Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Yeah, old LeMay.

    そう、旧レイメイだ。

  • Welcome to watch Mojo.

    Welcome to watch Mojo.

  • And today we're counting down our picks for the top 10 Sequels with the biggest drops in quality.

    そこで今回は、クオリティの低下が著しい「続編」のトップ10をご紹介します。

  • Greetings, Highlander.

    はじめまして、ハイランダーです。

  • You called.

    あなたが呼んだのです。

  • How do you like that?

    どうですか?

  • What kind of idiots would steal a dead body?

    死体を盗むバカがいるのか?

  • Oh, we did.

    ああ、そうだったのか。

  • But jump jump for this list will be looking at movie follow ups that massively failed to clear the quality bar set by their immediate predecessors.

    しかし、このリストでは、前作で設定された品質基準をクリアすることができなかった映画の後続作品を見ていきます。

  • It doesn't matter if they're Sequels or prequels, so as long as they were released after another entry in the franchise, the bigger the disparity in quality, the higher the ranking.

    続編、前作を問わず、他の作品の後に発売されたものであれば、品質の格差が大きいほどランキングが高くなります。

  • A spoiler alert, as always, is in effect.

    いつものようにネタバレ注意報が発令されています。

  • What franchise do you think really dropped the ball?

    どのようなフランチャイズが、本当にボールを落としたと思いますか?

  • Let us know in the comments below Number 10.

    10番以下のコメントで教えてください。

  • The last exorcism.

    最後のエクソシストです。

  • Part two.

    パート2です。

  • What are you watching?

    何を見ているの?

  • I said, What Watching you.

    私は「What Watching You」と言いました。

  • The found footage genre was nothing new by the time the last exorcism came out in 2010, but it's surprisingly managed to ratchet up tension with clever camera work and some truly creepy performances.

    ファウンド・フッテージというジャンルは、2010年に公開された最後のエクソシズムの頃には目新しいものではありませんでしたが、巧妙なカメラワークと実に不気味なパフォーマンスによって、驚くほどに緊張感を高めることができました。

  • You want to take this road, go straight.

    この道を通りたいなら、直進してください。

  • You see things already seen before keep on going, going to hit the highway, Okay, and then I want you to go back where you came from.

    あなたは、すでに見たことのあるものを見る......続けて、ハイウェイを走る......オーケー、そして、あなたが来たところに戻ってほしい。

  • Ironically, it would prove not to be the last exorcism, after all, as Part two came out three years later, ditching the found footage format in favor of telling its own story.

    皮肉なことに、これが最後のエクソシズムではないことがわかった。3年後に公開されたパート2では、ファウンドフッテージのフォーマットを捨て、独自のストーリーを展開した。

  • A fair exchange.

    公正な交換です。

  • But it turns out that the story was incredibly trite and uninspired, with its setting of a home for girls being a poor substitute for the first films.

    しかし、そのストーリーは信じられないほど陳腐でセンスがなく、少女たちの家という設定も1作目の代わりにはならないことがわかった。

  • Atmospheric Farm.

    アトモスフェリック・ファーム

  • Just know that the Good Lord forgives you and you can be saved.

    良い主があなたを許し、あなたは救われることを知っています。

  • Now he's told me you could be.

    今、彼はあなたがそうであるかもしれないと言っています。

  • Actor Ashley Bell proved she could still pull off the dual nature of a girl possessed, but she deserved far better than this.

    俳優のアシュリー・ベルは、憑依された少女の二面性をまだ演じられることを証明しましたが、彼女にはこれよりもはるかに良いものが与えられました。

  • Stop it.

    やめてください。

  • Stop!

    ストップ!

  • Stop it!

    やめてくれ!」と言われました。

  • Number nine Hannibal Granted, any follow up to a movie that won five Oscars like The Silence of the Lambs was bound to be a step down.

    第9位 ハンニバル 「羊たちの沈黙」のようなアカデミー賞5部門を受賞した映画の後続作品は、必ずと言っていいほど失敗するものです。

  • But factor in a change in director lead character re casting and 10 whole years and you start to get a clearer picture of quality decline seemed like a good idea at the time.

    しかし、監督が変わり、キャラクターが変わり、10年の歳月を経て、当時は良いアイデアだと思われていたクオリティの低下が明確になってきました。

  • For starters, many felt the relationship between Clarice Starling and the titular antagonist was an unnecessary departure from what had been established.

    まず第一に、クラリス・スターリングと主人公の敵役の関係が、それまでに確立されたものから不必要に逸脱していると感じた人が多かったようです。

  • Even if it's in keeping with Thomas Harris novel, Would you ever say to me Stop If you loved me, you'd stop 1000 years Second The tension becomes much less palpable once Lecter leaves Italy, giving the finale absolutely zero chance of matching its predecessor.

