Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hey guys, today we're going to show you some words that people often use incorrectly.

    どうも、皆さん。今日は多くの人が間違いがちな単語をご紹介していきます。

  • Even native speakers will often mix these words up, or use them in the wrong way, so let's get into it.

    ネイティブスピーカーでもこれらの言葉を使う時にはこんがらがってしまったり、間違った使い方をしますので、早速見ていきましょう。

  • Hi guys, my name is David Harlingand on this channel, we teach you practical English for general conversation and business.

    どうも皆さん、ボクの名前はデイビッド・ハーリングです。このチャンネルでは一般会話やビジネス会話で使える実践的な英語を教えています。

  • As we mentioned at the beginningwe're looking today at common mistakes that even native speakers make.

    最初にお知らせしたように、今日はネイティブスピーカーでもよくしてしまう間違いを見ていきたいと思います。

  • The first one is this:  'I'd love to visit Australia, but I'm scared of all the poisonous snakes and spiders!'

    最初はこれです。「I'd love to visit Australia, but I'm scared of all the poisonous snakes and spiders!(オーストラリアに行きたいけど、毒を持ったヘビとかクモが怖いんだよな!)」

  • Okay, so what was wrong with that sentence?  

    さて、この文章のどこがおかしかったでしょうか?

  • Well, do you know the difference between poisonous and venomous?

    皆さんは、poisonous と venomous の違いは分かりますか?

  • 'Poisonous' means something that will cause illness or death through eating or drinking 

    Poisonous とは食べたり飲んだりすると病気になったり死んでしまう物を指します。

  • So, you might say: 'The adventurer was lost in the forest, he hadn't eaten in days, and he really wanted to eat the berries that he had foundbut he didn't know if they were poisonous.'

    ですから、「その冒険家は森で迷子になり、何日も食べていなかったので目に留まったベリーをどうしても食べたかったのですが、それが毒を持っている(poisonous)とは知らなかったのです」という感じに使います。

  • So, 'poisonous' means something you eat or drink can cause you illness or death.

    ですから、Poisonous とは食べたり飲んだりすると病気になったり死んでしまう物を指します。

  • But a snake or spider bite is different.

    でも、ヘビやクモに噛まれるのはそれに当てはまりませんよね。

  • If an animal uses venom asdefence, such as through a bite or a sting, then the animal would be described as 'venomous'. It is 'venomous'.

    動物が身を守るために噛んだり刺したりして毒を使うと、その動物は有毒だと言われるわけです。venomousですね。

  • So, let's go back to that first scene and see what should've been said:  

    これを踏まえて、最初の場面に戻って本来どう言われるべきだったか見てみましょう。

  • 'I'd love to visit Australia, but I'm scared of all the venomous snakes and spiders!'

    「I'd love to visit Australia, but I'm scared of all the venomous snakes and spiders!」

  • Our next mistake that native speakers often make is deciding which word to use to mean the opposite of 'more'.

    次々にご紹介するネイティブスピーカーもよくやりがちな間違いは、「more」の反対語に何を持ってくるかです。

  • Should it be 'less' or 'fewer'. 

    「less」がいいでしょうか、それとも「fewer」でしょうか。

  • Let's look at an example: 'There are less people visiting shops this year because of COVID.'

    例文で考えてみましょう。「There are less people visiting shops this year because of covid(Covidのせいで今年はお店に足を運ぶ人が少なくなっている)」

  • 'I'm so glad the airport is closedthere is fewer noise now that there are no airplanes flying overhead!'

    「I'm so glad the airport is closed, there is fewer noise now that there are no airplanes flying overhead!(いやー、空港が閉まって飛行機が全然飛んでないから騒音が少なくてすごく嬉しいよ!)」

  • Okay, so what was wrong with those sentences

    はい、ではこの文章はどこが間違っているのでしょうか?

  • Well, there is a simple rule to follow when deciding which word to use.

    どちらを選ぶかには簡単なルールがあります。

  • We use the word 'fewer' for countable nounsand we use 'less' for uncountable nouns

    「fewer」は数えられる名詞に、そして「less」は数えられない名詞に対して使います。

  • A countable noun is a thing that you can count.

    数えられる名詞の例は、子どもたちです。5人の子どもたちがいる、30人の子どもたちが…というように数字で表せます。

  • So, for example, children. You can count children; you can say there are five childrenyou can say there are 30 children, you can count their number.

