Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 41

    第41章

  • The first week of their return was soon gone.

    彼らの復帰の最初の週は、すぐに消えていた。

  • The second began.

    二つ目は始まった。

  • It was the last of the regiment's stay in Meryton, and all the young ladies in the

    それはMerytonの連隊の滞在の最後であり、内のすべての若い女性

  • neighbourhood were drooping apace. The dejection was almost universal.

    近所には、順調に垂れていた。落胆はほぼ普遍的だ。

  • The elder Miss Bennets alone were still able to eat, drink, and sleep, and pursue

    長老さんBennetsだけではまだ、食べて飲み、睡眠、そして追求することができた

  • the usual course of their employments.

    彼らの雇用のいつものコース。

  • Very frequently were they reproached for this insensibility by Kitty and Lydia,

    非常に頻繁に彼らは、キティとリディアがこの不感症のために非難された

  • whose own misery was extreme, and who could not comprehend such hard-heartedness in any

    その自身の不幸は極端であり、いずれにもそのような無情を理解できなかった人

  • of the family.

    家族の。

  • "Good Heaven! what is to become of us? What are we to do?" would they often

    "グッド天国!私たちになるために何ですか?我々は何をするのか"ということがよくあります

  • exclaim in the bitterness of woe. "How can you be smiling so, Lizzy?"

    悲哀の苦味で叫ぶ。 "どのようにして、そのリジー笑みを浮かべてすることができますか?"

  • Their affectionate mother shared all their grief; she remembered what she had herself

    彼らの優しい母はすべての彼らの悲しみを共有し、彼女は彼女自身を持っていたものを思い出した

  • endured on a similar occasion, five-and- twenty years ago.

    安物二十年前、同様の機会に耐えた。

  • "I am sure," said she, "I cried for two days together when Colonel Miller's

    時大佐ミラーの"私は確信して、"彼女は言った、"私は一緒に二日間叫んだ

  • regiment went away. I thought I should have broken my heart."

    連隊をひそめた。私は私の心が壊れているはずと思った。"

  • "I am sure I shall break mine," said Lydia.

    "私は地雷を破壊するものと確信している、"リディアは言った。

  • "If one could but go to Brighton!" observed Mrs. Bennet.

    "一つがブライトンに行くことができれば!"ミセスベネットは観察。

  • "Oh, yes!--if one could but go to Brighton! But papa is so disagreeable."

    "ああ、はい - !一つがブライトンに行くことができれば!しかしパパはとても嫌です。"

  • "A little sea-bathing would set me up forever."

    "海水浴少しは永遠に私を設定します。"

  • "And my aunt Phillips is sure it would do me a great deal of good," added Kitty.

    "そして、私の叔母フィリップスは、それは私に良いの大きな行うと確信している、"キティが追加されました。

  • Such were the kind of lamentations resounding perpetually through Longbourn

    このようにLongbournを通じて絶え間なく鳴り響く嘆きの種だった

  • House. Elizabeth tried to be diverted by them; but

    ハウス。エリザベスは、それらが転用されることを試みた、しかし

  • all sense of pleasure was lost in shame.

    喜びのすべての感覚が恥に失われました。

  • She felt anew the justice of Mr. Darcy's objections; and never had she been so much

    彼女は新たに氏ダーシーの異議の正義を感じた、と彼女はあまりしていなかったこと

  • disposed to pardon his interference in the views of his friend.

    彼の友人の意見では彼の干渉を許しように配置。

  • But the gloom of Lydia's prospect was shortly cleared away; for she received an

    しかし、リディアの見通しの暗がりは、まもなく離れてクリアした、彼女が受け取ったのために

  • invitation from Mrs. Forster, the wife of the colonel of the regiment, to accompany

    ミセスフォースター、連隊の大佐の妻、同行からの招待状

  • her to Brighton.

    彼女のブライトンへ。

  • This invaluable friend was a very young woman, and very lately married.

    この貴重な友人は、非常に若い女性であり、非常に最近結婚した。

  • A resemblance in good humour and good spirits had recommended her and Lydia to

    ユーモアと元気に似ているのは、彼女とリディアがすることをお勧めしていた

  • each other, and out of their three months' acquaintance they had been intimate two.