    トーマス・ハリスの小説に沿ったものであっても、「もし私を愛しているなら、1000年後にはやめているだろう」と言ったことがあるだろうか。 レクターがイタリアを離れると、緊張感が薄れ、フィナーレが前作に匹敵する可能性はまったくない。

  • Now you're being rude and the hatred people.

    今、あなたは失礼なことを言っているし、憎まれ役の人は

  • And third, while we love Julianne Moore, Jodie Foster is Clarice Starling.

    そして3つ目は、ジュリアン・ムーアは大好きですが、ジョディ・フォスターはクラリス・スターリングです。

  • That doesn't interest me, Doctor.

    それは私の関心事ではありません、ドクター。

  • Frankly, it's It's the sort of thing that MiGs would say.

    率直に言って、それはMiGが言いそうなことです。

  • Number eight Grease two.

    8位 グリース2

  • Was anyone really jonesing to go back to school?

    誰もが学校に戻りたいと思っていたのか?

  • The first Greece was a smash sensation when it came out in 1978 but you gotta figure a lot of that was due to the mass appeal of stars like John Travolta and Olivia Newton John, who failed to reprise their roles in the sequel.

    1978年に公開された1作目の「ギリシャ」は大ヒットしましたが、それはジョン・トラボルタやオリビア・ニュートン・ジョンなどのスターが大衆的な魅力を持っていたからであり、彼らは続編で役を演じることはできませんでした。

  • The then unknown Michelle Pfeiffer more than holds her own as the female lead, but she and her co stars are given next to nothing in terms of catching numbers, trading grease lightning for a song about bowling rock and roll.

    当時は無名だったミシェル・ファイファーが女性の主役として十分に力を発揮しているが、彼女と共演者たちには、ボーリング・ロックンロールの歌にグリース・ライトニングを交換しただけで、キャッチ・ナンバーの面ではほとんど何も与えられていない。

  • Okay, come on, let's get the show We just hope the summer lovin prequel can wash the bad taste out of our mouths or the Paramount plus series Rise of the Pink Ladies.

    私たちは、夏の恋の前日譚が、パラマウント・プラスのシリーズ「Rise of the Pink Ladies」の嫌な味を洗い流してくれることを願うばかりです。

  • Jeez, did anybody learn from Greece to on one side?

    ギリシャから片側通行を学んだ人はいないのか?

  • Is that yeah, number seven, Zoolander two.

    それはそうと、7番のズーランダー2ですね。

  • Just because the movie can be really, really, really ridiculously funny doesn't mean it can't not suffer from a freak sequel with no good jokes.

    映画が本当に、本当に、とんでもなく面白いことができるからといって、ろくなジョークのない異常な続編に苦しめられないとは限らない。

  • Wait, did we just say that?

    待って、今、私たちはそう言った?

  • Please accept my apologies, Derek?

    申し訳ありませんが、デレク?

  • None taken.

    該当なし。

  • In any case, Zoolander two is an assault on all the senses, and it's garish color palette and propensity for loud, senseless and downright undisciplined humor will make you think it was made by male models, or at least the dimwitted ones that the film depicts.

    いずれにしても、『ズーランダー2』は五感への攻撃であり、その派手な色使いと、派手で無意味で、全く規律のないユーモアの傾向は、この作品が男性モデルによって作られたものだと思わせるだろう、少なくともこの映画で描かれているような頭の悪い男性モデルによって作られたものだと思わせるだろう。

  • Yeah, old LeMay Ben Stiller proved himself a triple threat with the first installment, insofar as his writing and directing prowess only amplified his on screen performance.

    レメイのベン・スティラーは、第1作目で三拍子そろったことを証明しました。彼の脚本と監督の才能が、スクリーン上での彼の演技をより一層際立たせたのです。

  • The calendar was great because it gave people a chance to see a side of my versatility.

    カレンダーは、私の多才な一面を見てもらえる機会となり、とても良かったと思います。

  • Here, However, his cadence has thrown all out of sync, making for a follow up that's just, well, ugly.

    しかし、ここでは、彼のケイデンスがすべて狂ってしまい、ただただ醜いだけのフォローになってしまいました。

  • We were a joke out there, a total laughing stick number six Basic instinct to the first Basic Instinct wasn't exactly high art, but it more or less managed to ride the line between can't be eroticism and genuine suspense.

