Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Almost everyone in today's world is obsessed with  managing their weight; usually with trying to keep  

    現代社会では、ほとんどの人が体重管理に関心を持っています。

  • it off. The Freshman 15, post-pregnancy weight  gain, quarantine 15, the beer belly that won't  

    をオフにします。フレッシュマン15、妊娠後の体重増加、クアランティン15、頑張らないビール腹

  • go away after a certain age...almost all of us  are on the lookout for these extra pounds and  

    ある年齢を過ぎると消えてしまう......ほとんどすべての人が、この余分な体重を減らすために

  • trying to find ways to avoid them. Wouldn't it be  great if we could just eat whatever we wanted and  

    それを避けるための方法を模索しています。もし、好きなものを好きなだけ食べられたら、素晴らしいと思いませんか?

  • never get fat instead? Well, if you were a beetle  or a cockroach, that's exactly what would happen.  

    代わりに太らない?もしあなたがカブトムシやゴキブリだったら、まさにその通りになるでしょう。

  • The rest of your short life scurrying through  sewers or frightening new tenants and leading  

    あなたの短い人生の残りの部分は、下水道を這い回ったり、新しいテナントを怖がらせたりして、リード

  • to subsequent fights with landlords would probably  be pretty terrible, but you wouldn't be fat! So we  

    の後の大家さんとの喧嘩は、かなりひどいものになるでしょうが、太らないでしょうね。だから私たちは

  • wanted to answer a question most people hadn't  even thought of: why can't insects get fat?

    昆虫はなぜ太らないのか」という、多くの人が考えもしなかった疑問に答えたいと思った。

  • Let's start by clarifying that this doesn't  necessarily apply to all insects. After all,  

    まず、必ずしもすべての昆虫に当てはまるわけではないことを明確にしておきましょう。やはり。

  • there is a whole, wide, terrifying world out  there with over 900,000 different kinds of living  

    90万種類以上の生き物がいる、広くて恐ろしい世界があります。

  • breeds of insects on our planet. This represents  around 80% of the world's total number of species.

    私たちの地球上には、さまざまな種類の昆虫が生息しています。これは世界の総種数の約80%に相当します。

  • So while most of them can't get fat, at least  in the way we imaginefatto look and be, a  

    そのため、ほとんどの人は太ることができませんが、少なくとも私たちが想像する「太っている」状態では

  • few can. For example, overweight dragonflies have  been found in the wild, and the extra weight seems  

    ができます。例えば、太ったトンボが野生で発見されていますが、その太った分が

  • to have the same negative health effects it has  on humans. Namely, reduced mobility and lifespan.

    人間と同じような健康への悪影響を及ぼすことになります。すなわち、運動能力の低下と寿命の減少です。

  • One scientist also overfed mosquitoes usinghand dropper to see if they would gain weight.  

    また、ある科学者は、蚊にスポイトで栄養を与えすぎて、太るかどうかを調べた。

  • No, we don't know who funded this study. By  feeding mosquitoes the right combination of foods,  

    誰がこの研究に資金を提供したのかはわかりません。蚊に適切な組み合わせの餌を与えることで

  • scientists realized they could convert  half of mosquitoes' bodies into fat.  

    蚊の体の半分を脂肪に変えることができることに気づいたのだ。

  • As this probably decreases their ability to fly  around spreading disease, sucking peoples' blood,  

    これにより、病気を蔓延させたり、人の血を吸ったりして飛び回る能力が低下するからです。

  • and ruining summer barbecues for everyoneno one really minds fat mosquitoes.

    夏のバーベキューを台無しにしても、太った蚊のことは誰も気にしない。

  • However, other species, like academia's  favorite bug to study and torment - the  

    しかし、他の種、例えば学術界で研究したり苦しめたりするのに最適な虫である

  • fruit fly - don't actually expand in  size when they're fed extra calories.

    ミドリムシ - 余分なカロリーを与えられても実際にはサイズが拡大しない。

  • Don't get us wrong, fruit flies who take in excess  

    誤解を恐れずに言えば、過剰に摂取したミバエは

  • food will store it as excess  lipid droplets in their cells.  

