Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What if the city you lived in passed a new law requiring you to own a gun?

    もし、住んでいる街で、銃の所持を義務付ける新しい法律ができたら?

  • Would you be glad that the neighbor on either side of you was now fully armed?

    両隣の人が完全に武装していることを喜ぶだろうか?

  • Would you go out and buy one legally and get a permit for it?

    あなたは、合法的に購入して許可を得るでしょうか?

  • Or, if you're against gun ownership, would you pack your bags and move to some place where guns are illegal?

    あるいは、銃の所持に反対する人は、荷物をまとめて銃が違法な場所に引っ越すのでしょうか?

  • Well, in the city of Kennesaw, Georgia, a local law requires every head of household residing in the city limits to maintain a firearm.

    ジョージア州のケネソー市では、市内に住む世帯主に銃器の保持を義務付ける法律があります。

  • What is Kennesaw like?

    ケネソーはどんなところですか?

  • Is it the Wild West, or is it a polite society with no crime?

    西部劇の世界なのか、それとも犯罪のない礼儀正しい社会なのか。

  • Let's take a look.

    見てみましょう。

  • The everyone-must-own-a-gun law

    誰もが銃を持たなければならない。

  • dates back to 1982 in Kennesaw, which is a quiet suburban town outside of Atlanta.

    1982年、アトランタ郊外の静かな郊外の町、ケネソーで法律の制定が始まりました。

  • There are no big chain stores or strip malls.

    大きなチェーン店やストリップモールはありません。

  • Instead, it's a Southern town with a main street lined with locally owned shops and businesses.

    それどころか、メインストリートには地元で経営されているお店やビジネスが並んでいる南部の町です。

  • Just like in any town, there's a mix of people with different beliefs and backgrounds.

    どの街でもそうですが、様々な信念や背景を持った人たちが混在しています。

  • Some argue passionately for the law that requires everyone to own a gun and others not so much.

    誰もが銃を所有しなければならないという法律を熱烈に主張する人もいれば、そうでない人もいる。

  • So, what's it like in Kennesaw?

    では、ケネソーではどんなことが行われているのでしょうか?

  • It's quiet.

    静かですね。

  • Their crime rate is in line with the surrounding towns, and people wear their guns more visibly than most people from other states are used to seeing.

    犯罪率は周辺の町と同程度で、人々は他の州の人々が見慣れているよりも銃を目立たせて身につけている。

  • However, everyone who owns a gun must have an open carry permit and have purchased it legally.

    しかし、銃を所有する人は全員、オープンキャリー許可証を持ち、合法的に購入したものでなければなりません。

  • These rules are not optional.

    このルールはオプションではありません。

  • Kennesaw is less like the Wild West and more like any small American town with a slight quirk.

    ケネソーは西部開拓時代というよりも、アメリカの小さな町のような、ちょっとしたコルクのある町です。

  • The law requiring every head of household to own a gun was created over 30 years ago and claimed to be a crime deterrent.

    世帯主全員に銃の所持を義務付ける法律は、30年以上前に作られ、犯罪抑止効果があるとされていた。

  • Lieutenant Craig Graydon is always happy to explain the law and is honest in how it has or has not affected the town.

    クレイグ・グレイドン警部補は、いつも喜んで法律の説明をしてくれますし、その法律が町にどのような影響を与えたか、あるいは与えていないかを正直に話してくれます。

  • In interviews, Graydon discusses that back when the law was first made, crime was not running rampant in Kennesaw.

    クライトンはインタビューの中で、この法律が作られた当時、ケネソーでは犯罪が横行していなかったと語っています。

  • Instead, the law was more of a political response to the city of Morton Grove, Illinois, who passed an ordinance banning handguns within the city limits.

    むしろ、この法律は、イリノイ州モートン・グローブ市が市域内での拳銃の使用を禁止する条例を可決したことに対する政治的な反応であった。

  • The 1982 law required every head of household within the Kennesaw City limits to own a firearm.

    1982年の法律では、ケネソー市内のすべての世帯主に銃器の所有を義務付けていた。

  • The law was a rebuke toward Morton Grove.

    この法律は、当時のモートングローブに対する反発だった。

  • At the time the law in Kennesaw was made,

    ケネソーというラインができた。

  • most of the people in the rural community already owned their own guns, Lieutenant Graydon, and also explains how the law was always going to be unenforceable.

    殆どの人が自分の銃を持っていました」と中尉は言います。

  • So it was more symbolic ordinance than anything else.

