Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber:

    トランスクライバーです。

  • I am unabashedly a daddy's girl.

    私は臆することなくパパの娘です。

  • My daddy is the first person to have told me that I was beautiful.

    私の父は、私に初めて「美しい」と言ってくれた人です。

  • He often told me that he loved me,

    彼はよく私に「愛している」と言ってくれました。

  • and he was one of my favorite people in the entire world,

    彼は世界で最も好きな人の一人でした。

  • which was why it was really challenging

    だからこそ、とてもやりがいがありました。

  • to discover that we had a deep ideological divide

    その結果、私たちの間には深いイデオロギーの溝があることがわかりました。

  • that was so sincere and so deep

    それは、とても真摯で、とても深いものでした。

  • that caused me to not talk to him for 10 years.

    そのせいで、10年間も口をきかなかったのです。

  • Before the term was coined,

    この言葉が生まれる前

  • I canceled my father.

    私は父をキャンセルしました。

  • In the last few years,

    ここ数年で

  • cancel culture has of course come into great prominence.

    もちろん、キャンセル・カルチャーも大きくクローズアップされています。

  • It's existed throughout time,

    それはいつの時代にも存在する。

  • but cancel culture in the bigger society

    しかし、大きな社会の中で文化を取り消す

  • is when a person in prominence says or does something

    は、目立っている人が何かを言ったり、したりすることです。

  • that we, the people, disagree with,

    私たち国民が同意しないことを

  • and the decision is made to make them persona non grata.

    と判断され、ペルソナ・ノン・グラータにされてしまいます。

  • They are done.

    終わった。

  • They are not to be revered.

    彼らは尊敬すべき存在ではない。

  • They are not to be a part of our world anymore.

    彼らはもう私たちの世界の一部ではありません。

  • And that is in the public realm.

    それも、公共の場で。

  • I'm going to talk to you today about the private realm.

    今日は、プライベートな領域についてお話します。

  • When we choose to cancel the people in our circle,

    輪の中の人をキャンセルすることを選択したとき。

  • the people in our core,

    私たちのコアにいる人たちの

  • the people who love us and who we love,

    私たちを愛してくれる人、私たちが愛している人。

  • and it has been mutually beneficial,

    そして、それはお互いに有益なものでした。

  • but due to a deep and sincere ideological divide,

    しかし、それは深くて真摯なイデオロギーの違いによるものです。

  • we make the decision to cancel them out of our lives.

    私たちは、彼らを自分の人生から排除する決断をします。

  • I want to suggest that cancel culture needs to change,

    私が提案したいのは、キャンセルの文化を変える必要があるということです。

  • and instead we need to move to compassion culture.

    ではなく、思いやりのある文化に移行する必要があります。

  • But before I go there,

    でも、そこに行く前に

  • let me tell you two of the premises that exist

    その前提となるものを2つご紹介しましょう。

  • when we indulge in cancel culture.

    キャンセル文化に浸っていると

  • One, we have to believe that we're right.

    一つは、自分が正しいと信じること。

  • A hundred percent,

    100%です。

  • no possibility of being wrong.

    間違っている可能性はありません。

  • And two, the other person,

    そして2、相手のこと。

  • the person we're going to cancel,

    これからキャンセルする人

  • clearly does not have the ability

    は明らかに能力がない。

  • to change, to grow, to develop.

    to change, to grow, to development.

  • Obviously, both of these are problematic

    明らかにどちらも問題があります。

  • because sometimes we're not right.

    なぜなら、私たちは時に正しくないからです。

  • I don't know about you, but there have been times in my life

    あなたはどうかわかりませんが、私の人生の中では

  • when I knew beyond a shadow of a doubt that I was right

    自分が正しいと確信したとき

  • only to discover that I was wrong,

    と思っていましたが、間違っていたことがわかりました。

  • badly wrong, completely missed the mark.

