Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • mhm.

    mhm

  • Mhm.

    ムムム。

  • Yeah.

    うん。

  • Hi.

    こんにちは。

  • My name is Jenkin.

    私の名前はジェンキンです。

  • Today.

    今日は

  • I'm gonna be getting ready into prosthetics and then a kind of Kabuki makeup lip.

    これから補綴の準備をして、歌舞伎のメイクアップリップのようなものをします。

  • I guess my kind of everyday look is this, like, highly theatrical, sort of like Ballet Russe dancer that's been dragged through the medieval Hellmouth.

    私の普段着は、中世の地獄の口に引きずり込まれたバレエ・ルッセのダンサーのような、非常に芝居がかったものだと思います。

  • And I've always kind of collected theater costume from, like, cheap costume Marco sales and online auctions.

    そして、私はいつも劇場用の衣装を、コスチュームマルコの安売りやネットオークションなどで集めてきました。

  • Yeah, I kind of wear, like, head to toe the costume every day.

    毎日、頭のてっぺんからつま先まで衣装を着ているようなものです。

  • But today we're kind of shifting into this, like, more elevated inflatable latex muscular fantasy.

    しかし、今日は、より高度な膨張式ラテックス製の筋肉のファンタジーに移行しているようです。

  • So for the first stage, I'm gonna apply my contact lenses off camera because I have very stubby, awkward fingers, and I'm also going to just pin back my awkwardly grown out.

    最初のステージでは、私の指はとても太くて不器用なので、カメラに映らないようにコンタクトレンズを装着し、また、不器用に伸びた髪をピンで後ろに留めます。

  • Do I?

    私が?

  • I looked down here.

    私はここで下を見た。

  • Okay, so that's my eyes and hair.

    さて、それでは私の目と髪の毛です。

  • Out of the way.

    アウトオブザウェイ

  • So fast stuff.

    とても速いものです。

  • I'm gonna clean the area around my forehead, and then I'm gonna apply the silicone horns, so I do.

    おでこの周りをきれいにしてから、シリコンホーンを塗るからね。

  • I do wear horns every day, and I've gotten into the bad habit of sleeping in horns now as well, which I feel like is a one way street street.

    私は毎日ホルンをつけていますが、今ではホルンをつけたまま寝るという悪い癖もついてしまい、一方通行になっているような気がします。

  • Um, I'm not gonna be able to get back from.

    ええと、私はから戻ることができません。

  • So I grew up in sorry to like to South African parents, Um, in this kind of quite leafy sleepy forest, the area I just had, like a really obsessive, entrusted the spooky and go anything like horrific.

    私は南アフリカ人の両親の元で育ちましたが、緑豊かな眠れる森の中で育ちました。この地域は、私が本当に強迫観念を持っていて、不気味なものや恐ろしいものを求めていました。

  • So I guess, like all kind of spooky Children, I used any occasion as an excuse for fancy dress.

    だから、他のスパイキー・チルドレンと同じように、どんな時でも仮装の口実にしていたのだと思います。

  • So weddings, or like friends birthdays will be some kind of excuse to get into a bog witch outfit.

    だから、結婚式や友達の誕生日などは、泥沼の魔女の衣装を着る口実になります。

  • And I would start by like, kind of like breaking into my mom's like bathroom and, like slathering on pseudo cram a centimeter thick all over my face and then setting it with talcum powder like fashioning women hood out of like whatever I could find in my mom's closet as I grew up like I became like, really lured in by fans in music people like early PJ Harvey like rid of Mira Nico, Grace Jones, um, Kate Bush, who all sort of used role playing their music to harbor these like, different like sometimes like violent, sometimes erotic, sometimes like hopeful fantasies that I think taught me in this idea that, like identity, could be something slippery and multiple.

    母のバスルームに忍び込んで、顔中に1センチもの厚さの疑似クリームを塗りたくり、タルカムパウダーで整えることから始めて、母のクローゼットの中から見つけられるものなら何でも使って、ウーマンフードのファッションを作りました。初期のPJハーヴェイ、ミラ・ニコ、グレース・ジョーンズ、ケイト・ブッシュなどの音楽ファンに魅了されました。彼らは皆、音楽を使ったロールプレイで、時に暴力的で、時にエロティックで、時に希望に満ちたさまざまな空想を抱いていました。私は、アイデンティティとは何か、滑りやすく、多様なものであるという

  • Um so I'm gonna do this is next.