    食物は、余分な脂肪滴として細胞内に蓄えられます。

  • But why don't those lipid droplets show up  as a little fly tummy or chubby fly thighs?

    しかし、その脂質が、なぜ小さなハエのおなかや、ぽっちゃりしたハエの太ももになって現れないのか?

  • Well, mature fruit flies have a hard, chitin  exoskeleton. Meaning that no matter how much  

    成熟したミバエは、キチン質の硬い外骨格を持っています。つまり、どれだけ

  • fat”, a.k.a. lipid droplets they gaintheir bellies will never expand because  

    "脂質の塊である「脂肪」を増やしても、お腹が膨らまないのは

  • they can't stretch out the exoskeleton. The  fat simply ends up getting packed in tighter.

    外骨格を伸ばすことができないのです。脂肪は単にきつく詰め込まれてしまうのです。

  • While fat ends up as fat tissue in human  bodies, fat in fruit flies - and plenty of  

    人体では脂肪は脂肪組織になりますが、ミバエでは脂肪がたくさんあります。

  • other insects - ends up in a unique  insect organ called thefat body”,  

    他の昆虫の場合は、「脂肪体」と呼ばれる昆虫特有の器官にたどり着く。

  • which among performing many other tasks, also  functions as the insect's liver. This isn't  

    昆虫の肝臓としても機能しています。これは

  • a contained, separate organ, but rather, is  situated throughout the insect's whole body.

    昆虫の体全体に存在する、独立した器官です。

  • The fat body will push against the exoskeleton  from all sides, but it will never actually be  

    脂肪体は四方八方から外骨格に押し付けられますが、決して実際には

  • able to expand it, as adult insects don't shed  their exoskeleton as babies do. It still sounds  

    大人の昆虫は、赤ちゃんのように外骨格を脱ぐことがないので、それを広げることができるのです。鳴き声

  • extremely uncomfortable, like trying to fit  back into your high school prom dress at 35.

    35歳で高校時代のプロムドレスに戻ろうとするような、非常に不快な思いをしました。

  • Though too much fat stored in this organ  creates a problem, too little at can as well.

    この臓器に蓄積された脂肪が多すぎても問題ですが、少なすぎても問題です。

  • The fat body is great at detecting and using  nutrient reserves; that means that it uses  

    太った体は栄養の蓄えを察知して利用することに長けており、つまりは

  • its inventory of stored nutrients to determine  everything from insect growth and reproduction  

    蓄積された栄養分のインベントリーは、昆虫の成長と繁殖を決定する。

  • to when the appropriate time is for  metamorphosis. If the insects aren't  

    には、変態に適した時期があるのです。もし、昆虫たちが

  • getting enough [emphasis] fat, growth and  metamorphosis will be delayed or stunted.

    十分な脂肪を摂取していないと、成長や変態が遅れたり阻害されたりします。

  • However, the fact that extra fat can't be seen in  most insects doesn't mean it's not causing damage.  

    しかし、ほとんどの昆虫に余分な脂肪が見られないからといって、ダメージを与えていないとは言えません。

  • Fruit flies who regularly overeat and  increase the fat in their bodies develop  

    定期的に過食をして体内の脂肪を増やしたミカンバエは

  • something similar to diabetes, and tend  to die younger than their average-sized  

    糖尿病に似た症状で、平均的な体格の人よりも若くして亡くなる傾向があります。

  • friends. Keep in mind that a fruit  fly's usual lifespan is about 30 days,  

    ミドリムシの寿命は約30日。ミバエの寿命は通常30日程度です。

  • so dying even a few days' earlier  is actually kind of a big deal.

    だから、数日でも早く死ぬということは、実はとても大きなことなのです。

  • What does all this mean for  humans though? After all,  

    これは人間にとってどのような意味を持つのでしょうか。結局のところ

  • growing an exoskeleton to prevent ourselves  from gaining weight seems...challenging.  

