Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Have you ever tasted one of these?

    あなたはこのようなものを食べたことがありますか?

  • It's troublesome.

    面倒です。

  • This little thing?

    この小さなもの?

  • Why?

    なぜ?

  • It will grow bigger, right?

    大きくなりますよね。

  • And it's very, very sturdy, so you definitely need a sharp knife and a strong arm to cut it.

    また、非常に頑丈にできているので、切るには鋭いナイフと強い腕が必要です。

  • And it releases a lot of very sticky latex, so everything gets very, very messy.

    そして、非常に粘着性の高いラテックスを大量に放出するので、すべてが非常に厄介なことになります。

  • How about one of these?

    こんなのはどう?

  • You can really see how this product has like a fibrous texture that very much resembles

    この製品は、繊維状のテクスチャーであることがよくわかります。

  • pulled pork or like a pulled meat muscle.

    プルポークや、肉の筋を抜いたような

  • Now, they're available as one as the co-founders of Karana attempt to take a bite of Asia's

    現在、Karana社の共同設立者たちは、アジアの市場に食い込もうとしています。

  • alternative meat market with their jackfruit-based pulled pork substitute.

    ジャックフルーツを使ったプルドポークの代替品で、オルタナティブミートマーケット。

  • I was very much a vegan-skeptic, a meat-eater for a lot of my life,

    私は人生の多くの期間、ヴィーガンに懐疑的で、肉食でした。

  • and I've taken a major turn.

    と、大きな転機を迎えました。

  • Karana is the Singapore food start-up behind the meat substitute

    Karanaは、肉の代替品を開発したシンガポールのスタートアップ企業です。

  • made entirely from jackfruit, oil and salt,

    ジャックフルーツ、オイル、塩のみで作られています。

  • which it callswhole-plantmeat.

    これは、「ホールプラント」と呼ばれる肉です。

  • This is unlike other products that may contain processed ingredients and preservatives.

    これは、加工された成分や保存料が含まれている可能性のある他の製品とは異なります。

  • Started in 2018 amid growing demand for meat alternatives,

    肉の代替品を求める声が高まる中、2018年にスタート。

  • the business produces sustainable, minimally processed meat substitutes

    このビジネスでは、持続可能で最小限の加工を施した代替肉を生産しています。

  • designed specifically for Asian cuisines.

    アジア料理に特化して設計されています。

  • We really focus on using whole plants, that's the main differentiator for us.

    私たちは、植物を丸ごと使うことに重点を置いており、それが私たちの最大の差別化要因です。

  • Co-founder Dan Riegler, who built a career working in

    共同設立者のダン・リーグラーは、これまでのキャリアを活かして

  • agricultural supply chains across Southeast Asia, told me more.

    東南アジアの農作物のサプライチェーンについて教えてくれました。

  • We saw a huge need to identify products that had more local applications,

    私たちは、より地域に密着した製品を発掘する必要性を強く感じていました。

  • you know, for APAC.

    ご存知の通り、APACについては

  • Pork is the number one meat that's consumed in this region

    この地域で消費される肉の第一位は豚肉です。

  • and that's where we didn't see a lot of products really addressing a need.

    そのため、ニーズを満たす製品があまり見当たりませんでした。

  • Half of the world's pork is produced and consumed in Asia,

    世界の豚肉の半分はアジアで生産され、消費されています。

  • with most of that demand coming from China.

    その需要のほとんどは中国からのものです。

  • So in 2018, Dan and his co-founder Blair Crichton, formerly of Impossible Foods,

    そこで2018年、ダンは共同創業者である元インポッシブル・フーズのブレア・クライトンとともに

  • set to work finding an environmentally-friendly alternative.

    そのためには、環境に配慮した代替品の開発が必要です。

  • There's about 150,000 edible plant species and we consume about 150.

    食用植物は約15万種ありますが、人間が消費するのは約150種です。

  • It wasn't long before the pair identified Karana's flagship product:

    2人がKaranaの主力製品を見極めるまでには、そう長い時間はかかりませんでした。

  • a pork substitute made of jackfruit sourced from smallholder farmers in Sri Lanka.

