Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What do you know about Bulgaria before meeting Mariana?

    マリアナに会う前に、ブルガリアについてどんなことを知っていましたか?

  • You know, I didn't know much about Bulgaria at all.

    あのね、私はブルガリアのことを全然知らなかったのよ。

  • You know, I knew it was a country in Europe, and that's about it.

    ヨーロッパにある国だということは知っていましたが、それだけでした。

  • Um, since then, I've gotten to know a lot about Bulgaria.

    それ以来、ブルガリアのことをよく知るようになりました。

  • I've been to Bourgas.

    ブルガスに行ってきました。

  • I've been to plug, give Baba, grandma and Grandpa come and visit us.

    プラグには、ババやおばあちゃん、おじいちゃんが遊びに来てくれるんだ。

  • Um, I know the food.

    あの、食べ物は知っています。

  • I know some of the words do speak Bulgarian.

    言葉の中にはブルガリア語を話すものもありますよね。

  • Uh, debris, this trivia, that's that's my Bulgarian.

    あー、デブリ、このトリビアは、それは私のブルガリア語です。

  • A little bit.

    少しだけ。

  • A little bit.

    少しだけ。

  • It's good, but I mean, I love Bulgaria and Bulgarians because they remind me a little bit of Americans somehow.

    それはいいのですが、つまり、私はブルガリアとブルガリア人が大好きなのです。なぜなら、彼らはどこかアメリカ人を少しだけ思い出させるからです。

  • And actually, both of us come from seaside towns, Bourgas in San Diego or both on the on the sea.

    そして実は、私たち2人とも海辺の町の出身で、サンディエゴのブルガスとか、両方とも海の上にあるんです。

  • They both have sand.

    どちらも砂を持っています。

  • They both have son.

    二人とも息子がいます。

  • But I meet Bulgarians.

    しかし、私はブルガリア人と出会う。

  • They're hardworking people that want to come to a place like London, and they want to change their lives.

    ロンドンのような場所に来て、人生を変えたいと思っている勤勉な人たちです。

  • And her mother, she's amazing.

    そして、彼女の母親は、素晴らしいです。

  • Her mother reminds me of my grandmother.

    彼女の母親は、私の祖母を思い出させます。

  • Uh, solid values.

    あー、確かな価値観。

  • No nonsense.

    ナンセンスではありません。

  • Nobody messes with Baba in my house, right?

    私の家では馬場さんに手を出す人はいませんよね。

  • Her rules, But really good moral values.

    彼女のルール、でも本当に良いモラルを持っている。

  • Really good ethics.

    本当に良い倫理観ですね。

  • And I love it when she raises my boys as well.

    そして、彼女が私の息子たちも育ててくれるのが嬉しい。

  • So, uh, yeah, I feel part Bulgarian, Really.

    だから、ええと、私はブルガリア人の一員だと感じています。

  • You know, And my, you know, our Children are all part Bulgarian, so there was a little bit more about your daily life.

    そして、私の、私たちの子供たちは皆、ブルガリア人の血を引いているので、あなたの日常生活についても、もう少し詳しく説明してください。

  • Daily routine.

    毎日のルーティン。

  • Well, um, the routine, from my perspective, is I wake up in the morning and one thing I do every day is I walk my two boys to school.

    私の視点では、朝起きて、2人の息子を学校まで送り届けるのが日課です。

  • So to make that happen, she has to be up early and to make sure what you cook for them, sometimes they eat their pretty crazy.

    そのために、彼女は早起きをして、彼らのために作った料理を、時には彼らがかなり狂ったように食べるようにしなければなりません。

  • There are three and four years old, so they're like bandits all the time.

    3歳と4歳の子供がいるので、常に山賊のような状態です。

  • Pretty crazy.

    かなりクレイジー。

  • Um, but I always make sure I welcome to school.

    えーと、でも学校には必ず迎えに行きます。

  • So we walked to school today.

    だから、今日は歩いて学校に行きました。

  • It was successful.

    成功しました。

  • Um, and then I dropped him off at school.

    そして、彼を学校に送り届けました。

  • And then I come into London real.

    そして、ロンドン・リアルに入る。

  • And then for me, I try to come home at night to read him a story before they go to bed.

    そして、私の場合は、夜、家に帰ってきて、彼らが寝る前に絵本を読んであげるようにしています。

  • At around around 12 hours later is what I try to do.

    12時間後くらいを目安にしています。

  • Sometimes I make it.

    たまに作ります。

  • Sometimes I don't, um now, that's that's my perspective.

    時には、そうでないこともありますが、今は、それが私の考え方です。

  • What does it look like for you?

    あなたにとって、それはどのようなものですか?

  • Every time of the day is like when you come home on time.

    どの時間帯も、時間通りに帰宅したときのようなものです。

  • When you read them story and you don't actually read the story, you make up the story and they're laughing just before they go to bed and go ecstatic.

    物語を読んであげて、実際には読まずに物語を作ってあげると、寝る直前に笑って恍惚とした表情になります。

  • They're like, and I'm sitting on the stairs outside and I'm listening to your story just like I love it is like more time to I read them a story, and then I turned the lights off.

    彼らは、私が外の階段に座って、私はそれが私が彼らに物語を読んで、その後、私はライトをオフにするためのより多くの時間を愛するように、あなたの話を聞いています。

  • And then I keep telling my own story, and I make up these adventures and I wait for them to fall asleep.

    そして、自分の物語を語り続け、冒険を作り、彼らが眠りにつくのを待つのです。

  • But I'm getting pretty good at Your voice is very polished.

    でも、かなり上手になってきました。 あなたの声はとても洗練されています。

  • Well, what will change in your family?

    さて、ご家族の中で何が変わるのでしょうか?

  • Wife?

    妻?

  • Uh, if uber and win the election on the sixth of May family life, I'd like to think it doesn't change.

    あー、5月6日の家族の生活でユーチューバーと選挙に勝っても、変わらないと思いたいです。

  • You know, I still want to walk my voice to school in the morning.

    朝、声を出して学校に行きたいと思っているのは変わりません。

  • I still want to tell them stories at night.

    今でも夜になるとお話をしてあげたくなります。

  • Um, I've been out here in the media for a long time as mayor of London.

    私は、ロンドン市長として長い間、メディアに登場してきました。

  • It'll be more.

    もっと増えるだろう。

  • I'm sure I'll have more comments and critics, but also will be doing more amazing things for this city I mean, we're gonna do incredible things for this city.

    もっと多くのコメントや批評が寄せられると思いますが、同時にこの街のためにもっと素晴らしいことをしていきたいと思っています。

  • Make London the best city in the world, so I don't see it changing that much.

    ロンドンを世界最高の都市にする、だからそんなに変わらないと思います。

  • I'm sure there will be more eyes on us, perhaps.

    おそらく、より多くの人の目に触れることになると思います。

  • Yeah.

    うん。

What do you know about Bulgaria before meeting Mariana?

マリアナに会う前に、ブルガリアについてどんなことを知っていましたか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ブルガリア ロンドン 息子 読ん 思い 変わら

FAMILY LIFE|毎朝起きて、息子たちを学校まで送り届ける - BULGARIAN TV INTERVIEW (FAMILY LIFE | I Get Up Every Morning And Make Sure I Walk My Boys To School - BULGARIAN TV INTERVIEW)

  • 7 1
    林宜悉 に公開 2021 年 04 月 07 日
動画の中の単語