Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Warning: this episode includes audio recordings  of sounds you may find extremely uncomfortable,  

    警告:このエピソードには、あなたが非常に不快に感じる可能性のある音の録音が含まれています。

  • continue watching at your own risk.

    ご自身の責任で視聴を続けてください。

  • Sound can hurt, not just emotionally  but also physically. The sound of a  

    音は感情だけでなく、肉体的にも傷つきます。という音は

  • specific commercial jingle can creatememory which is painful to contemplate,  

    特定のコマーシャル・ジングルは、思い出すだけでも辛い記憶を生み出します。

  • while the sound of an acoustic weapon will  bring you excruciating physical pain. Some  

    一方、アコースティック・ウェポンの音は、耐え難い肉体的苦痛をもたらします。いくつかの

  • of these effects have to do with the mind-body  connection, but the sounds we're looking at today  

    これらの効果は心と体のつながりに関係していますが、今日私たちが見ている音は

  • are all about physical hurt- so get ready for  some of the most painful sounds you'll ever hear.

    は、肉体的な苦痛を伴うものなので、これまでに聞いたことのないような痛々しい音を覚悟しておいてください。

  • Nails On Chalkboard

    ネイルズオンチョークボード

  • Probably one of the most widely recognized,  

    おそらく最も広く認知されているものの一つでしょう。

  • and awful sounds in the world is that of  nails on chalkboard. (play audio clip)

    この世で最もひどい音は、黒板に釘を打ち付ける音です。(オーディオクリップを再生)

  • This is almost universally one of the  most uncomfortable sounds in the world,  

    これはほとんど誰もが認める、世界で最も不快な音の一つです。

  • though research has shown that if you  are not already inclined to find the  

    を見つけようとする傾向がすでにないという研究結果がありますが。

  • sound painful or uncomfortable, then it likely  won't be. This shows that pain can sometimes  

    痛みや不快感があるように見えても、実際にはそうではないことが多いのです。これは、痛みは時に

  • be subjective when there's no physical  effect directly on our bodies. However,  

    は、身体に直接影響を与えない場合は主観的になります。しかし。

  • for most people, nails on chalkboards  is a terribly uncomfortable sound.

    多くの人にとって、黒板に釘を打つ音は、ひどく不快なものです。

  • Researchers aren't exactly sure why  this sound is so painful to people,  

    この音がなぜ人を苦しめるのか、研究者もはっきりとはわかっていません。

  • though suspect it has to do with its very high  frequency. Our ears are naturally created to  

    しかし、それは非常に高い周波数と関係があるのではないでしょうか。私たちの耳は、もともと

  • amplify frequencies around the 2,000 to 4,000  Hertz range, the same range a baby's shrill  

    赤ちゃんの声と同じ2,000〜4,000ヘルツの周波数帯を増幅させる

  • crying falls in. This is likely an evolutionary  adaptation, as children shrieking typically do so  

    泣き声が落ちてきます。これは進化上の適応であると考えられます。

  • for very good reasons. As we are programmed  to reproduce and procreate our numbers,  

    それには大きな理由があります。人間は繁殖して数を増やすようにプログラムされているので

  • ensuring the safety and survival of our offspring  is hardwired into even our physiology. Unluckily  

    子孫の安全と生存を確保することは、私たちの生理機能にも組み込まれています。不幸にも

  • for modern students, nails on a chalkboard falls  right into this extra sensitive range of hearing,  

    現代の学生にとって、黒板に書かれた釘の音は、まさにこの敏感な聴覚の範囲に入ります。

  • though the discomfort is typically accompanied by  concern for physical harm to one's own nails as  

    しかし、その違和感は、一般的には、自分の爪が傷つくのではないかという不安を伴うものです。

  • well. One can't help but think of their  own nails scratching on a blackboard  

    さて。黒板に爪を立てている自分の姿を想像せずにはいられない

  • and being torn loose, and the accompanying painThus this specific sound may be triggering not  

    と引き裂かれ、それに伴う痛みが発生します。 このように、この特定の音がトリガーになっている可能性があります。

  • just physical discomfort, but a prediction of  pain, adding to the unbearable nature of it

    単なる物理的な不快感ではなく、予測される痛みが加わることで、耐え難いものになってしまうのです。

  • Our next sound is basically nails on  a chalkboard but cranked up to 11.