    私たちはそこにいるジョークであり、完全な笑いの棒であった。 第1作目の「Basic instinct」から第2作目の「Basic Instinct」までは、決して高い芸術性を持っているとは言えないが、ありえないエロティシズムと本物のサスペンスの間の線を、多少なりとも乗り越えることができた。

  • Basic Instinct two is hardly even aware such line exists.

    ベーシックインスティンクト2は、そのようなラインの存在をほとんど意識していません。

  • Some guys are into blondes, and some guys are into killers.

    金髪が好きな男もいれば、殺し屋が好きな男もいる。

  • It flings Sharon Stone's Catherine Tramell into another sexually charged cat and mouse thriller, but at bafflingly tries to make us question whether she's the villain when we definitely know better.

    シャロン・ストーン演じるキャサリン・トラメルを、またしても性欲にまみれた猫とネズミのスリラーに登場させているのだが、我々がよく知っているにもかかわらず、彼女が悪役なのかどうかを疑わせようとしているのが不可解だ。

  • And while we're also fans of David Morrissey, who is a fine actor, missing here is the on screen chemistry Stone had with Michael Douglas in the previous film.

    また、私たちは優れた俳優であるデビッド・モリッシーのファンでもありますが、ここで欠けているのは、ストーンが前作でマイケル・ダグラスとスクリーン上で交わした化学反応です。

  • I'm Not the One who's on Trial.

    I'm Not the One who's Trial.

  • Not yet.

    まだまだです。

  • In short, Basic Instinct two more than earned its share of criticism.

    要するに、「Basic Instinct 2」は、批判を受けても仕方がないのだ。

  • Number five.

    5番です。

  • Son of the Mask.

    Son of the Mask(マスクの息子)。

  • What's even the point of making a sequel to The Mask without Jim Carey not to rag on Jamie Kennedy?

    ジム・キャリーがジェイミー・ケネディをボロクソに言わないと、『マスク』の続編を作る意味がないのでは?

  • But he simply can't match the level of effervescent humor that Kerry brought to the role.

    しかし、ケリーがこの役にもたらしたエネルギッシュなユーモアのレベルには到底及ばない。

  • Also, his version of the Mask has really weird orange hair.

    また、彼のバージョンのマスクは、オレンジ色の髪の毛がとても奇妙です。

  • Excuse me as if it wasn't a big enough drop off some of the mask possesses some of the worst C g i in a live action movie as the mask driven dog and baby turned cartoon antics into pure nightmare fuel.

    このように、マスクは実写映画の中でも最悪のC.G.I.を持ち合わせており、マスクを被った犬や赤ん坊は、アニメのようなおどけた演技を純粋な悪夢の燃料に変えてしまったのです。

  • All right, on.

    わかった、オン。

  • Okay.

    なるほど。

  • Uh huh.

    そうですね。

  • Oh, essentially this standalone follow up took all the visual accused of the first installment and forgot to back them up with much clever writing or memorable characters.

    つまり、この独立した続編は、前作のビジュアル面での非難をすべて受け止め、巧みな脚本や記憶に残るキャラクターでそれらを裏付けることができなかったということです。

  • Also was son of ever a good sequel concept.

    また、息子はこれまでに良い続編のコンセプトを持っていました。

  • Hey, Locate, honey, you look hot.

    おい、ロケテ、ハニー、君はホットだね。

  • Yeah, Get it back.

    ええ、戻してください。

  • My son Number four, Highlander two.

    息子ナンバー4、ハイランダー2。

  • The Quickening Greetings, Highlander.

    The Quickening Greetings」、「Highlander」。

  • You called.

    あなたが呼んだのです。

  • Okay, First of all, the original Highlander movie has way more to do with the concept of quickening than this one does.

    まず、映画「ハイランダー」のオリジナル版は、この映画よりもクイックニングの概念に深く関わっています。

  • So strike one right out of the gate.

    というわけで、いきなりストライク1。

  • Strikes two and three come when this film decides to trade the more fantastical elements for a sci fi approach.

    第2、第3のポイントは、この映画がファンタジー的な要素をSF的なアプローチに変更したことだ。

  • And when it fails to tell a story worthy of its narrative ambitions, what do you want me to do?

    そして、その物語的野心に見合ったストーリーを語れなかったとき、私に何をしてほしいのか?

  • Help me.

    助けてください。

  • I can't.

    できません。

  • Now.

    今です。

  • What happened to the McCloud that everyone believes it was 40 years ago?

    誰もが40年前だと思っているマクラウドはどうなったのか?

  • I'm an old man.

    私はオジサンです。

  • Sure, it does better than most on this list by bringing back its biggest star in Sean Connery to once again grace us with his iconic Spanish accent.