    彼らは2つの親密されていた彼らの三ヶ月"知人の互い、および外。

  • The rapture of Lydia on this occasion, her adoration of Mrs. Forster, the delight of

    この機会にリディアの歓喜、夫人フォースター、の喜びの彼女の崇拝

  • Mrs. Bennet, and the mortification of Kitty, are scarcely to be described.

    ミセスベネット、そしてキティの苦行は、後述するほとんどありません。

  • Wholly inattentive to her sister's feelings, Lydia flew about the house in

    彼女の妹の気持ちに完全に不注意な、リディアはに家約飛んだ

  • restless ecstasy, calling for everyone's congratulations, and laughing and talking

    落ち着きのないエクスタシー、すべての人のお祝いのために呼び出す、と笑って話して

  • with more violence than ever; whilst the

    これまで以上に暴力を持つ。whilst

  • luckless Kitty continued in the parlour repined at her fate in terms as

    不運キティとして面で彼女の運命でrepinedパーラーで続け

  • unreasonable as her accent was peevish.

    彼女のアクセントとして無理不機嫌そうなだった。

  • "I cannot see why Mrs. Forster should not ask me as well as Lydia," said she, "Though

    "ミセスフォースターは、私だけでなく、リディアを聞いてはならない理由を私は見ることができない、"彼女はしかし"と言った。

  • I am not her particular friend.

    私は彼女の特定の友人ではない。

  • I have just as much right to be asked as she has, and more too, for I am two years

    私は二年時のために私は、ちょうど同じくらい、彼女が持っているとして頼まれる権利、及びより多くのあまりにしている

  • older." In vain did Elizabeth attempt to make her

    古い。"無駄では彼女を作るためにエリザベスの試みを行いました

  • reasonable, and Jane to make her resigned.

    彼女が辞職するために合理的、とジェーン。

  • As for Elizabeth herself, this invitation was so far from exciting in her the same

    エリザベス彼女自身としては、この招待状は同じ彼女の刺激的なからこれまでにあった

  • feelings as in her mother and Lydia, that she considered it as the death warrant of

    彼女はそれの死刑執行令状として考慮母親とリディアのような感情、

  • all possibility of common sense for the

    のための常識のすべての可能性

  • latter; and detestable as such a step must make her were it known, she could not help

    後者は、そのようなステップのような憎むべきはそれが彼女を知られていたようにしなければなりません、彼女は助けることができなかった

  • secretly advising her father not to let her go.

    密かに彼女が行くように彼女の父親に助言。

  • She represented to him all the improprieties of Lydia's general behaviour,

    彼女は、彼にリディアの一般的な動作のすべての不正を表す

  • the little advantage she could derive from the friendship of such a woman as Mrs.

    彼女は夫人のような女性の友情から派生した可能性が少ない利点

  • Forster, and the probability of her being

    フォースター、そして彼女の存在の確率

  • yet more imprudent with such a companion at Brighton, where the temptations must be

    誘惑にする必要がありますブライトンでこのようなコンパニオン、とまだ多くの無分別な

  • greater than at home. He heard her attentively, and then said:

    自宅よりも大きい。彼は注意深く彼女を聞いたし、言った:

  • "Lydia will never be easy until she has exposed herself in some public place or

    彼女はまたはいくつかの公共の場所で自分自身を露出するまで、"リディアは容易になることはありません

  • other, and we can never expect her to do it with so little expense or inconvenience to

    他の、そして我々は彼女がこれほど少ないの費用や不便にしてそれを行うには期待することはできません

  • her family as under the present circumstances."

    彼女の家族は、現在の状況下として。"

  • "If you were aware," said Elizabeth, "of the very great disadvantage to us all which

    "あなたは知っていた場合、"非常に大きな欠点のエリザベスは、"私たちすべてのために述べている

  • must arise from the public notice of Lydia's unguarded and imprudent manner--

    リディアの無防備と軽率な方法の公示から発生する必要があります -

  • nay, which has already arisen from it, I am

    いや、すでにそれから生じている、私は午前

  • sure you would judge differently in the affair."