    私たちの次の音は、黒板に釘を打つような音ですが、それを11倍にしたような音です。

  • Fork On Plate

    フォークオンプレート

  • If you thought nails on a blackboard was rough,  

    黒板に釘を打つのが荒っぽいと思っていたら

  • then this next one is really going to  set your teeth on edge. (Play audio)

    となると、次の作品は本当に歯がゆい思いをすることになるでしょう。(音声再生)

  • Who hasn't accidentally scratched their porcelain  plate with a fork only to instantly wince at the  

    磁器のお皿をフォークで引っ掻いてしまった時に、その傷の大きさに思わず目を疑ったことがある人は多いのではないでしょうか。

  • horrible sound of a fork scratching on a plateWell, the reason for this extreme discomfort is  

    フォークがお皿を引っ掻く音。 さて、この極端な不快感の理由は

  • once again tied to the frequency range of the  sound. Just like with nails on a blackboard,  

    これもまた、音の周波数帯域と関係があります。黒板に釘を打つのと同じですね。

  • this frequency falls into a range  the ear canal naturally amplifies,  

    この周波数は、外耳道が自然に増幅する範囲に該当します。

  • making it even worse to listen to. The next entry is a lurking danger,  

    聞くに堪えません。次のエントリーは、危険が潜んでいます。

  • waiting for you the moment you open  your long-awaited Amazon order.

    待ちに待ったAmazonの注文を開いた瞬間に、あなたを待っています。

  • Styrofoam Rubbing Together

    発泡スチロールの擦り合わせ

  • We call this next sound the third member  of the sound annoyance axis of evil,  

    私たちはこの次の音を「音の煩悩の悪の枢軸」の第3のメンバーと呼んでいます。

  • and it is truly unbearable to  listen to for long. (play audio now)

    と、長く聞くには本当に耐えられません。(今すぐオーディオを再生)

  • The reasons why are unsurprisingly once more  related to the frequencies of the sound,  

    その理由は、意外にも音の周波数に関係しています。

  • and if you can withstand a ten  hour challenge of this sound  

    そして、この音の10時間の挑戦に耐えられるかどうか。

  • then you clearly either have  hearing damage or are a sadist

    となると、明らかに聴覚障害者かサディストのどちらかです。

  • This next sound is typically caused by  very annoying kids with a sadist streak.

    この次の音は、典型的にはサディスト気質の非常に迷惑な子供たちによって引き起こされます。

  • Metal Ruler on Glass Bottle

    ガラス瓶の上に置かれた金属製の定規

  • Yet another sound sure to set your teeth on edge,  

    また、歯が浮くような音がする。

  • the sound of a metal ruler running alongbottle can be painful to some. (play audio now)

    金属製の定規がボトルに沿って走る音は、人によっては痛みを伴うことがあります。(音声を再生する)

  • Unlike fingernails on a chalkboard or the sound  of styrofoam being rubbed together though,  

    黒板の上の爪や、発泡スチロールをこすり合わせる音とは違いますが。

  • a metal ruler running along a glass bottle isn't  quite as universally annoying or painful. This is  

    ガラス瓶に金属製の定規を当てても、誰もが悩んだり苦しんだりするわけではありません。これは

  • likely because it doesn't quite emit the same  high frequencies as those two previous sounds

    それは、前の2つの音のように高音域が出ていないからだと思われます。

  • Our next dinner-time sound though can set your  teeth on edge just hearing us describe it.

    次のディナータイムの音は、聞いているだけで歯が浮くような音です。

  • Fork on Glass

    ガラス上のフォーク

  • Back to dining implements, this time though  it's a fork on a glass. (play audio now)

    道具の話に戻りますが、今回はグラスの上にフォークを置いてみました。(オーディオを再生する)

  • Emitting the same high frequencies as a fork  on a dinner plate, this sound is all but  

    皿の上のフォークと同じ高周波を発するこの音は、すべてが

  • unbearable to most people- though luckily  you're a lot less likely to encounter it  

    ほとんどの人にとっては耐えがたいことですが、幸いなことに、あなたがそれに遭遇する可能性はかなり低いでしょう。

  • during dinner than you are accidentally scraping  your plate. Unless for some reason you're eating  

    夕食時には、誤ってお皿をこすってしまうよりも何らかの理由で食事をしているのでなければ

  • your drink with a fork, in which case you have an  entirely different set of problems to worry about

    飲み物をフォークで飲むと、全く別の問題が発生してしまいます。

  • Now it's time for sounds so loud, they  can feel like a punch in the stomach.

