Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • ♪ ♪ ♪ >> Stephen: HEY, WELCOME BACK,

  • EVERYBODY.

    EVERYBODYです。

  • EASTER IS NEXT WEEKEND WHEN WE CELEBRATE JESUS' MIRACULOUS

    イースターは来週末、イエスの奇跡を祝う日です。

  • RISING BY GOING TO BRURCH AND SEEING IF WE CAN STILL STAND UP

    バーチに行って、まだ立ち上がれるかどうかを確認することで立ち上がる。

  • AFTER A BOTTOMLESS MIMIMOSSA AND WAFFLE BAR.

    ボトムレス・ミミモッサとワッフル・バーの後に

  • THERE ARE PLENTY OF PAINTED EGGS, CHOCOLATES, AND ALSO

    描かれた卵やチョコレート、そして

  • EASTER CARDS.

    EASTER CARDSです。

  • BUT ALL GREETING CARDS HAD TO START SOMEWHERE AND THE PEOPLE

    しかし、すべてのグリーティングカードはどこかで始めなければならず、人々は

  • WHO WRITE THEM DON'T ALWAYS NAIL IT ON THE FIRST TRY.

    書き手は、最初から成功するとは限らない。

  • WHICH IS WHY TONIGHT WE'RE TAKING A LOOK AT SOME EARLY

    というわけで、今夜は、初期の

  • EFFORTS IN OUR SEGMENT, "FIRST DRAFTS."

    私たちのセグメントでは、"ファーストドラフト "という取り組みを行っています。

  • >> NO, NO!

    >> NO, NO!

  • STUPID!

    STUPID!

  • ♪ ♪ ♪ >> Stephen: OF COURSE, FOR ALL

    ♪ ♪ >> Stephen: OF COURSE, FOR ALL

  • FIRST DRAFTS, I NEED A VOLUNTEER FROM THE AUDIENCE.

    第1回目のドラフトでは、観客からのボランティアが必要です。

  • AND THE ONLY AUDIENCE I EVER HAVE ANY MORE AND THE ONLY ONE I

    そして、私が今までに持っていた唯一の観客であり、私の唯一の

  • WILL EVER NEED IS MY WIFE, EVIE.

    が必要とするのは、私の妻、イーヴイです。

  • EVIE, THANK YOU SO MUCH FOR BEING HERE.

    evieさん、お集まりいただきありがとうございます。

  • >> HERE I AM AGAIN.

    >>ここで私は再び。

  • >> Stephen: I HAVE AN EASTER PRESENT FOR YOU.

    >> Stephen: I HAVE AN EASTER PRESENT FOR YOU(あなたへのクリスマスプレゼント)。

  • I'M SURE YOU DON'T KNOW WHAT'S COMING.

    これから何が起こるかわからないと思います。

  • ( LAUGHTER ) HERE ARE MIMOSAS.

    ( 笑 ) ミモザの登場です。

  • THERE YOU GO.

    THERE YOU GO。

  • >> THAT'S SO EXCITING!

    >> それはとてもエキサイティングなことです。

  • >> Stephen: I CAN'T TELL IT'S EITHER EASTER OR MOTHER'S DAY.

    >> Stephen: I CAN'T TELL IT'S EASTER OR MOTHER'S DAY(イースターと母の日のどちらか)。

  • ONE OF THOSE TWO.

    そのうちの一つです。

  • SHALL WE?

    SHALL WE?

  • >> YES.

    >> YES。

  • >> Stephen: AHHH!

    >> Stephen: AHHH!

  • WELL.

    WELL。

  • >> THAT'S GOOD.

    >>それはいいですね。

  • >> Stephen: ISN'T THAT TASTY.

    >> Stephen: ISN'T THAT TASTY.

  • YOU KNOW HOW THIS WORKS, EVIE, YOU'VE BEEN HERE MANY TIMES.

    この仕組みを知っているだろう、イヴ、君は何度もここに来ている。

  • >> I DO.

    >> I DO.

  • I'M A PRO.

    私はプロです。

  • >> Stephen: WE'RE GOING TO SHOW YOU SOME GREAT EASTER CARDS

    >> スティーブン:素敵なイースターカードをお見せします。

  • AND THE NOT-SO-GREAT FIRST DRAFTS.

    と、あまり良くない初稿のこと。

  • WOULD YOU MIND HOLDING ON TO THAT ONE RIGHT HERE.

    それをここに置いておいてもらえますか?

  • I'LL MOVE THIS SO WE DON'T SPILL ANYTHING.