    つまり、何よりも象徴的な条例だったのだ。

  • It is interesting that although the law requires that everyone in Kennesaw own a gun, this law is not and has never been enforced.

    興味深いのは、ケネソーでは誰もが銃を所有しなければならないと法律で定められているにもかかわらず、この法律は施行されていないし、施行されたこともないということだ。

  • There are also exemptions from the law.

    また、法の適用除外もあります。

  • For example, if a citizen of Kennesaw is morally opposed to guns, they're exempt from having to own one.

    例えば、ケネソーの市民が道徳的に銃に反対であれば、銃を持つことを免除されます。

  • There's no ordinance in place to force someone to buy a gun or to check to make sure everyone owns one.

    誰かに銃の購入を強制したり、誰もが銃を所有しているかどうかをチェックするような条例はありません。

  • Really, the law is in place more as a statement than a way to deter crime.

    本当に、この法律は犯罪を抑止するためというよりも、声明として導入されています。

  • You may be wondering what the crime rate is in Kennesaw, Georgia.

    ジョージア州ケネソーの犯罪率が気になりますよね。

  • Is it high? Low?

    ハイローですか?

  • Or maybe there's absolutely no crime at all?

    もしかしたら、犯罪は全くないかもしれない。

  • In theory, the law was put in place to maintain order and prevent crime.

    理論的には、法律は秩序を維持し、犯罪を防ぐために設置されたものです。

  • The thought was that a criminal would think twice about committing a felony in a town where everyone had a gun.

    誰もが銃を持っている町では、犯罪者は重罪を犯そうとは思わないだろうと考えたのです。

  • Even today, some of the residents of Kennesaw feel that owning a firearm allows them to protect themselves in a way they would not be able to otherwise.

    現在でも、ケネソーフィールドの住民の中には、銃器を所有することで、他ではできない方法で自分の身を守ることができるという人もいます。

  • But is this true?

    しかし、これは本当でしょうか?

  • Is everyone really safer because of a law that requires the citizens of Kennesaw to carry a gun?

    ケネソーの市民に銃の携帯を義務付ける法律のおかげで、みんなが本当に安全になったのか?

  • According to Lieutenant Graydon, the law does not have much to do with the crime rate in the town.

    警部補によると、町の犯罪率に法律の素晴らしさはあまり関係がないという。

  • In fact, since the law is put into place, Kennesaw had nine homicides, and there are still minor crimes committed.

    実際、この法律が施行されてから、ケネソーでは9件の殺人事件が発生しており、今でも軽微な犯罪が発生しています。

  • However, this is in line with the crime statistics in the surrounding area.

    しかし、これは周辺地域の犯罪統計と一致しています。

  • So, it seems that the law requiring everyone to have a gun did not drastically reduce crime in Kennesaw. Graydon actually argues that since almost everyone already owned a gun and the law is not enforced, it's because of good police work in community outreach that crime rates have stayed low.

    つまり、全員に銃の所持を義務付ける法律は、ケネソー・グレートの犯罪を激減させなかったようで、実際には、すでにほとんど全員が銃を所持しており、法律も施行されていないため、犯罪率が低く抑えられているのは、地域への働きかけを行う警察の優れた活動のおかげだと主張しています。

  • It would seem that the law had no effect on crime at all.

    この法律は、犯罪には全く影響を与えなかったと思われる。

  • Instead, allowing business to go on as usual and not enforcing the law has made Kennesaw just as safe in law abiding as the surrounding areas.

    むしろ、ビジネスを通常通りに行い、法律を取り締まらないことで、ケネソーは周辺地域と同じように法律を守っている安全な場所になっています。

  • It may surprise you how the residents of Kennesaw feel about the gun law.

    ケネソーの住民が銃法についてどう感じているかは意外と知られていないかもしれません。

  • There are definitely opposing views.

    確かに反対意見もあります。

  • Some take the law to the extreme, while others are ambivalent or don't even know the law exists at all.

    法律を極端に重んじる人もいれば、曖昧な人や法律の存在を全く知らない人もいます。

  • One of the more extreme resident is Dent Myers, who is the 81-year-old owner of Wildman's Civil War Surplus and Herb Shop in Kennesaw.

    極めつけは、ケネソーにある「Wildman, Civil War Surplus and Herb Shop」の81歳のオーナーであるデント・マイヤーズ氏の居住。

  • His store is draped in Confederate flags and one of the largest businesses in Kennesaw downtown area.