    必ずあなたは浮気では異なる判断だ。"

  • "Already arisen?" repeated Mr. Bennet. "What, has she frightened away some of your

    "既に生じて?"ミスターベネットを繰り返した。 "何が、彼女は自分の一部を離れておびえるしている

  • lovers?

    愛好家?

  • Poor little Lizzy! But do not be cast down.

    かわいそうなリジー!しかし、ダウンキャストすることはありません。

  • Such squeamish youths as cannot bear to be connected with a little absurdity are not

    そのようなうるさい若者は少し不条理と接続される耐えられないではないことができる

  • worth a regret.

    後悔価値がある。

  • Come, let me see the list of pitiful fellows who have been kept aloof by Lydia's

    来て、私はリディアのことで離れて保持されている哀れな仲間のリストを見てみましょう

  • folly." "Indeed you are mistaken.

    愚かさは。""確かにあなたが誤解されています。

  • I have no such injuries to resent.

    私は、再送するようなケガはありません。

  • It is not of particular, but of general evils, which I am now complaining.

    それは、特定の、しかし私は今不満います一般的な悪、ではありません。

  • Our importance, our respectability in the world must be affected by the wild

    私たちの重要性は、世界で私たちの世間体は野生の影響を受けている必要があります

  • volatility, the assurance and disdain of all restraint which mark Lydia's character.

    揮発性、そのマークがリディアの文字すべての拘束の保証と軽蔑。

  • Excuse me, for I must speak plainly.

    すみません、私は率直に話す必要があるため。

  • If you, my dear father, will not take the trouble of checking her exuberant spirits,

    あなた、私の愛する父は、彼女のあふれんばかりの霊をチェックする手間を取らない場合

  • and of teaching her that her present pursuits are not to be the business of her

    そして彼女の現在の追求は、彼女のビジネスにないことを彼女に教える

  • life, she will soon be beyond the reach of amendment.

    人生は、彼女はすぐに修正の手の届かないところになります。

  • Her character will be fixed, and she will, at sixteen, be the most determined flirt

    彼女の文字が修正される予定です、と彼女は、16歳で、浮気ほとんど決定される

  • that ever made herself or her family ridiculous; a flirt, too, in the worst and

    最悪でも、浮気すると、つまりこれまで自分や家族がとんでもないもの

  • meanest degree of flirtation; without any

    戯れの恋の意地悪度、どんなことなく、

  • attraction beyond youth and a tolerable person; and, from the ignorance and

    若さと許容人を超えた魅力、そして、無知からと

  • emptiness of her mind, wholly unable to ward off any portion of that universal

    その普遍の任意の部分を追い払うために彼女の心の空虚は、完全にできない

  • contempt which her rage for admiration will excite.

    賞賛のための彼女の怒りが励起される軽蔑。

  • In this danger Kitty also is comprehended. She will follow wherever Lydia leads.

    この危険ではキティも把握されている。リディアがつながる場所に彼女が続きます。

  • Vain, ignorant, idle, and absolutely uncontrolled!

    無駄、無知、アイドル、そして絶対的に制御されていない!

  • Oh! my dear father, can you suppose it possible that they will not be censured and

    ああ!私の愛する父は、あなたは彼らが非難されないことが可能と仮定できると

  • despised wherever they are known, and that their sisters will not be often involved in

    それらが知られている場所に軽蔑し、彼らの姉妹は、多くの場合に関与しないことを

  • the disgrace?"

    恥辱?"

  • Mr. Bennet saw that her whole heart was in the subject, and affectionately taking her

    ミスターベネットは、彼女の心臓全体が対象に年だった、と愛情を込めて彼女を取って

  • hand said in reply: "Do not make yourself uneasy, my love.

    手は返信で述べている:"私の愛、あなた自身が不安にしないでください。

  • Wherever you and Jane are known you must be respected and valued; and you will not

    どこにいてとジェーンは、あなたが尊重され、評価されている必要があります知られている、あなたはしないれます

  • appear to less advantage for having a couple of--or I may say, three--very silly

    または私は言うことが、三 - - 非常に愚かな以下のいくつかを持っているため有利に見える

  • sisters.

    姉妹。

  • We shall have no peace at Longbourn if Lydia does not go to Brighton.

    リディアは、ブライトンに行っていない場合、我々はLongbournでは平和を負わないものとします。

  • Let her go, then.