    スリランカの零細農家で生産されたジャックフルーツを使用した豚肉代替品です。

  • Jackfruit has a long history in South and Southeast Asian cuisines,

    ジャックフルーツの歴史は古く、南アジアや東南アジアの料理に使われています。

  • especially in vegetarian and vegan dishes.

    特に、ベジタリアンやビーガンの料理に。

  • Known for its densely packed, fibrous texture and meat-like qualities,

    緻密で繊維質な食感と肉のような質感が特徴。

  • the unripe young jackfruit is commonly used in savory foods,

    熟していない若いジャックフルーツは、香ばしい料理によく使われます。

  • while the sweet, ripe jackfruit is eaten raw.

    一方、甘く熟したジャックフルーツは生で食べられます。

  • In Sri Lanka, the jackfruit tree is such a national treasure,

    スリランカでは、そんなジャックフルーツの木が国の宝になっています。

  • it is known as bath gasa or 'rice tree.'

    そのため、「バスガサ」や「ライスツリー」と呼ばれています。

  • In Sri Lanka, it's actually illegal to cut down a jackfruit tree,

    スリランカでは、ジャックフルーツの木を伐採することは違法とされています。

  • because it's considered such a national treasure.

    それは、国宝級の価値があるからです。

  • Carsten Carstens, Karana's chief science officer and first hire,

    Karana社のチーフ・サイエンス・オフィサーであり、最初に採用されたCarsten Carstens氏。

  • shared more about jackfruit's natural properties.

    ジャックフルーツの天然成分についてはこちらをご覧ください。

  • Jackfruit, as a crop, does not need irrigation, does not need pesticides, does not need herbicides.

    ジャックフルーツは作物として、灌漑も農薬も除草剤も必要ありません。

  • So it's a very hardy tree, and when it yields fruit, it's very, very prolific.

    そのため、とても丈夫な木で、実がなると非常に多産になります。

  • Jackfruit is so abundant in the region that tons of it goes to waste every year.

    この地域ではジャックフルーツが非常に豊富で、毎年何トンものジャックフルーツが廃棄されています。

  • That is due in part to the complexity of processing and cooking it.

    それは、加工や調理の複雑さにも起因しています。

  • That's income that's not getting into the hands of farmers,

    その分、農家には収入が回ってこないのです。

  • that's crops that's going to waste.

    その分の作物が無駄になってしまいます。

  • The founders thought jackfruit was ripe for mass consumption.

    創業者たちは、ジャックフルーツが大量消費に適していると考えました。

  • The formats that it was available in, we saw, were just not exciting to us.

    用意されていたフォーマットを見ても、私たちにとってはエキサイティングなものではありませんでした。

  • They were very difficult to work with, they were not yielding interesting textures and end results,

    これらは非常に扱いにくく、面白いテクスチャーや結果を得ることができませんでした。

  • and we knew that jackfruit was not living up to its potential.

    と、ジャックフルーツがそのポテンシャルを発揮できていないことがわかったのです。

  • So, they set to work experimenting, eventually devising a chemical-free, mechanical process

    そこで、彼らは実験を開始し、最終的には化学薬品を使わない機械的なプロセスを考案しました。

  • at their manufacturing hub in Singapore that would transform the fruit into a shredded,

    シンガポールの製造拠点では、果物を千切りにするために

  • meat-like product that's simple for chefs and consumers to use.

    料理人や消費者が簡単に使用できる肉のような製品です。

  • Our intention was really to create something that chefs can take

    私たちが意図したのは、シェフが持ち運べるものを作ることでした。

  • and create amazing dishes with.

    を使って、素晴らしい料理を作ることができます。

  • The unique qualities of the fruit such as its stickiness

    果実の粘り気などの独特の性質が

  • meant that preparing it would be a challenge.