    さて、次は胃にパンチを食らわせるような大音量のサウンドです。

  • Train Horn

    トレインホーン

  • Alright, it's time to take things up a notch- orlot of notches really. Train horns are notoriously  

    さて、そろそろワンランク上の話をしましょうか。電車のクラクションは有名ですね。

  • loud, clocking in at a legally set limit of  110 decibels. That's actually ten decibels  

    法律で定められた制限値である110デシベルを記録しています。これは実際には10デシベルです。

  • lower than the average rock and roll concertbut it's the specific high frequencies that  

    平均的なロックンロール・コンサートよりも低いが、特定の高音域では

  • are part of the train horn which again make  this a very painful sound. (play audio here)

    は電車のホーンの一部で、これがまた非常に痛々しい音を出しています。(オーディオの再生はこちら)

  • Another factor adding to the psychological  discomfort of a train horn is its discordant  

    また、電車のクラクションは、その不協和音が心理的な不快感を与える要因となっています。

  • nature. When you listen carefully you can identify  that there's not just one tone but multiples,  

    の性質を利用しています。耳を澄ますと、1つの音だけではなく、複数の音があることがわかります。

  • jangled together to create a very uncomfortable  mix of painful sounds. That's on purpose-  

    痛々しい音が混ざっていて、とても不快です。それは意図的なものです。

  • as train horns are meant to warn people to get  out of the way of the proverbial immovable object  

    電車のクラクションは、不動の物体の邪魔にならないように人々に警告するためのものなので

  • bearing down on them. The discordant  sounds help get people's attention  

    その上で、このような音を出しています。不協和音が人々の注意を引く

  • and elicit a small amount of healthy fear. Our next sound can get the adrenaline pumping,  

    と、健康的な恐怖心を少なからず引き出します。次の音は、アドレナリンを分泌させることができます。

  • but if you're standing too close to the  source you won't be hearing anything for long.

    しかし、音源に近づきすぎると、何も聞こえなくなってしまいます。

  • Stock Car Sounds

    ストックカーサウンド

  • There's an undeniable draw to the sound ofbeefy muscle car revving up that sends shivers  

    ビーフマッスルカーのエンジンをかける音には、戦慄を覚えるほどの魅力があります。

  • of joy down the spine of any race aficionadobut if you're one of the people that has to  

    しかし、もしあなたが、レースを愛してやまない人の一人であるならば

  • work next to superpowered stock cars every day  without the benefit of hearing protection, you're  

    毎日、超強力なストックカーのそばで聴覚保護具をつけずに仕事をしていると、あなたは

  • going to be blasted by yet another of the most  painful sounds in the world. (play audio here)

    またしても、世界で最も痛い音の一つが吹き込まれることになる。(オーディオ再生はこちら)

  • From the comfort of home with your electronic  speakers you aren't getting the full experience  

    家の中で電子スピーカーを使っていても、その良さを実感できない。

  • of this mighty sound, that would require you  to be part of a pit crew so you can experience  

    そのためには、ピットクルーの一員として、この大迫力のサウンドを体験する必要があります。

  • the massive 130 plus decibel level of a stock car  first hand. Well past the point of hearing damage,  

    ストックカーの130デシベル以上の大音量を直接体験することができました。聴覚障害のレベルをはるかに超えています。

  • prolonged exposure to this volume will  be very detrimental to your health.

    このボリュームに長時間さらされると、健康に非常に悪影響を及ぼします。

  • Although the sound of stock cars  flying by is a pretty neat sound,  

    しかし、ストックカーが飛んでいく音は、なかなかいい音です。

  • and to us sounds like laser beams being fired 

    私たちにはレーザービームが発射されているように聞こえます。

  • A soldier's life can be rough, but on the  battlefield just firing his or her weapon  

    兵士の生活は過酷なものですが、戦場では武器を撃つだけでも

  • can cause permanent hearing loss.

    は、永久的な難聴を引き起こす可能性があります。

  • Gunfire Movies do  

    ガンファイア・ムービーは

  • a really bad job of portraying just how loud  guns really are. Clocking in at 140 decibels,  

    は、銃の実際の音の大きさを表現するのにとても苦労しました。140デシベルにもなります。

  • a gun battle is one of the loudest, most chaotic  experiences any human can ever experience.