    その後、彼女の行ってみよう。

  • Colonel Forster is a sensible man, and will keep her out of any real mischief; and she

    大佐フォースターは、賢明な人です、そして、実際のいたずらから彼女を保つ、そして彼女

  • is luckily too poor to be an object of prey to anybody.

    幸いにも誰に獲物のオブジェクトであることがあまりにも貧弱です。

  • At Brighton she will be of less importance even as a common flirt than she has been

    ブライトンでは、彼女は一般的には彼女がされているよりも、浮気さえとしてそれほど重要になります

  • here. The officers will find women better worth

    ここに。役員は、女性がより価値があるでしょう

  • their notice.

    その予告。

  • Let us hope, therefore, that her being there may teach her her own insignificance.

    彼女の存在が彼女に彼女自身の重要さをそこに教えることが、したがって、私たちは期待しましょう​​。

  • At any rate, she cannot grow many degrees worse, without authorising us to lock her

    いずれにせよ、彼女は私達が彼女をロックすることを承認することなく、何度悪く成長することはできません

  • up for the rest of her life."

    彼女の人生の残りの上。"

  • With this answer Elizabeth was forced to be content; but her own opinion continued the

    この回答にエリザベスがコンテンツになることを余儀なくされた、しかし、彼女自身の意見が続いた

  • same, and she left him disappointed and sorry.

    同じ、と彼女は彼が失望して残念残しました。

  • It was not in her nature, however, to increase her vexations by dwelling on them.

    それは、それらの住居で彼女のヴェクサシオンを高めるために、しかし、彼女の自然の中ではなかった。

  • She was confident of having performed her duty, and to fret over unavoidable evils,

    彼女は、彼女の義務を実行したという自信があった、と避けられない弊害を思い詰めるする

  • or augment them by anxiety, was no part of her disposition.

    または不安で、それらを補強する、彼女の処分のいかなる部分もなかった。

  • Had Lydia and her mother known the substance of her conference with her

    リディアと彼女の母親は彼女と彼女の会議の物質を知っていた

  • father, their indignation would hardly have found expression in their united

    父、彼らの憤りは、ほとんど彼らの米国で見つかった式を持っていませんし、

  • volubility.

    口達者。

  • In Lydia's imagination, a visit to Brighton comprised every possibility of earthly

    リディアの想像では、ブライトンへの訪問は、地上のあらゆる可能性を占めて

  • happiness.

    幸福。

  • She saw, with the creative eye of fancy, the streets of that gay bathing-place

    彼女は、空想の創造的な目で、海水浴場でそのゲイの街を見た

  • covered with officers.

    役員で覆われて。

  • She saw herself the object of attention, to tens and to scores of them at present

    彼女は現在では数十に及び、それらのスコアに、彼女自身注目の物体を見た

  • unknown.

    不明。

  • She saw all the glories of the camp--its tents stretched forth in beauteous

    彼女はキャンプのすべての栄光を見た - そのテントは麗しいに記載引き伸ばさ

  • uniformity of lines, crowded with the young and the gay, and dazzling with scarlet;

    緋色若いとゲイ、そしてまばゆいで混雑線の均一性、;

  • and, to complete the view, she saw herself

    と、ビューを完了するために、彼女は自分を見た

  • seated beneath a tent, tenderly flirting with at least six officers at once.

    優しく一度に少なくとも6つの役員といちゃつく、テントの下に座って。

  • Had she known her sister sought to tear her from such prospects and such realities as

    彼女は知っていた彼女の妹には、次のような展望とそのような現実から彼女を引き裂くように努めた

  • these, what would have been her sensations?

    これらの、何が彼女の感覚だったでしょう?

  • They could have been understood only by her mother, who might have felt nearly the

    ほとんど感じているかもしれない彼らだけ彼女の母親が理解されている可能性が、

  • same.

    同じ。

  • Lydia's going to Brighton was all that consoled her for her melancholy conviction

    リディアは、彼女の憂鬱有罪判決のための彼女を慰めることのすべてだったブライトンになるだろう

  • of her husband's never intending to go there himself.