    そのため、準備には苦労しました。

  • Even in the countries where jackfruit is grown,

    ジャックフルーツが栽培されている国でも

  • you need to have a lot of knowledge on how to best process it.

    そのためには、どのように処理すればよいか、多くの知識が必要です。

  • And for the modern kitchen in a modern F&B operation,

    そして、モダンなF&Bオペレーションのモダンなキッチンのために。

  • it is just too labor-intense for most chefs to even dare working with it.

    一般の料理人にとっては手間がかかりすぎて、あえて扱うことができません。

  • Karana's invention comes as demand for more ethical and sustainable food

    カラナの発明は、よりエシカルでサステイナブルな食品が求められる中で

  • grows across Asia and beyond.

    は、アジアをはじめとする世界各地で成長しています。

  • Even before the pandemic, the alternative meat market was estimated to hit $140 billion

    パンデミック以前から、代替肉の市場規模は1400億ドルと推定されていました。

  • or 10% of the global meat industrywithin a decade.

    - 10年以内に、世界の食肉産業の10%を占めることになります。

  • Mirte Gosker, acting managing director at The Good Food Institute Asia Pacific,

    The Good Food Institute Asia Pacificのアクティング・マネージング・ディレクターであるMirte Gosker氏。

  • says that demand for meat substitutes is increasing in Asia

    アジアでは肉の代替品の需要が高まっているという

  • as awareness of food safety and nutrition grows.

    食品の安全性や栄養に関する意識の高まりとともに

  • First of all, we see sustainability picking up as a consumer trend,

    まず第一に、サステナビリティは消費者のトレンドとして注目されています。

  • and I think that blew over from the West to Asia.

    それが西洋からアジアへと伝わっていったのだと思います。

  • But what is more interesting is that here in Asia we see a real demand for healthy products

    しかし、さらに興味深いのは、ここアジアでは、健康的な製品に対する真の需要があるということです。

  • with high nutritious value.

    栄養価が高い。

  • And specifically in China, one of the reasons for people to buy plant-based meat, actually

    特に中国では、植物性の肉を購入する理由のひとつとして、実は

  • the biggest reason, is the wish to lose weight.

    最大の理由は、「体重を減らしたい」ということです。

  • Current farming methods and large-scale industrial farming practices are not sustainable, says Mirte.

    現在の農法や大規模な工業的農業は、持続可能ではないとミルテは言います。

  • The Food Agriculture Organization has declared that animal agriculture

    食糧農業機関は、動物農業が

  • is the top two or three contributors to the most pressing environmental challenges

    は、最も差し迫った環境問題への貢献度が上位2~3位であること。

  • on our planet right now.

    今、私たちの地球上にある

  • So that includes air pollution, water pollution, water shortages,

    つまり、大気汚染、水質汚染、水不足などです。

  • and loss of biodiversity, for example.

    や生物多様性の損失などがあります。

  • And if you look at the animal agriculture,

    また、畜産に目を向けると

  • it's just a highly inefficient way of creating meat.

    肉を作るには非常に効率の悪い方法なのです。

  • We really need to rethink, you know, how we're producing food from the ground up.

    私たちは、食料生産の方法を根本から見直す必要があります。

  • We rely way too much on a very small number of crops and animals

    ごく少数の農作物や動物に頼りすぎている。

  • that are extremely destructive to the environment.

    極めて環境を破壊するものです。

  • If we don't do it by choice now, we will be forced to.

    今、選択してやらなければ、強制的にやらされることになるだろう。

  • By 2050, I mean, we see it in weather patterns

    2050年には、気象パターンにも現れてくると思います。

  • and the implications for the farmers we work with.

    そして、私たちが一緒に仕事をしている農家の方々への影響を考えます。

  • We see it in the pressure that is building on our current food supply chain systems.

    それは、現在のフードサプライチェーンシステムにかかっている圧力にも表れています。

  • We've seen it with Covid, with Swine Flu in China.

    Covidや中国の豚インフルエンザでもそうでした。

  • It's not up to us.

    私たちが決めることではありません。

  • Investors are recognizing the potential of the alternative meat sector too.