    悪い意味で、完全に的外れです。

  • So if it could happen to me and perhaps it's happened to you,

    だから、もしも私にそれが起きたとしたら、そして、もしかしたらあなたにもそれが起きたとしたら。

  • perhaps it could happen to others.

    もしかしたら、他の人にも起こるかもしれません。

  • The second is a little even more challenging

    2つ目は、もう少し難易度の高いものです。

  • because I know that I've changed over the years.

    なぜなら、私は自分が長年にわたって変化してきたことを知っているからです。

  • Haven't we all?

    みんなそうでしょう?

  • Though the core parts of Betty have pretty much stayed the same,

    ベティのコアな部分はほとんど変わっていませんが。

  • there have been key elements that have changed drastically.

    劇的に変化した要素があります。

  • The Betty of eight years old was not the same as the Betty of 18,

    8歳のベティと18歳のベティは同じではない。

  • which was not the same as 28, which was not the same as 38.

    は、28と同じではなく、38と同じではありませんでした。

  • I've changed.

    私は変わりました。

  • And if I'm able to change,

    そして、自分が変わることができたら

  • shouldn't I extend grace to believe that others can change too?

    私は、他の人も変わることができると信じて恵みを与えるべきではないでしょうか。

  • So what should we do?

    では、どうすればいいのか。

  • Instead of canceling people, we should use the tool called compassion.

    人をキャンセルするのではなく、「思いやり」というツールを使うべきです。

  • I find the definition of compassion is a fascinating one.

    思いやりの定義はとても魅力的なものだと思います。

  • And it's not one that I hear people talk about.

    そして、それは人の話を聞くものではありません。

  • Compassion means to suffer with someone.

    Compassionとは、誰かと一緒に苦しむこと。

  • To suffer alongside them.

    彼らと一緒に苦しむこと。

  • Imagine.

    想像してみてください。

  • When someone, say, Grandpa,

    誰かが、例えば、おじいちゃんが

  • says that thing that's caused you to decide

    は、あなたの決断の原因となったものを言っています。

  • he's no longer invited to Thanksgiving,

    彼はもう感謝祭には呼ばれない。

  • what if instead we chose to suffer alongside him?

    その代わりに、彼と一緒に苦しむことを選んだとしたら?

  • We decided that our love was so big, so deep, so strong

    私たちの愛は、とても大きく、とても深く、とても強いものだと決めました。

  • that we were willing to suffer,

    苦しんでもいいと思っていた。

  • even when it could be potentially painful.

    痛みを伴う可能性のあることでも

  • Now let's be clear.

    さて、はっきりさせましょう。

  • I am not denying anyone's right to cancel anyone else.

    誰かが誰かをキャンセルすることを否定しているわけではありません。

  • What I'm suggesting is that maybe that's not the best way.

    私が言いたいのは、それがベストな方法ではないのではないかということです。

  • When we think about the situation with Grandpa at Thanksgiving,

    感謝祭でのおじいちゃんの状況を考えると

  • if we choose to cancel him,

    彼をキャンセルすることを選択した場合

  • we are no longer in proximity to him.

    私たちはもう彼の近くにはいません。

  • Not only do we not get to hear his point of view,

    彼の視点を聞くことができないだけでなく

  • we don't get to share ours.

    私たちのものを共有することはできません。

  • What if we're the only person,

    もし、私たちが唯一の人間だとしたら。

  • because of our deep connection and love and affection for our grandfather --

    祖父との深いつながりと愛情があったからこそ

  • and substitute anyone you choose.

    と、誰にでも代われるようになっています。

  • What if we're the ones to plant seeds of change,

    もし、私たちが変化の種を植える側だとしたら。

  • seeds of influence,

    影響力の種。

  • seeds of difference.

    違いの種。

  • Now, to be fair,

    さて、公平を期すために

  • I cannot promise you that just because you plant the seed,

    種を蒔いたからといって、それを約束することはできません。

  • that it will get water,

    水を得ることができます。

  • that it'll get any sunlight or even a little fertilizer.

