Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Sunday is the International Day for the Elimination of Racial Discrimination.

    日曜日は「国際人種差別撤廃デー」です。

  • One institution aiming to improve its relations with racial minorities is the Catholic Church in Germany.

    人種的マイノリティとの関係改善を目指す機関として、ドイツのカトリック教会があります。

  • But sometimes even church officials say they face discrimination.

    しかし、時には教会関係者でさえ、差別を受けていると言うことがあります。

  • D w.

    D Wです。

  • Spoke to a German pastor of Sri Lankan ancestry.

    スリランカ人の血を引くドイツ人の牧師に話を聞いた。

  • He told us what the church must do to overcome racist attitudes.

    差別意識を克服するために、教会が何をすべきかを語ってくれました。

  • Yeah, something I experience again and again when I'm out and about in different church communities is that the first question is always where do you come from?

    いろいろな教会で活動していると何度も経験することですが、最初の質問はいつも「あなたはどこから来たの?

  • And I always say, I'm from Noise Germany.

    そして私はいつも、「私はノイズ・ドイツから来ました」と言います。

  • And then there is silence.

    そして、静寂が訪れる。

  • Greg Amitriptyline Aton is a Catholic pastor in the Archdiocese of Cologne.

    Greg Amitriptyline Aton氏は、ケルン大司教区のカトリック牧師です。

  • Apparently, many people in Germany still find it a little strange when they encounter a minister who is not white till Chinatown, is repeatedly asked about his origins or is insulted with racist slurs.

    ドイツでは、チャイナタウンで白人ではない大臣に遭遇したり、出自を何度も聞かれたり、人種差別的な言葉で侮辱されたりすると、いまだに多くの人がちょっとした違和感を覚えるらしい。

  • That's far from Catholic attack.

    カトリックの攻撃とは程遠いですね。

  • It was at the Catholic Convention, and lipstick I was representing the archdiocese.

    カトリック大会で、私は大司教区の代表として口紅を塗っていました。

  • I can still remember standing at the booth when two women approached the booth.

    私がブースに立っていると、2人の女性がブースに近づいてきたのを今でも覚えている。

  • I went towards them in a friendly manner and bid them welcome, and then one woman said, which do gooder let you into the country without any emotion whatsoever.

    私は親しみを込めて彼らのところに行き、歓迎の言葉を述べた。すると、一人の女性が、「どの善意の人が何の感情もなくあなたを入国させたの?

  • Tillane Aton is mostly concerned by two things in the Catholic Church in Germany.

    Tillane Atonは、ドイツのカトリック教会において、主に2つのことに関心を持っています。

  • It's too white and too Eurocentric.

    白すぎて、ヨーロッパ中心になっている。

  • It starts with the fact that many teachers of German theology don't even take into account all the other theological points of view in the world.

    それは、ドイツ神学の教師の多くが、世界にある他の神学的な視点を考慮に入れていないことから始まります。

  • It's only fashionable or to be taken seriously from a scientific angle when it comes from the German speaking world.

    ドイツ語圏では、科学的な観点から見ても、ファッショナブルで、真剣に受け止められるものばかりです。

  • And that's where the difficulties begin.

    そこからが大変なのです。

  • When you think you're the only one who is capable of interpreting the world, the lag is develops, died.

    自分だけが世界を解釈できると思っていると、ラグが発生する、死んだ。

  • He is an acoustic.

    彼はアコースティックです。

  • The 38 year old is responsible for new trainees in his diocese.

    38歳の彼は、自分の教区の新人研修生の責任者です。

  • He advises and supervises theology students, all those looking to serve in the church, for whom he provides rooms in his apartment.

    彼は、神学生や教会での奉仕を目指す学生たちに助言や指導を行い、彼らには自分のアパートに部屋を提供しています。

  • Mhm Till Yonatan even spoke to Pope Francis about his vision of a more cosmopolitan church that allows more space for global perspectives and less racism.

    Mhm Till Yonatan氏は、フランシスコ教皇に、グローバルな視点を受け入れるスペースを増やし、人種差別を減らす、よりコスモポリタンな教会のビジョンについて話したこともあります。

  • He encouraged me to consolidate and develop this idea further, to bring more scope into my teaching and not be bound by the small European world appropriation, touch and world sublime Riga meeting.

    彼は私に、このアイデアをさらに集約して発展させ、自分の教育にもっと幅を持たせ、ヨーロッパの小さな世界の流用、タッチ、世界の崇高なリガの会議に縛られないようにと励ましてくれました。

Sunday is the International Day for the Elimination of Racial Discrimination.

日曜日は「国際人種差別撤廃デー」です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 教会 カトリック ドイツ 差別 人種 司教

ドイツのカトリック教会、人種差別対策に苦慮|DWニュース (German Catholic Church struggles to fight racism | DW News)

  • 7 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 21 日
動画の中の単語