    確かに、最大のスターであるショーン・コネリーを再び起用し、彼の象徴的なスペイン語のアクセントを再び披露することで、このリストの他の作品よりも優れています。

  • You know the one, but it also makes it worse.

    知っている人は知っていると思いますが、それだけでは悪くなります。

  • Seeing these memorable characters in such a dull movie, man, Maybe there really should have only been one.

    このような印象的なキャラクターが、このような退屈な映画に登場するのを見ると、男は、本当に1人だけでよかったのかもしれない。

  • There can be a Number three Exorcist to the Heretic.

    ヘレティックにはナンバー3のエクソシストがいてもいい。

  • Okay, now we're really traipsing upon some hollowed ground.

    さて、私たちは本当に空洞のある場所を歩いているようです。

  • While The Exorcist three later proved there might be some wiggle room in making a franchise out of it.

    しかし、3作目の『エクソシスト』は、この作品をフランチャイズ化する余地があることを証明した。

  • The Exorcist is such a singularly frightening story that it essentially a shoes outright.

    エクソシスト』は、本質的には靴を履いているような特異な怖さを持った物語です。

  • The need for a sequel.

    続編の必要性

  • Christ compels you, the power of Christ compels.

    キリストが強制する、キリストの力が強制する。

  • Yet that didn't stop them from dragging Linda Blair back to continue the exploits of Regan MacNeil post possession Father, please bring her back where the first film found in almost poetic simplicity in its themes of good in the face of evil, exorcise to needlessly complicates the narrative with endless exposition and back story, thus nullifying the mystery in its mysticism.

    しかし、それでもなお、リンダ・ブレアを、憑依後のリーガン・マクニールの活躍のために呼び戻した。前作では、悪に立ち向かう善のテーマが、ほとんど詩的なほどシンプルに表現されていたのに、『エクソシスト』では、延々と説明や裏話をして物語を不必要に複雑にし、その神秘性を無くしてしまった。

  • It kind of is heresy, huh?

    異端だと思いますか?

  • It was horrible, utterly horrible.

    恐ろしい、まったくもって恐ろしかった。

  • Mm And fascinating.

    うむ、そして魅力的だ。

  • Number two, Caddy Shack to the hilarious first, Caddyshack was barely a coherently structured movie as its scattershot series of sketches came together to form only the semblance of a narrative.

    第2作『キャディシャック』は、1作目の『キャディシャック』と比べると、映画としてのまとまりがなく、散漫なスケッチが集まって物語のようなものを形成しているに過ぎない。

  • But that's kind of what we love about it.

    でも、そこがいいんですよね。

  • As side characters like Bill Murray's groundskeeper steal scenes at a moment's notice, it looks like I'm Iraq.

    ビル・マーレイのグランドキーパーのような脇役がシーンを瞬間的に盗むので、私はイラク人のように見える。

  • It's in the home.

    それは家庭の中にある。

  • Caddyshack two, on the other hand, as trouble replacing those memorable characters as is perhaps best exemplified by an incessantly annoying caricature from Dan Ackroyd had little trouble getting out of the rough over there.

    一方、『キャディシャック2』では、ダン・アクロイドのひたすら腹立たしい風刺画に代表されるように、印象的なキャラクターを置き換えるのに苦労したが、あちらではラフから抜け出すのに苦労しなかった。

  • And damn if I didn't accidentally shoot myself with a poison tipped crossbow dark.

    毒入りのクロスボウ・ダークで誤って自分を撃ってしまわないように気をつけよう。

  • Look, this movie takes a big swing, and we can't fault it for that.

    この映画は大きく揺れ動いていますが、それを非難することはできません。

  • But what we can fault it for is lunacy, for lunacy sake, without any comedic temple whatsoever.

    しかし、私たちがこの作品を非難できるのは、笑いの要素が全くない、狂気のための狂気です。

  • Doesn't that take some of the sport out of it?

    それは、スポーツの醍醐味を失わせるものではないでしょうか。

  • Not at all.

    全くありません。

  • A lot of things could go wrong here.

    ここでは、いろいろなことがうまくいかない。

  • Batteries could go low.

    バッテリーが低下する可能性がある。

  • They could get static.

    静電気が発生する可能性があります。

  • Anything could happen.

    何が起こってもおかしくない。

  • You know, sometimes the signal interferes with a pacemaker.

    ペースメーカーに信号が干渉することもありますよね。

  • Okay, we'd give it a Mulligan, but let's face it, we don't want to forgive before we unveil our topic.

    さて、マリガンにしたいところですが、現実的に考えて、お題を発表する前に許してしまうのは嫌ですよね。

  • Here are a few honorable mentions.