    次はこれをやりたいと思います。

  • The first moved to London when I was 18 and moved that to do the foundation art course.

    最初は18歳の時にロンドンに移り、ファンデーション・アート・コースを受講するために移った。

  • On the first day, when I was moving my bags in my flatmate, Alice was sat in the kitchen with her legs spread like wide open, pouring a slurry of like, mushy peas and re fried beans over her fanny.

    初日、私がフラットメイトのところに荷物を運んでいたとき、アリスはキッチンで足を大きく開いて座り、マッシュピーや再フライビーンズのようなスラリーを彼女のお尻にかけていた。

  • And I was like, Oh, I've like, arrived at art school when you're like, thrown into this kind of like queer landscape.

    そして私は、「ああ、私はアートスクールに到着して、このようなクィアな風景の中に放り込まれたようなものだ」と思いました。

  • The most important and like vibrant thing about queer culture is this idea that it's both optimistic but necessary, sort of like laboratory for the construction of new identities, whether they be sort of deviant or troublesome or vibrant, that even if something is like, really horrific, to approach it with a kind of lightness and playfulness is really important to me.

    クィアカルチャーの最も重要で活気に満ちた点は、楽観的でありながら必要なものであり、逸脱していようが、厄介であろうが、活気に満ちていようが、新しいアイデンティティを構築するための実験室のようなものであるという考えです。つまり、たとえ何かが本当に恐ろしいものであったとしても、ある種の明るさと遊び心を持ってアプローチすることが、私にとってはとても重要なのです。

  • Art can be the best excuse for bad behavior, and it lets you kind of get away with things that can be like disruptive and subversive, because I grew up like I was really like groomed by the like filmography of people like Almodovar.

    アートは、悪い行いの最高の言い訳になり、破壊的で破壊的なことから逃れさせてくれます。私は、アルモドバルのような人々のフィルモグラフィーに囲まれて育ちましたから。

  • So I would like obsessively like re watch and rewatch and re watch his films.

    だから、彼の映画を夢中で何度も何度も見返したい。

  • And then people like John Waters.

    そして、ジョン・ウォーターズのような人々。

  • I think I had, like, my first erotic experience watching Chicago and have ever since been in love with Velma Kelly, that heady mix of like hi fam and melodrama like really embedded this queer subconscious that I wasn't really even like, able to articulate or figure out in my own work.

    私は「シカゴ」を見て初めてエロティックな体験をし、それ以来、ヴェルマ・ケリーに恋をしています。ハイファムとメロドラマが混ざり合ったこの作品は、私が自分の作品の中で明確に表現したり、理解したりすることができなかったクィアな潜在意識を埋め込んでくれました。

  • Or I think that it was when I moved to London that a lot of these ideas will got consolidated its like, um, liquid later.

    あるいは、私がロンドンに移ってから、これらのアイデアの多くが集約され、後にリキッド化されたのだと思います。

  • So you like triple this on to cover up my barb scissor marks like give slopes and texture and stuff.

    これを3重に塗ることで、私のハサミの跡を隠し、傾斜をつけたり、質感を出したりしていますね。

  • So it's kind of like a Pinocchio, just a style like pop nose.

    だから、ピノキオのようにポップな鼻のようなスタイルでいいんです。

  • The nose is new.

    鼻が新しい。

  • I'm filling that up with spirit gum.

    そこにスピリットガムを充填しています。

  • Mhm, I found, like when I moved to London that I was a lot of the like parties that I was going to either.

    ロンドンに移ってからは、多くのパーティーに参加するようになりました。

  • These like high kind of dress up like drag parties or like, really slippery like grimy basement corridors.

    このような高い場所でのドラッグパーティーのようなドレスアップや、地下の汚い廊下のような本当に滑りやすい場所。

  • I think that's when I realized that, like my fantasies for like, wearing like five piece like heavy brocade like to to theater costumes didn't really like, line up with, like, club experience.

    その時に、劇場で5枚組の重厚な錦織のような衣装を着たいという自分の空想と、クラブでの経験が一致していないことに気づいたんです。

  • I much, much much prefer dressing up to do something really pedestrian or everyday, like going to a museum or like just making an occasion out of like, going to feed the Ducks.

    美術館に行くとか、ダックスに餌をやりに行くとか、そういう日常的なことのためにドレスアップする方がずっとずっと好きです。

  • I actually find like I find, like, dressing up to go to a club like at points like insufferably like painful and like, annoying and like.