    銃撃戦は、人間が経験できる中でも、最も騒々しく、最も混沌とした体験です。

  • Once more your speakers simply aren't conveying  the raw power of 140 decibel gun shots,  

    また、140デシベルの銃声の生々しさは、スピーカーでは表現できません。

  • which are so deafening that hearing protection  is mandatory on military shooting ranges  

    軍の射撃場では聴覚保護が義務づけられているほどの耳障りな音です。

  • for the long-term health of shooters. Consider  that modern assault rifles are semi-automatic,  

    射手の長期的な健康のために最近のアサルトライフルはセミオートマチックであることを考えてみてください。

  • and typically accompanied by fully  automatic squad weapons, and you have a  

    そして、通常は全自動の分隊兵器を伴っていて、あなたには

  • recipe for permanent hearing damage- something  Hollywood does a really bad job of showing.  

    ハリウッドでは、聴力に永久的なダメージを与えることができません。

  • Yet another hollywood myth: pretending that  anything less than a screamed conversation is  

    もう一つのハリウッドの神話は、叫び声のような会話でなければ、何をしてもいいというふりをすることです。

  • possible in the midst of a modern gun battle. Now we switch things up from high frequency  

    現代の銃撃戦の中ではありえないことです。今、私たちは高周波から物事を切り替え

  • or loud sounds, to the opposite end of  the scale for some startling results.

    や大きな音を反対側に出すと、驚くような結果が得られます。

  • Infrasound

    インフラサウンド

  • A lot of the sounds we've covered today are  very high frequencies, or just stupidly loud.  

    今日取り上げた音の多くは、非常に高い周波数であったり、バカみたいに大きな音であったりします。

  • Infrasound however is very low frequency sound,  

    しかし、赤外線は非常に低い周波数の音です。

  • and its effects on humans is  startling. (play audio here)

    とその人間への影響に驚かされます。(音声再生はこちら)

  • For most people, you likely  barely heard anything at all,  

    ほとんどの人は、ほとんど何も聞いていないのではないでしょうか。

  • and that's what you would expect fromsound with such low frequency. However,  

    と、このような低い周波数の音を期待してしまうのは仕方のないことです。しかし。

  • the other problem is that most consumer speakers  simply aren't capable of playing infrasound.  

    もうひとつの問題は、一般の民生用スピーカーではインフラサウンドを再生することができないということです。

  • If however you're one of the lucky few who  have music studio-quality speakers, then you  

    しかし、あなたが音楽スタジオ品質のスピーカーを持っている幸運な人であれば、あなたは

  • probably felt a sense of dread and discomfort  after listening to the sound for a while.

    暫く音を聞いていると、恐ろしさと違和感を感じたのだろう。

  • Though inconclusive, some research  has found that exposures at 6 to 15 Hz  

    結論は出ていませんが、いくつかの研究では、6~15Hzでの曝露が

  • can severely impact sleep quality, and should  be of concern for people with faulty heating or  

    睡眠の質に大きな影響を与えるので、暖房器具の故障や、睡眠不足の人は注意が必要です。

  • air conditioning equipment as misaligned  fans can produce this frequency range.  

    空調機器では、ファンの位置がずれるとこの周波数帯が発生します。

  • Infrasound between 5 and 10 Hz  may cause feelings of fatigue,  

    5~10Hzの低周波音は、疲労感をもたらすことがあります。

  • apathy, depression, loss of concentrationdrowsiness, and even vibration of the  

    無気力、抑うつ、集中力の低下、眠気、さらには振動などの

  • internal organs. It might even directly affect the  nervous, cardiovascular and respiratory systems.

    内臓。神経系、循環器系、呼吸器系にも直接影響を与えるかもしれません。

  • In our increasingly mechanized worldconcerns over infrasound's health effects  

    機械化が進む現代社会では、低周波音の健康への影響が懸念されています。

  • are becoming greater and greater. Though  the research is still relatively new,  

    はどんどん大きくなっています。研究はまだ比較的新しいものですが

  • it's believed that many common woes of  mental, and even some physical health,  

    精神的、肉体的にも多くの悩みを抱えていると考えられています。

  • may be directly related to long-term  infrasound exposure from vehicles or machinery.