    投資家も代替肉部門の可能性を認めています。

  • Demand for plant-based meat is skyrocketing.

    植物性の肉の需要は急増しています。

  • We have seen in 2020 a 300% increase globally on investments in this specific space,

    2020年には、この分野への投資が世界的に300%増加すると予想されています。

  • and here in Asia Pacific, we actually saw a sixfold rise in investments in alternative proteins.

    また、アジア太平洋地域では、オルタナティブ・プロテインへの投資が6倍に増加しました。

  • In July 2020, Karana raised $1.7 million inseed funding

    2020年7月、Karanaは170万ドルのインセッド資金を調達しました。

  • from investors, including Big Idea Ventures,

    は、Big Idea Venturesをはじめとする投資家からの出資を受けています。

  • a fund dedicated to plant-based foods backed by Singapore's Temasek

    シンガポールのテマセクが支援する植物性食品に特化したファンドである

  • and US meat company Tyson Foods.

    と米国の食肉会社Tyson Foodsとの間で締結されました。

  • The investment fueled the company's 2021 debut in Singapore,

    この投資により、2021年のシンガポールでのデビューが実現しました。

  • where its plant-based pork is now available in nine restaurants and counting,

    この植物性豚肉は、現在、9つのレストランで販売されています。

  • in local dishes from dumplings to local pork rolls.

    餃子や地元の豚肉巻きなどの郷土料理に

  • Next up will be its rollout in Hong Kong,

    次は、香港での展開を予定しています。

  • as well as the launch of a line of Karana retail products.

    また、カラナのリテール商品も発売されました。

  • We're focusing on very convenience-focused, very iconic ready-to-cook products starting

    私たちは、非常に利便性の高い、象徴的な調理済み製品に焦点を当てています。

  • with frozen dim sum.

    凍らせた点心で

  • So frozen dumplings, frozen bao.

    だから冷凍餃子、冷凍バオ。

  • The company is also investing in a new innovation lab

    また、新しいイノベーションラボにも投資しています。

  • to experiment further with jackfruit and other whole-plant meat substitutes.

    ジャックフルーツをはじめとする植物性の肉の代替品をさらに試してみたいと考えています。

  • We also have a number of crops in our pipeline that have a similar approach, where there's

    また、当社のパイプラインには、同じようなアプローチをとるいくつかの作物があり、そこには

  • a lot of it available, a lot of waste happening and a lot that we can do to bring these new,

    使えるものはたくさんあり、無駄なものはたくさんあり、これらを新しくするためにできることはたくさんあります。

  • king of less thought about, less familiar ingredients to market.

    あまり考えられていない、馴染みのない成分の王様を市場に出す。

  • All that comes as the alternative meat space becomes increasingly crowded.

    このように、オルタナティブ・ミートの分野はますます混沌としてきています。

  • It won't be easy winning market share, but Dan says he welcomes the competition.

    シェアを獲得するのは簡単ではありませんが、ダンは競争を歓迎しています。

  • There's a lot of buzz and this is a very hot space, but it's still so early, there's

    話題性があり、非常にホットな分野ではありますが、まだ初期段階なので、今後の展開が気になるところです。

  • such a massive market opportunity.

    このような巨大な市場機会があるのです。

  • The more good products that are out there,

    良い製品が増えると

  • the more consumers will increasingly switch to plant-based.

    となると、消費者が植物由来のものに切り替える傾向が強まります。

  • So I think the more innovation, the better.

    だから、イノベーションは多い方がいいと思う。

Have you ever tasted one of these?

あなたはこのようなものを食べたことがありますか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 フルーツ ジャック 代替 アジア 植物 製品

ジャックフルーツから豚肉を作る。アジアの食肉産業に挑む植物由来のスタートアップ企業|CNBC Make It (Creating pork from jackfruit: The whole-plant start-up taking on Asia’s meat industry | CNBC Make It)

  • 7 1
    Summer に公開 2021 年 04 月 06 日
動画の中の単語