    太らないように外骨格を成長させるというのは...挑戦的ですね。

  • And clearly, cutting down on soda  and Taco Bell is out of the question.

    また、ソーダやタコベルを減らすことは明らかに問題外です。

  • Are there other ways insects avoid  getting fat that we could mimic instead?  

    昆虫が太らないようにする方法は他にもありますが、それを真似ることはできませんか?

  • Actually, there are plenty! Which brings us to one  

    実際には、たくさんあります。そこで、一つのことを考えてみましょう

  • of the most ubiquitous and friendly insects  around: the friendly, hardworking old ant.

    どこにでもいるような親しみやすい昆虫、つまり、人懐っこくて働き者の年老いたアリです。

  • Ants are easily able to take  on extra calories; however,  

    蟻は簡単に余分なカロリーを摂取することができます。

  • they don't keep them for long. Being the  classically communist little workers they are,  

    彼らは長くは保たない。彼らは古典的な共産主義の小さな労働者なのです。

  • they feel obliged to share them  with the rest of their nest.

    そして、それを自分の巣の中で共有しなければならないと考えます。

  • You see, ants have two different types  ofstomachs”. One is the midgut,  

    蟻には2種類の「胃」があるんだ。ひとつは「中腸」。

  • the ant's digestive stomach, which the ant  uses to stock up on its own food and obtain  

    蟻の消化器官である胃の中で、自分の食べ物を蓄えたりしている。

  • its energy. The other is  the social stomach or crop.  

    そのエネルギーです。もう一つは、社会的な胃袋や作物です。

  • This is an entirely separate food-storage  organ than the ant's regular stomach.

    これは、アリの通常の胃とは全く別の食物貯蔵器官である。

  • When the ant has filled up her caloric needs  in her midgut - all worker and soldier ants  

    中腸で必要なカロリーを満たしたとき - すべての働きアリと兵隊アリ

  • are female, soheris accurate - the rest of  the calories go to the crop. If the ant gets  

    はメスなので、「彼女」が正確です。残りのカロリーは作物に行きます。もし、アリが

  • hungry later and hasn't yet emptied her cropsome of that food might move to the midgut.

    その後、お腹が空いて、まだお腹を空かせていない時に、その食べ物の一部が中腸に移動することがあります。

  • However, it's more common for the food to  be passed onto a fellow hangry worker ant.  

    しかし、ハングリーな労働者仲間のアリに食べ物を渡すのが一般的です。

  • A hungry ant will use her antennae to  tap the overfed ant using a special code.  

    お腹を空かせたアリは、自分のアンテナを使って、食べ過ぎたアリを特別なコードで叩きます。

  • This signals the overfed ant to feed her  workmate. At which point, the overfed  

    これにより、過食したアリは仕事仲間に餌を与えることになります。その時、過食したアリは

  • ant…[pause]...vomits up the food  so the hungry ant can get it.

    お腹を空かせたアリが食べられるように、食べ物を吐き出す。

  • Yeah, turns out there's no pretty way to  pass food on from one organism's stomach  

    そう、ある生物の胃から食べ物を受け継ぐには、きれいな方法はないということだ。

  • to another's mouth. It's exactly  as gross as you were thinking.

    を他の人の口に入れる。思っていた通りのグロさです。

  • At this point you might be wondering, why should  we even care if insects can get fat or not?  

    この時点であなたは、昆虫が太るかどうかを気にする必要はないと思うかもしれません。

  • What difference does it make for usIs there a juice cleanse or a keto  

    私たちにとってどんな違いがあるのでしょうか? ジュースクレンズやケトはありますか?

  • diet plan we are testing on insects  that can work on humans as well?

    昆虫で実験しているダイエットプランが人間にも使えるのか?

  • First of all, no there isn't, mostly  because juice cleanses are BS.

    まず第一に、それはありません。ほとんどの場合、ジュースクレンズはBSです。

  • Second of all, some of the observations about  fat in insects are helping scientists understand  

    第二に、昆虫の脂肪に関するいくつかの観察結果が、科学者の理解に役立っています。

  • the role of diet and genetics in human obesitywhich is currently a rapidly-spreading epidemic.