    は、自動車や機械からの長期にわたる低周波音の暴露に直接関係している可能性があります。

  • Coincidentally, most large predatory  animals have roars that dip well  

    偶然にも、大型の捕食動物の多くは、ディップに適した咆哮をします。

  • into the infrasound range, and it is not  uncommon for people exposed to lion, cougar,  

    低周波音域に入るため、ライオンやクーガーにさらされる人は珍しくありません。

  • and other big cat roars to report immediate  feelings of fear and even physical discomfort

    などの大型猫の咆哮を聞くと、すぐに恐怖を感じたり、身体的な不快感を感じたりします。

  • Our next sound may have been used to  attack American diplomats in Cuba.

    次の音は、キューバのアメリカ外交官を攻撃するために使われたかもしれません。

  • Acoustic Weapons

    音響兵器

  • Man has weaponized everything from hunting  tools to birds, so it was inevitable that  

    人間は狩りの道具や鳥などあらゆるものを武器にしてきたので、必然的に

  • sound too would become a thing to kill each  other with. Today acoustic weapons are mostly  

    音も殺し合いの対象になってしまう。現在、音響兵器はほとんど

  • used defensively, such as the use of acoustic  weapons during various protests in the US in 2019.  

    は、2019年にアメリカで行われた様々な抗議活動の際に音響兵器を使用するなど、防衛的に使用されています。

  • However, in 2016 acoustic weapons may have been  used against US personnel for the first time.

    しかし、2016年には音響兵器が初めて米国人に対して使用された可能性があります。

  • Workers at the recently reopened embassy in Cuba  

    再開されたばかりの在キューバ大使館で働く人々

  • began reporting strange symptoms- a high  frequency noise they could barely hear  

    聞こえるか聞こえないかの高周波ノイズという奇妙な症状が報告され始めました。

  • seemed to be present at their homes and in  the embassy itself. One worker said that the  

    は、彼らの家にも、大使館自体にも存在しているようだった。あるワーカーは、「この

  • noise could only be blocked out by closing  all doors and windows and turning the tv on  

    ドアや窓をすべて閉め、テレビをつけることでしか騒音を防ぐことができませんでした。

  • high. Eventually physical and mental symptoms  began to develop amongst the embassy staff,  

    の高さである。やがて、大使館員の間にも心身の症状が出始めた。

  • ranging from headaches to depression and extreme  fatigue. Believing the embassy was under attack,  

    頭痛、憂鬱感、極度の疲労感などがありました。大使館が攻撃されていると信じて

  • most of the staff was pulled out as the Department  of Defense and the FBI began to investigate.

    国防総省やFBIの調査が始まると、スタッフのほとんどが引き揚げられた。

  • The sound was recorded several times, with  one of those recordings leaked to the press.

    この音は何度も録音され、そのうちの1回は報道機関にリークされた。

  • Initially it was believed that an  acoustic weapon was to blame, but as  

    当初は音響兵器が原因と考えられていましたが、その後

  • the investigation wore on it was thought that  a specific type of cricket, plentiful in Cuba,  

    調査が進むにつれ、キューバに多く生息するある種のコオロギが原因ではないかと考えられた。

  • may actually be the culprit. This cricket  can emit frequencies that are outside the  

    は、実は犯人かもしれません。このコオロギは、外の周波数を発することができます。

  • normal range of hearing in humans, and may have  adverse health effects after long term exposure.

    人の聴覚の正常範囲であり、長期間の暴露により健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

  • However, acoustic weapons are definitely  a thing and already deployed by police  

    しかし、音響兵器は確実に存在し、すでに警察に配備されている。

  • forces and anti-piracy patrols on the  high seas. The weapons elicit a great  

    この武器を使用することで、公海上での海賊対策のためのパトロールを行うことができます。この武器は、大きな意味を持っています。

  • deal of pain and discomfort, and can  even lead to permanent hearing loss

    痛みや不快感を伴うだけでなく、永久的な難聴につながることもあります。

  • Now go watch Most Painful Things A Human Can  Experience #3, or click this other video instead!

    それでは、「Most Painful Things A Human Can Experience #3」をご覧になってください。あるいは、代わりにこの他のビデオをクリックしてください。

Warning: this episode includes audio recordings  of sounds you may find extremely uncomfortable,  

警告:このエピソードには、あなたが非常に不快に感じる可能性のある音の録音が含まれています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 周波 聴覚 デシベル フォーク 再生 オーディオ

今までに聞いたこともないような痛々しい音 (Most Painful Sounds You Will Ever Hear)

  • 10 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 22 日
動画の中の単語