    クラブに行くためにドレスアップすることは、我慢できないほど苦痛で、腹立たしいことだと思います。

  • I'm happiest going out when I'm wearing the least now that the prosthetics are and I'm going to start applying the clown white, um, and just cover everything we're doing this kind of bluish white.

    私は、義肢を最小限にしているときに外出するのが一番幸せです。これから、ピエロの白を塗り始め、青みがかった白ですべてを覆います。

  • It was only like, really in my final year, studying it on my B A that I kind of started the current trajectory of installation work that reconfigures and recycles debris and detritus from film and theatre sex.

    映画や演劇から出た破片や残骸を再構成し、再利用するという現在のインスタレーション作品の軌道に乗ったのは、本当に最終学年になってからで、学士課程で勉強しました。

  • And then, since then, I've kind of been working on this like trio with films this partially abandon like spaghetti Western film set in the south of Spain that we broke into and film this kind of like cowboy horror.

    それ以来、スペインの南部を舞台にしたスパゲッティ・ウエスタンのような廃墟のような映画と、カウボーイ・ホラーのような映画のトリオで仕事をしています。

  • So it was this kind of process of like ducking and diving, hiding from like guard dogs.

    そのため、ガードドッグのようなものから身を隠したり、潜ったりするようなプロセスを繰り返していました。

  • I made this film learners that was sat in these huge game of throne fortresses that were decaying in the Atlas Mountains.

    私は、アトラス山脈で朽ち果てた王位継承のための巨大な要塞ゲームの中に座っていたフィルム学習者を作りました。

  • The most recent film that I made in vitro features.

    vitroで作った最新作の特徴。

  • The sex talk of ghouls that are breeding cakes in an underground bunker city made out of the husks of buried charter gels is thinking about this way in which capitalism and the universe in which these characters exist positions identity is the center of the universe.

    埋設されたチャータージェルの殻で作られた地下バンカー都市でケーキを繁殖させているグールのセックストークは、資本主義とこれらのキャラクターが存在する宇宙がアイデンティティを中心に位置づけているこの方法について考えています。

  • And in this film, the characters kind of try and break free through a call for, like, multiplicity and proliferation.

    そしてこの映画では、登場人物たちが、多重性や増殖を求めることで、自由になろうとしています。

  • So now I'm going to do the kind of face framing black painting around my neck, the ears and my hairline.

    そこで今度は、首や耳、髪の生え際など、顔を縁取るような黒塗りをしてみます。

  • Mhm, mhm!

    ムム、ムム!

  • Now that the bases on, I'm going to set it up with a second holder.

    ベースがついたので、2つ目のホルダーをセットしてみます。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Look at this week.

    今週を見てください。

  • So these are just like highlighting.

    これらはハイライトのようなものですね。

  • Can you bright areas of the face with white holder.

    ホワイトホルダーで顔の明るい部分ができる。

  • Uh, I'm gonna go in with the blue powder contours, so I think like my favorite, my favorite kind of like costuming is this combination of, like, high pomp and like, hi, fam.

    私の好きなコスチュームの種類は、「ハイ・ポンプ」と「ハイ・ファム」の組み合わせだと思います。

  • My favorite piece that I have is this like, slightly tacky matador outfit.

    私が持っているお気に入りの作品は、このようなちょっとダサいマタドールの衣装です。

  • And I love to wear things like chain mail and armor and anything that, like blends, are like absurd with the fantastical.

    そして、鎖帷子や鎧など、ブレンドのように、幻想的で不条理なものを身につけるのが好きです。

  • Now I am going to kind of like add the blush, unlike pink areas of the face.

    これから、顔のピンクの部分とは違って、チークを入れていきます。

  • So I guess this is like a progression from the the blue Kabuki makeup that I've been doing.

    これは、今までの青いカブキのメイクからの発展形のようなものですね。

  • But just like protruding, like all of the the point is parts of the face.

    しかし、突出しているように、ポイントのすべてが顔の一部であるように。

  • So we are.

    だから私たちは

  • We are.

    私たちは

  • We are the makeup.

    私たちはメイクアップです。

  • Um, thanks.

    あの、ありがとうございます。

  • Now I'm going to kind of start to map out some of the like graphic details on the eye and the chin and kind of like hair curls.

    今度は、目やあご、髪の毛のカールなど、グラフィックの細部をマッピングしていきます。

  • So for that, I'm just gonna use liquid eyeliner dot I'm just a big drag fan I love like old drag like Blackpool drag, I think, the best like drag queen and under the shower in the ground.