    日光を浴びることも、少しの肥料を与えることもできません。

  • But what I can tell you is that if you don't plant it,

    しかし、私が言えるのは、植えなければ、ということです。

  • who will?

    誰がやるんだ?

  • I find it interesting,

    私はそれが面白いと思います。

  • this idea of suffering alongside someone.

    誰かと一緒に苦しむということ。

  • It means that we are choosing to value the totality of the person

    それは、その人の全体性を大切にすることを選択しているということです。

  • rather than one particular aspect,

    ある特定の側面ではなく

  • like a framework or a mindset or a belief system.

    フレームワークやマインドセット、ビリーフシステムのようなものです。

  • We're choosing to believe that the entire person is more valuable

    私たちは、人全体がより価値のあるものであると信じることを選んでいます

  • than any of the individual parts.

    それぞれのパーツよりも

  • And I found an amazing duo who demonstrated this beautifully.

    そして、それを見事に証明してくれる素晴らしいデュオに出会いました。

  • Perhaps you've heard of them.

    もしかしたら、聞いたことがあるかもしれません。

  • The late justices

    遅れてきた正義の味方

  • Ruth Bader Ginsburg and Antonin Scalia

    Ruth Bader GinsburgとAntonin Scalia

  • were close, close friends.

    は仲の良い親友でした。

  • And they were completely divided in terms of belief systems.

    そして、彼らは信念体系の面で完全に分かれていた。

  • In fact, Antonin Scalia once said,

    実際、アントニン・スカリアはかつてこう言った。

  • "What's not to like, other than her thoughts on the law."

    "彼女の法律に対する考え以外に、何が気に入らないのか。"

  • He believed she was wrong.

    彼は彼女が間違っていると信じていた。

  • She believed he was wrong.

    彼女は彼が間違っていると信じていた。

  • They did not shift in that point of view whatsoever.

    そのような視点では、一切の変化はありませんでした。

  • And yet they had tea together every week,

    それなのに、毎週のように一緒にお茶を飲んでいた。

  • and every New Year's Eve,

    と毎年の大晦日に行われます。

  • they spent it together with their families.

    家族と一緒に過ごしました。

  • They went on family vacations together.

    家族旅行にも一緒に行きました。

  • They chose to suffer with each other rather

    彼らは、お互いに苦しむことを選んだのです。

  • than to cancel each other.

    互いに打ち消し合うよりも

  • Their love and respect for each other

    二人の愛と尊敬

  • continued to grow,

    は成長を続けました。

  • even though they never saw eye to eye.

    しかし、彼らは一度も意見を交わすことはなかった。

  • I imagine that curiosity might be a part of that.

    その中には好奇心も含まれているのではないかと想像しています。

  • That if we choose to be curious about that which is different,

    異質なものへの好奇心を持つことを選択すれば、そのようになる。

  • we might discover something along the way.

    その過程で何かを発見できるかもしれません。

  • After all, if we are who we are because of our lived experiences,

    やはり、生きた経験があるからこそ、今の自分があるのだとしたら。

  • isn't that true for someone else?

    それは誰かに当てはまるのでは?

  • And have we ever decided to use that tool of empathy,

    そして、その共感というツールを使おうと思ったことはありませんか。

  • of walking a mile or so in someone else's shoes

    他人の靴で1マイルほど歩くことの

  • to really discover the context for why they believe what they believe?

    なぜ彼らが信じているのか、その背景を本当に知ることができるのか?

  • Now, by now you're probably saying,

    さて、今頃あなたはこう言っていることでしょう。

  • "Yeah, OK, Betty, this sounds good.

    "Yeah, OK, Betty, this sounds good.

  • But what about you?

    でも、あなたはどうですか?

  • What about you and your dad?"

    あなたとあなたのお父さんはどうですか?"

  • It's a fair question.

