed conflict, unsafe mining practices and the use of child labor.

    誰でも掘って売ることができるので、武力紛争や安全でない採掘方法、児童労働などが発生しています。

  • Cutting back on the need for new cobalt can also reduce the human suffering mining it indirectly causes.

    新たなコバルトの必要性を減らすことは、間接的にコバルトの採掘がもたらす人間の苦しみを減らすことにもつながります。

  • Recycling batteries also keeps materials out of landfills, eliminating the chance that cobalt, nickel and manganese can contaminate the soil and groundwater.

    また、電池をリサイクルすることで、コバルト、ニッケル、マンガンが土壌や地下水を汚染する可能性を排除し、廃棄物を出さないようにしています。

  • But despite these upsides, as of 2019, fewer than 5% of lithium ion batteries were recycled.

    しかし、このようなメリットがあるにもかかわらず、2019年現在、リチウムイオン電池のリサイクル率は5%にも達していません。

  • That's partly because lithium ion battery recycling faces the same challenges that other recycling operations face, namely being cost competitive with virgin materials.

    これは、リチウムイオン電池のリサイクルが、他のリサイクル事業と同様に、バージン材とのコスト競争力という課題を抱えていることが理由です。

  • In all the ways extracting lithium and mining cobalt is costly.

    リチウムの抽出やコバルトの採掘には、いずれもコストがかかります。

  • It's often still cheaper than recycling in terms of dollars and cents.

    ドルとセントで考えると、リサイクルよりもまだ安いことが多い。

  • The issue is made even more complicated because of the nature of today's battery industry.

    この問題は、今日のバッテリー産業の性質上、さらに複雑になっています。

  • There's no standard for how to make a lithium ion cell.

    リチウムイオン電池の作り方には規格がありません。

  • Cathodes can be made up of LiCoO​2, or LiNiMnCoO2, or LiNiCoAlO2, or LiFePO4.

    正極には、リチウム、コバルト酸化物またはリチウム、ニッケル、マンガン、コバルトまたはリチウム、ニッケル、コバルト、酸化アルミニウムまたはリン酸鉄リチウムなどを用いることができる。

  • Because recyclers can't pick and choose which batteries come to their facilities, they often have to use one size fits all solutions.

    リサイクル業者は自分の施設に来る電池を選ぶことができないため、一律の解決策を取らざるを得ないことが多いのです。

  • Often that means burning the batteries.

    多くの場合、それはバッテリーを燃やすことです。

  • Smelting lithium ion batteries recovers the most expensive metals, namely cobalt and nickel, as well as copper.

    リチウムイオン電池を製錬すると、最も高価な金属であるコバルトとニッケル、そして銅が回収されます。

  • However, lithium, aluminum and organic compounds get burned off, and recyclers have to deal with the toxic fluorine compounds the process creates.

    しかし、リチウムやアルミニウム、有機化合物などが燃焼してしまうため、リサイクル業者は有害なフッ素化合物を処理しなければなりません。

  • Another common recycling method, known as chemical leaching, involves grinding up the batteries and treating them with solvents to recover the cathode medals.

    もう一つの一般的なリサイクル方法は、化学的浸出と呼ばれるもので、電池を粉砕して溶剤で処理し、正極メダルを回収するものです。

  • Then there's the issue that lithium ion car batteries are not designed with recycling in mind.

    また、車載用リチウムイオン電池は、リサイクルを考慮して設計されていないという問題もあります。

  • Lead acid batteries like those in internal combustion vehicles are easily disassembled, and almost all the lead in them can be recycled.

    内燃機関の車に搭載されているような鉛酸電池は、簡単に分解でき、先頭に立つものはほとんどがリサイクルできます。

  • But electric vehicle batteries are made of thousands of individual cells that are often glued or welded together with circuitry and sensors in between.

    しかし、電気自動車のバッテリーは、何千ものセルを接着剤や溶接でつなぎ合わせ、その間に回路やセンサーを配置しています。

  • Right now, electric vehicle manufacturers are more focused on performance and longevity, and the post lifecycle isn't given much attention.

    現在、電気自動車メーカーは、性能や寿命を重視しており、ポスト・ライフサイクルはあまり重視されていません。

  • To make recycling easier, battery manufacturers may have to redesign their battery packs so they're more modular and easy to disassemble.

    リサイクルを容易にするためには、電池メーカーは電池パックの設計を変更し、よりモジュール化して分解しやすくする必要があるでしょう。

  • Despite these inherent problems, some companies are charging ahead into battery recycling.

    このような問題を抱えながらも、電池のリサイクルを推進する企業があります。

  • They're developing new strategies like using robots to automate, sorting, disassembling and recovery of materials.

    ロボットを使った自動化、選別、分解、回収などの新しい戦略を開発しています。

  • Or they're experimenting with a technique called direct recovery, which keeps the cathodes crystalline structure intact and cuts down on the cost of reusing material.

    あるいは、陰極の結晶構造を維持したまま、材料の再利用コストを削減できる直接回収という技術を試している。

  • Even if these approaches make recycling batteries cost competitive, investing in lithium ion recycling programs could still be a risky bet.

    これらのアプローチにより、電池のリサイクルがコスト競争力を持つようになったとしても、リチウムイオンのリサイクルプログラムへの投資は、リスクの高い賭けになる可能性があります。

  • Lithium ion batteries may dominate the market now, but other technologies could take their place.

    現在はリチウムイオン電池が主流ですが、他の技術がそれに取って代わる可能性もあります。

  • Hydrogen fuel cell vehicles could become more common or a new battery technology like the long theorized lithium air, could make current batteries obsolete.

    水素燃料電池車が一般的になるかもしれないし、長い間考えられてきたリチウム空気のような新しい電池技術が、現在の電池を陳腐化させるかもしれない。

  • Nobody knows what the future holds, but a few entrepreneurs and nations are seeing a veritable mountain of used batteries on the horizon, and they're determined to turn that trash into treasure.

    未来のことは誰にもわかりませんが、使用済みのバッテリーが山のように出てくるのを見て、そのゴミを宝に変えようとしている起業家や国家があります。

  • Lithium-ion batteries don't just power electric cars, but phones and laptops, too.

    電気自動車だけでなく、携帯電話やノートパソコンにも搭載されているリチウムイオン電池について、実際にどのような働きをしていたのか、未来の動力源は何なのかをご紹介します。

  • To learn more about how these incredible cells actually worked and what may power the future, check out our light-speed playlist here.

    ライトスピードのプレイリストはこちらからご覧いただけます。

  • Thanks so much for watching.

    ご覧いただきありがとうございました。

Electric vehicles are becoming more and more common with each passing year, and their adoption is only expected to accelerate.

電気自動車は年々普及してきており、その普及はさらに加速すると考えられます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 リチウム 電池 リサイクル イオン 回収 バッテリー

衝撃!電気自動車の知られざる環境コスト

  • 3623 188
    林宜悉 に公開 2021 年 04 月 07 日
動画の中の単語