    彼の店は南軍の旗で覆われていて、ケネソーのダウンタウンでは最大のビジネスの一つです。

  • Surprisingly, Myers is adamant that the government outside of the town is against him.

    驚いたことに、マイヤーズは町の外の政府が自分に反対していると断言している。

  • He will tell anyone who will listen that they're trying to confiscate our guns, referring to the federal government.

    彼は誰にでも、連邦政府のことを指して「我々の銃を没収しようとしている」と言うだろう。

  • It may not be surprising that in Myers' shop

    憧れのショップがあってもおかしくないかもしれません。

  • you can find shirts honoring the Ku Klux Klan and bumper stickers with racist connotations on them.

    クー・クラックス・クランを称えるシャツや、人種差別的な意味合いが込められたバンパーステッカーなどが販売されています。

  • This is clearly not what everyone in Kennesaw believes in, but the fact that Myers store is one of the largest businesses in town does say something.

    これは、ケネソーの人々が皆信じていることではないのは明らかですが、マイヤーズストアが町で最も大きなビジネスの一つであるという事実は、何かを物語っています。

  • The gun law also led Myers to provide charity in a unique way. He used to sell honorary Kennesaw citizenship certificates to people visiting the town.

    また、銃刀法をきっかけに、マイヤーズはケネソーを訪れる人々にケネソー市民権の名誉証明書を販売するというユニークな方法で慈善活動を行っていた。

  • The proceeds from those certificates would go on to buy poor Kennesaw citizens ammunition for their guns.

    その証明書の収益は、貧しいケネソー市民に銃の弾薬を買うために使われた。

  • In some places, charity is used to feed and house people in need.

    ある場所では、慈善事業が必要な人々の食事や宿泊に使われています。

  • But for Myers, who fully embraces the law requiring everyone to own a gun in Kennesaw, ammunition is more important than those other things.

    しかし、ケネソーでは誰もが銃を持つことを義務付ける法律を全面的に支持しているマイヤーズにとって、弾薬はそれらのものよりも重要なものなのだ。

  • It's unfair to judge the town on just one man's actions, however.

    一人の男の行動だけで町を判断するのは不公平だ。

  • Some may agree with Myers and the gun law, while others feel differently.

    しかし、マイヤーズと銃法に賛同する人もいれば、違うと感じる人もいるでしょう。

  • The United States has experienced mass shootings in schools, movie theaters and concerts in recent years.

    米国では近年、学校や映画館、コンサートなどで大量殺人事件が発生しています。

  • When the conversation of gun control was brought up to Kennesaw citizens, you can probably guess where Myers stood.

    ケネソー市民に銃規制の話が持ち上がったとき、マイヤーがどのような立場だったかは想像に難くありません。

  • However, other citizens of the town, like Andy Crowe, welcomes the national conversation.

    しかし、アンディ・クロのように、全国的な話題を歓迎している町民もいる。

  • He's wary and doesn't want to lose his hunting rifles,

    彼は警戒心が強く、猟銃を失いたくないのだ。

  • but he also feels that things are getting out of hand.

    しかし、彼は物事が手に負えなくなっていることも感じている。

  • Regardless, Mr. Crowe says the gun law and Kennesaw is now ingrained in its citizens.

    いずれにしても、クロウ氏は、銃法とケネソーは市民に定着していると言う。

  • He feels a sense of responsibility that he wants to pass on to his kids.

    子供たちに伝えたいという責任感がある。

  • This brings us to an interesting statistic in the town, where everyone is required to own a gun. Lieutenant Graydon estimates that only around 50% of Kennesaw residents own guns.

    ここで、誰もが銃の所有を義務づけられているこの町の興味深い統計を紹介したい。警部補は偉大で、ケネソーの住民の約50%しか銃を所有していないと推定している。

  • The other 50% either choose not to or just don't know the law even exists.

    残りの50%は、選択しないか、知らない。法律も存在する。

  • In reality, the town legally requires every citizen to own a firearm but does not really hold anyone accountable to the law.

    実際には、町は法的にすべての市民に銃器の所有を義務付けていますが、実際には誰にも法律の責任を取らせていません。

  • Many citizens do feel it's good for the town to have the legislation, though.

    しかし、多くの市民は、この法案が町のためになると感じています。

  • Shannon Smith, a business owner in Kennesaw, says she carries a gun because she owns a business, not necessarily because it's the law.

    ケネソーのビジネスオーナーであるシャノン・スミスさんは、ビジネスを所有しているからこそ銃を携帯するのであって、必ずしも法律で決められているわけではないと言います。

  • Many residents are adamant that the real problem with gun violence is mental illness and not guns.