    そのためには、リキッドアイライナーを使います。私は大のドラッグファンで、ブラックプールのドラッグのような古いドラッグが大好きですが、ドラッグクイーンのような最高のドラッグクイーンで、地面にあるシャワーの下にいます。

  • She's like good old friend and like icon, and I think that she mixes this like, perfect blend of, like, kind of really old school drag aesthetics with like insane humor and slag Penis, and I think it's like, really inspiring.

    彼女は古き良き友人であり、アイコンでもあります。彼女は、昔ながらのドラッグの美学と、狂気じみたユーモアやスラグペニスを完璧に融合させていて、とても刺激的だと思います。

  • I'm going to carry on, like, kind of mapping that out through the rest of my face and then, like, color in all of the sections of the the I.

    このまま、顔の他の部分にもマッピングして、I型のすべてのセクションに色をつけていくつもりです。

  • Yeah.

    うん。

  • So now I'm just gonna add, like, some kind of highlight details to pick up bits of the ice, and then we're done with makeup.

    あとは、氷の破片を拾うようにハイライトのようなディテールを加えれば、メイクアップは完了です。

  • I'm gonna do some lips.

    リップもやりますよ

  • A kind of course thing I'm looking at in my work is this idea of, like, having fun with things that hurt you.

    私が作品の中で見ているコースのようなものは、自分を傷つけるものを楽しむというような考えです。

  • And so a lot of the film's tease out this kind of like we're re enactment of those kind of masculine tropes in an attempt to sort of, like, blow them out of proportion and render them, like, ridiculous.

    この映画の多くは、このような男性的な表現を再現して、それを大げさにして、馬鹿げたものにしようとしているようなところがあります。

  • So I'm just gonna start kind of distributing pearls across the phase just to add some light dimension into these, like, hollowed out eyes.

    そこで、このくぼんだ目に光の立体感を加えるために、フェーズ全体にパールを配していくことにしました。

  • Cool.

    かっこいいですね。

  • Yeah, I think, um, I'm gonna, like, release the hair and then set things in place.

    そうですね、髪の毛を解放してから、いろいろなものを整えていこうと思います。

  • Yeah, I guess.

    うん、そうだね。

  • Beauty.

    美しさ。

  • For me, it should be like a joyful thing that, like, constantly surprises you.

    私にとっては、常に驚かせてくれるような楽しいものであるべきだと思っています。

  • It's always looking for opportunity to surprise yourself through, like the places that you can reach with it.

    それは、あなたがそれを使って到達できる場所のように、常にあなた自身を驚かせる機会を探しています。

  • It's a case of realizing that approach yourself and the way that you put yourself together or something that's not static.

    それは、自分自身へのアプローチや自分のまとめ方など、固定されていないものに気づく場合です。

  • And it's always open to so letting desire surprise you.

    そして、常にオープンであるため、欲望のままに驚きを与えることができます。

  • So I'm done with the face.

    なので、顔はもういいです。

  • I just need to kind of slick the hair around and get on some accessories.

    あとは、髪をなびかせて、アクセサリーをつけるだけです。

  • Um, and then I'm gonna slink into my mission, man.

    その後、私は自分の任務に専念するつもりだ。

  • Inflatable suit.

    インフレータブルスーツ。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Yeah.

    うん。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Yeah.

    うん。

  • Yeah.

    うん。

  • It's important to take fantasy really seriously.

    ファンタジーを本当に真剣に考えることが大切です。

  • For me, like, fantasy is the only thing that helps make sense of the world that is so like, unceasingly nonlinear and harsh.

    私にとってファンタジーは、絶え間なく非線形で過酷な世界を理解するのに役立つ唯一のものなのです。

  • I think, like, kind of being able to, like, make opportunity for fantasy in the everyday.

    思うに、日常の中にファンタジーの機会を作ることができるような気がするのです。

  • It's really important.

    本当に大切なことです。

  • Mm hmm.

    ふむふむ。

mhm.

mhm

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ドラッグ 衣装 ファンタジー クィア 映画 コスチューム

エクストリーム歌舞伎メイク&風船コスチューム-ジェンキン・ヴァン・ジル|エクストリーム・ビューティ|VOGUE JAPAN (エクストリーム歌舞伎メイク&風船コスチューム-ジェンキン・ヴァン・ジル | Extreme Beauty | VOGUE JAPAN)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 22 日
動画の中の単語