    何かを漏らさないように、これを移動します。

  • FIRST OF ALL, I KNOW EASTER IS MAYBE YOUR FAVORITE HOLIDAY,

    まず第一に、イースターがあなたのお気に入りの祝日であることは知っています。

  • RIGHT?

    RIGHT?

  • >> I LOVE EASTER, YEAH.

    >> I love easter, yeah.

  • >> Stephen: WHAT DO YOU LIKE ABOUT IT, EV?

    >> Stephen: EVの何が好きなんだ?

  • >> ASIDE FROM, YOU KNOW, CHRIST HAS RIZEN AND ALL THAT?

    >> キリストがライゼンを持っているとかそういうのは別として?

  • >> Stephen: OBVIOUSLY, OBVIOUSLY, OBVIOUSLY, AND THEN

    >> スティーブン:OBVIOUSLY、OBVIOUSLY、OBVIOUSLY、AND THEN

  • WE ALL HAVE ETERNAL LIFE AND THAT KIND OF STUFF.

    私たちは皆、永遠の命を持っています。

  • >> THERE'S CANDY.

    >> お菓子があります。

  • >> Stephen: THERE'S CANDY, AND IT'S SPRING.

    >> スティーブン:キャンディがあって、春なんだ。

  • >> SPRINGTIME.

    >> SPRINGTIME。

  • >> Stephen: CAN I HAVE THE FIRST CARD?

    >> Stephen: 1枚目のカードをもらってもいいですか?

  • HERE'S ONE THAT SAYS: THAT IS NICE.

    ここでは、「That is nice」という言葉を紹介します。

  • BUT THE FIRST DRAFT SAID: SORRY ABOUT THE LANGUAGE.

    と書いてありましたが、初稿では言語については申し訳ありません。

  • SORRY ABOUT THE LANGUAGE.

    言葉が悪くてすみません。

  • >> THE TRUTH HURTS.

    >> 真実は痛いです。

  • >> Stephen: IT'S NOT ABOUT YOU.

    >> Stephen: IT'S NOT ABOUT YOU.

  • IT'S NOT ABOUT YOU.

    それはあなたのことではありません。

  • I WOULD NEVER CALL YOU THAT WORD.

    私はあなたをその言葉で呼ぶことはありません。

  • >> I HOPE NOT.

    >> I HOPE NOT.

  • >> Stephen: I WOULD NOT.

    >> Stephen: I WOULD NOT.

  • >> WHAT'S YOUR FAVORITE THING ABOUT EASTER?

    >> イースターで一番好きなことは何ですか?

  • >> Stephen: MY FAVORITE THING ABOUT EASTER, THE CHOCOLATE?

    >> Stephen: MY FAVORITE THING ABOUT EASTER, THE CHOCOLATE?

  • I GAVE UP CHOCOLATE THIS YEAR.

    私は今年、チョコレートをやめました。

  • >> I FORGOT THAT.

    >> それを忘れていました。

  • >> Stephen: FOR LENT.

    >> スティーブンFOR LENT.

  • THAT'S HOW HOLY I AM.

    それほどまでに、私は神聖な存在なのです。

  • I GAVE UP CHOCOLATE.

    私はチョコレートをやめました。

  • WHAT DID YOU GIVE UP?

    何をあきらめたのか?

  • ( LAUGHTER ) DID YOU NOT GIVE UP ANYTHING?

    何かを放棄したわけではないのですか?

  • IS THAT WHAT I'M FINDING OUT THAT YOU DIDN'T GIVE UP

    諦めなかったことがわかったのは

  • ANYTHING.

    ANYTHING。

  • >> WELL, I MEAN -- >> Stephen: WHAT DID YOU GIVE

    >> WELL, I MEAN -- >> Stephen: WHAT DID YOU GIVE YOU GIVE

  • UP?

    UP?

  • >> I MEAN, ALCOHOL, MAYBE.

    >>つまり、お酒かな。

  • >> Stephen: NO, YOU DIDN'T.

    >> Stephen: NO, YOU DIDN'T。

  • ( LAUGHTER ) YOU'RE DRINKING CHAMPAGNE RIGHT

    ( 笑 ) シャンパンを飲んでいるようなものだ

  • NOW.

    NOW。

  • >> WELL, I MEAN, YOU KNOW.

    >> まあ、つまり、あのね。

  • >> Stephen: "YOU KNOW" WHAT?

    >> Stephen: "YOU KNOW" WHAT?

  • >> IT'S BEEN A HARD YEAR!

    >>今年も大変でしたね

  • I THINK WE GAVE UP HUGS.