    夫のある身に行く意図は決してだ。

  • But they were entirely ignorant of what had passed; and their raptures continued, with

    しかし、彼らは合格していたものの完全に無知だった;と彼らの狂喜はと、続けて

  • little intermission, to the very day of Lydia's leaving home.

    リディアのまま家のまさにその日に少し休憩、。

  • Elizabeth was now to see Mr. Wickham for the last time.

    エリザベスは、最後の時間のために氏ウィッカムを見て今いました。

  • Having been frequently in company with him since her return, agitation was pretty well

    彼女の復帰以来、彼の会社で頻繁に行なわれ、攪拌はかなりよくなった

  • over; the agitations of formal partiality entirely so.

    以上、正式なえこひいきの扇動完全にそう。

  • She had even learnt to detect, in the very gentleness which had first delighted her,

    彼女も、最初に彼女を喜んでいた非常に優しさで、検出するために学んでいた

  • an affectation and a sameness to disgust and weary.

    嫌悪感と疲れたのふりをすることと同一であること。

  • In his present behaviour to herself, moreover, she had a fresh source of

    彼女自身への彼の現在の動作では、さらに、彼女はの新鮮なソースを持っていた

  • displeasure, for the inclination he soon testified of renewing those intentions

    不満は、傾斜のために彼はすぐにそれらの意図を更新するの証言

  • which had marked the early part of their

    彼らの初期の部分をマークしていたどの

  • acquaintance could only serve, after what had since passed, to provoke her.

    知人は彼女を誘発するために、経過していたものの後に、役立つことができる。

  • She lost all concern for him in finding herself thus selected as the object of such

    彼女は、このようにそのようなのオブジェクトとして選択された自分自身を見つけるために彼のためにすべての関心を失った

  • idle and frivolous gallantry; and while she steadily repressed it, could not but feel

    アイドルと軽薄な勇ましさ、そして、彼女は着実にそれを抑制しながら、でしたが、感じる

  • the reproof contained in his believing,

    彼の信じるに含まれている小言、

  • that however long, and for whatever cause, his attentions had been withdrawn, her

    しかし長いこと、そしてどのような原因を、彼の注目は撤回されていた、彼女の

  • vanity would be gratified, and her preference secured at any time by their

    虚栄心が嬉しく、そして彼女の好みは彼らのことで、いつでも確保される

  • renewal.

    リニューアル。

  • On the very last day of the regiment's remaining at Meryton, he dined, with other

    連隊の残りMerytonでの非常に最後の日に、彼は他のと、食事をし

  • of the officers, at Longbourn; and so little was Elizabeth disposed to part from

    Longbournで、役員の、そしてこれほど少ないのエリザベスから一部に配置した

  • him in good humour, that on his making some

    彼は上機嫌で、それは彼のいくつかをして

  • inquiry as to the manner in which her time had passed at Hunsford, she mentioned

    彼女の時間がHunsfordで通過したれる方法へなどのお問い合わせは、彼女が言及

  • Colonel Fitzwilliam's and Mr. Darcy's having both spent three weeks at Rosings,

    大佐フィッツウィリアムのとミスターダーシーのは両方とも、ロージングスで3週間過ごした

  • and asked him, if he was acquainted with the former.

    彼は前者に精通されている場合と、彼に尋ねた。

  • He looked surprised, displeased, alarmed; but with a moment's recollection and a

    彼は驚いて、不快に、アラームに見えた、しかし瞬間の記憶とと

  • returning smile, replied, that he had formerly seen him often; and, after

    後に、と、笑顔を返して、​​彼は以前は頻繁に彼を見ていたこと、答えた

  • observing that he was a very gentlemanlike man, asked her how she had liked him.

    彼はとても紳士的な男だったことを観察、彼女が彼を好きだったか彼女に尋ねた。

  • Her answer was warmly in his favour. With an air of indifference he soon

    彼女の答えは彼の好意に暖かくなった。無関心の空気すぐに彼との

  • afterwards added:

    その後追加さ:

  • "How long did you say he was at Rosings?" "Nearly three weeks."

    "どのくらいの期間、彼はロージングスで言われましたか?""約3週間。"

  • "And you saw him frequently?" "Yes, almost every day."

    "そして、あなたは頻繁に彼を見た?""はい、ほとんど毎日。"

  • "His manners are very different from his cousin's."

