Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • A resume is your brag sheet, a document that summarizes your job experience and education.

    履歴書は自分のことを大きく見せ、自分の職歴と学歴を要約する書類です。

  • The ultimate goal? To get you the interview.

    その最終の目的は面接に進めることです。

  • Your resume should sizzle, not snore.

    そのためにはインパクトを与えることが大切です。

  • Tip one: Remember, looks matter.

    ヒント1:きれいに仕上げることを心がけましょう。

  • Your resume must make a great first impression.

    よい第一印象を与えるのが必要です。

  • Use quality paper and make it easy to read; 11- or 12-point font keeps it reader-friendly.

    上質な紙を使い、読みやすく記載しましょう。一般的に読みやすい文字のサイズは 11 か 12 ポイントです。

  • Tip two: A resume is not your autobiography.

    ヒント 2:履歴書は自伝ではありません。

  • Save your life story for the 500-page novel and keep your resume brief.

    詳しい人生経歴は 500 ページの小説にしておいて、履歴書は簡潔にまとめましょう。

  • Only highlight your key credentials. Employers are big fans of the one-page resume, but it is acceptable to have two pages.

    重要な経歴だけを強調するようにしましょう。面接官は 1 ページの履歴書が好まれますが、2 ページのも受けられます。

  • Tip three: Make it easy to get in touch.

    ヒント 3:連絡先を分かりやすくしましょう。

  • At the top, put your name in bold and in a bigger font, list your mailing address, email address, cell phone, and Skype.

    一番上に名前を太字にし、大きめなサイズで書きましょう。そして、住所、メールアドレス、携帯電話番号とスカイプのアカウントを記載しましょう。

  • Tip four: Keep it logical.

    ヒント 4:論理的に書くように心がけましょう。

  • Organize your resume into 3 basic categories work experience, education, and skills and interests.

    基本の職歴、学歴とスキル・趣味を三つに分けて書きましょう。

  • Under work experience, list your jobs chronologically or group them by job function.

    職歴の欄は年代順に記入するか職務別にまとめましょう。

  • Make sure you list your work experience in a way that makes you most attractive to a potential employer.

    未来の雇用者があなたに興味が沸くようにきちんと経歴をまとめましょう。

  • Tip five: Titles are key.

    ヒント 5:経歴の見出しが決め手となります。

  • People do judge a book by its cover. You have around 5 seconds to make an impression.

    人は外見で中身を判断する傾向があります。なので、5 秒間でいかに印象に残せるのは肝となります。

  • Make sure your titles are descriptive enough to give the employer a good idea about what you've done.

    雇用者に自身の経歴を理解してもらえるよう見出しを明確に書きましょう。

  • Tip six: Be direct and correct.

    ヒント 6:ダイレクトで正確に書きましょう。

  • Use bullet points, not lengthy paragraphs, to detail your experience.

    箇条書きにし、簡潔に経歴を列挙しましょう。

  • Most people will only scan your resume, so your English, grammar, and punctuation must be absolutely flawless.

    一般的に履歴書は斜め読みされますので、必ず英語の文法と句読点を間違えないように確認しましょう。

  • Have someone proofread your resume before it goes out.

    履歴書を送る前に誰かに添削してもらいましょう。

  • Tip seven: Make it action-packed.

    ヒント 7:アクションの溢れる動詞を使いましょう。

  • Powerful words convey a strong, talented person.

    説得力のある言葉を使うことによって、敏腕なところが伝えられます。

  • Use action verbs like initiated, directed, created, led, and generated in your work descriptions.

    職務を記述するとき、例えば initiated, directed, created, led, generated というような行為動詞を使いましょう。

  • Don't use the same action verb twice.

    同じ行為動詞を 2 回使わないようにしましょう。

  • Tip eight: Be honest with yourself.

    ヒント 8:自分と向き合うことです。

  • Take a close look at your resume and ask, "Would I hire me?"

    もう一度履歴書を見直し、”自分を採用するのか?”を自問自答しましょう。

  • If the answer is "no" or "maybe," start over. If the answer is "yes," then you're good to go.

    もし答えが ”いいえ” あるいは ”たぶん” であれば、もう一度やり直しましょう。もし答えが ”はい” であれば、準備完了です。

A resume is your brag sheet, a document that summarizes your job experience and education.

履歴書は自分のことを大きく見せ、自分の職歴と学歴を要約する書類です。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 履歴 ヒント 書き 動詞 ページ まとめ

キラー履歴書の書き方

  • 411599 22751
    Vivian Lam に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語