    私たちはハグをやめたと思う。

  • WE GAVE UP KISSES.

    私たちはキスをあきらめました。

  • WE GAVE UP EVERYTHING.

    私たちはすべてを投げ出した。

  • I DIDN'T NEED TO GIVE UP ANYTHING ELSE.

    他に何かを諦める必要はありませんでした。

  • IT WAS HARD!

    IT WAS HARD!

  • ( LAUGHTER ) >> Stephen: I'M JUST SAYING,

    ( LAUGHTER ) >> Stephen: I'M JUST SAYING,

  • YOU'RE THE ONE WHO HAS TO FACE YOUR MAKER.

    自分の創造主と向き合うのは自分自身だ。

  • NOT ME.

    NOT ME。

  • OKAY?

    OKAY?

  • HERE'S ONE: THAT'S THE KIND YOU LIKE.

    ここに1つ。それがあなたの好きなタイプです。

  • THAT'S RIGHT UP YOUR ALLEY.

    は、あなたの好みに合っています。

  • BUT THE FIRST DRAFT SAID: ( LAUGHTER )

    しかし、最初のドラフトでは ( LAUGHTER )

  • >> I LIKE THAT IT'S SHELLY.

    >> シェリーなのがいいですね。

  • I GET THE WHOLE-- I GET THE WHOLE SHELL YOU.

    私は全体を...私は全体のシェルのあなたを得る。

  • >> Stephen: GET THE WHOLE IDEA?

    >> Stephen: GET THE WHOLE IDEA?

  • I'M GOING TO HAVE SOME OF MINE.

    私の分も持っていきます。

  • THIS RIGHT HERE.

    ここでは

  • >> YOU CERTAINLY DID NOT GIVE UP ALCOHOL FOR LENT, DID YOU.

    >> さすがに四旬節にお酒を断ったわけではないでしょう。

  • >> Stephen: NO.

    >> Stephen: NO。

  • ON ASH WEDNESDAY I SAID I'M GIVING UP ALCOHOL.

    灰の水曜日に、私はアルコールを断つと言いました。

  • THAT LASTED UNTIL THE EVENING AND I SAID CHOCOLATE IS ALSO

    夕方まで続いたので、私は、チョコレートも

  • GOOD TO GIVE UP.

    諦めるのはもったいない

  • HERE'S A SWEET CARD: BUT THE FIRST DRAFT READ:

    甘いカードですね。が、第一稿は読みました。

  • HERE'S A SWEET CARD: BUT THE FIRST DRAFT READ:

    甘いカードですね。が、第一稿は読みました。

  • ( LAUGHTER ) IT'S TRUE.

    ( 笑 ) 本当ですよ。

  • THAT IS I A WARNING.

    これは警告です。

  • WE'RE NOT CUTTING THIS JOKE BECAUSE IT IS NOT A JOKE.

    このジョークはジョークではないのでカットしません。

  • IT IS A WARNING TO EVERYONE OUT THERE WHO HAS A PET RABBIT.

    これは、ペットのウサギを飼っている皆さんへの警告です。

  • WE HAD A PET RABBIT.

    ウサギを飼っていました。

  • >> YEAH, WE DID.

    >>ええ、そうでした。

  • >> Stephen: WE DID.

    >> Stephen: WE DID.

  • >> BUT WE DIDN'T FEED HIM CHOCOLATE.

    >> しかし、チョコレートは食べさせていません。

  • >> Stephen: NO, WE DIDN'T.

    >> Stephen: NO, WE DIDN'T.

  • WE DID OTHER THINGS.

    私たちは他のことをしました。

  • DO YOU WANT TO GET INTO IT, MISS JUDGMENT OVER HERE?

    こちらのミス・ジャッジメントに突っ込みを入れたいですか?

  • >> WE BROKE HIS LEG.

    >> 彼の足を折ってしまった。

  • >> Stephen: WE DID NOT BREAK HIS LEG.

    >> Stephen: WE DID NOT BREAK HIS LEG。

  • WE LOST HIS LEG.

    我々は彼の足を失った。

  • SHALL WE TELL EVERYBODY?

    みんなに教えてあげようか?

  • >> YEAH.

    >> YEAH.

  • >> Stephen: OKAY, SO THERE WAS A BUNNY NAMED--

    >> Stephen: わかったよ、だからウサギの名前があったんだ...。

  • >> BUNNY, I THINK, OR RABBIT.

    >> うさぎ、だったかな、うさぎ。

  • >> Stephen: A RABBIT NAMED BUNNY.