    "彼のマナーは、彼のいとこの非常に異なる。"

  • "Yes, very different. But I think Mr. Darcy improves upon

    "はい、非常に異なる。しかし、私はミスターダーシーが改良したと思う

  • acquaintance."

    知人。"

  • "Indeed!" cried Mr. Wickham with a look which did not escape her.

    "確かに!"ミスターウィッカムは、彼女をエスケープしていないそうな表情で叫んだ。

  • "And pray, may I ask?--" But checking himself, he added, in a gayer tone, "Is it

    "と祈る、私が求めることができる - ?"しかし、自分自身をチェックし、彼はガイアーの口調で、追加された、"これは?

  • in address that he improves?

    彼が改善されることをアドレスに?

  • Has he deigned to add aught of civility to his ordinary style?--for I dare not hope,"

    彼は普通のスタイルに礼儀のいやしくもを追加するdeignedいます - ?私は望んでないが勇気のために、"

  • he continued in a lower and more serious tone, "that he is improved in essentials."

    彼は"彼は必需品で改善されるという。"、低く、より深刻な口調で続けた

  • "Oh, no!" said Elizabeth.

    "あら!"エリザベスは言った。

  • "In essentials, I believe, he is very much what he ever was."

    "必需品で、私は信じて、彼がかつて何であったか非常によく似ている。"

  • While she spoke, Wickham looked as if scarcely knowing whether to rejoice over

    彼女が話す間にわたって喜ぶべきかどうかをほとんど知っていないかのように、ウィッカムに見えた

  • her words, or to distrust their meaning.

    彼女の言葉、または不信その意味をする。

  • There was a something in her countenance which made him listen with an apprehensive

    彼が心配で聞いて作られた彼女の表情に何かがあった

  • and anxious attention, while she added:

    と彼女は不安注目、追加しながら:

  • "When I said that he improved on acquaintance, I did not mean that his mind

    "私は彼が知人に改善されることが言ったとき、私はその彼の心を意味するものではなかった

  • or his manners were in a state of improvement, but that, from knowing him

    または彼のマナーは改善の状態にあったが、その、彼を知ることから

  • better, his disposition was better understood."

    より、彼の気質がよく理解された。"

  • Wickham's alarm now appeared in a heightened complexion and agitated look;

    ウィッカムのアラームは、現在高まり肌に登場し、外観を攪拌する。

  • for a few minutes he was silent, till, shaking off his embarrassment, he turned to

    、彼の恥ずかしさを洗った、彼はになっまで数分間、彼は、沈黙していた

  • her again, and said in the gentlest of accents:

    再び彼女の、そしてアクセントの穏やかで述べている。

  • "You, who so well know my feeling towards Mr. Darcy, will readily comprehend how

    "とてもうまくミスターダーシーに向かって私の気持ちを知っているあなたは、、容易に理解する方法

  • sincerely I must rejoice that he is wise enough to assume even the appearance of

    心から私は彼がの外観をさらに仮定するのに十分な賢明であることを喜ぶ必要があります

  • what is right.

    右のものです。

  • His pride, in that direction, may be of service, if not to himself, to many others,

    彼の誇りは、その方向で、、そうでない場合は自分自身に、多くの人に、サービスの可能性があります

  • for it must only deter him from such foul misconduct as I have suffered by.

    のためにそれは、私が苦しんでいるような反則行為から彼を阻止する必要があります。

  • I only fear that the sort of cautiousness to which you, I imagine, have been

    私は用心深いのソートでは、私が想像し、どのであったことがことを恐れている

  • alluding, is merely adopted on his visits to his aunt, of whose good opinion and

    、ほのめかしすることは単に彼の良い意見の叔母、そしてへの訪問で採用されています

  • judgement he stands much in awe.

    判決は、彼は畏敬の念でずっと立っている。

  • His fear of her has always operated, I know, when they were together; and a good

    彼女の彼の恐怖は常に彼らが一緒にいたとき、私は知っている、運営しています。と良い

  • deal is to be imputed to his wish of forwarding the match with Miss de Bourgh,

    契約は、ミスドBourghとの一致を転送するの彼の願いに帰されることです

  • which I am certain he has very much at heart."