    現在、急速に普及しているヒトの肥満について、食生活や遺伝がどのように関わっているのか。

  • Caterpillars are one of the species  used to test the role of carbohydrates  

    イモムシは糖質の役割を調べるために使われる種の一つである

  • and proteins in fat accumulationTo the average human, the round,  

    とタンパク質が脂肪の蓄積に 一般の人間には、丸

  • squishy body of a caterpillar may already look  fat, but that's actually just the caterpillars  

    芋虫のふにゃふにゃした体は、すでに太っているように見えますが、実はそれは芋虫が

  • acquiring the nutrient storage they need to  eventually turn into a stunning butterfly.

    は、最終的に見事な蝶になるために必要な栄養貯蔵を獲得しています。

  • In reality, it's pretty hard to make  a caterpillar fat. Scientists - and we  

    実際には、イモムシを太らせるのはかなり難しい。科学者、そして私たちは

  • continue to be confused as to who exactly  is funding these studies - fed two groups  

    これらの研究に資金を提供しているのはいったい誰なのか、2つのグループは混乱しています。

  • of caterpillars radically different dietsOne was low in carbs and high in protein,  

    炭水化物が少なく、タンパク質が多い。 一つは炭水化物が少なく、タンパク質が多いもの。

  • and the other diet was high  in carbs and low in protein.

    と、炭水化物が多く、たんぱく質が少ない食生活を送っていました。

  • Researchers found that over several  generations, around eight to be exact,  

    研究者たちは、数世代(正確には8世代)に渡って、このことを発見しました。

  • caterpillars used to a high-carb diet developed  the ability to eat all the carbs they wanted  

    高炭水化物食に慣れた芋虫が、炭水化物を好きなだけ食べられるようになった。

  • without gaining extra weight. Whereas  caterpillars used to a low-carb diet  

    余分な体重を増やすことなく低炭水化物の食生活に慣れた芋虫に対し

  • stored almost all carbs as fatto protect their health and body.

    炭水化物のほとんどを脂肪として蓄え、健康と体を守るためです。

  • This might go some way towards explaining  why carbohydrates are generally considered  

    炭水化物が一般的に考えられている理由は、このような点にあると考えられます。

  • a poor food choice for humans looking to  lose weight. High-carb diets are a fairly  

    は、体重を減らしたい人間にとってはあまり良い選択ではありません。高炭水化物ダイエットは、かなり

  • recent development in human evolutionas they only came about after the advent  

    人類の進化の中では最近のことであり、それは人類が出現した後に生まれたものである。

  • of agriculture. Our cavemen ancestorsdiet was much more protein and fat heavy.

    農耕の時代。原始人の祖先の食生活は、より多くのタンパク質と脂肪を含んでいました。

  • Since we consider humans to be a tiny  bit more complex than caterpillars,  

    人間はイモムシよりもほんの少しだけ複雑だと考えているからです。

  • it would logically take way more generations  for humans to adapt to this carb-intensive diet  

    炭水化物の多い食事に人間が適応するには、論理的にはもっと多くの世代が必要である。

  • that is radically different than that of  Stone Age humans. So no matter how long we  

    は、石器時代の人類とは根本的に異なります。ですから、どんなに長くても

  • feel like we've been scarfing down breadrice, French fries, and delicious pasta,  

    は、パンや米、フライドポテト、おいしいパスタを食べているような気がします。

  • all these foods are still a relatively  new experience for the human race.

    これらの食品は、人類にとってはまだ比較的新しい経験です。

  • Insects aficionados have also found genetic links  to obesity in insects that are shared by humans.

    また、昆虫愛好家の間では、人間にも共通する昆虫の肥満との遺伝的関連性が発見されています。

  • In the 1960s, entomologist Winifred Doane  found a really fat group of flies in Nigeria.  

    1960年代、昆虫学者のウィニフレッド・ドーンは、ナイジェリアで非常に太ったハエの集団を発見しました。

  • We don't even want to think about the amount  of time one must spend looking at flies to  

    そのために、どれだけの時間をかけてフライを見なければならないのか、考えたくもありません。

  • automatically clock one buzzing by you as obesebut Doane was apparently on top of her fly game.

