Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • mhm.

    mhm

  • What's going on?

    どうしたの?

  • It's Brian.

    ブライアンです。

  • I'm here with Eliza and she is the founder of Lives, not Knives.

    私はイライザと一緒にいますが、彼女は「Lives, not Knives」の創設者です。

  • And we're visiting her in Croydon.

    そして、クロイドンの彼女を訪ねています。

  • I've been actually hanging out with the whole team.

    実際にチーム全員と一緒に行動しています。

  • Um, they've been really generous to have their time.

    ええと、彼らは本当に寛大に時間を割いてくれました。

  • This is all of her space in here, by the way.

    ちなみに、ここには彼女のスペースがすべて入っています。

  • It's all yours.

    すべてあなたのものです。

  • Um, but it's been really good to talk about some of the the issues you face.

    でも、皆さんが直面している問題について話すことができて、本当に良かったです。

  • You've been doing this for a long time now.

    今までもずっとやってきたじゃないですか。

  • For 14 years, we have been trying tell us a little about the journey of this whole this whole foundation tell us about, you know, lives.

    この14年間、私たちは、この財団全体の旅について少し話をしようとしてきました......つまり、人生について話をしようとしたのです。

  • And I started in 2000 and seven.

    そして、2000年と7年に始めました。

  • It was after I was kicked out of school and putting people with our unit and had seen knife crime first hand, and a few of my friends stabbed.

    学校を追い出され、我々のユニットと一緒に人を配置した後で、ナイフ犯罪を目の当たりにし、何人かの友人が刺されました。

  • Um, actually got just one T shirt printed that said lives, not knives.

    実際に、ナイフではなく、命と書かれたTシャツを1枚だけ印刷してもらいました。

  • Put it as my MSN display picture and loads of people like, Oh, that's really cool.

    これをMSNの表示画像にすると、多くの人が「ああ、それはとてもいいね」と言ってくれました。

  • I support that.

    私はそれを支持します。

  • At the time, it was like the front of the newspaper, like the ASBO generation kids killing kids, etcetera, so loads of people wanted to show that all young people want the same.

    当時は、ASBO世代の子供が子供を殺すなど、新聞の一面を飾っていたので、多くの人が若者はみんな同じことを望んでいるとアピールしたかったのです。

  • We're all in support with each other.

    みんなで支え合っています。

  • And now this many years down the line, it was all about prevention, education, talking to young people about knife crime, explaining the dangers it's getting to getting them to know their rights.

    若者たちに刃物犯罪の危険性を説明し、自分たちの権利を理解してもらうために、予防や教育に力を入れました。

  • Um, and now we're doing mentoring and supporting so many young people.

    そして今、私たちは多くの若者のメンタリングやサポートを行っています。

  • Um, in primary and secondary schools that have been themselves affected at a really young age by knife, crime and other socio economic factors, What should people know about knife crime that they don't necessarily know?

    幼い頃からナイフ犯罪やその他の社会経済的要因の影響を受けてきた小中学校では、ナイフ犯罪について人々が必ずしも知らないことを知っておく必要があります。

  • Like maybe something they assume it's true that isn't true or something that we really helpful if they knew from you about knife crime?

    例えば、彼らが真実だと思い込んでいることが真実ではないとか、ナイフ犯罪についてあなたが知っていれば本当に役に立つことなどです。

  • Um oh, gosh, you put me on this book.

    うーん、ああ、この本に入れてくれたんだ。

  • I mean, you were telling me earlier about how a lot of times you have to educate, you know, the parents and the students are what actually it is about what is knife, crime and what it actually feels like it is.

    先ほど、親や生徒に、ナイフや犯罪とは何か、実際にどのような感覚なのかを教えなければならないことが多いとおっしゃっていましたね。

  • So I would say there's something that people don't talk about Enough is that it's actually getting younger and younger, and we've got more nine year olds and 10 year olds in primary schools and complaints from primary schools about young people bringing knives into school to show off to their friends.

    小学校では9歳や10歳の子供たちが増え、学校にナイフを持ち込んで友達に見せびらかしているという苦情が小学校から寄せられています。

  • So all of the parents are kind of saying, Oh, it's not my kids, It's not my issue.

    そのため、親御さんたちは皆、「自分の子供ではないし、自分の問題でもない」と言っています。

  • We need to look at the age range of young people that are actually bringing lives into school, not to use them as they say.

    言われるがままに使うのではなく、実際に学校に命を吹き込んでいる若者の年齢層にも目を向ける必要があります。

  • But if they're doing that, then there's obviously a reason they're doing it.