    私は彼が中心で非常に持って確信している。"

  • Elizabeth could not repress a smile at this, but she answered only by a slight

    エリザベスは、この時点で笑いをこらえることができなかったが、彼女はわずかなことだけ答えて

  • inclination of the head.

    頭の傾き。

  • She saw that he wanted to engage her on the old subject of his grievances, and she was

    彼女は彼が彼の不満の古い主題で彼女を従事したいと思ったことを見た、と彼女がいた

  • in no humour to indulge him.

    ないユーモアで彼を満足させる。

  • The rest of the evening passed with the appearance, on his side, of usual

    いつもの彼の側に、外​​観と一緒に渡される夜の残り、

  • cheerfulness, but with no further attempt to distinguish Elizabeth; and they parted

    明るさが、エリザベスを区別するために、それ以上の試みで、彼らは別れ

  • at last with mutual civility, and possibly a mutual desire of never meeting again.

    相互の礼節、そしておそらく再び会うことはないの相互の欲望と最後で。

  • When the party broke up, Lydia returned with Mrs. Forster to Meryton, from whence

    パーティが解散したとき、リディアはどこから、Merytonに夫人フォースターで返さ

  • they were to set out early the next morning.

    彼らは、次の早朝定めにあった。

  • The separation between her and her family was rather noisy than pathetic.

    彼女と彼女の家族との間の分離は、哀れというより騒々しいていた。

  • Kitty was the only one who shed tears; but she did weep from vexation and envy.

    キティの涙を流すだけでした、しかし、彼女はイライラの元と羨望から泣きでした。

  • Mrs. Bennet was diffuse in her good wishes for the felicity of her daughter, and

    ミセスベネットは娘の至福のための彼女の好意​​でびまん性であり、

  • impressive in her injunctions that she should not miss the opportunity of enjoying

    彼女が楽しむの機会を見逃してはならないことに彼女の差し止め命令で印象的

  • herself as much as possible--advice which

    彼女自身、可能な限り - アドバイス

  • there was every reason to believe would be well attended to; and in the clamorous

    そこによくするために出席されると信じる十分な理由があった、と騒々しいで

  • happiness of Lydia herself in bidding farewell, the more gentle adieus of her

    別れを入札でリディア自身の幸せ、彼女のより穏やかなadieuの複数形

  • sisters were uttered without being heard.

    姉妹は、聞かれることなく口にした。

  • >

    >

  • CHAPTER 42

    第42章

  • Had Elizabeth's opinion been all drawn from her own family, she could not have formed a

    エリザベスの意見はすべて彼女自身の家族から引き出されていた、彼女は形成されていることができなかった

  • very pleasing opinion of conjugal felicity or domestic comfort.

    非常に夫婦の至福や国内の快適性の意見を喜ばせた。

  • Her father, captivated by youth and beauty, and that appearance of good humour which

    彼女の若さと美しさに魅了父、そしてそのユーモアのその外観

  • youth and beauty generally give, had married a woman whose weak understanding

    若さと美しさは、一般的に与え、その弱い理解の女性と結婚していた

  • and illiberal mind had very early in their

    と心の狭い心が非常に早い段階で彼らのでいた

  • marriage put an end to all real affection for her.

    結婚は彼女のためにすべての本当の愛情に終止符を打つ。

  • Respect, esteem, and confidence had vanished for ever; and all his views of

    敬意、尊敬、そして信頼は永遠に消えてしまった、と彼のすべてのビューの

  • domestic happiness were overthrown.

    国内の幸福は倒された。

  • But Mr. Bennet was not of a disposition to seek comfort for the disappointment which

    しかし氏はベネットはその失望のために快適性を追求する処分ではなかった

  • his own imprudence had brought on, in any of those pleasures which too often console

    彼自身の軽率では、あまりにも頻繁にコンソールそれらの快楽のいずれかに、して提起していた

  • the unfortunate for their folly or their vice.

    自分の愚かさや、その逆のために不幸な。

  • He was fond of the country and of books; and from these tastes had arisen his

    彼は国のと本が好きでした。そして、これらの味から彼を生じていた

  • principal enjoyments.

    主要enjoyments。

  • To his wife he was very little otherwise indebted, than