    >> スティーブン: A RABBIT NAMED BUNNY.

  • >> WE WERE FOSTERING HIM.

    >> 養育していました。

  • >> Stephen: WE WERE FOSTERING BECAUSE THE OWNER OF THE RABBIT

    >> スティーブン:ウサギの飼い主のために、私たちは里親になりました。

  • WENT TO COLLEGE AND I A FIRSTHAND CHILD SAID, "WILL YOU

    大学に進学した私は、生身の子供に「あなたは?

  • HOLD ON TO MY RABBIT."

    うさぎにしがみつく」。

  • AND WE SAID SURE.

    と聞かれ、「はい」と答えました。

  • WE HAD THE BUNNY IN OUR BASEMENT FOR HOW LONG?

    うさぎを地下室で飼っていたのは何年前?

  • >> A YEAR.

    >> 1年。

  • >> Stephen: A YEAR.

    >> Stephen: A YEAR.

  • HE LOVED THE OUTSIDE, YOU KNOW, AND WE HAD A LOVELY RABBIT-PROOF

    彼は外が好きだったので、ウサギが入らないような素敵な部屋を用意しました。

  • FENCE AROUND OUR VEGETABLE GARDEN.

    菜園の周りにフェンスを設置しました。

  • >> TO KEEP THE RABBITS OUT.

    >> ウサギが出ないように

  • >> Stephen: TO KEEP THE RABITZ OUT BECAUSE THEY WOULD EAT OUR

    >> スティーブン: ラビッツが私たちの家を食べてしまうので、ラビッツを入れないようにするためです。

  • VEGETABLES.

    VEGETABLES.

  • SO WE PUT-- >> THE RABBITS IN.

    だから、私たちは... >> ウサギを入れた。

  • >> Stephen: "WE," BEING EVIE.

    >> Stephen: "WE," BEING EVIE.

  • I WASN'T THERE.

    私はそこにいなかった。

  • EVIE PUT THE RABBIT INTO THE RABBIT-PROOF AREA WHERE THE

    EVIEはウサギを、ウサギのいないエリアに入れて、そこで

  • VEGETABLES WERE GROWING, AND CLOSED IT TO GIVE IT A LITTLE

    野菜が育っていたので、それを閉じて少しだけ

  • AIR.

    AIR.

  • >> SO I COULD CLEAN ITS CAGE.

    >> ケージの掃除をするために

  • >> Stephen: EXACTLY.

    >> Stephen: その通りです。

  • YOU'RE COMING OUT SMELLING LIKE A ROSE IN THIS ONE.

    この作品では、あなたはバラのような香りを放っています。

  • YOU WENT TO CLEAN THE CAGE, GO OUTSIDE, THERE ARE FEATHERS--

    ケージを掃除しようと思って外に出ると、羽毛が...。

  • >> Stephen: NO RABBIT.

    >> Stephen: NO RABBIT。

  • >> IT WAS REALLY BAD.

    >>本当に酷かったです。

  • >> Stephen: HE WENT FOR A RIDE WITH HIS FRIEND MR. HAWK, AND

    >> スティーブン:彼は友人のMR.ホークと一緒に乗り物に乗った。ホーク、そして

  • RABBIT WAS GONE.

    うさぎがいなくなった。

  • AND IT WAS QUITE TRAUMATIZING.

    と言われ、かなりのトラウマになりました。

  • >> VERY TRAUMATIZING.

    >> 非常にトラウマになっています。

  • >> Stephen: IT WAS ABOUT THE SIZE OF THIS DESK.

    >> スティーブン:この机の大きさくらいでした。

  • >> TEARS.

    >> TEARS

  • >> Stephen: LOTS OF TEARS.

    >> Stephen: LOTS OF TEARS。

  • IDLE TEARS.

    IDLE TEARS.

  • >> NOT IDLE, ACTIVE TEARS.

    >> アイドルではなく、アクティブな人の涙

  • >> Stephen: PEOPLE WERE VERY UPSET ABOUT IT IN THE FAMILY, AS

    >> Stephen: 家族の中では、みんながそのことをとても気にしていました。

  • WELL THEY SHOULD BE.

    そうでなければなりません。

  • AND WE HAD TO TELL-- WE HAD TO TELL OUR FRIENDS.

    そして、私たちは友人たちに伝えなければなりませんでした。

  • >> THE FAMILY.

    >> THE FAMILYです。

  • >> Stephen: THAT WE MURDERED THE RABBIT.