    妥当な質問ですね。

  • After 10 years of not talking to my dad,

    10年ぶりの父との会話。

  • I picked up the phone one day, called him and said,

    ある日、私は電話を取り、彼に電話をかけて言った。

  • "I bet if it were up to you,

    "あなた次第 "に違いない。

  • you'd probably go back in time and change some things.

    あなたは、過去に戻って、いくつかのことを変えるでしょう。

  • I know I would.

    私はそうします。

  • But since we can't,

    しかし、それができないので

  • how about we start again?"

    もう一度始めてみませんか?

  • And he said,

    そして彼は言った。

  • "Yes, because I love you.

    "Yes, because I love you.

  • I always have. And I always will."

    私はいつもそうしてきた。そして、これからも」。

  • I am so grateful that I made that call

    あの電話をしたことに感謝しています。

  • because there was no way for me to know

    知る由もなかったので

  • that a few years later my dad would develop Alzheimer's.

    数年後、父がアルツハイマー病を発症することがわかった。

  • And a few years after that he would die.

    そして、その数年後に亡くなるのである。

  • And we never saw eye to eye about the thing that divided us,

    そして、私たちを分断しているものについては、意見が一致することはありませんでした。

  • ever.

    になったことがあります。

  • But our love continued.

    しかし、私たちの愛は続いた。

  • It continued through those 10 years when we didn't speak

    言葉を交わさなかった10年間も続いていました。

  • and it continued in the six years after.

    そして、それはその後の6年間も続いた。

  • So I am encouraging us to become a society of people

    だから私は、人の集まる社会になることを勧めています。

  • that choose compassion over canceling.

    キャンセルよりも思いやりを選ぶ人

  • I'm asking us to consider

    を考えてほしいと思っています。

  • that curiosity might be a better practice.

    そのためには、好奇心を持って行動することが大切だと思います。

  • That we might choose empathy,

    共感を得るために

  • that we might choose to have a love that is so deep, so wide,

    私たちが、深くて広い愛を持つことを選ぶことができるように。

  • so strong that it can surpass differences.

    差異を超えた強さを持っています。

  • Why are we so scared of differences anyway?

    なぜ、私たちは違いを恐れるのでしょうか?

  • I also want us to be a people that plant seeds,

    また、種を蒔く人になりたいと思っています。

  • seeds of change, seeds of influence,

    変化の種、影響の種

  • seeds of diversity.

    多様性の種。

  • Again, I cannot promise to you or anyone else

    繰り返しになりますが、私はあなたや他の誰かに約束することはできません。

  • that planting that seed is going to make a difference.

    その種を植えることで、変化をもたらすことができるのです。

  • But what if it does?

    でも、もしそうだったら?

  • I am the sum of who I am

    私は私の総体である

  • because of everything that I've been exposed to.

    私が今まで受けてきたすべてのもののために。

  • My mind has changed over the years

    私の心は年々変化しています

  • and grown because of the people in my life who planted seeds in me,

    私の人生の中で種を蒔いてくれた人々のおかげで、私は成長することができました。

  • some that I saw and some that I didn't.

    私が見たものと見ていないものがあります。

  • So wouldn't it be great

    だからこそ、素晴らしいと思いませんか?

  • if instead of having a cancel culture

    もし、キャンセルの文化を持つ代わりに

  • we create a compassion culture

    私たちは、思いやりのある文化を創造します。

  • where we are willing to suffer alongside the ones we love,

    愛する人と一緒に苦しむことを厭わない。

  • because we love them.

    なぜなら、私たちは彼らを愛しているからです。

  • And can't we become a community that plants seeds?

    そして、種を植えるコミュニティになることができないか?

  • After all, if we don't, who will?

    私たちがやらなければ、誰がやるというのでしょう。

  • Thank you.

    ありがとうございました。

Transcriber:

トランスクライバーです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TED キャンセル 思いやり 植える 一緒 変化

思いやりの心が、こじれた人間関係を救う|ベティ・ハート (How compassion could save your strained relationships | Betty Hart)

  • 6 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 27 日
動画の中の単語