    自動的に時計の1つが肥満としてあなたのそばを通っていますが、ドアンは明らかに彼女のフライゲームの上にあった。

  • When she examined the critters closelyshe found they were deficient in the WTDC1  

    この生き物をよく調べてみると、WTDC1が欠損していることがわかりました。

  • protein. This protein turns off the path  that leads to excess fat accumulation.  

    プロテインを使用しています。このタンパク質は、余分な脂肪を蓄積する経路をオフにします。

  • Therefore, the flies that didn't have it  simply could not stop putting on the pounds.

    そのため、それを持たないフライは、体重の増加を止めることができなかったのです。

  • Or more likely, since they were flies, micrograms.

    というか、ハエだからマイクログラムだろう。

  • The interesting part of this  finding is that humans have a  

    この発見の面白いところは、人間は自分のことを

  • gene that controls WTDC1 protein  levels as well. And it turns out,  

    の遺伝子が、WTDC1のタンパク質レベルもコントロールしていることがわかりました。と判明しました。

  • low levels of this protein are linked  to problems with weight gain in people.

    このタンパク質のレベルが低いと、人の体重増加の問題につながります。

  • So we've covered two of the three big  factors related to human weight, in insects:  

    人間の体重に関わる3大要素のうち、2つを昆虫でカバーしたわけです。

  • diet and genetics. What about  exercise? Do insects even lift,  

    食生活や遺伝については運動はどうでしょうか?昆虫は持ち上げたりもしますか。

  • bro? Turns out, most insects  can put any gym rat to shame.

    兄弟?ほとんどの昆虫は、ジムのネズミにも負けないことがわかりました。

  • You might have heard that ants are able to lift  many times their own weight. You might not know  

    アリは自分の体重の何倍もの重さを持ち上げることができるという話を聞いたことがあるかもしれません。知らないかもしれませんが

  • exactly how much more though; turns out ants  can carry up to 50 times their own body weight!

    どれくらいかというと、アリは自分の体重の50倍もの重さを運ぶことができるそうです。

  • To get an idea of how impressive  this is, magine a 200-pound human  

    これがどのくらいすごいかというと、200ポンドの人間を想像してみてください。

  • weightlifter benching 10,000 pounds, a.k.a.  approximately the weight of a small elephant!

    小象の重さに相当する10,000ポンドのベンチに挑戦した重量挙げ選手。

  • And ants aren't even the strongest insects  around. That honor goes to the dung beetle,  

    また、アリは最も強い昆虫でもありません。その名誉はダンゴムシにある。

  • which really needs to work on its branding.  

    は、そのブランド力を高める必要があります。

  • Dung beetles are able to lift 1,141 times their  own body weight. Yes, you heard that correctly.

    ダンゴムシは、自分の体重の1,141倍の重さを持ち上げることができる。そうです、その通りです。

  • Remember our elephant-lifting bro from beforeWell, if he had a dung beetle's strength,  

    以前、ゾウを持ち上げた兄弟を覚えていますか? 彼にダンゴムシのような強さがあれば

  • he would now be lifting a blue whalethe LARGEST [emphasis] animal on earth.

    その結果、地球上で最も大きな動物であるシロナガスクジラを持ち上げることになったのです。

  • However, does lifting these crazy weights actually  help consume that much energy for insects?  

    しかし、このような異常な重量を持ち上げることで、実際に昆虫がそれだけのエネルギーを消費することができるのでしょうか?

  • There is evidence to suggest so, as insects  that are relatively immobile and don't carry  

    それを示唆する証拠があります。比較的動かない昆虫は、運ぶことができないので

  • weights seem to bloat up. This is especially  obvious when it comes to certain honeypot  

    のウェイトが肥大化してしまうようです。これは、ある種のハニーポットになると特に顕著です。

  • ants calledrepletes”, who  almost never leave the nest.