    >> スティーブン:「ウサギを殺したこと」。

  • AND THREE DAYS LATER, LIKE CHRIST HIMSELF, EVIE GOES OUT

    そして3日後、キリストのようにEvieは外に出た。

  • AND THE RABBIT IS SITTING THERE IN THE MIDDLE-- IN THE EXACT

    そして、ウサギは真ん中に座っている...まさに

  • SAME SPOT WHERE HE WAS.

    彼がいた場所と同じ場所。

  • >> YEAH, BUT -- >> Stephen: HE'S GOT ONE GAMEY

    >> YEAH, BUT -- >> Stephen: HE'S GOT ONE GAMEY

  • LEG.

    LEGです。

  • >> HE BROKE HIS LEG IN FOUR PLACE S.

    >> 4箇所のSで足を骨折した。

  • >> Stephen: SO WE TOOK HIM TO THE VET.

    >> Stephen: それで、私たちは彼を動物病院に連れて行きました。

  • >> SAID, "FOR SIX MONTHS, IF YOU COME EVERY WEEK, AND PAY ME

    >> 半年間、毎週来てくれて、お金を払ってくれたら」と言っていた。

  • $200, I'LL KEEP RECASTING THE LEG, UNTIL I WILL THEN CUT IT

    200ドル、足を切り出すまで、何度も作り直します。

  • OFF AFTER YOU'VE SPENT THOUSANDS OF DOLLARS."

    何千ドルも使ってしまった後でのオフ」。

  • >> Stephen: RIGHT.

    >> スティーブンRIGHT

  • HAS THIS STORY GOTTEN TOO DARK AT THIS POINT?

    この物語は、この時点で暗くなりすぎていませんか?

  • WE DID THAT FOR SIX MONTHS AND FINALLY WENT, IT'S NOT HEALING.

    半年間そのようにしていましたが、最終的には「治らない」ということになりました。

  • TAKE THE LEG OFF.

    脚を外す。

  • WE TAKE THE LEG OFF AND DOES HE CARE?

    私たちが脚を外しても、彼は気にしないでしょうか?

  • NOT AT ALL.

    全くありません。

  • HE'S THE EXACT SAME AS HE WAS.

    彼は以前と全く同じです。

  • AND HE RETURNED-- >> THEN HE WENT TO COLLEGE AND

    そして、彼は戻ってきて... >> その後、彼は大学に行き

  • THEN HE LIVED IN MANHATTAN, AND HE ONLY JUST DIED RECENTLY.

    その後、彼はマンハッタンに住んでいて、つい最近亡くなったばかりです。

  • >> Stephen: NEXT CARD, PLEASE.

    >> Stephen: NEXT CARD, PLEASE.

  • TRUE STORY.

    TRUE STORY。

  • SO WE KNOW-- WE KNOW RABBITS.

    だから、私たちはウサギを知っています。

  • HERE'S A LOVELY CARD: >> OH,.

    素敵なカードができました。>> OH,.

  • I PUT ON MY EASTER SHOES FOR YOU.

    私はあなたのためにイースターの靴を履きました。

  • >> Stephen: THANK YOU.

    >> Stephen: THANK YOU。

  • BUT THE FIRST DRAFF READ: ( LAUGHTER )

    しかし、最初のドラフトでは「(笑)」と書かれていました。

  • >> THAT'S ABOUT AS DRESSY AS I GET, MY SWEAT PANTS.

    >> ドレッシーなスウェットパンツを履いているようなものです。

  • >> Stephen: THANK YOU FOR BEING HERE.

    >> Stephen: THANK YOU FOR BEING HERE.

  • ALWAYS A PLEASURE.

    いつも楽しみにしています。

  • >> THANK YOU FOR INVITING ME BACK.

    >>また誘ってくれてありがとうございます。

  • >> Stephen: YOU'RE A PERMANENT MEMBER OF THE CAST IF YOU'D LIKE

    >> スティーブン:ご希望であれば、あなたは永久にキャストの一員です。

  • AT THIS POINT.

    AT THIS POINT.

  • >> OH,.

    >> OH、です。

  • >> Stephen: WE'LL BE RIGHT BACK WITH SHARON STONE.

    >> Stephen: WE'LL BE RIGHT BACK WITH SHARON STONE.

  • ♪ ♪ ♪

    ♪ ♪ ♪

♪ ♪ ♪ >> Stephen: HEY, WELCOME BACK,

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TheLateShow stephen ウサギ スティーブン イースター うさぎ

レイトショーのファーストドラフトハッピーイースター2021 (Late Show First Drafts: Happy Easter 2021)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 25 日
動画の中の単語