    ここでは、いくつかの佳作をご紹介します。

  • The Legend of Zorro put a damper on the notion of a healthy franchise starring Antonio Banderas.

    The Legend of Zorro」は、アントニオ・バンデラス主演の健全なフランチャイズの概念に水を差しました。

  • It's alright, my darling.

    大丈夫だよ、ダーリン。

  • I forgive you.

    私はあなたを許します。

  • You forgive me?

    許してくれる?

  • No, no, no, no, no.

    いやいや、そんなことはない。

  • I forgive you.

    私はあなたを許します。

  • For what?

    何のために?

  • For everything you put me through.

    苦労をかけた分

  • Everything I put you through.

    あなたに迷惑をかけたこと

  • I would not be in this mess if you had kept your mask on next Friday.

    来週の金曜日にマスクをしていれば、こんなことにはならなかったのに。

  • Why did they make a sequel without Chris Tucker, let alone to stay in my life?

    なぜクリス・タッカーのいない続編を作ったのか、ましてや私の人生に残るために。

  • Paranormal activity for found footage angle seem to lame all of a sudden.

    パラノーマル・アクティビティのファウンド・フッテージ・アングルは、急にダサくなった気がします。

  • Please don't hurt me.

    私を傷つけないでください。

  • Book of Shadows Blair Witch to a meta sequel that should never have been made.

    Book of Shadows ブレア・ウィッチから、作られるべきではなかったメタな続編まで。

  • You know, if you don't believe in the Blair Witch and why the hell did you bother to come?

    ブレア・ウィッチを信じていない人は、なぜわざわざ来たのか、ということですよね。

  • I thought the movie was cool.

    映画はかっこいいと思いました。

  • A good day to die hard.

    死ぬほどいい日だ。

  • The franchise quality died pretty easily We do for our kids before we continue.

    フランチャイズの品質は簡単に死んでしまいました。 私たちは、続ける前に子供たちのために行います。

  • Be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    私たちのチャンネルを購読し、ベルを鳴らすと、最新のビデオについての通知を受けることができますので、ぜひご利用ください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    その時々の映像だけを通知するか、すべての映像を通知するかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定で「通知」をオンにしておきましょう。

  • Number one, Speed two Cruise control.

    ナンバーワン、スピードツー クルーズコントロール

  • Let's just do some simple math.

    簡単な計算をしてみましょう。

  • The first speed involves a bus on a busy highway that will explode if it goes below 50 MPH speed to involves a cruise ship that can't stop going about 24 MPH in open water.

    最初のスピードは、高速道路を走るバスで、時速50キロ以下になると爆発してしまうものから、外洋で時速24キロくらいで止まらないクルーズ船のようなものまであります。

  • So multiply that by pi.

    だから、それに円周率をかける。

  • Carry the two.

    2つを持ち歩く。

  • Yeah, it's bad.

    ええ、悪いですよね。

  • With all due respect, this this is not your car.

    失礼ですが、これはあなたの車ではありません。

  • This is a cruise liner.

    これは、クルーズライナーです。

  • In all fairness, this sequel does try.

    公平を期して言えば、この続編は努力している。

  • It's hardest to conjure up a series of scenarios whereby exciting action might be had.

    ワクワクするようなアクションを起こすための一連のシナリオを思い浮かべるのが一番難しい。

  • But in all its flailing efforts, it just becomes exhausting.

    しかし、空回りしているうちに疲弊してしまう。

  • I do believe we have a man.

    私は男がいると信じている。

  • Honestly, there are more pure thrills to be had at the shuffleboard court on the deck of a senior's cruise.

    正直なところ、シニアクルーズのデッキにあるシャッフルボードコートの方が純粋なスリルを味わえます。

  • This movie doesn't just make a seasick.

    この映画はただ船酔いするだけではありません。

  • It makes us speed sick.

    それは私たちをスピード病にさせます。

  • Yeah, we said it, I swear I am never leaving the house again.

    ええ、私たちは言いました。「もう二度と家を出ない」と誓いました。

  • Do you agree with our picks?

    あなたは私たちの選択に同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    この他にもWatch Mojoの最新クリップをチェックして、ぜひ購読してベルを鳴らして、最新のビデオについてお知らせしてください。

  • Mm mhm.

    うんうん。

Yeah, old LeMay.

そう、旧レイメイだ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo 続編 映画 作品 許し マスク

クオリティの低下が著しい映画の続編トップ10 (Top 10 Movie Sequels with the Biggest Quality Drops)

  • 7 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 29 日
動画の中の単語