    でも、そうしているということは、それなりの理由があるのでしょう。

  • I would also say that knife crime is something that hasn't gone away and has been an issue.

    また、ナイフ犯罪はなくならないし、問題にもなっていると思います。

  • And it's not something that's, oh, it's on the rise and these are the numbers this year and that year, etcetera lives and I've started in 2000 and seven for a reason and has been there, and knife crime has been there and what we need to do is look at actually tackling the whole issue and not just putting a plaster over it, but actually saying and looking at the real statistics and the numbers and saying even during the national pandemic, how are young people still getting killed?

    私は2000年から始めましたが、7つの理由があり、ナイフ犯罪はずっと存在してきました。

  • And we've been talking about a lot of issues and I've been telling you about some of my ideas like this, you know, £100 million from corporate into communities.

    私たちは多くの問題について話し合ってきました。私は、企業からコミュニティへの1億ポンドの寄付など、いくつかのアイデアについて話してきました。

  • And I'm talking to Jamal Edwards about that.

    そして、そのことをジャマール・エドワーズに話しています。

  • 10,000 more officers on the street were talking about how they need to be better trained, and they need to be in the communities how they need to understand how to treat people.

    1万人以上の警官が路上で活躍していますが、彼らはより良い訓練を受ける必要があり、人々への接し方を理解するためにコミュニティに参加する必要があると話していました。

  • Um, there's a lot of issues here.

    ええと、ここにはたくさんの問題があります。

  • It's quite complex, 100% and it's more than just kind of talking to the police.

    これは非常に複雑で、単に警察に相談するだけではありません。

  • And, well, it's more than just putting them on the streets.

    そして、まあ、路上に出すだけではない。

  • It is what you're saying, training them, getting them to actually talk to young, talk to young people, understanding the different things that affect young people, understanding how to deal with the young person with special educational needs, understanding that it might be extremely embarrassing to stop and search this young person and the ways that you would do it and explain it to a young person that's never been stopped and searched before.

    若者に影響を与えるさまざまな事柄を理解し、特別な教育を必要とする若者への対応を理解し、若者を止めて検査することが非常に恥ずかしいことであると理解し、止めて検査したことのない若者にその方法を説明することです。

  • And it's it's just exactly what you said the right training that needs to be put in place, as well as putting love back into youth work, putting respect back into your work and belief in that youth workers can actually make change and supporting these young people's lives because I feel like for a good few years now we're closing all of these centers down and then taking all of the budget cuts from youth work and youth centers stuff in the qualification.

    あなたがおっしゃったように、適切なトレーニングを実施する必要があります。また、ユースワークに愛を取り戻し、仕事に敬意を払い、ユースワーカーが実際に変化をもたらし、若者の生活を支えることができるという信念を持つことも必要です。なぜなら、ここ数年、私たちはこれらのセンターをすべて閉鎖し、ユースワークやユースセンターの予算をすべて削減しているからです。

  • It's kind of made it look like we don't need them.

    なんだか必要ないような気がしてきました。

  • And we do.

    そして、そうしています。

  • We desperately need more people supporting young people.

    若者をサポートする人がどうしても必要なのです。

  • Yeah, I did a whole like 90 minute episode recently about how all these community centers were shut down.

    最近では、コミュニティセンターが閉鎖されたことについて90分ほどのエピソードを紹介しました。

  • All these youth workers were laid off, and I mean, you're here on the ground and you know how that really affects lives and it's dangerous, and it's probably really frustrating for you.

    ユースワーカーは全員解雇されてしまいました。あなたは現場にいて、それが生活にどのような影響を与えるかを知っていますし、それは危険なことであり、あなたにとっては本当に悔しいことでしょう。

  • Biggest challenge you face right now.

    今、直面している最大の課題

  • What is it?

    それは何ですか?

  • What's the biggest frustration?

    一番のフラストレーションは何ですか?

  • My biggest frustration is kind of people are like, Is this much money for a three week program?

    一番の不満は、「3週間のプログラムにこれだけのお金がかかるの?

  • And three weeks just isn't enough to actually support a young person to make a massive difference in their life.

    若者の人生に大きな変化をもたらすようなサポートを実際に行うには、3週間では足りません。

  • We need to be looking at a looking at a program that is sustainable and can work 35 kind of 10 years down the line and something that is training the teachers to talk to young people about knife crime, training communities to talk to young people like knife, crime and actually a whole school approach and a whole school, whole community approach rather than kind of just saying, Oh, you're a knife crime charity.