    多くの住民は、銃暴力の本当の問題は、銃ではなく精神疾患であると断言しています。

  • Getting people with mental illness the help they need and keeping guns out of their hands is something that almost all United States citizens agree on.

    精神疾患を持つ人々に必要な支援を提供し、彼らに銃を持たせないようにすることは、米国市民のほぼ全員が同意することです。

  • Many of the citizens of Kennesaw admit that the country has a problem with gun violence.

    ケネソー市民の多くは、この国が銃暴力の問題を抱えていることを認めています。

  • Not even the town with a law requiring guns by every household is immune to the atrocities that occur because of the very weapons they're legally required to own.

    各家庭に銃を持たせる法律がある町でも、法的に所有を義務付けられている武器が原因で起こる残虐行為とは無縁ではありません。

  • Now you might be wondering what types of guns the citizens of Kennesaw have that varies between the owners, most law abiding citizens wear a pistol in a holster on their hip.

    ケネソー市民がどのような銃を持っているのか気になるところだが、所有者によってまちまちで、ほとんどの遵法市民はピストルを腰のホルスターに入れている。

  • But there are other members of the community who take the law a little more seriously and have gone with a more militant option.

    しかし、コミュニティの中には、法律をもう少し真剣に受け止め、より過激な選択肢を選んだ人もいます。

  • Some households have an arsenal of AR-15 style rifles, shotguns and a plethora of handguns.

    世帯によっては、AR15スタイルのライフルやショットガン、おびただしい数のハンドガンなどの武器庫を持っているところもあります。

  • Again, this is not everyone in the town, but some citizens do enjoy their firearms.

    繰り返しになりますが、これは町のすべての人ではありませんが、銃器を楽しんでいる市民もいます。

  • The people of Kennesaw, for the most part, are proud of their guns, they're vocal about keeping their weapons and the law that allows them to do so.

    ケネソーの人々は、ほとんどの場合、自分たちの銃を誇りに思っており、武器を保持することを声高に主張し、それを可能にする法律を守っている。

  • With more mass shootings occurring in the United States, more pressure has been put on gun laws and lobbyists.

    米国では銃乱射事件が多発しており、銃規制やロビイストへの圧力が高まっています。

  • That's why not only politicians within the United States contact Kennesaw about their gun law, but also people from around the world as well.

    だからこそ、アメリカ国内の政治家だけでなく、世界中の人々がケネソーの銃法について問い合わせてくるのです。

  • Officials from Kennesaw received calls from as far away as Norway, enquiring about their mandatory gun law.

    ケネソー市の担当者は、遠くノルウェーからも銃規制について問い合わせの電話を受けた。

  • The town of Kennesaw has reached somewhat of a balance.

    ケネソーの町は、ある種のバランスを保っています。

  • Yeah, a lot of citizens own guns, but most of them are willing to have discussions about gun rights and ways to make sure that they're only kept by responsible owners.

    多くの市民が銃を所有していますが、そのほとんどが銃の権利や、責任ある所有者のみが銃を持てるようにする方法について、喜んで議論しています。

  • That being said, the fact that crime rates in Kennesaw are similar to the surrounding areas and lack of enforcement of the gun law and the number of citizens who don't even know the law exists, suggests that the law requiring everyone to own a gun serves no actual purpose.

    とはいえ、ケネソーの犯罪率が周辺地域と同程度であることや、銃法が施行されていないこと、法律の存在を知らない市民が多いことなどから、全員に銃の所有を義務付ける法律は実際には何の役にも立っていないと考えられる。

  • The law is more of a political statement than anything else.

    この法律は、何よりも政治的な主張をしています。

  • Now go check out:

    さあ、チェックアウトしましょう。

  • Could the US Citizens Fight Off the US Military or watch Common Stereotypes about Americans.

    U.S.A.はどうでしょうか?S. 市民がU.S.を撃退 アメリカ人に対する一般的な固定観念を見てみましょう。

What if the city you lived in passed a new law requiring you to own a gun?

もし、住んでいる街で、銃の所持を義務付ける新しい法律ができたら?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 法律 所有 市民 犯罪 義務 マイヤーズ

アメリカの都市では、すべての人に銃の所有を義務付けています。 (This US City Requires Everyone To Own A Gun)

  • 3929 127
    林宜悉 に公開 2021 年 04 月 06 日
動画の中の単語