    レプレット "と呼ばれるアリは、ほとんど巣立ちません。

  • These ants eat a huge amount of food  and hardly ever lift or move anything,  

    このアリは大量の餌を食べ、ほとんど何も持ち上げたり動かしたりしない。

  • thus basically becoming giant balls of sugary  nectar. Their only job is to eat as much as  

    蜜の入った巨大なボールになるのです。彼らの唯一の仕事は、できるだけ多くの花を食べることです。

  • possible, and give all the leftover energy to  the rest of the ants in the colony who need it.  

    残ったエネルギーは、必要としているコロニーの残りのアリたちに与えます。

  • Just in case you needed a reminder  of how that particular process works,  

    このプロセスがどのように機能しているのか、念のため確認しておきましょう。

  • the calories are transferred by  throwing them up. You're welcome.

    投げ出すことでカロリーを移動させています。どういたしまして。

  • In addition to lifting superhumansuperinsect? - loads, many insects  

    超人的な、超昆虫的な荷物を持ち上げるだけでなく- を持ち上げるだけでなく、多くの昆虫たちは

  • have to expend an incredible amount of  energy to do something humans can't: fly.

    人間ができないこと、つまり空を飛ぶためには、膨大なエネルギーを消費しなければなりません。

  • When people fly, they sit almost motionless  for several hours while snacking on soda and  

    飛行機に乗るときは、数時間ほとんど動かずに座っていて、炭酸飲料やスナック菓子を食べながら

  • cookies and crying atCoco”, thus expending  very little actual energy. When insects fly,  

    クッキーを食べたり、"ココ "で泣いたりと、実際のエネルギー消費はほとんどありません。昆虫が飛ぶとき。

  • they have to increase their metabolic energy by  a factor of 50 to 100 just to stay in the air.

    空中にいるためには、代謝エネルギーを50倍から100倍にしなければならないのである。

  • For long-term fliers, like mosquitoes and locuststhe fat body circulates a substance called  

    蚊やイナゴのような長期飛翔体では、脂肪体が循環する物質を

  • trehalose, as well as lipids, to help keep the  insects in flight. All this activity means that  

    トレハロースや脂質など、昆虫の飛翔を助ける成分が含まれています。このような活動があるということは

  • energy stores are burned up pretty constantly  for insects; way more easily than in humans.

    昆虫の場合、人間よりもずっと簡単にエネルギーを使い切ることができます。

  • In a nutshell, most insects are incapable of  getting fat, either because they share excess  

    一言で言えば、ほとんどの昆虫は太ることができません。それは、余分なものを共有しているからです。

  • calories with their insect communities or burn  them up during constant flight and load-bearing  

    昆虫のコミュニティでカロリーを消費したり、常に飛行して負荷をかけることでカロリーを消費します。

  • activities. And the insects that are [emphasiscapable of gaining weight don't usually show it  

    活動を行っています。また、体重を増やすことができる昆虫は、通常はそれを示すことはありません。

  • thanks to their exoskeleton, which basically  functions like the tightest corset ever.

    外骨格のおかげで、これまでで最もタイトなコルセットのような機能を果たしています。

  • Now that you know why most insects aren't  fat, and are still wondering if it's harder  

    昆虫が太らない理由を知っていても、それが難しいのかどうか疑問に思っている人もいるでしょう。

  • to create your own exoskeleton or swear off  KFC, check out this video, or another video  

    自分で外骨格を作ったり、KFCをやめたりするには、このビデオや別のビデオをご覧ください。

  • right here to learn more incredible facts  from the team at The Infographics Show!

    ここをクリックすると、The Infographics Showのチームが提供する驚くべき事実をご覧いただけます。

Almost everyone in today's world is obsessed with  managing their weight; usually with trying to keep  

現代社会では、ほとんどの人が体重管理に関心を持っています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 昆虫 脂肪 アリ 炭水 体重 骨格

昆虫が太れない本当の理由 (REAL Reason Why Insects Can't Get FAT)

  • 11 0
    Summer に公開 2021 年 04 月 04 日
動画の中の単語