    持続可能で、10年先まで機能するプログラムを検討する必要があります。ナイフ犯罪について若者に説明できるように教師を訓練したり、ナイフ犯罪について若者に説明できるように地域社会を訓練したり、単に「あなたはナイフ犯罪の慈善団体ですね」と言うのではなく、学校全体、地域社会全体でアプローチする必要があります。

  • You guys deal with it?

    皆さんは、それに対処していますか?

  • Yeah, Yeah, she's an entrepreneur if you can't tell.

    そうそう、彼女は起業家なんですよ。

  • And I think we could run all this whole program with, almost, like a business structure with like, kpi s and to really monitor where the money goes and how it's used and also set it up in a really long term way.

    このプログラム全体を、Kpiを用いたビジネス構造のようなもので運営し、資金の行き先や使用方法を実際に監視し、長期的な計画を立てることができるのではないかと思います。

  • We've been talking a little bit about when we were here, but I mean, I really think, And also, if you presented it to these big corporate, they would want to be a part of this whole thing.

    私たちがここにいたときにも少し話しましたが、私は本当にそう思っています。また、もしこれを大企業に提示したら、彼らはこの全体の一部になりたいと思うでしょう。

  • And I think we could change the game potentially with these community centers, as opposed to just hearing from our politicians yet again that there's no budget and there's no budget.

    政治家から「予算がない」「予算がない」と言われるだけでなく、これらのコミュニティセンターを利用することで、ゲームの流れを変えることができると思います。

  • And then you get squeezed and then we see the knife crime stats and everyone throws their hands up, and it's a vicious cycle that just goes over and over.

    そして、それが圧迫され、ナイフ犯罪の統計を見て、皆が手を挙げて、悪循環が繰り返されるのです。

  • Yeah, exactly.

    ええ、その通りです。

  • And actually saying, Well, it's everyone's issue, and it's actually Children that are being killed on the streets.

    そして実際に、「みんなの問題であり、実際に路上で殺されているのは子供たちだ。

  • So let's discuss that it's everyone's issue and make it everyone's issue rather than just looking at the communities that have higher rates of knife crime and saying, Well, it's your issue, Let's you guys can deal with that.

    刃物犯罪の発生率が高い地域だけを見て、「あなたたちの問題だから、あなたたちで対処しましょう」と言うのではなく、みんなの問題であることを話し合って、みんなの問題にしていきましょう。

  • It's everyone's issue, and it's probably something your child faces, whether they tell you or not.

    それは誰もが抱える問題であり、あなたのお子さんも、あなたに話すかどうかに関わらず、直面していることでしょう。

  • Um, and it's real and it's not gonna get any better unless we make proactive solutions.

    これは現実であり、積極的な解決策を講じない限り、改善されることはありません。

  • How can they find out more about you?

    あなたのことをどうやって知ってもらうか?

  • Website lives is our website.

    ウェブサイトの命は、私たちのウェブサイトです。

  • There's LNK charity on Instagram and Facebook.

    インスタグラムやフェイスブックにはLNKのチャリティがあります。

  • Okay, um, thanks for having us today.

    さて、今日はありがとうございました。

  • It's really good.

    本当に良いですよ。

  • My pleasure.

    私の喜び

  • It's really important to come in here and really listen to like what it's like here.

    ここに来て、ここがどんなところなのかを聞いてみることはとても重要です。

  • What it's like to mention these these kids, when they come in, what are their frustrations?

    この子たちが入ってきたときに、どんな不満を持っているのか、ということを述べています。

  • What, you think that should be done differently with the police with the funding, It's really helpful.

    何か、警察と資金面で別の方法を取るべきだと思いますか?

  • So thank you for you and your team.

    だから、あなたとあなたのチームに感謝します。

  • And I'll be talking a lot more about So there you go.

    そして、これからもたくさんの話をしていきたいと思っています。

  • There she is, Eliza.

    彼女はそこにいる、イライザ。

  • Thank you very much.

    どうもありがとうございました。

  • He can't.

    彼はできない。

mhm.

mhm

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ナイフ 若者 犯罪 問題 必要 センター

ナイフではなく命を - ロンドンで蔓延するナイフ犯罪を阻止するためのリアルトーク (LIVES NOT KNIVES - REAL TALK ON HOW TO STOP LONDON’S DEADLY KNIFE CRIME EPIDEMIC IN OUR COMMUNITIES)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 26 日
動画の中の単語