Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Exercising is supposed to be good for you.

    エクササイズは体に良いとされています。

  • It can help you stay at a healthy weight, improve your cardiovascular health, and even ward off depression.

    健康的な体重を維持し、循環器系の健康を増進させ、さらにはうつ病を予防する効果もあります。

  • But, like most things, it's possible to over-do it.

    しかし、他のものと同様に、やりすぎてしまうこともあるでしょう。

  • And getting too much exercise can have serious consequences on your body and brain.

    そして、運動のしすぎは、体や脳に深刻な影響を及ぼすことがあります。

  • So, what exactly is too much exercising?

    では、「運動のしすぎ」とは一体何なのでしょうか。

  • Well, it depends on factors like your age, health, and choice of workouts.

    それは年齢や健康状態、ワークアウトの選択などの要素にもよります。

  • But, in general, adults should get about five hours a week of moderate exercise, or two and half hours or more of intense activity.

    しかし、一般的に成人は週に約5時間の適度な運動、または2時間半以上の激しい運動をすることが望ましいとされています。

  • Or some combination of the two.

    あるいはその二つの組み合わせです。

  • That's according the CDC.

    これはCDCによるものです。

  • But research shows that going way above and beyond doesn't necessarily increase your health benefits.

    しかし、研究によると、それ以上のことをしても、必ずしも健康効果が高まるわけではありません。

  • One unsurprising study found that light to moderate runners had a lower risk of death than people who didn't exercise.

    ある意外性のない研究では、軽度から中程度のランニングをする人は、運動をしない人に比べて死亡リスクが低いという結果が出ています。

  • But in a surprising turn, some people who ran at a faster pace for more than three times a week had a similar risk of dying as non-runners.

    しかし意外なことに、より速いペースで週に3回以上走っている人の中には、走らない人と同じような死亡リスクを持つ人がいたのです。

  • So, running too much and too intensely seems to undo some of the health benefits gained from regular running.

    つまり、過度に激しいランニングは、通常のランニングから得られる健康上のメリットを失わせるようです。

  • Extreme endurance exercises, like ultra-marathons, may also lead to heart damage, heart rhythm disorders, and enlarged arteries in some people.

    また、ウルトラ・マラソンのような極端な持久力を要する運動は、人によっては心臓障害、心調律障害、動脈の肥大を引き起こす可能性があります。

  • Experts believe that extreme endurance puts extreme demands on the cardiovascular system.

    専門家によると、極度の持久力は心肺機能を極度に低下させると言われています。

  • One study found that repeated extreme exercises can remodel the heart, thickening the muscles' walls and scarring tissue.

    ある研究では、過激な運動を繰り返すと心臓が改造され、筋肉の壁が厚くなり、組織に傷がつくことがわかりました。

  • Another study showed that women were less likely to have a heart attack or stroke if they were physically active at least once a week.

    また別の研究では、女性が週に1回以上体を動かすと、心臓発作や脳卒中になる可能性が低くなるという結果が出ています。

  • But that risk of heart attacks and strokes shot up for women who exercise strenuously every day.

    しかし、心臓発作や脳卒中のリスクは、毎日激しい運動をしている女性で急増しました。

  • So, excessive exercise doesn't provide more benefits than moderate exercise, and it could be more risky.

    つまり、過度な運動は適度な運動よりもメリットが得られず、リスクも高くなる可能性があるのです。

  • Women are at a particular risk for what's known as Female Athlete Triad.

    女性は特に、「 Female Athlete Triad(女性アスリートの三主徴)」と呼ばれるリスクがあります。

  • That includes loss of menstruation, osteoporosis, or bone mineral loss, and eating disorders.

    それには、月経不順、骨密度の低下、摂食障害などが含まれます。

  • These symptoms usually arrive from a combination of over-exercise and calorie restriction.

    これらの症状は、通常、過度の運動とカロリー制限の組み合わせによって生じます。

  • For men, intense exercise has been shown to decrease libido, possibly due to physical fatigue, and lower testosterone levels.

    男性の場合、激しい運動をすると、肉体的な疲労が原因で性欲が減退したり、テストステロン値が低下することがわかっています。

  • For both men and women, over-exercise raises the risk of over-use injuries, like tendonitis and stress fractures.

    男性も女性も、運動のしすぎは腱鞘炎やストレス骨折などの使い過ぎによる怪我のリスクを高めます。

  • These injuries result from repetitive trauma.

    これらの損傷は、反復的な外傷に起因するものです。

  • Your immune system can likewise suffer.

    免疫力が低下することもあります。

  • While moderate exercise can improve your immune system, excessive exercise can actually suppress it.

    適度な運動は免疫力を高めますが、過度な運動はかえって免疫力を低下させるのです。

  • There's up to a 72-hour open window of impaired immunity after intense exercise.

    激しい運動をした後は、最大で72時間免疫力が低下する可能性があります。

  • This basically means that viruses and bacteria have an easier time invading and infecting the body.

    これはつまり、ウイルスや細菌が体内に侵入し、感染しやすくなることを意味します。

  • And athletes who over-exercised also experienced more upper-respiratory tract infections.

    また、運動をしすぎたアスリートたちは、上気道感染症にかかりやすくなります。

  • So we know excessive exercise can wreak havoc on your body, particularly your heart, tendons, ligaments, and immune system.

    過度の運動は、体、特に心臓、腱、靭帯、免疫系に悪影響を及ぼすことがわかりました。

  • And for around one million people in the US, exercise addiction is wreaking havoc on their brains.

    アメリカでは約100万人の人が、運動依存症で脳に大打撃を与えています。

  • Symptoms of exercise addiction include withdrawal.

    運動依存症の症状には、禁断症状があります。

  • That's when you feel anxious or exhausted when you miss a workout.

    それは、運動できないと不安になったり、疲れてしまったりすることです。

  • Or feeling a lack of control and unable to cut down on exercise, even when you know it's hurting you.

    また、自分ではコントロールできないと感じ、運動量を減らすことができません。自分を苦しめているとわかっているときでさえ。

  • Now, it's important to understand that you shouldn't just give up on exercising.

    ここで重要なのは、ただ運動することをやめるべきではないということです。

  • The key is to get the right amount.

    大切なのは、適切な量を保つことです。

  • So, feel free, go forth and run!

    だから、気軽に、進んで、走ってください。

  • Just not all the time.

    ただ、常にそうするのはやめておきましょう。

Exercising is supposed to be good for you.

エクササイズは体に良いとされています。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 運動 免疫 リスク 心臓 健康 ランニング

実は身体と脳に悪い!?運動しすぎがもたらす影響とは?

  • 15 1
    Minnie に公開 2021 年 03 月 21 日
動画の中の単語