    例えば、子どもです。子どもを数えることができます。5人の子どもがいると言うこともできますし、30人の子供がいると言うこともできますし、その数を数えることもできます。

  • But what is an uncountable noun?  

    でも、数えられない名詞はどうでしょう?

  • Well, noise is a good example. How do you count noise?

    音なんかは良い例ですよね。音量なんて数えられませんもんね?

  • Stress could be another example of an uncountable noun - you cannot easily count it.

    ストレスなんかも数えられない名詞の良い例です、数字にできませんから。

  • Sowhen we are talking about an uncountable nounwe use the word 'less'.

    というわけで、数えられない名詞の話をしている時には、「less」を使います。

  • So, for example, you would not say that there is fewer stress in my new jobyou would say that there is 'less' stress in my new job.

    例えば、「 there is fewer stress in my new job」とは言わずに「there is 'less' stress in my new job」です。

  • Let's look at those first two sentences again and see what they should have been.

    最初の2つの文章をもう一度見てみて、本当は何と言えばいいか考えてみましょう。

  • There are fewer people visiting shops this year because of COVID

    「There are fewer people visiting shops this year because of covid」

  • I'm so glad the airport is closed; There is much less noise now that there are no airplanes flying overhead.

    「I'm so glad the airport is closed there is much less noise now that there are no airplanes flying overhead」

  • And finally, we're going to look at a word that people get wrong all the time: The word is 'literally'.

    そして最後に、皆がいつも間違える「literally」という単語について見ていきましょう。

  • The word 'literally' is one of the most misused words in the English language.  

    「literally」は最も間違って使われる英単語の1つです。

  • Let's have a look at some examples.

    例を見てみましょう。

  • 'When I heard the phone ring, I literally flew across the room.'

    「when I heard the phone ring, I literally flew across the room(電話が鳴った時、文字通り部屋を飛んでいったよ)」

  • 'I literally had a heart attack when I heard the news.'

    「I literally had a heart attack when I heard the news(そのニュースを聞いた時、文字通り心臓発作が起きたよ)」

  • 'They were literally over the moon when they heard the good news.'

    「They were literally over the moon when they heard the good news(その良い知らせを聞いた時、彼らは文字通り天にも昇る気持ちになった)」

  • The word 'literally', means something that is actually truesomething that is without exaggeration.  

    「literally」とは事実を指す言葉であって、大げさに表現するものではありません。

  • Unfortunately, today most people use this word when they are exaggerating, so unless you sprouted wings and took flight across the room you should not say that you literally flew across the room.  

    残念ながら、現在では多くの人が強調して大げさに話す時に使ってしまします。ですから「literally flew across the room」というのは、実際に背中に羽が生えて部屋の中を飛んでいった場合にしか使うべきではないんです。

  • If you heard some news and you actually had a heart attack, you ended up in the hospitalthen in that case you can say that you literally had a heart attack when you heard the news.  

    もし何かのニュースを聞いて心臓発作が起きたら、病院送りになるわけですから、この場合では「literally had a heart attack 」とは言えません。

  • If you did not actually have a heart attack, then what you meant to say was that you figuratively had a heart attack, or you can say I nearly had a heart attack, but do not say 'literally'.  

    もし実際に心臓発作が起きたのでなければ、本来は「figuratively had a heart attack」や「nearly had a heart attack」とは言えますが、「literally」とは言いません。

  • You did not literally have a heart attack

    文字通り実際に心臓発作が起きたわけではないですから。

  • So, there you have just three of the common mistakes made by native English speakers.

    というわけで、英語のネイティブスピーカーがしてしまう3つの間違いを挙げてみました。

  • I hope this short lesson has been interesting for youand if you liked it then you know what to do: hit that like button, and while you're there consider subscribing to the channel for more content like this.

    短いレッスンでしたが興味深いものだったら嬉しいです。もし気に入ったらご存じの通りイイねボタンを押してチャンネル登録をしてこのようなコンテンツをもっとお楽しみください。

  • I'll see you in the next one.

    次回のレッスンでお会いしましょう。

Hey guys, today we're going to show you some words that people often use incorrectly.

どうも、皆さん。今日は多くの人が間違いがちな単語をご紹介していきます。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 スピーカー ネイティブ 単語 使い 間違い 紹介

ネイティブでさえ間違えてる?!よくある英語の間違い

  • 587 29
    Miho Ishii に公開 2021 年 04 月 13 日
動画の中の単語